エモ いっ て どういう 意味。 エモいとは?意味と使い方を色んな人に聞いてみた

エモいとは?語源や由来と意味や使い方を考える!若者に関係ある?

エモ いっ て どういう 意味

エモいとやばいの違い エモいとやばいの違いを分かりやすく言うと、 「エモい」とは感情が動かされた様子を示す言葉であり、「やばい」とは感情だけでなく出来事などについて程度が過ぎている様子を示す言葉であるという違いです。 また、 エモいとはプラスの意味で使われる言葉であり、やばいとは前後の文脈によってプラスにもマイナスにも捉えられる言葉であるという違いもあります。 「エモい」というのは、英語の「Emotional」(読み方:エモーショナル)という言葉の略語です。 エモーショナルというのは、感情的であるという意味を持つ言葉です。 元々「エモい」というのは、音楽用語として使われていた言葉でした。 音楽のジャンルに「Emo」(読み方:イーモウ)というものがあり、これは哀愁的であったり感傷的な音楽を示すものでした。 そこから、精神的に哀愁がある状態、なんとなく切ない雰囲気がある状態などを「エモい」と表現するようになりました。 エモいというのは、上記のように、感情に訴えかける状態である場合に使われる言葉です。 言葉で表現するのが難しいほどに繊細で情感的である様子を、どうにか相手に伝えようとする際に「エモい」という言葉が使われます。 一方の「やばい」というのは、危険なことや不都合なことが起こりそうな時に使われる言葉です。 感情の面でも使われますが、感情だけではなく出来事に対しても使われるのが「やばい」という表現です。 また、やばいというのは程度を示す言葉でもあります。 何かの出来事が言葉で表現できる範囲を超えてしまっている場合にも「やばい」と表現します。 この場合の「やばい」というのは、文脈によってプラスの意味でもマイナスの意味でも使われるものです。 やばいという言葉の語源については、様々な説がありますが、江戸時代あたりには既に使われていた言葉だと言われています。 元々は「厄場(やば)」と呼ばれる牢獄を示す言葉を、泥棒たちが隠語として「やばい」と呼んでいたのだと言われています。 泥棒にとって、牢獄は危険な場所です。 そういった身の危険がある場所のことを「やばい場所」と呼んだり、捕まりそうな状態を「やばいことになった」と表現していたことが、現在の「やばい」という言葉の元になっています。 近年では、身の危険を覚える状態だけでなく、良い意味で程度が行き過ぎている状態のことも「やばい」と表現します。 例えば「やばいくらい面白かった」「美味しすぎてやばい」などのように使われます。 やばいという言葉は、前後の文脈によって様々な意味を持つ言葉です。 その時々の状況によって、どのような意味で使われているのか判断する必要があります。 エモいとやばいを使い分ける際には、感情に訴えかけている様子を示す時にはエモいを使います。 出来事について表現する際にはやばいを使うと覚えておくようにしましょう。 また、エモいというのは、感傷的であったり、少しナイーブな印象を与えるもの、じっくりと浸ってしまうような様子を示す際に使います。 感傷的ではありますが、やばいとは違って、プラスの意味でのみ使われる表現です。 やばいについては、前述の通り、前後の文脈によってプラスの意味でもマイナスの意味でも使うことが出来るものであると覚えておくようにしましょう。 エモいの意味 エモいとは、 英語の「Emotional」(読み方:エモーショナル)を由来とした言葉であり、「感情が動かされた」という意味の形容詞を意味しています。 エモーショナルとは「感情的」という意味を持つ言葉です。 この言葉を省略して「エモ」とし、そこに形容詞の言い切りである「い」を加えて「エモい」という言葉が出来上がりました。 形容詞というのは「美しい」「楽しい」などのように「い」で終わる言葉であり、物事の状態を詳しくする補助の役割をしている言葉のことです。 エモいというのも、感情を表す補助をする役目を持っている言葉であると言えます。 エモいという言葉は「感情が動かされた」「感情が高まって心が動かされた」というような意味を持ちます。 日本語的な感性で言うところの「哀愁を帯びている」「いとをかし」「もののあわれ」と同じような意味を持つ言葉です。 エモいというのは、主にSNSなどで頻繁に使われている言葉であり、微妙な感情の動きや、言葉では表現しにくい曖昧な心持ちを表現します。 基本的には、筆舌し難いのだけれど、とても感動した、というようなプラスの意味で使われるものです。 エモいという言葉は、本来は音楽用語でした。 音楽のジャンルのひとつである「Emo」(読み方:イーモウ)からきている言葉です。 