ペイペイ くじ引き。 いま「くじ引き民主主義」がヨーロッパで流行中、その社会的背景(吉田 徹)

【ペイペイ】1000万相当くじ引きキャンペーン2019年11月まで

ペイペイ くじ引き

「App Storeからダウンロード」ボタンを押すと、App Store(外部サイト)が起動します。 アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadでご利用いただけます。 Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です。 iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です。 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C Apple Inc. All rights reserved. 動作環境 Android 5. 「Google Playで手に入れよう」ボタンを押すと、Google Play(外部サイト)が起動します。 Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google LLC の商標または登録商標です。

次の

ヤフオクのお得なキャンペーン 「帰ってきた毎日くじ」

ペイペイ くじ引き

以降のPayPayチャンスは2019年12月から再開とのこと。 PayPayチャンスはどんな時発生するのか? いわゆる「くじ引き」として提供されている「PayPayチャンス」ですが、どのようなタイミングでそのくじ引きが発生するのかというと、• 還元率が1. 5%が適用される「PayPay残高」からの支払いの場合、• ですので、他のキャンペーンなどで予定される付与額が1,000円を超えてしまうと、 そもそもくじ引きとしての「PayPayチャンス」は行われない、ということですね。 PayPayチャンスで得られる金額は? 基本:決済で利用した金額の100%(最大1,000円) 基本的にPayPayチャンスの付与分は、• 決済で利用した金額の100%• ただし、最大100~1,000円分まで となっています。 この100円&1,000円のPayPayチャンスですが、同時に当選し 1,100円になることはありません。 キャンペーンや通常の還元分と合算は可能? 通常の還元(1. 5%)やキャンペーン時の還元(10-20%)と PayPayチャンスの付与は合算できるのか?という点ですが、 可能です。 ただし、上記でもご説明しております通り、「付与額が1000円超えてると、そもそもPayPayチャンスのくじ引き発生しない!」というルールがありますので、PayPayチャンスがあたって1,999円の還元額が最大となります。 PayPayチャンスが当たる確率について では、その「くじ引き」であるPayPayチャンスですが、当たる確率はどのくらいかというと、• 100円:25回に1回(4%)• 1,000円:100回に1回(1%) となっています。 「キャッシュレス・消費者還元事業」との兼ね合いは? こちらは【朗報】になるかもです。 もし「消費者還元事業」の還元対象の支払いで「PayPayチャンス」に当選したら、還元金額が打ち消し合って結局、最大1,999円に収まってしまうんじゃないかと思われるかもしれませんが、「消費者還元事業」の還元は、PayPayチャンスとは合算されない、とのこと。 ですので、例えば• とあるキャンペーン(付与上限1,000円)開催中!• 900円分のPayPayボーナスが付く決済を行った!• さらにPayPayチャンス(1,000円)があたった!• PayPayチャンスが適用されない?その理由とは。 ここまでご説明させていただいた 「PayPayチャンス」ですが、条件が揃っていれば自動的に適用され画面上に表示されますが、以下の条件で利用していた場合、 「PayPayチャンス」の適用外となりますので、注意が必要です。 オンラインショッピングにPayPayチャンスは適用されない また、PayPayの決済はYahoo! ショッピングやLOHACOなどYahoo! 関連のオンラインショップで利用することができますが、「PayPayチャンス」が適用されるのは実店舗での利用のみでオンラインショッピングでは適用されませんので、注意が必要です。 PayPay請求書払いの場合 PayPay請求書払いの場合もPayPayチャンスの対象外になっています。 対象期間外。 そもそもPayPayチャンスが行われていない月 本記事の前半でも触れていますが、2019年11月は全体として「PayPayチャンスなし」の月になるとのこと。 これらから察するにかなり月々の予算に対してシビアになってきているように思いますね。 予算感に対してシビアになってきた雰囲気が出ていますが、「PayPayチャンス開催がある/ない」については、その月々によって変わるようです。 還元率は、お店ごとで異なっていたり、キャンペーン開催有無に大きな影響を受けますが、 PayPayチャンスは「気がついたら当たっている」的な企画になっていますので、PayPayチャンスによって行き先を変える必要はないかもしれませんが、複数のPay系アプリを使いまわしているユーザーとしてはより多くPayPayを使用するきっかけになりそうですね!.

次の

いま「くじ引き民主主義」がヨーロッパで流行中、その社会的背景(吉田 徹)

ペイペイ くじ引き

ペイペイのキャッシュバックキャンペーンですが、早くも12月の中旬には終了してしまいました。 キャッシュバック欲しさに ペイペイに登録をしてお買い物をされた方も多いのではないかと思います。 さて、このようなキャッシュバックキャンペーンやポイント還元キャンペーンをやる際に問題になるのが、の景品規制です。 「景品規制の趣旨」 ざっくりいうと、景品規制とは、あまりに高額な商品やポイント還元などをやり過ぎてはいけませんよ!というルールです。 その理由は二つあります。 だから、高額な景品は出してはいけませんよ!ということです。 結果、お金を持っている会社が勝ち、それよりも本当は優れたサービスを提供している会社が勝てなくなってしまいます。 つまり、業界の自体が止まってしまうということです。 体力の少ない企業だからこそ、サービスの内容や品質、そしてアにこだわって、大きな企業と戦えるようにしておかないと、業界全体の革新が進まなくなってしまいますよね。 「景品規制の概要」 上記の趣旨から、景品規制は以下のような構造になっています。 たとえば、ユーザー登録してくれたら、ポイントを2倍あげるというキャンペーンなどです。 逆に、ゴミ掃除のボランティアに参加してくれた謝礼として、をあげたとしても、それは顧客誘引の手段とはいえないですよね。 たとえば、ポイントをもらうためには、必ずこの店舗でモノを買わないといけない場合です。 逆に、その店舗でモノを買わなくてもプレゼントがもらえる場合は、取引に付随しているとは言えない可能性が高いです。 たとえば、非売品のグッズのように市場で値段がついていないものでも、メルカリなどのフリマサービスに出品すれば売れるような場合、経済上の利益に当たることになります。 逆に、フリマサービスに出品しても、価がつかないような場合は、それを経済上の利益とは言うのは難しいことになります。 一般懸賞にあたる場合の景品の上限は以下のとおりです。 この場合、一般懸賞と違って、プレゼントを用意するコストを複数社で負担しているのが特徴です。 共同懸賞にあたる場合の景品の上限は以下のとおりです。 5,000円以上の買い物をしても全員がプレゼントをもらえるわけではない場合は、上記の懸賞に分類されます。 総付景品にあたる場合の景品の上限は以下のとおりです。 オープン懸賞とは、取引の成立や一定の取引を誘引させるマイルストンプ(来店)が、プレゼントを配布する条件になっていないということです。 この場合、オープン懸賞で提供されるプレゼントは、そもそも「景品」ではないという整理になります。 ですので、オープン懸賞で配布できるプレゼントに金額の制限はありません。 もっと詳細を知りたいという方は、以下ののページにさまざまな資料があり、そちらをご覧ください。 「ペイペイの場合はどのように考えるのか」 さて、ではペイペイの場合はどのようなロジックで、100億円ものお金をキャンペーンに投じることができたのかということを整理していきたいと思います。 この点については、次回の記事「ペイペイ20%キャッシュバックCPの景表法上の整理その2」で書きたいと思います。 2018年も今日で終わりますね。 今年やり残したこと、来年やりたいこと、いろいろな思いがよぎるところではありますが、一歩でも前に進んでいければと思います。 sanpomm.

次の