通院費 確定申告。 【確定申告】医療費控除で生命保険会社からもらった給付金はどう処理するの?

急いで!確定申告で使える「医療費控除」活用術

通院費 確定申告

ポイント• 窓口負担が全て医療費控除の対象となる訳ではない• 高額療養費で払い戻された金額を差し引く必要がある• 医療費控除の対象外(差額ベット代や診断書等)を差し引く必要がある• 生命保険等で給付金を受け取った場合はその金額を差し引く必要がある• 給付金はその給付の目的となった医療費からのみ差し引く• 入院前及び退院後の通院や介護サービスの一部も医療費控除の対象となる 父の場合、入院中の窓口負担の合計は791,978円でした。 実際に支払った医療費の合計額は、高額療養費で払い戻された金額221,885円と医療費控除の対象外(差額ベッド代や文書料)費用287,228円を差し引いた金額「 282,865円」です。 保険金などで補てんされる金額は、任意保険から入院給付金を1日あたり1万円受け取っていたので「 114万円」でした。 結果、入院中の医療費は全て医療費控除の対象外となりました。 ちなみに、「 給付金はその給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きする」という決まりがあるので、退院後の通院や介護サービスにかかった費用は別途計算することができます。 今回は入院給付金として受け取ったので、退院後の通院にかかった医療費には影響しません。 ただ、父は10月に退院してから2回しか通院しておらず、入院前もほとんど病院にかかっていなかったので、介護サービス(訪問リハ)にかかった費用と合算しても医療費は10万円未満でした。 そのため、医療費控除の対象とはならず、確定申告をする必要はありませんでした。 医療費控除の対象額は、「任意で加入している保険から給付金を受け取っているか?」で大きく変わってきます。 また、給付金がどんな名目で支払われたものかも重要なので必ず確認して下さい。 高額療養費と医療費控除 高額療養費は自己負担限度額を超えた医療費を払い戻す制度、医療費控除は税金を軽減する制度です。 どちらも多額の医療費を支払った場合の負担を軽減するために設けられた制度です。 高額療養費の対象外でも、医療費控除の対象になる費用があります。 参考: 医療費控除の対象となる介護サービス• 訪問看護• 介護予防訪問看護• 訪問リハビリテーション• 居宅療養管理指導(医師等による管理・指導)• 介護予防居宅療養管理指導• 通所リハビリテーション(医療機関でのデイサービス)• 介護予防通所リハビリテーション• 短期入所療養介護(ショートステイ)• 介護予防短期入所療養介護• 定期巡回・随時対応型訪問介護看護(一体型事業所で訪問看護を利用する場合に限る) 最後に 父は任意で加入していた保険会社から給付金を受け取っていたので、医療費控除の対象とはならず、確定申告をする必要はなかったのですが、任意の保険に加入していない方は、ほぼ間違いなく医療費控除の対象となるので、確定申告を忘れずに行いましょう。 もし分からないことがあれば、所轄の税務署に問い合わせて下さい。

次の

医療費控除対象の交通費と具体的な申請方法 ガソリン代、タクシー代は対象?

