チーム スピリット 決算。 チームスピリット’19年8月期 第3四半期決算でストップ安!いったい何が?

チームスピリット (4397) : 決算情報・業績 [TeamSpirit]

チーム スピリット 決算

売上高は前期比46. この決算を受けて、チームスピリットの株価はストップ安になっています。 業績推移を細かく見たスライドをチェックすると、 スポットサポートの売上がやや下落しています。 業績悪化(というより成長スピードの鈍化)の原因は主にそこかなと思われます。 決算資料によればスポットサポートの減少理由は「季節要因による」としていますが、第3四半期は2019年3月1日~5月31日までの3カ月間なので、年度替わりで担当者変更による運用、操作ミスなどで むしろサポートが必要な時期なのでは・・・?と思うのですが。 逃げた?大株主 チームスピリットは6月半ばに高値を付けた後は、下落が続いています。 これには大株主が続々同社株を売却したことが関係しています。 19% とこれだけの株が市場に放出されています。 一体なぜ6月に集中して株が放出されたんですかねぇ(疑惑の目)。 本当の答えは、通期決算で 成長の鈍化がとり沙汰されていますが、売上高は前期比46. また、6月からは新サービスの販売も始まっており、中長期的な成長へ向けておおきく舵を切っているところかと思われます。 今回はちょっと残念な決算でしたが、ちょっと投資家側の反応が過敏だったかなと思います。 また、前述した大株主の放出が当面続くと思うので、下落が落ち着き次第、安値で拾っていくこともありかもしれません。

次の

チームスピリットの年収&給料|手取りはいくら?住宅ローンも徹底計算【2020年版】|サラリーマンの年収分析ブログ

チーム スピリット 決算

現在は【強気買い】 予想株価 3,075円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「チームスピリットの2020年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

好決算で下落?悪決算で上昇?決算後の株の動きを読む その2 チームスピリット【4397】

チーム スピリット 決算

2Q累計売上高は37%増と2期連続の!増収!• 2Q累計経常利益は41%増と2期連続の!増益!• 2Q累計最終利益は15%の大幅減… チームスピリット [東証M] が4月10日大引け後 15:30 に決算を発表。 20年8月期第2四半期累計 19年9月-20年2月 の連結経常利益は前年同期非連結比41. 1%増の1億2700万円に拡大し、通期計画の2億4500万円に対する進捗率は51. 8%に達し、さらに前年同期の36. 9%も上回った。 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した3-8月期 下期 の連結経常利益は前年同期非連結比23. 4%減の1億1800万円に減る計算になる。 直近3ヵ月の実績である12-2月期 2Q の連結経常利益は前年同期非連結比3. 7%増の8400万円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の17. 8%に低下した。 決算情報 チームスピリット 4397 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2019年8月期 単 【売上高】1,820百万円【当期純利益】223百万円【自己資本比率】48. 00 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の