このEmoというジャンルは、メロディアスで哀愁のある音楽と切ない感情を表現した歌詞が特徴的な音楽です。 そこから派生して、感情的であったり、感傷的であったりして心を揺さぶる音楽についてエモいという表現を使うようになりました。 現在では、音楽だけでなく、日常生活の中でも心が動かされるようなことがあった場合に「エモい」と使われています。 エモいという言葉で表現される感情というのは、悲しいや寂しい、切ないといった言葉で表現しきれない部分であることが多く、一言で表現出来ないために、複雑な心境であることを伝える意味で「エモい」と使用されることもあります。 多様な感情が嵐のように渦巻いている状態であると言うこともできます。 はっきりと言い切れない感情について「エモい」と使うのだと覚えておくようにしましょう。 他にも、懐かしい物事に触れた時や、心に染みる出来事があった際に「エモい」という言葉を使ったり、あまりにも尊く素晴らしいものに出会った際に「エモい」と使ったりします。 やばいの意味 やばいとは、 危険で不都合な状況に置かれることが予測される時に、その危なさを示す意味を持つ形容詞を意味しています。 また、文脈によっては 「最高であること」「素晴らしいこと」「すごく良いこと」を意味することもあります。 やばいというのは、身に危険が迫っていて危ない様子を示したり、不都合なことになりそうであると予測されたりする場合に使われる言葉です。 例えば「ここはやばいから、逃げよう」などと言った場合、それは「ここは危ないから、逃げよう」という意味になります。 他にも「遅刻は連絡しないとやばいよ」という文章は「遅刻は連絡をしないと不都合なことになるよ」という意味で使われています。 やばいという言葉の語源は、諸説あります。 ひとつの説としては、江戸時代、牢屋や牢屋を警護する看守のことを「厄場(やば)」と呼んでいたのがその語源だと言われています。 江戸時代の泥棒は、自らの身が危険な状態になった時や、危険な場所に盗みに行く時に、「やばいことになった」や「やばい場所に行くぞ」と使っていたとされています。 これは、牢屋を意味する「厄場」を隠語として「やばい」として使っていたものです。 泥棒の危険な状態というのは、捕まりそうな状態という意味であり、厄場に連れていかれそうになる、ということを「やばい」と呼んでいました。 本来の意味としては、上記のように、危険が迫っている様子などを示すために「やばい」という言葉が使われていました。 しかし、近年使われている「やばい」は、出来事を強調する意味が強くなってきています。 例えば「このパンケーキ、やばいくらい美味しい」というようにプラスの意味でも使われます。 このように、やばいというのは、程度が過ぎている様子を示す言葉でもあると言えます。 「やばい」という言葉は、危険である様子や、不都合な状況に陥っている様子、またはやばいという言葉の前後の文脈にある出来事を強調して表現する言葉であると覚えておくようにしましょう。 「エモい」というのが、表現しきれない感情を表しているのに対し、「やばい」というのは物事の程度が行き過ぎている様子を示すものです。 エモいの例文と使い方 5.夜空に白い鳩が飛んでいる写真を撮ったら、すごくエモいものになった。 この言葉がよく使われる場面としては、切なく心に染み入るような出来事があった際に、その時の感情を上手く表現しきれない場合などが挙げられます。 エモいというのは、エモーショナルという言葉の省略形を形容詞化したものです。 エモいという言葉は、繊細な感情の動きを表現しています。 筆舌し難いような感動や甘く切ない曖昧な感情を表現したい時に「エモい」という言葉を使います。 本来は音楽用語であり、メロディアスで哀愁のある音楽のジャンルを示していました。 現在では、様々な場面で「エモい」という言葉が使われるようになっています。 例文3のように、昔懐かしいものを見た時や、例文5のように心に訴えかけるような写真が撮れた場合などにも使われます。 やばいの例文と使い方 5.テストの点数、そんなに悪かったの!?やばくない?! この言葉がよく使われる場面としては、何か危険な状況が迫っている時や、起こった出来事が表現しきれないほど、程度が行き過ぎていることを示したい時などが挙げられます。 前後の文脈によってプラスの意味にもマイナスの意味にも使える言葉です。 やばいというのは、元は牢獄や看守を意味する「厄場(やば)」という言葉が語源となっています。 江戸時代では、危険な場所を示す意味で「やばい」という隠語が使用されていました。 現代では、隠語ではなく、SNSや話し言葉で使われる言葉になっています。 現代で使われているやばいという言葉は、その前後の文脈により、意味が異なるもので、出来事の程度が言い表せないほどに凄いことを示すものだと覚えておくようにしましょう。