通院費 確定申告

適応障害の経験を電子書籍にしました。 『』はコチラから。 まんがびとさんにて販売中!• 『確定申告について』 サラッと、おさらいということで。 確定申告とは、 1年間を通しての様々な所得・税金を申告する制度です。 サラリーマンの方は、会社が年末調整をしているので、あまり馴染みがないと思います。 年末に事務・総務から渡される、面倒くさい書類ありますよね?アレです ですが、 個人事業主と給与所得者(サラリーマン)で申告方法が違いますので注意が必要です。 最近では、自宅のパソコン専用端末を接続して、確定申告()でする人が増えてきてます。 なら、自宅のPCとつなげて、申告手続きできますね。 確定申告に必要な書類たち• その1:(退職された方は、会社からもらってください、、、)• その2:通院で支払った領収書(薬代、病院までの交通費も入れていいですよ)• その3:加入している保険関係の書類 それで、退職した会社からもらった源泉徴収票は、こちらでした。 真ん中に数字が書いてある所が、もらった給料とかの部分になります。 あぁ、恥ずかしいですw この源泉徴収票を使って、の書類をで作ります。 今回は、を受けるために作成しているので、 事前に医療費の領収書をまとめるも用意されています。 たくさんレシート・領収書があるときは 先にここで計算しておくと、あとですごくスムーズです。 『確定申告で通院費をまとめるのはカンタン』 さっそく、確定申告の書類を作ってみました。 <手順>• で自分・家族の合計の医療費をまとめる。 (所要時間:約20分)• 確定申告書類ので申告書類を作る(所要時間:約20分) こんな感じで進めてまいります。 サイトでも分かりやすく紹介されています。 自分の源泉徴収票の、どこの数字を、どの枠に入力したらいいかも見やすいので、作成は時間は掛からないかもしれません。 作り進めると、最後にいくら税金が戻ってくるかが分かります。 傷病手当金についてはこちらのブログもご覧ください。 すると、傷病手当金は非課税であることが分かりました。 また、源泉徴収票に記載がある源泉徴収税額が0円になっていました。 源泉徴収額が0円以上なら、税金が戻ってくるんです。 結果、ぼくはもともと対象ではなかったようでした(笑) ぼくは、7ヶ月を傷病手当金で過ごしていたので、税金をたくさん納めていなかったようです。 そもそも、確定申告は1年で多めに納めた税金を返してもらう(還付)為の制度なんですよね。 1つ勉強になりました。 「休職中の確定申告で知った、うれしい制度」 ぼくが適応障害で休職中の間は、傷病手当金で生活をしていました。 でも、厚生年金、住民税、健康保険の支払いが必要でしたので、けっこうお金は少なかったんです。 しかし、退職し新しい会社で働き、給与明細を見ると不思議なことになっていました。 住民税が引かれていないのです。 じつは、傷病手当金を受けてたことで、うれしい控除になっていたのです。 適応障害で、休職中に給付されていた傷病手当金は非課税扱いとなっています。 なので、 次年度では住民税として 引かれる対象にならなかったのです。 だから、休職中で傷病手当金をもらっている人は、今は住民税を支払って厳しい状況かもしれません。 でも、次年度では住民税の請求やお給料から引かれることは無くなります。 事前に知っておくとうれしいですね。 こちらのサイトで勉強させていただきました。 詳しい内容が知りたい方は、をご覧ください。 【2020年版】休職中の通院費を確定申告してみたら?:まとめ 休職すると、色々な制度を受けられます。 でも、分からないこともたくさんあります。 まずは、調べるか、最寄りの税務署か に相談しましょう。

次の

確定申告の期限後に還付申告ができるか?

