ワード ヘッダー 削除。 ワード ヘッダーとフッターを削除する

【Word】ヘッダー・フッターを削除する方法

ワード ヘッダー 削除

まずは基本から!ワードのヘッダー・フッターの設定・削除方法 ヘッダー・フッターの設定から始めましょう。 設定が完了したら、幅の変更や図の挿入にもチャレンジします。 設定方法 ・領域の表示 初めに、見出しやページ番号を挿入するスペース「ヘッダー・フッター」の領域を表示させます。 ウィンドウ上方の「挿入」タブ内にある「ヘッダーとフッター」の「ヘッダー」や「フッター」をクリックします。 すると領域が表示されます。 このとき、カーソルはヘッダー・フッターの領域で点滅しており、本文は薄く表示され編集できない状態になります。 ・見出しや日付の挿入 領域を表示している間、ウィンドウ上方には「ヘッダー/フッターツール」が追加されます。 見出しなど文章の入力はもちろん、このツール内の「デザイン」タブにある「挿入」から「日付と時刻」をクリックします。 すると、編集時の日時を入力することができます。 ・領域を閉じる ヘッダー・フッダーの編集を終えたら、本文の編集に戻るために領域表示を閉じる必要があります。 先ほどの「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブにある「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリックします。 すると、今度は本文にカーソルが戻り、ヘッダー・フッターは薄く表示され、編集できない状態になります。 ・削除の方法 入力した文章を消すことで、領域を削除できます。 しかし、複数のページにヘッダー・フッダーがある場合には、全てのページから削除されてしまいます。 表紙ページにあるものだけを削除したい場合は、「ヘッダー/フッターツール」内にある「先頭ページのみ別指定」というチェックボックスをオンにします。 こうすることで、他ページに影響を及ぼすことなく、該当ページからのみヘッダー・フッターを削除することができます。 ・幅の変更 「ページレイアウト」タブの「ページ設定」右下にある「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。 表示されたダイアログボックスの「その他」タブ内の「ヘッダーとフッター」で、「用紙の端からの距離」に変更したい数値を入力します。 「OK」をクリックし、ダイアログボックスを閉じれば、幅の変更が完了します。 ・図の挿入 「ヘッダー/フッター」の「デザイン」タブにある「挿入」の中から、「図」をクリックします。 PC内にある画像を選択すれば図の挿入が完了します。 これは便利!ワードのヘッダー・フッター応用術 ヘッダー・フッターのワンランク上の使い方を解説します。 セクションごとに表示を変える方法 ページごとにヘッダー・フッターを変えるには、文章を内容によって「セクション」分けする必要があります。 「セクション」とは、ワードのファイル全体に及ぶ機能を個別化するものです。 「セクション」の設定方法を説明します。 2つ目のセクションとなる文章の先頭にカーソルを合わせ、「ページレイアウト」タブの「ページ設定」内にある「区切り」をクリックします。 ここで、区切りの方法がいくつか表示されますが、今回はその中の「次のページから開始」をクリックします。 すると文章が改ページされ、セクションが設定されました。 3つ目以降のセクションを設定する際は、先ほどの手順を繰り返します。 セクションの設定が済んだら、ヘッダー・フッターの変更に取りかかります。 最初のセクションのヘッダーを編集するところまでは、これまでの手順と同じです。 次のセクションのヘッダーを編集するためには、「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブ内にある、「ナビゲーション」から「次へ」をクリックします。 すると、次のセクションのヘッダーに移動します。 この段階では、ヘッダー領域には前のセクションで入力した文章が表示されています。 この状態ではまだ完全にセクションは分けられておらず、このままヘッダーを編集すると、前のヘッダーも同じ内容に書き換わってしまいます。 セクション間の関係を断つには、「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブに入り、「ナビゲーション」内の「前と同じヘッダー/フッター」で黄色くなっているチェックを外します。 ここまでの手順が完了すると、前のセクションに影響を与えずに、新たにヘッダーを設定することができるようになります。 3つ目以降のセクションにおいても同じ手順です。 よりスピーディに!ワードのヘッダー・フッターのショートカット ヘッダー・フッター機能にもショートカットがあります。 マウスでクリックする手間を省けるので、さらに時間を短縮できます。 ・領域表示を一瞬で 文書中のヘッダー・フッターの領域にカーソルを合わせてダブルクリックすれば、それぞれの領域が一瞬で表示されます。 このショートカットは、ヘッダー・フッターを編集する際にも有効です。 ・クイックパーツの登録 使用頻度の多い会社名などをショートカットして挿入できる「クイックパーツ」を紹介します。 ワードにはデフォルトとして定型句などが登録されていますが、自分で新しく項目を追加することもできます。 まずは、登録したい文章や図を本文に入力・挿入して、範囲選択します。 すると、「新しい文書パーツの作成」というダイアログボックスが表示されます。 その中にある「名前」には、変換後に表示させたい文章を入力します。 「ギャラリー」はいくつか選ぶことができますが、「定型句」に分類しておくのが無難です。 これらの入力が済んだら「OK」を押して登録完了です。 登録したクイックパーツを呼び出すには3通りの方法があります。 1)本文でパーツ名を入力して、[F3]キーを押す。 2)「挿入」タブの「クイックパーツ」にある「定型句」から選択。 3)「挿入」タブの「クイックパーツ」にある「文章オーガナイザー」から選択。 時間短縮のためには、[F3]キーを利用してクイックパーツを呼び出す方法が最適でしょう。 ヘッダー・フッターの活用で、文書をわかりやすく! ヘッダー・フッターは、方法を知らずに使おうとすると、一部のページだけ編集することができないなど、やや面倒な制約があります。 しかし、今回ご紹介した方法を利用して、使いこなせるようになると、文書の見栄えが変わります。 誰が見てもわかりやすい資料を作成するためにも、ヘッダー・フッター機能をマスターしましょう!.

