エクセル ページ 設定。 エクセルの【改ページプレビュー】を利用して印刷範囲を設定する方法|エクセルドクター

Excel(エクセル)ページ設定の基本を完全マスター!

エクセル ページ 設定

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。 Microsoft Excel のワークシートを印刷するときにページの番号を表示する場合は、ワークシート ページのヘッダーまたはフッターにページ番号を挿入できます。 挿入するページ番号は、標準ビューではワークシートに表示されず、ページ レイアウト ビューと印刷されたページにのみ表示されます。 注: この記事のスクリーンショットは Excel 2016 で作成されたものです。 別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。 単一のワークシートにページ番号を追加する• ページ番号を挿入するワークシートをクリックします。 [ 挿入] タブの [ テキスト] で [ ヘッダーとフッター] をクリックします。 ワークシートがページ レイアウト ビューで表示されます。 ステータスバーの [ ページレイアウト ] をクリックして、このビューを表示することもできます。 ワークシートで、[ クリックしてヘッダーを追加] または [ クリックしてフッターを追加] をクリックします。 ヘッダーまたはフッターの中でページ番号を表示する場所を指定するには、ヘッダーまたはフッターの [ 左側]、[ 中央部]、または [ 右側] の各ボックスの中をクリックします。 ヘッダー領域またはフッター領域以外の任意の場所をクリックすると、ページ レイアウト ビューに実際のページ番号が表示されます。 ページ レイアウト ビューでの作業が完了したら、[ 表示] タブの [ ブックの表示] で [ 標準] をクリックします。 ページレイアウトビューでは、ワークシートにページ番号を挿入することができます。 また、複数のワークシートに同時にページ番号を挿入する場合は、[ ページ設定] ダイアログボックスを使用することもできます。 グラフシートなどの他の種類のシートでは、[ ページ設定] ダイアログボックスを使用してページ番号のみを挿入できます。 複数のワークシートにページ番号を追加する [ ページ設定] ダイアログ ボックスを使用して、ブック内の複数のワークシートにページ番号を挿入できます。 たとえば、ブックに 2 ページ分のワークシートが 2 つ含まれている場合、1 つ目のワークシートの 2 ページ分にはページ番号 1 と 2 の番号が設定されます。 2 つ目のワークシートの 2 ページ分にもページ番号 1 と 2 が設定されます。 ヒント: ブック内のすべてのワークシートで連続したページ番号を追加するには、各ワークシートで先頭のページ番号を変更する必要があります。 詳細については、「」を参照してください。 ページ番号を挿入するワークシートまたはグラフ シートをクリックします。 選択対象 操作 1 つのシート シート見出しをクリックします。 目的のシート見出しが表示されていない場合は、見出しスクロール ボタンをクリックしてシート見出しを表示し、見出しをクリックします。 隣接した複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、Shift キーを押しながら、選択する最後のシートの見出しをクリックします。 隣接していない複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、Ctrl キーを押しながら、選択する他のシートの見出しをクリックします。 ブック内のすべてのシート シート見出しを右クリックし、ショートカット メニューの [ すべてのシートを選択] をクリックします。 ヒント: 複数のワークシートを選択しているときは、ワークシート上部のタイトル バーに [作業グループ] と表示されます。 ブック内の複数のワークシートの選択を解除するには、選んでいないワークシートをクリックします。 画面に表示されているシート見出しをすべて選択している場合は、選択したシートの見出しを右クリックし、[ 作業グループ解除] をクリックします。 ヘッダーまたはフッターの中でページ番号を表示する場所を指定するには、[ 左側]、[ 中央部]、または [ 右側] の各ボックスの中をクリックします。 先頭ページに 1 以外の番号を付ける ブック内のすべてのワークシート ページに連続した番号を付けるには、最初にブック内のすべてのワークシートにページ番号を追加し、次の手順を実行して、ワークシートごとに適切な番号でページ番号を開始します。 たとえば、ブックが 2 つのワークシートで構成され、どちらも 2 ページ分として印刷される場合、この手順を実行すると、2 つ目のワークシートのページ番号は 3 から開始されます。 [ ページ] タブの [ 先頭ページ番号] ボックスに、最初のページに使用する番号を入力します。 既定の番号付け方法を使用するには、[ 先頭ページ番号] ボックスに「 自動」と入力します。 