エイペック ス シーズン 4。 Apex Legends

Apex Legends

エイペック ス シーズン 4

あらすじ Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ 『13の理由』シーズン4 ブライスとモンゴメリーが亡くなった前シーズン。 二人がいなくなった悲しみが残る学校。 二人の亡霊に悩まされるクレイら友人たち。 無実のモンゴメリーが逮捕され刑務所内で殺害されたが、真相を知る何者かがクレイを脅迫する。 謎の脅迫者が登場する待望のシーズン4が開幕する! — ネタバレ・見どころ Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ 『13の理由』シーズン4 ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。 登場人物をご紹介 クレイ。 本作の主人公。 ジャスティン。 クレイの家に居候している。 タイラー。 大人しい性格で写真を撮るのが趣味。 アニ・アコラ。 クレイの彼女。 ジェシカ・デイビス。 女生徒のリーダー的存在。 ジャスティンの彼女。 トニー。 両親がメキシコからの不法入国。 アレックス。 同性愛者。 ザック。 アメフト部に所属。 ウィンストン。 同性愛者。 モンゴメリーと一時期関係があった。 エステラ。 モンゴメリーの妹。 ディエゴ。 アメフト部。 ジェシカと付き合い出す。 チャーリー。 同性愛者。 アレックスと仲良くなる。 ブライス。 前シーズンで死亡。 モンゴメリー。 前シーズンで刑務所内で殺害される。 ライニー・ジェンセン。 クレイの母親。 マット・ジェンセン。 クレイの父親。 スタンダール。 アレックスの父親。 警察官。 ドートリー。 警察官。 ギャリー。 リバティ高校の校長。 ハンセン・ファウンダリー。 リバティ高校の学長(ディーン)。 デイビス。 ジェシカの父親。 ノラ・ウォーカー。 ブライスの母親。 — ブライス事件の真相 前シーズンで亡くなったブライス。 ブライスはお金持ちの家庭で育ち、花形スポーツのアメフト部に所属。 クラスメイトをいじめたり、周囲からは反感を買われる存在だった。 転校していたブライスは、アメフト部の試合で対戦相手のザックを悪質なタックルで大怪我をさせる。 後日、遺体で発見されたブライスは、クレイが容疑者の一人となるが釈放。 その後、モンゴメリーが逮捕されるが(本当は無実)、モンゴメリーは刑務所内で殺されてしまう。 事件の真相。 船着場でブライスと会ったザックが、ブライスをボコボコにする。 ザックはその場を去るが直後に、ジェシカとアレックスが男女間の問題でブライスに会いにくる。 ブライスに侮辱されたアレックスは、ブライスを海に突き落とす。 ザックに怪我を負わされたブライスは力がなく、かつ泳げないため、そのまま溺れて死んでしまう。 — 亡霊 前シーズンでブライス殺害の犯人とされたモンゴメリー。 犯人はモンゴメリーではなかったが、服役中に刑務所内で殺害されてしまう。 クレイは、モンゴメリーとブライスの亡霊に悩まされていた。 — カウンセリング クレイはカウンセリングに通い始めた。 モンゴメリーとブライスの亡霊に悩まされているクレイ。 クレイは、頻繁にパニック発作と強迫観念に襲われていた。 — 捜査 クレイが通うリバティ高校では、厳しいほどの安全対策が取られるようになる。 金属探知機による持ち物検査。 監視カメラの設置。 警察官の配置。 物々しい雰囲気の学校生活に、生徒には動揺が広がる。 さらに、「モンゴメリーは利用された」と書かれた不穏な落書き事件も発生する。 一方、自宅で銃が発見されたタイラーは、警察の取り調べを受けることになる。 — 大学見学 クレイらは、学校が実施したサンダーソン大学見学会に参加する。 大学は高校からも近く、クレイの父親が学部長をしている大学だ。 クレイは落書きの犯人がザックではないかと疑っていた。 見学会でザックと一緒に見て回っていたクレイは、ザックの誘いでサークルにまぎれ込み、お酒を飲みながら遊ぶ。 ブライスの亡霊が女子大生を襲うところを目撃したクレイは、逆に女子大生を襲ったと勘違いされ、大学生に捕まってしまう。 