通院費 確定申告

特にサラリーマンにとって還付申告は数少ない税金の還付を受ける機会でしょう。 サラリーマンは確定申告をしなくても、基本的に年末調整というカタチで自動的に所得税や住民税が決まるからです。 また、よく確定申告と還付申告は混同され、還付申告も2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)までと勘違いしている人も多いようです。 確定申告の期限後に還付申告ができるか? 確定申告の期限後に還付申告はできる 還付申告は1月1日から5年間 確定申告は2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途) 確定申告の期限後に還付申告はできる 確定申告の期限後に還付申告はできます。 それは確定申告と還付申告は違うからです。 還付申告は1月1日から5年間 還付申告をする期間は対象の期間の翌年1月1日から5年間 をする期間は対象の期間の翌年1月1日から5年間です。 例えば2019年(平成31年・令和元年)1月1日から12月31日までの期間についてをしたければ、翌年1月1日、つまり2020年(令和2年)1月6日(月)~2024年(令和6年)12月28日(月)までの間に申告をするということです。 確定申告は2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途) 確定申告の申告をする期間は、2月16日~3月15日(2020年は特例にて別途) の申告をする期間は、2月16日~3月15日(2020年は特例にて別途)です。 それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 つまり2020年(令和2年)は2020年(令和2年)は、2月17日(月)~4月17日以降です。 ちなみに上記はについてです。 消費税および地方消費税については、個人事業者の場合は、課税対象期間の翌年3月31日(2020年は特例にて別途)が提出期限となっていて、法人の場合は、事業年度末日の翌日から2カ月以内となっています(ちなみに法人は、前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要)。 また法人税については、決算日後から2ヶ月以内となっています。 また個人事業税については、をすれば申告する必要はありません(つまり基本的には申告の期間はと同じ)。 確定申告というと個人事業主などがするものや、医療費控除や住宅ローン控除などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 医療費控除や住宅ローン控除なども確定申告をするのですが、個人事業主などの確定申告とは違い、税金の還付を受けるための申告であって還付申告と呼ばれます。 そういった意味で確定申告と還付申告を別なものと考えると、確定申告と還付申告の違いは、確定申告をするのは個人事業主など、還付申告は給与所得者などと考えるとわかりやすいでしょうか。 確定申告は、を計算するために1年間の所得を確定させるための申告であり、還付申告は年末調整で清算しきれなかった源泉徴収の齟齬を申告し、税金を還付してもらうための申告です。 還付申告?なにをすればいいの? 医療費控除を受けるためには、をする必要があります。 基本的には、申告書を用意して、税務署に申告するだけです。 確定申告書等作成コーナーを使えばだれでもできる 国税局のホームページにあるを使えば、より簡単に申告書を作成することができます。 国税庁というと難しそうですが、やってみるとカンタンです。 さらに朗報!e-taxが便利になった を使ってもいいのですが、2019年からが便利になっています。 これまではマイナンバーカードやが必要で、特にを医療費控除だけのために用意するには抵抗がありました。 2019年からは、暫定的ではあるものの「ID・パスワード方式」というものが導入され、マイナンバーカードやがなくても()ができるようになったのです。 さらににスマホの専用デザインが用意され、スマホからでもより使いやすくなりました。 このスマホ専用デザインは会社員の用の部分だけで、個人事業主などにはあまりメリットはないのですが、会社員にとってはとても朗報なのです。 e-taxが便利になった件についてはの記事をご覧ください。 なにを用意すればいいの? 源泉徴収票 医療費の領収書やレシート 医療費通知 交通費の領収書 医療費控除の明細書 確定申告書A マイナンバーの本人確認書類の添付台紙 源泉徴収票 会社員であれば年末調整の際にもらっています。 紛失した場合は会社に再発行を依頼します。 医療費通知 健康保険組合から医療費通知というものが来ることがあります。 これは必ず来るものではなく、組合によって対応が違うようです。 医療費通知があれば医療費控除の明細書は不要です。 また領収書やレシートの添付も不要です。 医療費通知がなければ医療費控除の明細書が必要ですが、領収書やレシートの添付は不要です。 ただしこの場合は領収書やレシート5年間の保管義務はあります。 医療費の領収書やレシート とにかく空き箱にでも入れておいて、申告の時に整理すればいいと思います。 もし捨ててしまっていたら、今年こそは来年のために取っておきましょう。 ちなみに私が以前申告した際は、日々、発生するたびにで入力してしていました。 