メルペイ 還元。 【現状なし】メルペイのポイント還元率は?【スマート払いも還元はある?】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイ、3月に最大50%還元「メルペイフィーバー」開催。日曜日はどこでも20%還元

メルペイ 還元

2019年10月1日から2020年6月末までの間、対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済で お支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられます。 「キャッシュレス・消費者還元事業」には、 ・消費者 ・中小・小規模事業者 ・キャッシュレス決済事業者 が関わります。 が、ほとんどの皆さんは、消費者として関わることにはなるので、消費者目線でどうなるのかチェックしたいと思います。 該当の決済手段=キャッシュレスは? まずは決済手段ですが、当然キャッシュレスを推進するものになります。 大まかにいうと、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマートフォン(QRコード等)が該当しています。 が、実際にポイント還元を受けるには、決済業者が申請して国に認められたキャッシュレス決済手段である必要があります。 どんなキャッシュレス決済手段が登録されているかは公式サイトで確認することができます。 基本的には普段利用しているようなクレジットカードや電子マネー、QRコード決済はほとんど該当しているので、消費者側としては普段通りに利用するしていく方向でそれほど問題はありません。 「メルペイ」はキャッシュレス・消費者還元事業に該当 今回は「メルペイ」について確認します。 「メルペイ」は公式サイトでも既に告知されていますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録済です。 今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」、決済手段を確認するときのポイント・注意点は ・何が対象か ・上限はどうなっているのか ・還元方法はどうなるのか・いつ頃どうやって還元されるのか です。 中小・小規模事業者で、申請して認められた店舗でないと還元は受けられません。 還元率は ・基本:5%還元 ・フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者:2%還元 (例えばフライチャイズオーナー店のセブンイレブンなど。 ) 大手の店舗は対象外です。 対象店舗かどうかの確認も公式サイトで行えます。 ちなみに実店舗だけではありません。 アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングに出店している中小・小規模事業者で対象店舗であれば5%還元になります。 軽減税率との違い・軽減税率と併用は? 軽減税率制度についても確認です。 軽減税率制度と言ってピンとこなくても「持ち帰りだと消費税8%で、店内で食べたら消費税10%という制度」と言えばわかるのではないでしょうか。 「軽減税率制度」は、消費税の軽減税率です。 <軽減税率の対象品目> 飲食料品: 飲食料品とは食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。 )をいい、一定の一体資産を含みます。 外食やケータリング等は軽減税率の対象品目には含まれません。 新聞: 新聞とは一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。 引用:国税庁 軽減税率制度とはリーフレット より 図でみると以下のようになります。 ただ、同じ時期に始まるので違いがよくわからない・・・ 「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」を比較すると以下のような違いがあります。 次に気になるところは「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」の併用です。 結論をいってしまえば 併用OKです。 併用できればかなりお得になります。 これでクレジットカード等キャッシュレス決済のポイントも貯まるわけですから、利用する決済手段によっては相当お得になります。 まとめ 「キャッシュレス消費者還元事業」を「メルペイ」で利用する場合の注意点は、メルペイコード払いで1ヶ月15000ポイント、メルペイ電子マネー iD で1ヶ月15000ポイントの上限がそれぞれにあることです。 ただ、合わせると1ヶ月30000ポイントの上限は他よりも圧倒的に有利です。 「メルペイ」、見逃せませんよ。

次の

メルペイ、後払いすると「70%ポイント還元」 吉野家、マクドナルド、大手コンビニで開始

メルペイ 還元

初めての本人確認完了で還元対象に 以下、プレスリリースより引用。 メルペイは、増税前の買いだめ需要に合わせ、「日常的に使いやすい決済」をお客さまにご体感いただくべく、キャンペーンの実施を決定いたしました。 株式会社メルペイは、今後も「使える決済」「使われる決済」を目指し、また日本のキャッシュレスの普及推進のため、サービスを拡充してまいります。 ポイント還元上限はキャンペーン期間を通して合計3,000ポイントです。 メルペイ電子マネー (iD) 、コード払い、ネット決済、いずれのお支払い方法でも還元されます。 コード払い対応のお店でのコード払いはご利用いただけますので、あらかじめご了承ください。 キャンペーン参加条件 (A) キャンペーン期間中に、初めての「本人確認」(お支払い用銀行口座の設定もしくは「アプリでかんたん本人確認」) を完了したお客さま:キャンペーン期間中のメルペイ残高払いまたはメルペイあと払いでのお支払いがポイント還元対象となります。 (B) キャンペーン期間以前に「本人確認」を完了しているお客さまのうち、キャンペーン期間中に初めて「お店でのあと払い設定」を完了したお客さま:メルペイあと払いでのお支払いのみ、ポイント還元対象となります。 以下のいずれかに該当するお客さまはキャンペーン対象外です。 キャンペーン期間以前に「本人確認」および「お店でのあと払い設定」をいずれも完了しているお客さま 18歳未満のお客さまおよびメルペイの利用ができないお客さま 本人確認の方法は2通り お支払い用銀行口座の登録 お支払い用銀行口座の登録が完了すると、本人確認が完了となります。 アプリでかんたん本人確認 「アプリでかんたん本人確認」のお申込み後、本人確認が完了したタイミングで通知が届きます。 ただし、Push通知をオフにしている場合は通知されませんので、Push通知設定をオンにしてお待ちください。 「アプリでかんたん本人確認」をご利用の場合、審査に多少お時間をいただく場合があります。 書類不備により再提出となるなど、キャンペーン期間終了までに「本人確認」が完了しない場合はキャンペーンに参加できません。 余裕をもってお申し込みください。 「iD」マークがあるお店では「メルペイ電子マネー」、「メルペイ」マークがあるお店では「コード払い」をご利用ください。 ネットショップではメルペイのネット決済がご利用いただけます。 各ネットショップにてお支払い方法に「メルペイ」を選択してご利用ください。 関連する記事•

次の

メルペイポイントの使い方・有効期限の確認方法

メルペイ 還元

「メルペイ」は人気フリマアプリの「メルカリ」に2019年2月13日より新たに追加された機能です。 「メルペイ」は「メリカリ」で商品を売って溜まった「売上金」を、Apple Pay アップルペイ やiD アイディー に対応している加盟店のカードリーダーにかざして、スムーズに決済できるサービスです。 この「メルペイ」ですが、 実はコンビニ、その他の加盟店で決済を行っても、還元率は0%です。 すなわち「メルペイ」で決済をしても1円もキャッシュバックがありません。 一見するとメリットが無いように見える「メルペイ」ですが、利用するメリットが沢山あります。 この記事では、還元率が0%でも「メルペイ」がなぜ人気なのかについて、紹介していきます。 「メルペイ」のポイントには有効期限があります。 また、ポイントの種類によって有効期限が異なりますので、その辺りも注意が必要です。 まず、 「メルカリ」の売上金で購入したポイントの有効期限は、ポイントに交換した日から 365日です。 そして、先述したGWの キャッシュバックキャンペーンで得たポイントの有効期限は 180日です。 このように、ポイントによって有効期限が異なりますので、うっかり使い忘れないように注意してください。 ポイントの有効期限が近づくと、アプリの方から通知が送られるので、見逃さないようにしましょう。 ちなみに、銀行口座からチャージした「メルペイ」の残高に有効期限はありませんので、安心してください。

次の