パーソナルトレーナー エグザイル。 Chevron

お得なキャンペーン・割引クーポン|完全個室の高コスパパーソナルトレーニング24/7ワークアウト

パーソナルトレーナー エグザイル

PRICE 料金表 PCPでは、短期的な目標だけにとらわれず、トレーナーがお客様1人1人の体と長期的に向き合い、お客様1人1人の人生を豊かにするためのトレーニング提供を心がけています。 その為、PCPでは既存会員様からの紹介制を取らせていただいております。 Membership Program 運動習慣を身に付け生涯健康でいられるカラダを。 キャンセルは 前日の18時までにお電話かメールにてご連絡お願い致します。 銀行届出印 3. 会費引落口座通帳 4. PCPではトップアスリートのコンディショニング 管理に関わっている世界レベルのトレーナーが、 スポーツ医科学的に根拠ある理論で問題点にアプローチいたします。 最短で効果が出せるように目的やレベルに応じ、 パーソナルトレーニングの指導を実施しています。 吉田 輝幸 パフォーマンスコーチ• Hiroaki Yamaguchi 山口 広晃 正しいカラダの使い方と動きによって最高のパフォーマンスを引出すPCPトレーニング。 皆さんの夢を叶える為のカラダを共に創っていきましょう。 Chieko Kieda 木枝 智恵子 「人生で一番投資が必要なもの... それは"身体"です。 自分の身体を知り、自分に合ったトレーニングでより豊かな人生を送りませんか?皆さまがハッピーになれるよう、全力でサポートさせていただきます。 YUKA SASAKI 佐々木 裕香 皆様が自分のカラダと向き合うきっかけを作り今までで一番のカラダになれるようサポート致します。 一緒に頑張りましょう! KOKI SHIBATA 柴田 幸樹 目標に向かっている時間こそ、幸せな時間です! 一緒に目標に向かって頑張りましょう! 最高な状態へ丁寧にサポートさせて頂きます。 ひとつずつ一緒に目標達成していきましょう。