見学会に同行していたギャリー校長に助けられるが、見学会は散々なものになってしまう。 — 脅迫電話 クレイのもとに、差出人不明の相手からメールが届く。 「お前がモンゴメリーをはめた。 」という内容のメールが頻繁に届くようになる。 メールを無視していると、今度は脅迫電話がかかってくるようになる。 犯人はクレイに、さまざまなことを要求する。 — 人間関係の変化 高校生ならではの友人・恋人関係がいろいろ変化します。 ジャスティンとヨリを戻したはずのジェシカは、ディエゴと仲良くなる。 ヒルクレスト高校を退学になり、リバティ高校に転校してきたウィンストンは、アレックスと仲良くなる。 (ウィンストンはゲイ) ザックがブライスの元彼女と仲良くなったりする。 — キャンプ旅行 学校の課外活動でキャンプ旅行に行くクレイたち。 クレイは何者かに誘拐され、洞窟に置いていかれる。 ジャスティンとジェシカらは、山小屋に閉じ込められる。 アメフト部のいたずらかと思われたが、そうではない。 多くのメンバが怪しい存在。 動機がある。 モンゴメリー事件の真相を望む犯人が、クレイら関係者同士を疑心暗鬼にさせる。 — ウィンストン タイラーと仲良くなったウィンストン。 アレックスと仲良くなったウィンストン。 しかし、ウィンストンがモンゴメリーの知り合いだと知られると、タイラーとアレックスは、ウィンストンを拒絶する。 ウィンストンはクレイに尋ねる。 「お前の仲間は全員何かを知っている。 あの中の誰がモンゴメリーをはめたんだ?」 ブライスが殺害された夜、モンゴメリーはウィンストンとヤッていた。 それを知られたくないモンゴメリーは、アリバイを言うことができなかったのだ。 — 生きさせてくれ 学校で行われた銃撃事件に備えた訓練に、クレイは怒りを爆発させる。 本物の機動隊を参加させるほどのリアルな訓練に、生徒は本当の事件だと思い怯えていた。 特にクレイは、常日頃の不安定な精神状態が怒りを一層増加させた。 これで僕らを守ったつもりか? 僕を安心させたいなら、学校に金属探知機もカメラも警官も持ち込むな。 僕らを追い詰めて死を覚悟させたかったのか? 訓練なんかしなくても、毎日、恐怖を味わっている。 僕らは子どもだ。 死を実感させるより、生きさせてくれ。 — ボクシング 有り余る力を持て余すトニー。 警察官の勧めでボクシングを始める。 練習を重ねたトニーは、練習試合に挑む。 苦戦をするもKO勝ちで勝利を収める。 するとネバダ大学のボクシング部コーチ、ジャック・ロスから、奨学金つきでのスカウトを受ける。 学費・居住費まで全額支給するという破格のオファーだったが、「街を離れるつもりはない。 」と言って断ってしまう。 — 生徒VS警察官 ジャスティンとディエゴが校内で喧嘩をする。 すると校内にいた警察官が過剰な暴力でディエゴを逮捕しようとする。 生徒たちは警察官と校長に猛反発。 生徒と警察官が衝突する事態になってしまう。 — クレイの暴走 一連の事件の真相。 犯人はすべて暴走したクレイだった。 クレイはブライスとモンゴメリーの件で、精神不安定だった。 無意識な状態で、一連の問題を起こしていた。 校内にある監視カメラの破壊。 校内の落書き。 校長の車の放火。 キャンプ旅行での仲間の監禁。 カウンセリングを受けるうちに、クレイはすべてを思い出した。 — ジャスティンの死 みんなが楽しんでいたプロムでジャスティンが倒れた。 過去に薬物依存になっていたジャスティンの身体は、むしばまれていた。 日に日に容態が悪くなり、意識不明となってしまう。 一時的に意識を取り戻すジャスティンだったが、亡くなってしまう。 — 事件の終焉 さまざまな事件が終焉をむかえる。 モンゴメリーの件を調らべていたウィンストンは、アレックスから真相を聞くが、告発を止める。 クレイらが何かを隠していると感じ、調査をしていた警察官のドートリーとスタンダールも捜査を打ち切る。 クレイのもとに、ハンナの母親からハンナが残したカセットテープが送られてくる。 クレイにしかわからないハンナの気持ちが残されたテープだからだ。 (ハンナについてはシーズン1参照) — 卒業 卒業式でクレイは卒業生代表のスピーチをする。 高校生活は命がけだ。 