ページの番号付けの順序を変更する 既定では、Excel のページ番号の割り当てとページの印刷は、ワークシートの上から下、次に左から右の順序で行われますが、この方向を左から右、次に下から上の順序に変更することもできます。 番号付けの順序を変更するワークシートをクリックします。 [ シート] タブの [ ページの方向] で [ 左から右] または [ 上から下] をクリックします。 各オプションの方向がプレビュー ボックスに表示されます。 ページ番号を削除する• ページ番号を削除するワークシートまたはグラフ シートをクリックします。 選択対象 操作 1 つのシート シート見出しをクリックします。 目的のシート見出しが表示されていない場合は、見出しスクロール ボタンをクリックしてシート見出しを表示し、見出しをクリックします。 隣接した複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、Shift キーを押しながら、選択する最後のシートの見出しをクリックします。 隣接していない複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、Ctrl キーを押しながら、選択する他のシートの見出しをクリックします。 ブック内のすべてのシート シート見出しを右クリックし、ショートカット メニューの [ すべてのシートを選択] をクリックします。 ヒント: 複数のワークシートを選択しているときは、ワークシート上部のタイトル バーに [作業グループ] と表示されます。 ブック内の複数のワークシートの選択を解除するには、選択していないワークシートをクリックします。 画面に表示されているシート見出しをすべて選択している場合は、選択したシートの見出しを右クリックし、ショートカット メニューの [ 作業グループ解除] をクリックします。 ページ番号を追加する• [ 挿入] タブで、[ ヘッダーとフッター] をクリックします。 ページレイアウトビューに自動的に変更されます。 ヘッダーページ番号が印刷ページの一番上に表示され、フッターのページ番号が下部に表示されます。 完了したら、ページレイアウトビューにとどまるか、[ 表示] タブの [ 標準] をクリックして標準表示に切り替えることができます。 先頭ページに 1 以外の番号を付ける 最初に印刷されるシートは、1以外のページ番号から開始することができます。 これは、シートの前に印刷されるページが他にもある場合に便利です。 たとえば、ページ1と2に対応する2ページの Word 文書を印刷すると、Excel シートは3ページ目から始まります。 [ ページレイアウト] タブで、[ ページ設定] をクリックします。 [ ページ] タブの [ 先頭ページ番号] ボックスに、最初のページ番号を表示する番号を入力します。 たとえば、最初のページ番号を 3にしたい場合は、「 3」と入力します。 [ OK] をクリックします。 この調整により、 ページ10のページ 10というような結果が表示されなくなります。 たとえば、最初のページ番号が3の場合は、ページ数の合計に2ページを含める必要があります。 [ OK] をもう一度クリックします。 ページの番号が付けられた順序を変更する• [ ページレイアウト] タブで、[ ページ設定] をクリックし、[ シート] をクリックします。 [ ページの順序] で、目的のページ番号順序を選びます。 ページ番号を削除する• [ ヘッダー ] または [ フッター] で、[ なし ] を選びます。 一覧の一番上にある [検索] なし をスクロールする必要がある場合があります。 ヒント:• プレビューモードでシートを表示することで、ページ番号がどのように表示されるかを確認できます。 [ レイアウト] タブの [ 印刷] で、[ プレビュー] をクリックします。 ブック内の複数のシートに同時にページ番号を追加するには、[ ヘッダーとフッター] をクリックする前に、目的のシートを選択します。 [ ヘッダーのカスタマイズ] または [ フッターのカスタマイズ] をクリックし、表示される指示に従って、ページ番号を含む完全なカスタムヘッダーまたはフッターを作成することができます。 先頭ページに 1 以外の番号を付ける• [ レイアウト] タブの [ ページ設定] の下で [ ヘッダーとフッター] をクリックします。 目的の形式でページ番号を追加します。 ページ番号が表示される場所に応じて、[ ヘッダーのカスタマイズ] または [ フッターのカスタマイズ] をクリックします。 [ OK] をクリックします。 [ ヘッダー ] または [ フッター ] ボックスに、新しい先頭ページのヘッダーまたはフッターが表示されます。 ページの番号が付けられた順序を変更する• [ レイアウト] タブの [ ページ設定] の下で [ ヘッダーとフッター] をクリックします。 [ シート] タブの [ ページの順序] で、目的のページ番号順を選びます。 ページ番号を削除する• [ レイアウト] タブの [ ページ設定] の下で [ ヘッダーとフッター] をクリックします。 [ ヘッダー ] または [ フッター] の下のポップアップメニューで、[ なし ] を選びます。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

