大谷 翔平 マンダラ チャート。 大谷翔平の目標達成シート(マンダラチャート)!試した結果と成功する秘訣は?

【テンプレート付き】大谷翔平も実践した「マンダラチャート」の使い方・書き方3ステップ

大谷 翔平 マンダラ チャート

松村剛志 [クローバ経営研究所代表取締役、一般社団法人マンダラチャート協会代表理事] 1971年東京都生まれ。 クローバ経営研究所代表取締役。 一般社団法人マンダラチャート協会代表理事。 経営コンサルタントである松村寧雄が開発した「マンダラチャート」「マンダラ手帳」の普及と啓蒙のために、手帳活用、人生計画、認定講師セミナーを主催。 ビジネスにマンダラチャートを取り入れた経営コンサルタントとしても活躍している。 ニュース3面鏡 インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。 そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。 写真はイメージです Photo:PIXTA 先日、メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手が、今季のア・リーグ最優秀新人に選ばれたことは記憶に新しいだろう。 そんな大谷選手が高校時代に取り組んでいたのが、メジャーリーグで活躍するために必要な要素や行動をまとめた「目標達成シート」。 これが、事業計画や商品開発など目標達成のツールとして、いまビジネスでも注目されている。 今回は、その「目標達成シート」の原型となっている9マスのチャート「マンダラチャート」について、(青春出版社刊)の著者・松村剛志氏が解説する。 そういう状況のとき、「できないのは自分の意志が弱いからだ」と思っていないだろうか。 実は、人間にはもともと「できる力」が備わっており、それを引き出す方法がわからないだけなのである。

次の

マンダラチャートの作り方|大谷翔平が実践した目標達成の最強ツール

大谷 翔平 マンダラ チャート

マンダラチャートとは? マンダラチャートとは使用した目標達成シートの原型 マンダラチャートは、経営コンサルタントである松村寧雄氏によって開発されました。 元々は経営者層が活用していましたが、現在は老若男女問わず、幅広い層が使用しています。 また、マンダラチャートは「目標達成シート」とも呼ばれているため、目標達成シートで聞き馴染みがある方もいるかもしれません。 マンダラチャートを使用するうちの一人には、メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手がいます。 彼は目標達成シートとして、高校時代に作成していました。 現在の活躍は、この目標達成シートが一役買っているそうです。 使い方はとても簡単で、自分の目標やそれを達成するための行動等を9つのマスに埋めていくだけです。 この記事ではマンダラチャートの使い方、書き方の例、手帳やアプリといったツールをご紹介しています。 マンダラチャートの語源は仏教の「曼荼羅」 マンダラチャートのマンダラは「曼荼羅」を表しています。 仏教(密教)の世界観を視覚的に表した曼荼羅のように、マンダラチャートでは中央から放射状に広がるように、発想を視覚化します。 まずはA型チャートの作り方をご説明します。 中央のマスはセンターエリアと呼び、テーマとなる自身の目標や課題を記入します。 センターエリアの周りにある8つのマスには、センターエリアのテーマを達成するためのキーとなるタイトルと、すぐに実行しなければならないこと、それに対する成果を記入します。 真ん中のマスにはA型チャートと同様に目標や課題といったテーマを記入します。 その周りの8マスには、テーマを達成するためのキーとなるタイトルを記入します。 その周りは8つのA型チャートであり、それぞれの真ん中はタイトルを記入し、その周りはそれを達成するために実行することを記入します。 具体的に自分の夢に対する目標を考えることができるマンダラチャートを活用し、記入した内容を1つ1つこなしていけば、大谷翔平選手のように夢を叶えることができるかもしれません。 営業での売り上げ目標や生産での達成目標など、具体的な目標を挙げ、それに対する行動をマンダラチャートで具現化しておくことができます。 やるべき内容を明確にすることで、業務に集中でき、効率化を目指すことができます。 こうすることで、仕事を成功へと導きます。 1週間のうちにしなければならない目標を具体的な行動と併せて記入しておくことで、チェックボックスだけのToDoリストより達成がしやすくなります。 また、マンダラチャートはマスで区切られているため記入できるスペースが限られています。 そのため予定を入れ過ぎてしまう心配がなくなり、スケジュール帳としての活用も見込むことができます。 ノルマがあったり、到達目標があったりする会社で働いているかたは、それをテーマとしてセンターエリアに記入し、それに対しての行動目標を考えてみてはいかがでしょうか。 書き方をご紹介します。 売り上げ30%アップ• ・見込み客• ・飛び込み営業• ・業界研究• ・紹介• ・新規プラン• ・知識• ・外見• ・時間 仕事の具体的な目標のイメージが湧かない、今はあまりやる気や目標がないという方もいると思います。 下記で紹介している記事では仕事の目標例をフィーチャーしています。 ぜひマンダラチャートを書く際の参考にしてはいかがでしょうか。 スポーツ系の部活に入っている方は大会での成績、文化系の部活に入っている方は賞や作品イメージなどをテーマとしてはいかがでしょうか。 書き方をご紹介します。 全国大会出場• ・チームワーク• ・自主練習• ・ルール• ・フォーメーション• ・声かけ• ・メンタル• 具体的な計算をしておかないとなかなか貯めることが難しい貯金ですが、マンダラチャートを使って行動を明確にしておくことで、ラクに楽しく貯金生活を遅れるのではないでしょうか。 書き方をご紹介します。 貯金150万達成• ・食費• ・固定費• ・消耗品• ・光熱費• ・携帯代• ・小銭貯金• ・ポイントカード• 恋愛には答えがなく、目指す目標を完璧に達成することは難しいかもしれません。 しかし、目標までの行動を明確にし、実践していくことで良い恋愛をすることができるのではないでしょうか。 書き方をご紹介します。 自分を見つめ直して自分磨きができるので、「恋愛」をゴールとしていない方も、ぜひ下記を参考にマンダラチャートを作ってみてください。 彼氏を作る• ・出会い• ・笑顔• ・メイク• ・ヘアスタイル• ・ファッション• ・清潔感• ・香り• 子供の頃に思い描いた夢は、何歳になっても諦めたくないものです。 自身の夢を達成するためにしなければならない行動を、一度明確にマンダラチャートに書き出してはいかがでしょうか。 下記では目標達成シートで夢を叶えた大谷翔平選手の例をご紹介します。 ドラ1/8球団• ・メンタル• ・コントロール• ・人間性• ・体づくり• ・キレ• マンダラ手帳活用サイクルの構成は「1. 人生計画」「2. ビジネス計画」「3. 年間先行計画」「4. 月刊企画計画」「5. 週間行動計画」「6. 日間実践計画(オプション)」「7. チェックリスト」「8. 人生百年計画」です。 このマンダラ手帳には活用の手引きがついています。 「時間の使い方」「マンダラチャートの威力」「二十四節気」「月齢」の以上4点を理解した上でマンダラチャートを活用することで、目標を達成することができます。 このマンダラ手帳には上記の他にも魅力があり、「可愛いデザインがある」ということです。 カラーが豊富なのはもちろんのこと、「ドリームガールズプロジェクト」で「フェニックス」や「プラネット」といった女子に嬉しいデザインがあります。 サイズはポケットサイズ、A5サイズがあり、カバンに入れて持ち運びやすいです。 マンダラチャート手帳のおすすめ1でご紹介したマンダラ手帳の「5. 週間行動計画」を見開きでマンダラ展開したものです。 一般的なマンダラチャートは最終的な目標に向けて記入しますが、こちらは31日分のマンダラチャートとタイムスケジュールを書くことができるため、最終的な目標に対してより具体的なアプローチをすることができます。 マンダラ手帳と併用する使い方がおすすめの商品です。 マンダラチャート手帳のおすすめ3|マンダラチャート帳フリー型 マンダラチャート手帳のおすすめ3つ目は、「MY法マンダラ・チャート帳」です。 こちらは前述した2つのマンダラチャート帳とは異なり、フリー型というだけあって使い方に縛りがありません。 メモにも目標達成シートにも使うことができるため、「マンダラチャートを使う癖をつけたい」という方におすすめです。 こちらのアプリで作成したマンダラチャートは、FacebookやTwitterとの連携機能で友達に共有することができます。 Unlimitedバージョンでは、OPMLファイルでの保存が可能となります。 こちらのアプリはスタンプ機能や通知機能があり、その日に達成しなければならないことはもちろん、過去のタスクも容易に確認することができます。 こちらのアプリは他者とのデータ交換が可能なため、仕事や部活といったチームで活用することができます。 「いきなり言語化するのは難易度が高い」「まずはイメージを設計したい」というかたはマンダラチャートを書き始める前に相関図を作成してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では相関図を作成するアプリやツールなどをご紹介しております。 是非参考になさってください。