僕は不安障害とうつ病で苦しんでいる。 苦しんでいるのはみんな同じだ。 伝えたい事は、何があっても歩き続ける事だ。 生き抜いて。 最悪の日々でも君を愛する人はいる。 人生はすばらしいものだ。 高校生活に別れを告げ、クレイたちは未来に向かって歩き出す。 — スポンサードサーチ 評価・感想 Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ 『13の理由』シーズン4 若者が巻き込まれる事件を題材とする社会派ティーンドラマ。 シーズン4も、さまざまな事件が勃発します。 ブライスとモンゴメリーの亡霊。 落書き事件。 脅迫事件。 キャンプ場での恐怖体験。 高校での金属探知機の設置と警察官の配置。 薬物依存。 親からの監視。 自動車事故。 女子生徒VS男子生徒。 男女間の問題。 同性愛。 生徒VS警察官の対立。 親友の死。 ノンストップで怒涛の展開が続きます。 Netflixに加入したら、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。 — キャスト・登場人物 Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ 『13の理由』シーズン4 キャスト・登場人物をご紹介します。 クレイ・ジェンセン・・・ディラン・ミネット ジャスティン・・・ブランドン・フリン アニ・アコラ・・・グレース・サイフ トニー・・・クリスチャン・ナバロ ザック・・・ロス・バトラー タイラー・・・デヴィン・ドルイド ジェシカ・デイビス・・・アリーシャ・ボー アレックス・スタンダール・・・マイルズ・ハイザー ウィンストン・・・ディーケン・ブルーマン エステラ・・・インディ・ナヴァレッテ ディエゴ・・・ジャン・ルイス・カステヤノス チャーリー・・・タイラー・バーンハート ブライス・ウォーカー・・・ジャスティン・プレンティス モンゴメリー・・・ティモシー・グラナデロス ライニー・ジェンセン・・・エイミー・ハーグリーヴス マット・ジェンセン・・・ジョシュ・ハミルトン ギャリー・・・スティーヴン・ウェバー スタンダール・・・マーク・ペルグリノ ドートリー・・・ベニート・マルティネス ノラ・ウォーカー・・・ブレンダ・ストロング デイビス・・・ジョゼフ・C・フィリップス — スポンサードサーチ.

次の

ネットフリックス、ドラマ(ペーパーハウス)シーズン4第7話の感動シーン

エイペック ス シーズン 4

エクスパンス シーズン4 第6話から第10話までのあらすじ 地球では国連の事務総長選が迫り、新たな天体への移民を国連で管理しようとするアヴァサララと、自由な移民を主張するナンシー・ガオが対立。 アヴァサララは地球に敵対するテロ組織への対応で失敗し、対立候補のナンシー・ガオが当選します。 火星では、除隊したドレーパーが犯罪組織に加わります。 しかし組織は何者かに利用され、火星の軍事物資を奪われます。 リング付近では、ドラマーとアシュフォードが海賊を取り締まっていましたが、アシュフォードはOPAの過激派グループに殺されます。 マルコは追って来たアシュフォードを殺し、火星の技術でステルス偽装した小惑星を地球に向ける。 イーロスでは、ホールデンが装置を起動させたことで古代の建造物が覚醒し、災害が発生。 プロト分子の活動によって軌道上の宇宙船は航行不能になし、ホールデンやRCE社、ガニメデからの避難民たちを未知の生物が襲います。 しかしミラーの幻影がプロト分子を停止させ、人々は救われます。 前: スポンサーリンク 第6話「退避」 火星では、ドレイパーが犯罪組織に加わって盗難を行います。 イーロスでは、島の爆発による衝撃波と津波が開拓地に迫り、ホールデンは人々を構造物の中に避難させます。 一方、イーロス軌道上を航行するベルターのバーバピッコラ号、国連軍のエドワード・イズラエル号、ロシナンテ号は、イーロスのプロト分子の影響で核融合リアクターが停止。 地球やメディナ・ステーションと通信できない上、ホールデンたちを救援に向かうこともできません。 リング付近のメディナ・ステーションには国連軍がやってくると、ソージャーナ号が地球の防衛網を突破しようとした原因を追及します。 