分数 の 掛け算 割り算。 割り算を分数で表す問題!分数にするにはこれを覚えておけばOK!

分数の割り算を、掛け算に直すと、何故分母と分子が逆になる...

分数 の 掛け算 割り算

まず、掛け算の意味を考えて見ます。 確かに難しいですよね。 2/5㍑を1㍑にするには、5/2倍しなければいけません。 だから、10を5/2倍します。 では、分数どうしの場合 3/4㍑で5/7㎡ぬれるぺんきがあります。 1㍑では何㎡ぬれますか? 横に7つに区切った1つ分が1/7、その5つ分は5/7㎡を表しています。 横軸はリットルの量で、右へ行くほどペンキの量が増え、3/4㍑で5/7㎡ぬれます。 1㍑でぬれる広さを求めるのに、 横に7つ、たてに3つに区切られた斜線部は1/21㎡。 つまり、20/21㎡ぬれます。

次の

分数の概念と計算方法

分数 の 掛け算 割り算

この計算方法をよく使いますよね。 しかし、どうして分数の割り算をするときには逆数をかければよいのでしょうか? 割り算は分数であることを思い出す つまり、割り算の結果は、分数になります。 そして、この分数が通分できるのであれば、通分しなければなりません。 通分した結果、分母が1であれば分子が答え、すなわち商になります。 では、 はどのように、分数にできるでしょうか? が分子で、 が分母となる、分数ができます。 すごい、見難いですね…。 子どものノートには、真ん中の線が長くなるように、書いてくださいね。 追記 : この投稿の最後に、画像で見やすい式を追加しました!! そして、分数の分母が1であれば分子が答えになるので、この分数を、分母が1になるように計算しましょう。 分母の を にするには、逆数である をかければ良いですね。 逆数の掛け算が現れる! なんと!! 割り算の式から、掛け算の式に変化しました。 つまり、この式の変形の結果が、 分数の割り算は、逆数をかければ良い。 という事がわかります。 いかがでしたか? 小学校の時に習ったから、なんとなーく逆数をかければ良い。

次の

分数の掛け算の上手な教え方|なぜ分母同士・分子同士をかけるのか?|数学FUN

分数 の 掛け算 割り算

読み方は「 3分 さんぶん の 1 いち 」で、 3 横棒の下にある数を 分母 ぶんぼ 、横棒の上にある数を 分子 ぶんし といいます。 2 は 1 を2つ集めた数とみることができます。 【練習問題】 次のカッコの中に当てはまる数を入れてください。 1つのビンには何リットル入っているか。 答え ( 3 リットル) 5 2 2kgの粘土を3等分した。 1つの重さはいくらか。 整数と真分数の和になっている分数を、 3 3 帯 たい 分数といいます。 2 3 4 1 2 3 1 2 3 【練習問題】 次のカッコの中に当てはまる数を入れてください。 分母はそのまま。 整数の2と分母の3をかける。 積の6に分子の1をたす。 和の7を分子に書く。 2 1 = 7 3 3 ・解説 2 1 =2+ 1 = 6 + 1 = 7 3 3 3 3 3 【練習問題】 次の帯分数を仮分数になおしてください。 そのを整数部分とし、あまりを分子とすればよい。 分母はそのまま。 分子の13を分母の5でわる。 あまりの3を分子に書く。 13 = 2 3 5 5 ・解説 13 = 10 + 3 =2+ 3 =2 3 5 5 5 5 5 【練習問題】 次の仮分数を帯分数になおしてください。 3 4 = 0. 75, 6 8 =0. 75, 9 12 =0. 75, 12 16 =0. このような分数を既約分数といいます。 24と18を共通な素因数2でわる。 商の12と9を共通な素因数3でわる。 4と3には共通な素因数がないので、 4分の3は既約分数。 【練習問題】 次の分数を約分して既約分数にしてください。 【練習問題】 次の各組の分数を通分してください。 分子が2の分数を 大きい順にならべると、次のようになります。 1 5 + 3 5 = 1+3 5 = 4 5 ・計算の結果は約分して既約分数で表します。 5 3 8 +2 7 8 = 7 10 8 = 7 5 4 = 8 1 4 【練習問題】 次の計算をしてください。 または仮分数になおしてから計算します。 例えば、3 1 5 ,は2 6 5 ,になおします。 かっこがあればかっこの中を先に計算します。 5 6 + 1 10 = 25 30 + 3 30 = 14 28 30 15 = 14 15 計算の結果が仮分数のときは、帯分数になおします。 2 3 4 + 7 12 =2 9 12 + 7 12 =2 4 16 12 3 =2 4 3 =3 1 3 3 4 9 +2 11 12 =3 16 36 +2 33 36 =(3+2)+( 16 36 + 33 36 )=5 49 36 =6 13 36 【練習問題】 次の計算をしてください。 かっこがあればかっこの中を先に計算します。 このとき、分子と分母の組なら、いずれの組み合わせでも約分できます。 下の例では、6と24、5と55の組み合わせで約分しています。 4 5 の逆数は 5 4 で、3の逆数は 1 3 です。 【練習問題】 次の数の逆数を答えてください。

次の