次の

【Excel】ページ数が多い資料の印刷時にページ番号を振りたい!エクセルで印刷した表を印刷後に管理しやすくするテクニック

エクセル ページ 設定

改ページプレビュー簡単ステップ• 表示タブをひらく• 改ページプレビューを選択する• 改ページプレビュー画面が表示される 以上の3ステップで、改ページプレビューの確認がとても簡単にできます。 今回はそんな 【改ページプレビュー】について詳しく解説していきたいと思います。 青い実線や点線をドラッグして自由に動かして印刷するページ範囲を設定できます。 印刷 エクセルのデータを、プリンターを使って紙に出力する機能です。 印刷プレビュー 印刷結果を画面に表示し確認できる機能です。 エクセルの画面ではセルに文字が入っていても、実際に印刷すると文字が切れていることもあるのでそういったことがないか確認することができます。 今回の改ページプレビューは、印刷操作のレベルアップに大変おすすめの便利技です。 ほかにもがあるので、参考にしてみてくださいね。 表示方法は【標準】【改ページプレビュー】【ページレイアウトビュー】の3種類あります。 標準はいつも通りの表示方法ですが、ページレイアウトビューは改ページプレビューとは異なる印刷レイアウトの確認方法です。 ページレイアウトビューを選択すると、実際に紙に印刷したときのイメージで表示されるのでより、わかりやすい見た目となります。 余白にヘッダーやフッターも表示してもらえるのでとてもイメージが湧きやすいです。 しかし、各ページが独立しているので編集がしづらくなります。 まずは標準で表を作り、改ページプレビューで各ページに区切り、ページレイアウトビューで印刷状態を確認しながらヘッダーやフッター追加といった流れで利用すると良いです。 スポンサーリンク まずはエクセルの印刷範囲を確認しよう 今回はこちらの会員名簿を使って解説していきます。 最初の状態で印刷範囲がどうなるのかを確認しましょう。 【 ファイル 】タブをクリック 完成したデータを表示して 【ファイルタブ】をクリックします。 【 印刷 】をクリック 【 印刷 】をクリックして印刷プレビューを表示しましょう。 印刷範囲を確認しましょう 表示状態をよく見ると 点線が入っているのがわかります。 これが現在の 印刷範囲となります。 エクセルがデータのサイズや用紙サイズによって自動的に設定した 印刷範囲なのでデータがとても見づらい印刷となってしまいます。 表示方法の変更は画面右下のステータスバーにある3つのボタンでも変更できます。 このボタンであれば1クリックで表示方法を変更できるのでとても便利です。 改ページプレビュー画面の説明 入力されているセルの部分のみが表示されてそれ以外はグレー表示になっています。 表示されている部分が印刷される部分となります。 なので、 この改ページプレビュー画面を見ながら印刷範囲を確認できるので、いちいち印刷プレビューを開かなくていいからとても便利が良いです。 画像の中の表内にある 青い実線が印刷範囲となります。 この青実線を調整することによって印刷の範囲を調整できます。 青の点線はエクセルが自動で入れてくれた印刷範囲です。 ドラッグして動かすと実線になります。 先ほどの青実線の範囲で印刷範囲が設定されています。 ページも4ページとなっていますね。 この名簿で4ページだとちょっと見づらいので2ページ分に調整してみましょう。 改ページプレビューで印刷範囲を調節してみる 列 縦 に入っている真ん中の青実線は必要ないので消去します。 消去するにはドラッグして右側にもっていき表示されているセルの外側にもっていくだけです。 つぎに行 横 に入ってる青実線を調整して名簿の半分の25と26の間にドラッグします。 これで印刷プレビューを確認してみましょう。 名簿が2ページとなり、1ページに列がすべて入っているのでとても見やすいです。 このように自分のすきなところで区切って印刷が可能なのでどんな表にも対応することができるのが 【改ページプレビュー】です。