ドラマーとアシュフォードは、海賊マルコが原因であったことを報告します。 第7話「奇襲作戦」 国連事務総長選が近づく地球では世論調査が行われ、アヴァサララが優勢ではあるものの、ガオとの差はわずかでした。 そんな中、アヴァサララは、OPAのフレッド・ジョンソンからマルコに関する情報を入手します。 マルコを捕らえるため、彼が潜伏する宇宙船に軍を派遣しますが、マルコは見つからず、船が爆発して船に乗っていたベルターや送り込まれた兵士たちは全員死亡。 作戦は失敗し、アヴァサララの信用は失墜します。 イーロスでは、ホールデン、エイモス、ベルター避難民、RCE社社員たちが被災を逃れて構造物内に避難しています。 しかし物資は不足し、ホールデン以外の全員が微生物に感染。 次第に視力を失っていきました。 さらに、ナメクジのような生物が海水と共に大量に侵入し、触れた人間は心不全を起こして死んでしまいます。 第8話「鳥なき里のコウモリ」 地球では、マルコ捕獲作戦を失敗し、多数の死者を出したアヴァサララが批判の的にされていました。 そこでアヴァサララは、惑星イーロスの破滅的な映像を流すことで積極的な植民を訴えるガオに対抗します。 火星では、リング外に植民可能な多数の天体が見つかったことで火星の価値が下がっていました。 ドレイパーは、火星のために尽くしてきた自分に自信をなくします。 リング付近のメディナ・ステーションにフレッド・ジョンソンがやってきます。 ドラマーとアシュフォードは、マルコに関する情報を勝手に国連に流したフレッド・ジョンソンを非難し、辞職します。 イーロス軌道では、エンジンが停止して落下しはじめたバーバ・ピッコラ号をロシナンテ号がケーブルで牽引します。 一方、構造物内では、ホールデン以外の全員が微生物の感染によって視力を失います。 なぜホールデンは失明しないのか。 ホールデンがほかの人々と違うところは、エロスで放射線を浴びたあと抗がん治療を受けていたことです。 ベルターの科学者オコイエは、抗がん剤が微生物への免疫となっていることを突き止め、人々の視力が回復します。 そして、ホールデンの前に久しぶりにミラーの幻影が現れました。 第9話「終焉」 イーロスでは、RCE社のマートリーが軌道上のエドワード・イスラエル号に命令し、シャトルをロシナンテ号に衝突させようとします。 アレックスはレールガンでシャトルを破壊して難を逃れると、レールガンを撃った反動でロシナンテ号とバーバピッコラ号の軌道を上昇させることに成功します。 構造物内では、ホールデンの前にミラーが現れ、プロト分子に操られていたことを明かします。 プロト分子は、ミラーやホールデンたちを使って、自分たちの古代文明を滅ぼした原因を探っていました。 しかしホールデンが人々を救う行動に感銘を受けたプロト分子は、ミラーを解放したといいます。 解放されたミラーはプロト分子を破壊するためにホールデンをコアに導きます。 ホールデンとオコイエがコアを破壊しに向かったことを知ったマートリーは、ウェイとともにあとを追い、さらに二人をエイモスとオコイエが追いかけます。 エイモスがウェイを射殺すると、マートリーがエイモスを負傷させました。 コアへ向かっていたホールデンはエイモスを助けに戻り、マートリーを捕らえます。 その間、オコイエは無機物の姿に変わってしまったミラーをコアに導きました。 ミラーはコアに飛び込んで破壊します。 アヴァサララは長いこと事務総長をやっていたいたような発言をしていましたが、任期は1年ぐらいだったのではないでしょうか。 小惑星帯では、マルコに協力していた火星軍の兵士を尋問し、マルコの行方を追っていました。 アシュフォードはマルコを追い詰めますが、彼の息子フィリップにつかまり処刑されます。 そしてマルコは、火星のステルス技術で偽装した小惑星を地球に向けて発射します。 イーロスでは、ミラーがコアを破壊したことでプロト分子の活動が停止し、軌道上の宇宙船のリアクターが復活。 ホールデンたちは救出されます。 その後、ホールデンは、ロシナンテ号に残っていたプロト分子を廃棄処分し、マートリーを裁判にかけるため太陽系へ戻ります。 そしてナオミは、息子フィリップ・イナロスの捜索をフレッド・ジョンソンに依頼します。 