ポルシェ 718 スパイダー。 ポルシェ 2020 718スパイダー

1億円のハイブリッド車!ポルシェ918スパイダーの魅力とは!?

ポルシェ 718 スパイダー

今回のテスト物件は5つをすべて持ち合わせている。 それを造り出したのがポルシェだと聞けば納得するかもしれない。 しかし彼らは、この手のクルマを過去のものにするだろうと、少し前まで思われていた。 エミッション規制は強化されつづけている。 しかも、市場リサーチでは、ほとんどのユーザーがデュアルクラッチ式自動変速機の便利さや素早いギアチェンジを求めているという結果が出ている。 となれば、機を見るに敏なポルシェが、少なくとも自然吸気+MTをラインナップから外しても不思議ではないからだ。 状況の変化は突然だった。 車名にGTの文字を戴くモデルのなかでも抜きん出た人気を誇る存在、911GT3からクラッチペダルを排除しただけでなく、718を名乗ることとなったボクスターとケイマンからは6気筒を取り上げ、それより味気ないフラット4ターボに差し替えたのだ。 ドライビングプレジャーを追求する歴史を紡いできたブランドとしては理解に苦しむ動きだけに、それはユーザーを困惑させた。 それを受けてか、911GT3にはMT仕様が追加されることとなる。 それに続いたのが、718系に搭載する自然吸気フラット6の新開発だ。 この新型ユニットを得て昨年夏に登場した718系の新顔が、スパイダー(ボクスターとは名乗らない)とケイマンGT4だ。 いずれも、先に述べた5大元素が揃ったクルマだ。 世間の声に押し切られてか、この4. 0Lノンターボの新型6気筒はもっと手頃なGTSグレードにも導入された。 だが今回、その実力を確かめる連れ出したのはボクスターがベースの3代目スパイダーである。 コンセプトモデルのようなスタイリングとミドシップレイアウト、そして911GT3からの転用も多いシャシー。 これは、現行ポルシェの中でも最高のロードカーとなりそうな予感を禁じえない。

次の

1億円のハイブリッド車!ポルシェ918スパイダーの魅力とは!?

ポルシェ 718 スパイダー

ポルシェは6月18日、『718スパイダー』(Porsche 718 Spyder)と『718ケイマンGT4』(Porsche 718 Cayman GT4)を欧州で発表した。 ポルシェは2015年春、『ボクスター スパイダー』を発表した。 軽量構造のソフトトップは、電動ではなく部分的に手動で開閉する仕組み。 前後バンパーは、『ケイマンGT4』と共通デザインとした。 ミッドシップに搭載されるのは、3. 8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンで、最大出力375ps。 トランスミッションは、6速MTのみ。 このボクスター スパイダーが、最新の『718ボクスター』に設定された。 同時に、『718ケイマン』ベースの718ケイマンGT4も登場している。 今回発表された718スパイダーと718ケイマンGT4では、6気筒ボクサーエンジンが復活している。 ミッドシップに搭載されるのは、新開発の4. 0リットル水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンだ。 旧ボクスター スパイダー、旧ケイマンGT4に対して、45psの強化にあたる。 最大トルクは42. 8kgmで、5000~6800 rpmの範囲で引き出される。 このエンジンを6速MTと組み合わせた。 その一方、低負荷走行時には、シリンダーの一部を休止し、燃費性能を追求している。 専用のエアロパーツを開発 718スパイダーと718ケイマンGT4では、専用のエアロパーツを開発し、最大50%増のダウンフォースを獲得する。 フロントは、大型フロントリップスポイラーとエアカーテンを装備した。 エアカーテンは、フロントタイヤ周辺の空気の流れを最適化する。 リアは、新設計のシングルチャンバーアーチサイレンサーにより、空力性能の新しいディフューザーの装着が可能になった。 この新ディフューザーが、718ケイマンGT4の場合、リアのダウンフォースの30%を引き出す。 718ケイマンGT4の固定式の大型リアウイングは、旧モデル比で20%多いダウンフォースを獲得。 718 スパイダーには、軽量のコンバーチブルトップを採用する。 このコンバーチブルトップは、『550スパイダー』や『718 RS 60スパイダー』など、ポルシェのロードスターの歴史を受け継ぐ。 トップは数ステップでトランクリッドの下に収納できる。 サーキットに対応する足回り 足回りには、軽量スプリングストラットのフロントとリアアクスルに、レーシング技術を導入する。 シャーシとの接合部分には、ボールジョイントを使用。 車高が30 mm低くなる「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント」が重心を下げ、サーキットでパフォーマスを発揮するチューニングを施した。 「ポルシェ・スタビリティ・マネジメント(PSM)」は、オプションで無効にすることが可能。 メカニカルリアディファレンシャルロックを備えた「ポルシェ・トルク・ベクタリング(PTV)」は、縦方向と横方向のダイナミクスやコーナリング性能を引き上げる。 718ケイマンGT4には、「クラブスポーツパッケージ」をオプション設定。 ロールバー、消火器、6点式シートベルトがセットされる。 高性能ブレーキシステムには、大型のアルミ製ブレーキキャリパーを採用する。 オプションで、カーボンセラミックの「PCCB」が選択できる。 718 スパイダーには、ポルシェ独自のウルトラハイパフォーマンス(UHP)タイヤを設定している。 《森脇稔》.