なかなか翌年(今年)のものに更新されませんが、前年度分(去年)としてデータをPCにダウンロードしてとっておき、のデータが翌年(今年)分に更新されればそのデータがそのまま使えます。 交通費の領収書 公共交通機関を使用した場合の通院費などは医療費控除に該当します。 逆に自家用車のガソリン代や駐車料金などは該当しません。 公共交通機関を使用した場合の通院費などの領収書がないことが考えられますが、明細書を別途作成することで対応できます。 医療費控除の明細書 医療費控除の明細書はからダウンロードできます。 確定申告書A 医療費控除の申告には確定申告書Aが必要で、税務署で入手したり、からダウンロードすることができます。 前述のを使えば手書きすることなくPCで必要事項を入力すれば、カンタンに申告書を作成することができます。 マイナンバーの本人確認書類の添付台紙 申告書にはマイナンバーの記載欄がいくつかあります。 エビデンスとしてマイナンバーの写しが必要になりますが、添付書類台紙というものに貼り付けることになります。 添付書類台紙はです。 マイナンバーを持っていない場合は、「通知カードや住民票の写しまたは住民票記載事項証明書」と運転免許証などの「マイナンバーの持ち主であることを確認できる書類」の両方が必要になります。 どこに行けばいいの? 管轄の税務署です。 医療費控除とは 医療費控除とは、簡単に言うと税金が戻ってくることです。 さらに詳しく言うと、医療費控除とは、1年間、本人あるいは家族のために医療費を支払った場合、一定金額の所得控除を受けられ、払い過ぎているが戻ってきます。 医療費控除は10万円(だけじゃない) 単純に医療費は10万円と覚えておくと楽ですが、本当はそれだけではありません。 医療費控除の対象は、 課税所得が200万円以上の場合は 10万円 課税所得が200万円未満の場合は 総所得額の5% 総所得額とは、 次の1と2の合計額に、退職所得金額、山林所得金額を加算した金額です。 1事業所得、不動産所得、利子所得、給与所得、総合課税の配当所得・短期譲渡所得及び雑所得の合計額(損益通算後の金額) 2総合課税の長期譲渡所得と一時所得の合計額(損益通算後の金額)の2分の1の金額 (出典:国税庁HP セルフメディケーション税制とは? セルフメディケーション税制は、市販薬の購入代金が年間に12,000円を超えると、それを確定申告(還付申告)することによって還付金が受けられる制度です。 還付申告とは サラリーマンなどの給与所得者は会社が年末調整をしてくれます。 しかし年末調整が、必ずしもすべてにおいて、完全に源泉徴収の清算をしているかというとそうではありません。 源泉徴収によって清算しきれなかった源泉徴収の清算をするのが還付申告であり、税金の還付の申告をすることによって、納めすぎた税金を還付してもらうのです。 対象はサラリーマンなどの給与所得者となります。 源泉徴収によって清算しきれない内容は、以下のとおりです。 年間10万円を超える医療費を支払った場合 災害や盗難にあって住宅や家財に被害を受けた場合 国や地方公共団体などに寄附した場合 住宅ローンを組んで住宅の購入などをした場合 中途退職後、再就職をしていない場合 年末調整で所得控除の適用漏れがあった場合 所定の要件を満たすマイホームの売却損失が出た場合 還付申告においては、申告の期限というものはなく、対象となる年の次の年の1月1日以降となっています。 また過去5年間に遡っていつでも申告することができます。 確定申告とは 確定申告とは、1年間の所得を確定させて税金を申告するものです。 サラリーマンなどの給与所得者が、会社が等を本人に代わり給与から源泉徴収して納付し、また概算額の源泉徴収税額を年末に年末調整という形で清算しているのは違い、個人事業主などは、自分で所得を確定して、申告し、などの税金を納付しなければならないのです。 給与所得者も確定申告が必要な場合が 対象は主に個人事業主になりますが、給与所得者は、以下の場合確定申告が必要になります。 その年の給与収入が2,000万円以上の場合 複数の会社から給与貰い年末調整を受けていない、もしくはその他の収入が20万円を超えた場合 不動産収入や配当所得、年金等の所得が20万円を超えた場合 また給与所得者以外でも以下の場合は確定申告が必要になります。 事業所得や不動産所得などがある個人事業を行っている場合 同族会社の役員やその親族などの会社から給与とは別に貸付金の利子や家賃の支払いを受けている人など 1年間というのは、1月1日から12月31日までで、申告の期間は2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)まで(2月16日および3月15日(2020年は特例にて別途)が土日となる場合には休み明けの月曜日)で、納付期限も同期間となっています。 まとめ 確定申告の期限後に還付申告ができるか?という視点てみてきました。 確定申告の期限後に還付申告はできます。 還付申告は1月1日から5年間です。 確定申告は2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)です。 またそもそも還付申告とはなんなのか?確定申告とはなんなのか?もみてみました。 還付申告は本来法律上当然に認められた権利でありながら、自ら申告をしないと還付されません。 その存在すら知らない人がいることから、税金が還付されるとトクをしたような気にもなりますが、本来還付されて当然であり、逆に申告をしなければ損をしていることになるのです。

次の