お 線香 立て。 線香立て|掃除しやすく便利な物を

お墓の線香立ての選び方 種類や相場を詳しくご紹介

お 線香 立て

仏壇の線香の作法 お線香は、 「自分の身とその場を清める」意味と 「仏様に良い香りを供養する」意味があります。 お線香は自分の身とその場を清める 元来、インドでは 高貴な人と接する際は、「お香」を焚くという礼儀がありました。 そのため、高貴な方「仏様」を前にした際にお線香を焚くことは当たり前のこととされていたのです。 お線香は仏様に良い香りを供養する 昔から仏様は 「香り」を召し上がると言われています。 そのため、 「どうぞ良い香りを召し上がってください。 」という気持ちを込めてお線香をお供えします。 また、浄土真宗は線香を立てずに、適当な長さに折って火をつけ、香炉に寝かせます。 浄土宗 ・線香の本数:1~3本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる。 複数の場合もまとめて真ん中に立てる。• 浄土真宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:1本を2~3本に折り横に寝かせておく• 禅宗(曹洞宗) ・線香の本数:1~3本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる。 複数の場合もまとめて真ん中に立てる。• 日蓮宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる• 臨済宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる 仏壇の線香のあげ方!線香を折るのは正解? 「お線香」は、1本立てればよいのですが、上記のように宗派によって本数が異なります。 ですので、 線香を折る場合もあるのです。