次の

ポルシェ、新型「718 スパイダー」「718 ケイマン GT4」予約開始

ポルシェ 718 スパイダー

その他にフロント軸に2個とリア軸用トランスミッションに1個、合計3個、合計220PS 163kW の電気モーターを装備している。 エンジンとリアモーターは7速のポルシェ独自のPDKを介してリアホイールを駆動し、フロントモーター2個は変速比固定でフロントホイールを駆動するプラグインハイブリッドシステムである。 電池は車室後方に液冷を搭載している。 走行モードは4つある。 E-Driveモード - バッテリー電力、リアモーターで走行し航続距離は最大16マイル(26km)である。 ハイブリッドモード - ハイブリッド。 スポーツモード - ハイブリッド。 レースモード - ハイブリッド。 パスボタン( push-to-pass )を押すことにより更にモーター出力を高くすることも可能。 シャシ [ ] カーボン繊維強化プラスチック製モノコック。 その他の部分もアルミニウムやマグネシウムを多用し軽量化されている。 ボディ、シャシの基本はを踏襲しており、販売目標台数に達しなかったカレラGTの余剰パーツがうまく再利用された。 6リッターエンジンは612PS、システム合計の出力は887PS。 918RSR [ ] 918RSR 2011年1月10日で発表されたモータースポーツ用バージョン。 ゼッケン22はで優勝したKに由来する。 プラグインハイブリッドは廃止したもののフロントに2基モーターを配している。 エンジン出力に余裕がある時や減速時にモーターからフライホイールジェネレーターにエネルギーが蓄えられるにより回生エネルギーが最大限フライホイールに蓄えられた場合、モーターは8秒間連続204PS(150kW)出力可能。 エンジンとモーターの合計出力は767PS(564kW)。 市販化 [ ] 2011年5月13日、ポルシェは918スパイダーの市販化および受注開始を発表。 価格は684,800ユーロ(ユーロ建てのみ設定)。 全世界で918台の限定生産で、生産は9月18日から開始する予定とされた。 ヴァイザッハ・パッケージと呼ばれるオプションでは36kg軽量化がなされている。 2015年には918台全てがラインオフされた。 注釈 [ ] ・ ・ ・ 車両年表 1960年- タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 高性能車 コンセプトカー: モータースポーツ: 人物: 軍用車両: トラクター: 機構: 関連会社: その他: この項目は、に関連した です。

次の