次の

Chevron

パーソナルトレーナー エグザイル

パーソナルトレーナーとは パーソナルトレーナーは、マンツーマンでエクササイズやトレーニングの指導、栄養指導などを行う仕事です。 プロのスポーツ選手をはじめ、俳優やモデルなど芸能活動をする人がクライアントになるケースが多いですが、近年ではダイエットや健康維持を目的とする一般の人を対象とすることも増えています。 トレーニングや栄養に関する知識はもちろん、自身の鍛錬も欠かせない仕事です。 運動が好きな人や、人をサポートすることが好きな人にはおすすめです。 パーソナルトレーナーになるには パーソナルトレーナーになるための公的な資格はありませんが、民間の資格はいくつかあります。 保有していると採用の際に有利になったり、クライアントを獲得するうえでアピールにもなるため、取得する人が多いようです。 資格がなくてもパーソナルトレーナーとして仕事をすることはできますが、トレーニングに関する知識やスキルは不可欠です。 そのため、体育大学やスポーツ関連の専門学校などに入学して、運動生理学や機能解剖学、トレーニング科学、栄養学、スポーツ心理学などを学ぶ人が多いです。 各民間資格の取得をサポートする学校もあり、在学中に資格を取得することも可能です。 卒業後は、スポーツジムやフィットネスクラブ、またはスポーツチームなどに所属することが多いでしょう。 パーソナルトレーニング専門のジムもありますが、それ以外の場合は、通常のトレーナー業務のほかにフロント業務などもこなしながら、希望する会員向けにパーソナルトレーニングを行うケースが多いようです。 トレーナーとして経験を積んだ後、独立してフリーのパーソナルトレーナーとなり、フィットネスクラブなどと業務委託契約を結んだり、個人でクライアントを獲得してトレーニング指導を行うこともできます。 そのほかにも、個人でプライベートジムなどを開業し、パーソナルトレーニングを行う人もいます。 パーソナルトレーナーの資格 パーソナルトレーナーに関する資格には、以下のようなものがあります。 健康運動指導士 主催:公益財団法人健康・体力づくり事業財団 概要:1988年に厚生大臣の認定事業として開始されました。 フィットネスクラブや病院、介護施設などで運動プログラムの作成や指導計画の調整などを行います。 資格を取得するには、養成講習会を受講するか、大学のスポーツ学科などで養成講座を修了後、認定試験を受けて合格する必要があります。 合格後は5年ごとに登録の更新があります。 健康運動実践指導者 主催:公益財団法人健康・体力づくり事業財団 概要:1989年より養成が開始された資格で、フィットネスクラブや学校などで運動プログラムに基づいて実践指導を行います。 見本を示すための実技能力や、集団での運動指導ができる技術が求められます。 資格を取得するには、講習会を受講するか、大学や専門学校などで養成講座を修了後、認定試験を受けて合格する必要があります。 合格後は5年ごとに登録の更新があります。 PFT公認 主催:NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会) 概要:NESTAのトレーナー規格で、国際的な認知度も高く、採用の際に優遇されることも多いようです。 認定試験を受けるには実務経験などさまざまな条件があり、該当しない場合は事前に講座の受講が必要となります。 資格有効期間は4年間で、更新には講座の受講などで得られる単位が必要です。 NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー) 主催:特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会) 概要:NSCA-CPTは米国NSCAの認定資格で、全米資格認定委員会(NCCA)が承認する国際的な信頼性も高い資格です。 米国NSCAの国際支部であるNSCAジャパンが、1995年より日本語でのNSCA-CPT試験を始めました。 取得にはトレーニング知識以外にも、解剖生理学、栄養学などの知識や指導スキルが必要となります。 資格の維持には、セミナーなどの受講で得られる継続教育活動単位を、定められた期間内に取得することが必要です。 CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト) 主催:特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会) 概要:米国NSCAの認定資格で、全米資格認定委員会の承認を受けており、NSCAジャパンが1999年より日本語での試験を始めました。 アスリートやスポーツチームなどを主な指導対象としており、トレーニング指導に関する知識以外にも、施設の管理・運営に関する知識なども問われます。 資格の維持には、セミナーなどの受講で得られる継続教育活動単位を、定められた期間内に取得することが必要です。 NSCA-CPTまたはCSCSの資格を取得し、レベルアッププログラム認定の取得など条件を満たしている場合は、実技講習会などで講師を務める認定検定員の試験を受けることができます。 このほか、大手フィットネスクラブなどで活動する場合は、各クラブの公認資格が必要となることもあります。 パーソナルトレーナーの仕事内容 パーソナルトレーナーは、ダイエットやボディメイク、コンディショニング、競技パフォーマンス向上、加圧トレーニングなど、それぞれ専門分野をもって仕事をすることが多いです。 一般的な仕事の流れは以下になります。 (1)カウンセリングを行い、クライアントが何を目標にしているかを把握します。 (2)カウンセリング内容に基づき、個々のクライアントに合ったトレーニング・プログラムを作成します。 (3)作成したプログラムに沿ってマンツーマンでトレーニング指導、フォームのチェック、サポートなどを行います。 体づくりにはトレーニング以外にも食事が重要な役割を果たします。 そのため、パーソナルトレーナーが食事に関するアドバイスを行うこともあります。 また、トレーニング継続のため、身体面だけではなく精神面のケアが必要になることもあります。 1対1でトレーニングを行うため、クライアントとコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことも重要です。 パーソナルトレーナーは、クライアントに指導するだけではなく、自身が体を鍛え、トレーニング方法やトレーニング器具、栄養に関する新しい知識を取り入れるなど、日々の研鑽も必要です。 また、フリーで仕事をしている人は、クライアント獲得のための活動も必要となります。 ホームページやブログ、SNSなどで自身のPRをすることを通してセルフブランディングを行うことも大切な仕事です。 パーソナルトレーナーの求人傾向 パーソナルトレーナーの求人は、社員やアルバイト、パートなど、さまざまな勤務形態で募集がありますが、ほかの職種に比べて業務委託の募集も多いことが特徴です。 また、近年では女性専用のフィットネスクラブも増えてきたため、女性のパーソナルトレーナーの需要が高まっていることも特徴の一つといえます。 採用においてはトレーナー経験者や資格保有者が優遇されますが、未経験者の募集もあります。 パーソナルトレーナーはお客様とマンツーマンでトレーニングを行うという仕事の特性上、コミュニケーション能力が求められます。 未経験の人は、接客業や営業の経験があると採用されやすいといえるでしょう。 出典:.