次の

【エモい】と【やばい】の意味の違いと使い方の例文

エモ いっ て どういう 意味

「本音」は、何かしらの事柄に対して、個人や集団に共有される意識に内在する感情や欲求を含む価値観に照らして心に抱かれるものであり、これは全く自由な心の働きによって形作られる。 同義語には「本心」が挙げられ、自身に対する偽り(嘘)を含まない。 ただこういった本音は、その人や集団が社会から期待されていたり求められるものとは食い違うこともある。 そういった対外的な要素を加味して形作られるものが「建前」である。 建前では、本音のうちで余り他に知られることが芳しくない事柄が語られない一方、例え本音では自身が望まない事柄であろうとも、それを肯定することで結果的に自身の望む結果が期待されるなら、敢えて認めるなどされてしまう。 建前は「表向きの方針」とも解され、実際の方向性はともあれ、対外的に表明される。 この中では儒教思想における「由らしむべし知らしむべからず」(本来の意味は「民を為政者の定める方針に従わせることは容易いが、その理由を全てに理解させることは難しい」)のまま、誤解を含む解釈に関連し、国会の内閣総理大臣が行う施政方針演説においては、しばしば建前論が述べられる。 調子のいい商人ともなると、この売り口上であること無いことをさももっともらしく吹聴する訳であるが、結果的に耳朶に心地よく他を不快にさせないよう表現や内容が選ばれ、また商品の欠陥や瑕疵を口にしないなど、ある意味での嘘も含まれる。 日本人論における「本音と建前」 編集 前述の通り、日本的価値観に固有で日本人論の上で使われることから、英語を始めとする諸言語でも、しばしば『Honne and tatemae』と表現される。 欧米圏では交渉に際して、往々にして自身の要求を直接的に突き付けたり、そこまでいかないまでも、まず最大限に要求を示し、そこから互いの要求の内で重要度の低い箇所を削るなどして、相互の妥協点を探っていくが、日本人相手の交渉では、まずは互いに建前から入って交渉の余地を残し、次いで相互の妥協点まで埋めていくことが行われる。 ことこの双方の様式が交錯すると、混乱が発生する。 最初に最大限の要求を突き付けた側は、もっと要求できるのではないかと戸惑いながら前進するも、いつの間にか前進させた箇所を侵食され、結果的に要求どおりにならない。 一方の建前から入った側は、自身の方は予め譲れる箇所を明示したところ、一方的に要求が増やされるため不公平だと考え、更には不当とみなす。 こういった混乱は貿易摩擦のような極大な現象にもしばしば発生し、商取引の場においても、あるいは至極個人的な対人関係においても混乱を引き起こす。 いわゆる「アルカイク・スマイル」(元はアルカイク美術にみられる微笑みの表情のこと)と呼ばれる日本人に特有の「曖昧な微笑」は、表情における建前である。 この微笑みは、内心では相手に対して反感や怒りを感じていたとしても、崩されることはない。 このためそれとは知らずマナーを侵した側が、相手がこの微笑みをたやしていないため、許してもらえていると誤解して、後で軋轢を引き起こすこともある。

次の

【結局なんなの?】「エモい」を簡単に解説!意味や語源から、写真・曲の具体例も|MINE(マイン)