次の

ワードで複数ページを削除する、削除できない?(Word 2010, 2013, 2016)

ワード ヘッダー 削除

リボンからヘッダー・フッターを削除する• ヘッダー・フッター部分をダブルクリックして削除する 1. リボンから削除する 1つ目の方法は、 リボンからヘッダー・フッターを削除します。 Word画面上部に表示されるリボンの「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」から「ヘッダー」または「フッター」をクリックします。 (下図は、画像を一部省略しています。 ) リストが表示されるので、「ヘッダーの削除」または「フッターの削除」をクリックします。 下図は「ヘッダー」をクリックした場合ですが、「フッター」をクリックしても同様のリストが表示されます。 画像を一部省略しています。 ヘッダーが削除されました。 フッターの場合もヘッダーと同様にリストが表示されるので、「フッターの削除」をクリックします。 下図は、画像を一部省略しています。 フッターが削除されました。 ダブルクリックして削除する 2つ目の方法は、 ヘッダー・フッター部分をダブルクリックして削除します。 ヘッダー部分をダブルクリック フッター部分をダブルクリック ヘッダー・フッター部分が編集できるようになるので、「Delete」キーや「Backspace」キーで設定した内容を削除します。 (下図は、ヘッダー部分をダブルクリックした場合です。 ) これでWordのヘッダー・フッターを直接削除することができました。 Wordのヘッダー・フッターに設定したタイトルやページ番号が不要になった場合は、このようにかんたんにヘッダー・フッターを削除することができるので、ぜひ、試してみてください! Wordヘルプ: 以上、Wordでヘッダーとフッターを削除する方法でした。

次の

ヘッダー・フッター領域を削除−ページ設定:Word(ワード)の使い方/セクション・ページ設定

ワード ヘッダー 削除

Sub アクティブ文書のヘッダーをすべて削除する Dim sec As Section Dim hdr As HeaderFooter For Each sec In ActiveDocument. Sections For Each hdr In sec. Headers hdr. Range. Delete Next Next sec End Sub アクティブな文書の、すべてのセクションにループを回して、 For Each sec In ActiveDocument. Sections 各セクション内の全ヘッダーにループを回して、 For Each hdr In sec. Headers ヘッダーのRangeオブジェクトを削除しています。 hdr. Range. Delete アクティブ文書のヘッダー・フッターを削除するサンプルマクロ 以下のようなマクロにすれば、アクティブな文書の、ヘッダーとフッターをすべて削除できます。 Range. Range. Delete Next Next sec End Sub アクティブな文書の全セクションにループを回して、 For Each sec In ActiveDocument. Range. Footers フッターを削除しています。 Range. Delete 開いている文書のヘッダー・フッターを削除するサンプルマクロ 以下のようなマクロにすれば、開いている文書の、ヘッダーとフッターをすべて削除できます。 Range. Range. Delete Next Next sec Next doc End Sub 開いている全文書に対するループの中に、 For Each doc In Documents 先のアクティブ文書のヘッダー・フッターをすべて削除するマクロが入っているイメージです。 For Each sec In doc. Sections•

次の