次の

【楽天市場】「灰のいらない線香立て」線香火災防止、安全・安心供養、仏壇火事予防に:仏壇仏具の仏縁堂

お 線香 立て

お墓に行くと誰もが線香を立てて手を合わせます。 お香は古くから死者供養の場面で用いられてきました。 芳しい香りはあたりの空気を清浄にしてくれます。 お線香を灯すことで清らかな心持になり、わたしたちは死者やご先祖様に向き合うことができるのです。 そんなお線香を立てるための「線香立て」。 実にさまざまなタイプがあります。 普段は意識しないものかもしれませんが、これからお墓を建てる人、線香立てが壊れている人、お線香の灰の掃除で困っている人などにはぜひともこの記事を読んでいただきたいです。 この記事を読んでいただくことで、線香立ての種類や価格相場、さらには選ぶ時のポイントなどが分かるはずです。 自分たちのお墓にはどのタイプの線香立てがよいのか考えるきっかけになれば幸いです。 この記事の目次• さまざまな線香立ての種類と特徴 線香立てにもさまざまな種類があるのをご存知ですか? 周りの人のお墓をまじまじと見ることもないでしょうし、お墓の線香立てがどのような形をしているか詳しく見たこともない方がほとんどでしょう。 しかし、線香立てには思いのほかたくさんの種類があります。 用途やタイプ別に特徴も踏まえてご紹介いたします。 用途別 立てるタイプと寝かせるタイプ お線香は立てるものとばかり思いがちですが、実はお線香は寝かせることもあります。 宗派で言うならば、浄土真宗や日蓮正宗や創価学会では、お線香は寝かすのが作法です。 その他、お墓のデザインにあわせて洋風のお墓では寝かせるタイプが多く用いられています。 立てるタイプの特徴 「お線香を立てる」とも言いますが、最もポピュラーなお線香の上げ方です。 立てるタイプの線香立ては、香炉タイプと線香筒タイプがあり、墓石に埋め込んだり、外付けにしたりとさまざまです。 また、屋根付き香炉を墓石の前に置くスタイルも多く見かけます。 香炉には、通常中に灰を入れて線香を立てますが、 野外で雨に濡れてすぐに固まってしまうという難点があるため、専用の砂が販売されています。 最近のお墓では、灰や砂を用いなくてもお線香が自立できるように香炉よりも線香筒が多く用いられているようです。 寝かせるタイプの特徴 寝かせるタイプでは、立てるタイプの「線香立て」に対して、「線香皿」と呼ばれるものを使用します。 線香皿は、宗派やデザインなどにあわせて用いられますが、お線香を寝かすにはもう1つ大きな特徴があります。 それは汚れにくいということです。 お線香を立ててしまうと燃焼した灰が落ちて、あたりが汚れてしまうのですが、寝かす場合には 線香皿の上に灰が落ちるので墓石そのものを汚しません。 線香皿は通常ステンレス製や陶製なので、それだけ取り外して水洗いもできます。 材質別 ステンレス製と石製と陶製 線香立てにせよ、線香皿にせよ、ステンレス製か石製が一般的です。 あるいはステンレスと石を組み合わせた線香立や線香皿も多く選ばれています。 ステンレス製 ステンレス製は、固くて壊れにくく、水洗いできてしまうという点で万能で、さまざまなアイテムがあります。 墓石に埋め込むもの、石製の香炉に落とし込むもの、寝かすための線香皿など墓石との兼ね合いによって用途別に選びます。 石製 石製の線香立ては、主に香炉として用いられます。 香炉の中に直接お線香を立てるタイプと丸い香炉の中にステンレスでできた筒を落とし込むタイプがあります。 その他、石製の屋根付きの香炉や供物台の内部を刳りぬいた箇所に線香立てや線香皿を埋め込むものもあります。 陶製 線香立てや線香皿には陶器のものもあります。 陶器の石やステンレスに比べると大変安いのですが埋め込んで固定ができません。 軽くてすぐに飛ばされたり、そのはずみで割れてしまうなどの理由から最近はあまり用いられないようです。 線香立ての3つの設置方法 線香立てには主に3つの設置方法があり、それによって形状も異なります。 墓石に埋め込んで固定するもの、据え置くだけのもの、そして外付けの香炉を墓前に置くものです。 それぞれにどのような特徴があるのかをまとめました。 墓石埋め込み型 墓石埋め込み型では線香立てをしっかりと固定できます。 場所がずれることがなく、そのはずみで石が割れるようなこともありません。 埋め込み型には実にさまざまな製品がありますが、墓石側に穴をあけ、その中に台座(アンカーやほぞなど墓石の中に埋め込まれる部分)を埋め込んで接着剤で固定します。 台座と線香立て本体は脱着できるものをおすすめします。 お掃除がしやすいからです。 ネジ型 台座を埋め込んで本体との接合部がネジ切りになっており、回すと脱着できます。 プロペラ型 台座部分がプロペラ状になっており、石材に押し付けられて固定されるため接着剤が不要です。 バネ足型 台座部分がバネ状になっており、石材に押し付けられて固定されるため接着剤が不要です。 アンカー型 墓石の穴の中にアンカーを埋め込めて固定します。 接着テープ型 線香立ての底面に両面テープを取り付けます。 墓石に穴を開けなくてよいので手軽ですが接着力が弱いのが難点です。 おもし型 線香立ての底部分がおもしになっているタイプです。 主に石香炉とともに使われます。 中入れ型 香炉の形をしたステンレスをそのまま墓石の中に落とし込みます。 据え置き型 据え置き型は、置くだけの簡単設置タイプです。 設置のために墓石に穴をあけるなどの加工の手間が不要のためすぐ使用ができます。 取り付け穴がないお墓、または墓石に穴を開けたくない人にはおすすめです。 ただし、本体が軽く、置いたままにしていると風で飛ばされたりしかねないために、お参りを終えると持ち帰るのが良いでしょう。 据え置き型にも石製、ステンレス製、陶製などがあります。 外付け香炉 墓石とは別で独立した石の香炉を墓前に置きます。 石はどのような形にでも加工できるため、経机の形をした経机型やアーチ型など、香炉の形もさまざまです。 屋根がついた香炉だと、雨や風をよけれるので大変便利です。 