次の

お得なキャンペーン・割引クーポン|完全個室の高コスパパーソナルトレーニング24/7ワークアウト

パーソナルトレーナー エグザイル

パーソナルトレーニング需要がある• 時間的に活動可能• 活動場所も増えている これらを順番に説明していきます。 パーソナルトレーニング需要がある パーソナルトレーニングサービスは2012年から伸びている業界で、店舗数、従業員数、売上、全て右肩上がりな状況です。 パーソナルトレーニングを受けたい人と、パーソナルトレーニングジムをマッチングするポータルサイト最大手「ダイエットコンシェルジュ」さんのデータを見ても、右肩上がりなのがわかります。 以前は、セレブな方が受けるイメージのサービスでしたが、最近は価格帯も多様化し、パーソナルトレーニングを受ける層の幅も広がっています。 弊社「Shibuya Fitness Sharez」のジムにも、大学生のお客様が増えてきてます。 時間的に活動可能 パーソナルトレーニングを受けるお客様は、平日の夜や週末にトレーニングを受けている方が多いので、副業としてパーソナルトレーナーの活動を考えている方の時間帯と合いやすいです。 私の知人で副業パーソナルトレーナーとして活動している方は、土日が本業の休日で、その2日間に分けてパーソナルトレーナー活動しているそうです。 その方のトレーニング指導の本数は、土日で3〜5本、1ヶ月あたりで15本程度のトレーニング指導をしているとのことです。 活動場所も増えている パーソナルトレーナーとして活動する場所はどんどん増えています。 フィットネスクラブ、パーソナルトレーニングジム、レンタルジム、レンタルスタジオなどがあります。 トレーニング内容がハードでなければ、お客様の自宅でもトレーニング指導が可能なので、パーソナルトレーナーの仕事をする方が使える場所はたくさんあります。 場所代は、「売上の一部を払うケース」と「時間単位で支払うケース」があります。 相場は以下の通りです。 MEMO フィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムを利用する場合は、施設側と業務委託契約を交わしますが、その際にトレーナー資格を契約の条件としている店舗が多いです。 活動場所として、フィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムを検討している方は、事前にトレーナー資格取得しておきましょう。 以上のように、「需要、時間、場所」の3つの観点から、副業でパーソナルトレーナーの仕事をすることは十分に可能です。 副業パーソナルトレーナーの収入 次は、副業パーソナルトレーナーの収入面を紹介していきたいと思います。 私の知人で実際に副業パーソナルトレーナーをしている方に、活動状況の実態を聞いてみました。 詳細情報は以下の通りです。 トレーニング指導料金は、1回8,000円ほど• トレーニング指導本数は、週に3本〜5本なので、月間12〜20本• 場所代が、1時間2,500円• 月間売上は10万円〜15万円程で、場所代を引いて7万円〜11万円• 本業は上場企業社員• 週末に活動している 土日休み• 契約しているパーソナルトレーニングジムは3ヶ所で、メインを1ヶ所決めている 港区、渋谷区エリア• 体力的には全然余裕である 上記の通り、月間7万円〜11万円の収入という事です。 日経新聞のパーソル総合研究所での、個人の副業実態に関する調査結果によると、「副業の平均月収は6万8200円、平均時給は1652円」と発表されています。 上記は一例ではありますが、それと比較しても高い収入になっているので、良い副業と言えるのではないでしょうか。 副業パーソナルトレーナーとして活動する方法 副業でフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動するには、以下の2つの準備が必要です。 活動エリアを決める• 活動エリアのフィットネスクラブ、パーソナルトレーニングジムを調べる• 活動エリアのレンタルスペース、レンタルスタジオを調べる• 契約可能か、利用可能かどうか条件面を確認する• 契約する、登録する• 予約し、利用する 弊社でも、渋谷でパーソナルトレーナーの方が低価格で利用できるスペースを運営しております。 そのスペースのご利用や、活動場所に関してのご相談は、以下のLINEよりお気軽にお問い合わせください。 【実際の意見】副業パーソナルトレーナーが課題に感じていること 実際に副業パーソナルトレーナーとして活動している方に、「今課題に感じていること」について聞いてみました。 同じエリアでも予約枠の多い、空き状況の多いジムに契約する、スペースを利用する• 同じエリアで複数のジムに契約する、スペースを利用する 予約枠の多いジムやスペースを利用することで予約が取りやすくなりますし、複数箇所のジムやスペースを使うことで、「ある施設が使えなくても別の施設で代用できる」という状況を作ることができ、稼働率を上げることができます。 パーソナルトレーナー本人のスケジュールをコントロールする 次にパーソナルトレーナーのスケジュールについてですが、コントロール方法としては「活動時間を限定する」ことです。 「休日に活動します」という表現だと、休日1日の中で自由に予約を取ることになり、予約と予約の間に空き時間が発生し、効率の悪くなってしまいます。 できれば場所代が安い場所で活動したい ハードなトレーニングの指導の場合は、マシンも充実している必要があるので、場所代を抑えるのはなかなか難しいです。 一方、お客様の層や指導の工夫によっては、そこまでハードなマシンが必要ではない場合があります。 そういう方向けに、弊社で「安価で簡易なレンタルトレーニング施設」を渋谷で運営しており、渋谷で活動を検討している方にオススメしています 1時間当たり1,200円〜1,500円で利用可能。 場所代を抑える方法として、自宅出張などもありますが、トレーニング環境が整いづらいのと、時間効率がかなり悪くなりますので、個人的にはあまりオススメしません。 まとめ 「需要あり、お客様と時間も合う、活動場所も多い」ので、副業でパーソナルトレーナーの仕事をすることは十分に可能です。 また副業の中でも収益性が高い部類です。 「身近にパーソナルトレーナーがいれば、トレーニングをしてもらいたい」という方は多くいますし、これから副業でパーソナルトレーナーとして活動する方が増えていくと思います。 副業でパーソナルトレーニング活動をするためにもっと情報が欲しい、レンタルトレーニング施設を利用したい、などのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の