次の

マンダラチャートの作り方|大谷翔平が実践した目標達成の最強ツール

大谷 翔平 マンダラ チャート

なんで目標を視覚化させることが重要なの? まずは、目標を視覚化させることの重要性を説明します。 目標が目に見える状態でないと、人間は無意識のうちに目標達成への道から逸れてしまいます。 目標達成のためにしなければいけないことはたくさんあります。 そのたくさんのことを頭の中で管理しようとすると、頭の中はパンパンになってしまいます。 すると、やらないといけないことができなかったり、そもそもの目標を忘れてしまったりするんです。 そうならないためにも、ひと目見ただけで 「自分は今何をするべきなのか」がわかるようにすることが重要なのです。 そのため最良のツールが、 マンダラチャートというわけです。 マンダラチャートの作り方【受験を例に図解】 ここから実際にマンダラチャートを用いた目標設定法を解説していきます。 説明の際に「第一志望に合格する」という目標を例に挙げて解説します。 図のように色分けするとわかりやすいですね。 マンダラチャートの作り方:ステップ2 まず、表のど真ん中に「第一志望に合格する」という最終目標を書き込みます。 その周りの8マスに「第一志望に合格する」ために必要なことを書きます。 ここでは例として以下の8つを書き込むとします。 情報収集• メンタル• 運 そして周りの8マスに書いたことを、それぞれ図の矢印の向きに同じことを書きます。 その8個それぞれを達成するため、得るために必要なことを同じように周りの8マスに書き込んでいきます。 すると81マス全てが埋まりました。 今回例に挙げたマンダラチャートの内容は、あくまで例です。 例えこれを読んでいるのが受験生だとしても、このマンダラチャートの内容にとらわれず、自分のマンダラチャートを完成させましょう。 受験生の方には、僕の不合格体験記も読んでいただきたいです。 受験に合格した人の合格体験記よりも、受験に失敗した人が「なぜ失敗したのか」を分析した情報の方が有益です。 受験生の方はぜひ参考にしてみてください。 マンダラチャートの活用例 今回は受験を例にマンダラチャートを作ってみましたが、マンダラチャートを活用できる場面は他にもたくさんあります。

次の