エモ いっ て どういう 意味

スポンサードリンク そもそも「エモい」って何? まず、エモいの「エモ」の部分は、何が由来だと思いますか? これは、英語のemotion「エモーション(感情・情緒)」が元になっていて、「情緒があって良いと思う」という意味があります。 英単語が由来って、ちょっと意外ですよね。 基本はポジティブな言葉 「エモい」は、同じく若者言葉である「キモい」と字面や響きが似ていますから、知らない人が聞くと、てっきり「マイナスイメージの言葉」だと思ってしまいがちです。 でも、「エモい」は「ポジティブな言葉」です。 大まかな意味としては…、 「感情に訴えかける」 「情緒がある」 のようなニュアンスとして使われ、要は、「情緒があって良いね!」っていう、褒め言葉なんです。 どういう場面で使うの? この「エモい」という言葉、当初は音楽用語として使われていて、「感情を揺さぶるような音楽や歌声」に対して使われるのが一般的でした。 「このバンド、超エモいよ」 「こないだのライブ、超エモかったね」 …のような用法です。 ですので本来は、音楽などの芸術に対して使うのが一般的です。 使用範囲が拡大していく しかし、若者言葉は、「使用範囲が拡大していく」という傾向があります。 そのため、「エモい」という言葉も、本来は音楽用語であったはずが、次第に音楽以外の普通の日常生活の場面でも使われるようになりました。 例えば、次のような用法です。 …これらはすべて、現在広く使用されている、「エモい」の用法です。 いかがでしょうか。 何か共通するニュアンスを見つけ出すことは出来ましたか? 別の語で言い換えると…? 「エモい」という言葉を、あえて日常の簡単な日本語で言い直すなら… 「なんかいい感じ」「じわっとくる」といったようなニュアンスが近いのではないかと思います。 そのため、もしも今後あなたが、「エモい」を口にしている若者に出会ったときは、「なるほど、要は『いい感じだ』ってことが言いたいんだな」のように考えておけば、おおむね正解です。 「やばい」とどう違うの? ここまでの記事を読んで、「結局のところ、『やばい』とどう違うの?」と感じたあなたは、若者言葉の本質をよくご存知の人です。 そう、現代の若者たちが、まるで挨拶言葉のように乱用している「やばい」という言葉と、今回ご紹介している「エモい」は、「実はそこまで違わないんじゃないの?」って思えてきますよね。 「エモい」は、「感情に訴えかける」「じわじわくる」「なんかいい感じ」ということなので、要は「理性ではなく、感情で良いと思う」というような意味です。 スポンサードリンク そのため、同じく「良いと思う」の意味で使われている「やばい」という言葉と、実は使い方がかなりかぶっているんです。 例えば、次のような用例があります。 要は、「なんかいい感じ」ってことです。 これらの文章はすべて、「やばい」に言い換えても、おそらく若者同士の会話は成立します。 なぜなら、どちらも「良いと思う」という意味だからです。 「やばいって言うけれど、どうやばいの?」 「うん、やばいっていうか、エモい」 …という感じで理解しておけば、分かりやすいと思います。 範囲が広い。 範囲は情緒面がメイン。 …という使い分けになります。 でも、こうなると、「エモい」もそのうち、「やばい」とほとんど同じように使われていくかもしれませんね。 今回は、近年急速に普及が進んでいる若者言葉である、「エモい」の意味や用法についてご紹介してきました。 「エモい」の意味としては… 「理性ではなく感情で『良い』と感じる。 言葉ではうまく言い表せないけれど、なんだか心にじわじわくる。 」 というようなニュアンスです。 そのため、「エモい」は本来、音楽やライブ、映画など、芸術方面の物事を評価するときに使われていた言葉です。 しかし、若者言葉というのは、「意味がだんだん拡大されていく」という傾向がありますから、現在では、特に音楽などに限定されず、何か物事に対する漠然とした評価に対して、「エモい」が広く使用されています。 あなたも、「言葉ではうまく言い表せないけど、なんかこういうのいいなぁ…」という感想を抱いたときには、ぜひ、「エモい!」と言ってみましょう。 おまけ ひとつ、問題を出しましょう。 かなり難易度が高いですが、以下が解読できるでしょうか…? 「チャケバガスッテセイカイオニエモインダケド」 ・ ・ ・ ・ 分かりましたか? 分かったあなたは、現役の若者か二十歳前後のギャルか、かなり若者言葉に長けている人です。 普通の人には、お経より難解な文字列にしか見えませんよね。 では、正解を記す前に、全部カタカナだから余計分かりにくいので、ちょっと書き換えてみましょう。 すると、以下のようになります。 「ちゃけばガスって正解、鬼エモいんだけど」 今日のお題「エモい」が含まれていますね。 実はこれ、知ってる人は知ってるでしょうが、ファミレスのガストが販売した「オニバーグ」の広告動画の一部に使われたセリフです。 現在は、残念ながら非公開で見ることができませんが、YouTubeで50万回以上再生された動画です。 しかし、字にしてこれだけ難解なのだから 「チャケバガスッテセイカイオニエモインダケド」って会話として言われたら… ちゃけば、分かんないですよね 笑.

次の