で、プロト分子によって誕生した異生物がロシナンテ号に侵入し、プロト分子の痕跡が貨物室に残ってしまいました。 今回無事廃棄されましたが、結局どんな影響があったのかよくわかりませんでした。 前: スポンサーリンク 登場人物 ジェームズ・ホールデン 演:スティーヴン・ストレイト 初登場:シーズン1 ケレスに物資を運ぶカンタベリー号がプロトジェン社のステルス艦アヌビス号に破壊されました。 これは、火星軍の仕業に見せかけようとするプロトジェン社の陰謀だったのですが、ホールデンをはじめとする数名が生き残ります。 その後、OPAのフレッド・ジョンソンからジュリーの救援を依頼され、エロスへ向かったことでプロト分子の存在を知ります。 シーズン2では、プロト分子に汚染されたエロスの地球衝突をミラーと共に食い止めました。 その後、シーズン3ではプロトジェン社がイオで続けている人体実験について突き止め、ジュール・マウの逮捕に貢献します。 さらに、プロト分子によって生み出された巨大なリングを調査。 プロト分子と融合したミラーに指示されてリングを動作させると、1300の天体へつながるポータルを開きます。 シーズン4では、新たな天体で見つかった惑星イーロスの調査をアヴァサララから依頼されます。 そこで古代の建造物を見つけ、プロト分子に操られたミラーに指示され、建造物を起動します。 ジョセフ・ミラー 演:トーマス・ジェーン 初登場:シーズン1 エロスと融合したジュリーとともに金星に衝突しましたが、プロト分子に操られ、幻影となってホールデンの前に現れます。 惑星イーロスの建造物を起動させますが、プロト分子から解放されると、惑星のコアを攻撃してプロト分子の活動を停止させます。 ナオミ・ナガタ 演:ドミニク・ティッパー 初登場:シーズン1 ロシナンテ号のエンジニア。 ベルター。 地球と火星に対抗するためには小惑星帯にも武力が必要だと考えており、アヌビス号から回収したプロト分子のサンプルを密かにフレッド・ジョンソンに渡しました。 ホールデンとは恋人関係ですが、かつてマルコと結婚しており、二人の間には息子フィリップがいます。 アレックス・カマル 演:キャス・アンヴァー 初登場:シーズン1 ロシナンテ号の操縦員。 元火星軍の兵士。 火星には妻タリッサと息子メラスがいますが、家族関係はうまくいっていません。 縁の下の力持ち的なキャラ。 今回、ロシナンテ号で待機していたのでいつも以上に目立ちません。 エイモス・バートン 演:ウェス・チャサム 初登場:シーズン1 ロシナンテ号のメカニック。 地球人。 脳手術を受けているため感情に乏しいところがありますが、シーズン2ではプラックスに友情を感じていました。 シーズン4ではRCE社のチャンドラ・フェイと親密になりましたが、最後はホールデンを止めようとするフェイを射殺します。 クリスジェン・アヴァサララ 演:ショーレ・アグダシュルー 初登場:シーズン1 もと国連事務副次官。 シーズン3でエステバン事務総長とアーリンライト事務次官が失脚したため、国連事務総長に就任しました。 これまではプロト分子から人類を守るために尽力していましたが、シーズン4では選挙に勝つために必死です。 結局保身に走っているようでちょっと残念。 選挙は対立候補のナンシー・ガオに敗れ、月に行くことになったようです。 ナンシー・ガオ 演:リリー・ガオ 初登場:シーズン4 国連幹部。 事務総長選でアヴァサララに対抗し、新たな天体への自由な移民を主張しました。 その後当選します。 カミナ・ドラマー 演:キャラ・ジー 初登場:シーズン2 ティコ・ステーションにいるフレッド・ジョンソンの部下。 ビヒモス号の艦長としてリングの調査に派遣され、リング内では自分の身体を犠牲にしてアシュフォードを救いました。 そのときの怪我がもとで身体には補助器具が埋め込まれています。 シーズン4では、リング付近のメディナ・ステーションを拠点とし、アシュフォードと共に海賊を取り締まります。 しかしフレッド・ジョンソンが地球に忖度する態度に失望し、辞職。 クライス・アシュフォード 演:デヴィッド・ストラザーン 初登場:シーズン3 アンダーソン・ドーズのもとで海賊を営んでいましたが、シーズン3で副長としてビヒモス号に搭乗。 