また、花立てやローソク立ても埋め込まれた一体型のものもあります。 既製品であればインターネット等でも購入できますし、石材店に依頼してお墓とのバランスや調和を考えたオリジナル香炉を作ってもらってもよいでしょう。 線香立てを選ぶ時の4つの注意点 用途別、素材別、形状別に実にさまざまな線香立てがあります。 自分のお墓にはどの線香立てが一番適しているのか。 線香立てを選ぶ時の4つの注意点をまとめました。 材質も含めた屋外での耐久性 お墓は昼夜問わず、ずっと野外に置かれているものです。 それは常に風や雨や日光にさらされていることを意味しており、時間が経つことで劣化やダメージは避けられません。 なぜ、お墓に石が用いられているのかと言うと、この地球上のどんなものよりも耐久性に優れているからにほかなりません。 線香立ての場合も、石でできた香炉や金属の中では 耐久性に優れたステンレス製の線香立てが好まれています。 色味やデザインなどお墓との統一感 線香立てひとつ違うだけで、お墓の印象は随分と変わるものです。 線香立てには、墓石に直接埋め込まれたもの、石の香炉、屋根付き香炉を用いたものなどあります。 また、 石製の線香立てにする場合は墓石と同じ石にするのが良いでしょう。 墓石全体との統一感や調和を考えて選びましょう。 お墓掃除のしやすさ お線香は火を灯して燃焼すると灰になるため、その周囲は必ず汚れます。 掃除のしやすさを考えると、 台座を埋め込んで固定し、本体を脱着できるタイプがよいでしょう。 中に残ったお線香の燃えカスもすぐに捨てることができますし、線香立てやその周囲の拭き掃除も楽にできます。 線香立てと一緒に購入するものを確認 もしもお使いの線香立てが香炉タイプであるならば、お線香の砂を一緒に購入しましょう。 香炉用の砂は、水晶などが用いられ、何度も洗って使えるようにできています。 線香立ての価格相場は1万円前後! 安く買うならネット通販 線香立ての価格相場は1万円前後です。 ステンレスの線香立てだけであれば数千円から販売しています。 石の香炉となると1万円〜3万円程度でしょう。 安く買うならネット通販がおすすめですが、石の種類や形は既製品になるので墓石との調和は慎重に考えましょう。 線香立てはネット通販より石材・仏具店での購入がおすすめ ネットで買うのもよいのですが、線香立ては仏具店や石材店などの専門店で買うことをお勧めします。 なぜなら 線香立ての種類は実に多岐に渡り、その中から自分のお墓に適したものを選ぶのはなかなか難しいことでしょう。 据え置き型であれば何ら問題ありませんが、多くの線香立ては石でできた香炉や墓石埋め込み型です。 また、線香立てを買ったはいいけれど自分たちで取り付けができないという事態も考えられます。 取り付けや加工は有料になってしまいますが、石の扱いはプロに任せた方が安心です。 お墓だけでなく線香立ての掃除も供養の一つ お墓をきれいにすることでご先祖様の供養になると言われていますが、線香立ての掃除も同じことです。 線香立てをきれいにすることにはどんないいことがあるのでしょうか? また、線香立ての交換はどのような時に行えばいいのでしょうか? 線香立てをきれいにすることで気持ちよくお参りできる お線香は、その場を清らかにするために灯されます。 それは、私たちが邪念を取っ払って純粋な心でご先祖様に向かって手を合わすためのものです。 線香立てがきれいになっていることで、きっと手を合わすこちらの気持ちも清らかになり、ご先祖様の供養の想いがまっすぐ届くことでしょう。 お墓掃除は供養の一環ですが、ぜひとも線香立ても丁寧に掃除してみましょう。 線香立ての交換が必要な場合もある 線香立ての交換の時期は、そのほとんどが固定していた部分のぐらつきによるものです。 ぐらついてしまった線香立ては一度穴から外して接着剤などで固定し直すか、あるいは穴を開け直して新しい線香立てを新調するなどの方法があります。 ただし取り付け直しには、穴の空け直しなどの専門技術を要する加工が伴うため、石材店に相談することをお勧めします。 まとめ お墓の線香立て一つをとっても形式が違い用途もさまざまです。 手を合わせてご先祖様に話しかける際に必要になってくる線香立て。 ぜひ、お墓の形状に合わせて線香立てを選ぶことも考えてみてください。 線香立てのポイントは以下になります。 お線香を灯すことで清らかな心持になり、わたしたちは死者やご先祖様に向き合うことができる• 線香立てにはさまざまな種類がある• 用途別に立てるタイプと寝かせるタイプがある。 材質別にステンレス製、石製、陶製がある• 設置の方法に墓石埋め込み型、据え置き型、屋根付き香炉型などがある• 線香立てを選ぶ時には、耐久性、お墓との統一感、掃除のしやすさに注意する。 香炉タイプでは、灰の代わりに専用の砂を用いる。 線香立ての相場は1万円前後。 安く買うならネット通販が良いが、専門的なアドバイスや石材加工が伴うことが多いため、石材店で買うのがおすすめ• 交換時期は、ぐらつきが気になりだした頃 線香立ては身近なものです。 必ずしも 高価なものである必要はありませんが、粗雑に扱うことのないようにしましょう。 監修者コメント 監修者 終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子 墓石に設置する線香立てについては、地域によって、また石材店によって好まれる傾向がかわってきます。 関東では横に置く線香皿が多くみられます。 線香皿でも大きさや形がさまざまで、香炉割れを防ぐフード付きも市販されています。 材質、耐久性、お手入れのしやすさなどから選ぶと良いと思います。 最近は通販でも手軽に購入することができますが、サイズや設置方法等不安な場合は、建立を依頼した石材店経由で購入した方が良いでしょう。 間違えやすいのは、水鉢と呼ばれるパーツを線香を焚く場所と勘違いしているケース。 ここは水を入れる場所であって、線香を焚く場所ではありませんのでご注意を。