次の

エクセルのページ番号を設定する方法

エクセル ページ 設定

ヒント:• 標準ビューでも改ページを操作できますが、 改ページ プレビュー ビューを使って、改ページを調整することをお勧めします。 このようにすると、他の変更 ページの向きや書式の変更など の結果、自動改ページがどのように変化するかを確認することができます。 Excel で挿入された自動改ページを無効にするために、手動改ページを挿入、既存の手動改ページを移動、または、手動で挿入された改ページを削除できます。 手動で挿入したすべての改ページを、すばやく削除することもできます。 改ページの操作が終了したら、 標準ビューに戻ることができます。 改 ページプレビューでは、破線が自動的に追加されます。 実線は手動で追加された改ページです。 改ページを挿入する• 印刷するワークシートをクリックします。 [ 表示] タブの [ ブックの表示] で、[ 改ページ プレビュー] をクリックします。 ステータスバーの [改 ページプレビュー をクリックすることもできます。 次の操作のいずれかを行います。 垂直方向の改ページを挿入するには、改ページを挿入する位置の下の行を選びます。 水平方向の改ページを挿入するには、改ページを挿入する位置の右側の列を選びます。 [ ページ レイアウト] タブの [ ページ設定] で [ 改ページ] をクリックします。 [ 改ページの挿入] をクリックします。 改ページを挿入する位置の下にある行または右にある列を右クリックし、[ 改ページの挿入] をクリックすることもできます。 挿入した手動改ページが有効にならない場合は、[ページ 設定] ダイアログボックスの [ ページ] タブで [拡大縮小 印刷] オプションが選択されている可能性があります [ ページレイアウト] タブ、[ ページ設定] グループ、[ダイアログボックス起動ツール]。. 改ページを移動する 重要: ワークシート内の別の場所に改ページをドラッグできるようにするには、セルのドラッグ アンド ドロップ機能が有効になっていることを確認してください。 この機能が有効になっていない場合、改ページを移動できない可能性があります。 ドラッグアンドドロップが有効になっていることを確認するには、次の操作を行います。 [ ファイル] タブ、[ オプション] の順にクリックします。 Excel 2007 では、[ Microsoft Office ボタン をクリックし、[ excel のオプション] をクリックします。 [ 詳細設定] カテゴリの [ 編集設定] で、[ フィル ハンドルおよびセルのドラッグ アンド ドロップを使う] チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。 変更するワークシートをクリックします。 [ 表示] タブの [ ブックの表示] で、[ 改ページ プレビュー] をクリックします。 ステータスバーの [改 ページプレビュー をクリックすることもできます。 改ページを移動するには、改ページを新しい位置までドラッグします。 ヒント: ワークシート上の任意のセルを右クリックし、[ すべての改ページを解除] をクリックすることもできます。 標準ビューに戻る• 改ページに関する操作を終了した後、標準ビューに戻るには、[ 表示] タブの [ ブックの表示] で [ 標準] をクリックします。 ステータスバーの [ 標準 ] をクリックすることもできます。 改ページ プレビュービューで改ページを使用すると、改ページが自動的にオンになっているため、 標準ビューに改ページが表示されることがあります。 改ページを非表示にするには、ブックを保存せずに閉じて、もう一度開きます。 ブックを保存した後、ブックを閉じて再び開くと、改ページが表示されたままになります。 これらの設定をオフにするには、[ ファイル] タブをクリックし、[ オプション] をクリックし、[ 詳細設定] カテゴリをクリックして、[ 次のワークシートの表示オプション] の下にスクロールし、[ 改ページを表示する] チェックボックスをオフにします。 詳細については、「する」を参照してください。 標準ビューに改ページを表示する、または非表示にする• [ ファイル] タブ、[ オプション] の順にクリックします。 Excel 2007で、[ Microsoft Office ボタン をクリックし、[ Excel のオプション] をクリックします。 [ 詳細設定] カテゴリの [ 次のシートで作業するときの表示設定] で、[ 改ページを表示する] チェック ボックスをオンまたはオフにし、標準ビューでの改ページの表示を有効または無効にします。

次の