ドラマーが重傷を負ったあと艦長に就任します。 シーズン4では、ドラマーと共にリング周辺の治安を守ります。 しかしドラマーと共に辞職し、単独でマルコを追跡。 捕まって処刑されます。 渋キャラだったのに残念。 フレッド・ジョンソン 演:チャド・コールマン 初登場:シーズン1 ティコ・ステーションのOPA幹部。 元国連軍兵士。 小惑星帯が独立するためには地球と火星に対抗できる武力が必要だと考え、国連軍の核弾頭ミサイルを入手します。 さらにナオミからプロト分子のサンプルを受け取ります。 シーズン3では、エロスへの衝突作戦に失敗して宇宙を漂流していた巨大宇宙船ノーブー号を部下のドラマーに回収させ、イオ・ステーションから発射されたミサイルを核弾頭ミサイルで迎撃します。 テロ活動を続けるマルコの情報を地球へ提供しますが、偽の情報でした。 結果、ベルターに多数の被害が出ます。 マルコ・イナロス 演:キーオン・アレクサンダー 初登場:シーズン4 OPAの派閥ブラック・スカイのリーダーでナオミの元旦那。 地球に対してテロ活動を続けます。 フィリップ・イラロス 演:ジェイサイ・チェイス・オーエンズ 初登場:シーズン4 マルコとナオミの息子。 マルコと行動を共にします。 高校生ぐらいに見えますが、だとしたら父親マルコ、母親ナオミは何歳ぐらいなんでしょう。 アドルファス・マートリー 演:バーン・ゴーマン 初登場:シーズン4 イーロスに派遣された民間企業RCE社の保安部長。 イーロスの資源を独占しようとしますが、ホールデンに捕まります。 マートリーを演じるバーン・ゴーマンさんは、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」ではナイツウォッチを裏切る、「高い城の男」ではジュリアナを追跡するを演じています。 チャンドラ・ウェイ 演:ジェス・サルゲイロ 初登場:シーズン4 RCE社の社員。 エイモスと親密な関係になりますが、最後は彼に射殺されます。 エルヴィ・オコイエ 演:リンジー・グリーンウッド 初登場:シーズン4 RCE社の科学者。 イーロスで発生した感染症の対策に当たりました。 ルシア・マズール 演:ローザ・ギルモア 初登場:シーズン4 イーロスに避難したガニメデ難民。 RCE社のシャトル事故に関与し、マートリーに命を狙われたためナオミとロシナンテ号に避難しました。 娘のルシアと協力し、バーバピッコラ号を救助します。 フェルシア・マズール 演:カイラ・マデイラ 初登場:シーズン4 ルシアの娘。 両親に反目し、イーロスには降りずにバーバピッコラ号に残留していました。 バーバピッコラ号が落下しそうになると、ルシアと協力して危機を脱します。 ロベルタ・ドレーパー 演:フランキー・アダムス 初登場:シーズン2 愛称ボビー。 シーズン2ではガニメデでの戦闘を生き残り、原因の偽証を求められたため軍に不信感を抱いて国連に亡命。 アヴァサララと行動を共にし、プロトジェン社の研究を止めさせることに貢献しました。 その後リングが発見されると調査に参加。 ホールデンに協力し、リングによる太陽系の破壊を未然に防ぎました。 シーズン4では軍を退役し、民間人になっています。 甥がイーサイの犯罪組織に協力していたことを契機に、彼女自身も犯罪組織に関与することになります。 しかしイーサイの組織は何者かに利用されていたことがわかります。 イーサイ・マーティン 演:ポール・シュルツ 初登場:シーズン4 火星の刑事で犯罪組織のリーダー。 家族と新たな天体へ移民するための資金を稼ぐため、軍の物資を盗難して密売していましたが、依頼人に殺されます。 リーリー 演:デイル・マクロード 初登場:シーズン4 イーサンの犯罪組織のメンバー。 新参者のドレイパーと対立します。 前: スポンサーリンク ドラマ「エクスパンス」を見る ドラマ「エクスパンス」はAmazonから配信されています。 シーズン4の シーズン4の おすすめドラマ 「エクスパンス」に興味のある方はこちらのドラマもおすすめです。 ウエストワールド ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。 アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。 エレクトリック・ドリームズ 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。 高い城の男 第二次世界大戦で敗北したアメリカ合衆国はナチスドイツと日本によって分割統治されています。 主人公ジュリアナが手にした映像フィルムには、自分たちの世界と異なる歴史を持つ世界が映し出されます。 パラレルワールドを描いたSFドラマ。 アンダン ロトスコープ技術を採用し、そのまま実写ドラマとして配信されてもおかしくないような、アニメキャラっぽくないキャラクターたちが登場するSFアニメ作品。 時間を自由に操る能力を得たアルマが、父親の死の真相を探ります。

次の

エクスパンス シーズン4 第6話

エイペック ス シーズン 4

ジム達号の面々は惑星の調査とベルターの支援のためアヴァサララの命を受けイーロスへと向かい、またしてもの産物に振り回される。 アヴァサララはの座を賭けた選挙に挑み、ドレーパーは火星軍の英雄から下町の犯罪者集団の一員となり、号のクルーは惑星イーロスでのベルターと地球企業のいざこざを仲裁します。 この三つのストーリーに殆どの時間が割かれていて、イーロスに存在する超古代の外宇宙文明を示す構造物やプロト分子についての描写がかなり少なかったように思います。 シーズン3のラストで新天地が開けた事、それが人類の希望となる事が明示されました。 その後を描くとなれば当然もろもろものリセットが必要なのは分かります。 ですが、それを踏まえてもアヴァサララとドレーパーのストーリーはもう少し短くしても良かったんじゃないかと思います。 更に今シーズンでは条約下で板挟みに苦しむOPAのストーリーも加わります。 ドラマーとアシュフォードの二人を中心としたストーリーです。 個々のストーリーが個々でそれぞれ進行し、最終的に一つに繋がっていたこれまでのシリーズに対して、今シーズンはそれぞれのストーリーがそのまま個々に進み続けるのも 消化不良感が半端じゃ無かったです。 おそらく制作が決まっているシーズン5で本格的に絡み合い始めるんだと思います。 つまり、悲しいがな今シーズンは物語の準備段階だけに全10話を使ってしまっていたんじゃないかと思うんです。 頼みの綱の号のストーリーも、ほとんどが人間同士の戦いに巻き込まれているだけで、冒険枠担当だったこれまでとは大きく違ったストーリーとなっていたと思います。 政治や争いも重要なテーマであるドラマなのでこの辺りは仕方ないとはいえ、少し諄く感じます。 準備シーズン的な印象はありますが、一方でアシュフォードとミラーの結末が描かれたりもします。 ジムにしか見えなかったミラーの幻影がなんだったのか一応は判明しました。 ミラーの意識はプロト分子の支配から脱却し、ジムを連れてエロス10万人の阿鼻叫喚と共生しながらプロト分子に利用される自分を消してもらおうとします。 その為にイーロスへとジムを向かわせたという事です。 このミラーの一連の流れ、一度観ただけでは把握するのが難しすぎます。 ここも説明にもう少し時間を使ってほしかったところ。 アシュフォードは今シーズンで意外な一面を見せました。 シーズン3では特に後半でジムに立ちはだかるのような描かれ方をしていたアシュフォードですが、今シーズンではその長い人生から得た知見や経験を実践に生かしていて、歴戦の勇者である事がとても感じられる描写がたくさんありました。 印象が全く変わりますね。 アシュフォード自身の抱えている苦悩もとても明確に描かれていました。 宇宙船や火星などを初めとするCG描写とクオリティは、かなりパワーアップしていたと思います。 なんだかんだ言ってもここが醍醐味みたいな感じですし、これは個人的にかなり楽しめるポイントでした。 面白いかと言われるとかなり微妙で、後半3話あたりまでは前シーズンまでに対して盛り上がり所がとても減っているように思いました。 個人的にはとても好きなドラマシリーズなので、シーズン5でどう巻き返してくるのか今から楽しみでもあります。 エクスパンスシリーズはビデオで独占配信されています。

次の