次の

線香立ての灰はマメに手入れする必要があります

お 線香 立て

線香立ては昔からある香炉灰のたまるものしか想像しませんでしたが、最近は若い人でもお香を楽しむ人が増えてきています。 香炉だと親しみがわかない感じがありますが100均で代用できるものがたくさんあるのです。 一つ目は長いお皿です。 どんなものでもよいと思います。 好きな柄を選ばれるのがいいでしょう。 横に線香を置くのは特に何の問題もありませんよね。 お香が終了したらそのまま灰のお手入れもできますし、お皿なら簡単に洗うこともできます。 代用品としては簡単で且つかわいいのではないでしょうか。 100均で買えるなんて最高ですよね。 ぜひ試してみてくださいね。 家にあるお皿でもいいかもしれませんね。 香炉灰にはカップがおすすめです。 お気に入りのコップや器を見つけてみてください。 作り方はカップに香炉灰を入れるだけです。 既製品にとらわれず、いろんな発想をすることが大切ですよね。 日用品とか書いてあっても購入するときはきれいですし洗えばいいですよ。 日用品と書いている方が使い勝手などがわかりやすいということだけで、使えれば何でもいいのです。 自由な発想で利用されることをお勧めします。 代用品であってもちゃんと利用はできます。 最低限の危険さえなければ大丈夫です。 皆さんもぜひいろんな発想で商品を買ってみてくださいね。 これが一般的ではないでしょうか。 ちゃんと火が消えていれば普通にゴミに捨てて平気です。 ゴミに捨てるとき少し舞ってしまいますから気になるようであればティッシュなどにくるんで捨ててくださいね。 灰のお手入れをするときに注意することを少しご紹介します。 灰の塊はこしきでさらさらにしていただくか取り除いてもらうのが一番です。 やってはいけないのは水で濡らすことです。 濡らしてしまうとべちょっとなってしまうので注意です。 濡らしてしまった時は袋などに入れてゴミ箱に捨ててくださいね。 線香にはにおいを消す役割がありますね。 故人がなくなった時に線香をたくのはその意味もありますね。 線香には心と体を清めるという意味があります。 よい香りをかぐことで癒されるアロマテラピーもその一つですよね。 自分と場を清められて、においに癒されるのであれば最高ですよね。 リラックス効果のあるお線香を選べばアロマと同じ効果が得られますよね。 100均にも線香は売っていますので是非自分に合った線香をお買い求めくださいね。 線香は故人のためだけでなくなってきました。 線香立てに好きなにおいを立ててみてくださいね。 49日を過ぎるまではお線香の香りが故人の食べ物として扱われるようです。 意外ですよね。 お供え物も大切ですが、お線香も大事な役割があるんですね。 なかなか機会はないかもしれませんが、意味を知ると大切さがわかってうれしいですね。 線香をいざ立てようと思ったら線香立てが急にはないですよね。 家にあるもので代用できたり、100均のもので香炉灰の作り方をご紹介したいと思います。 香炉灰はこぼれなければいいのです。 もちろん燃えにくい素材の容器を選ぶことも大事です。 簡単に作成ができますので是非自作してみてくださいね。 最近人気のアロマオイルが100均で購入できるのです。 線香にもいろんなにおいがあり、香をたく人が増えていますよね。 臭いでリラックスというのは当たり前になってきているのかもしれません。 そんなリラックスが100均で手に入るなんて最高ですよね。 自分の匂いをぜひ探してみてくださいね。 RELATED ARTICLE 線香立ては自分の趣味を前面に出していい 線香や香はどうしても故人のためという感じが強く出てしまうため、質素にお供えをするというイメージが強いかもしれませんね。 しかし現在はそんなことはないのです。 線香も香もリラクゼーションの一つとして活用されるようになってきました。 アロマを使うのには抵抗があるな煙が出るのがいいかもと思われる方もいますよね。 アロマだと調合のことを考える方もいらっしゃるかもしれません。 お香なら簡単に手が入り、火をつければいい香りがします。 臭いけしにも使われるものですし、人体にも害はありません。 線香立てもご紹介しましたように簡単に自作ができますし、代用品も簡単な作り方をご紹介しました。 本格的なものは少しという方はぜひ100均などで購入をして試してみてはいかがでしょうか。 いつもと違う香りに癒されて心も場も清らかになること間違いなしですね。 ぜひお試しくださいね。

次の