ベース アップ 2020。 【2020夏最新ベースメイク】崩れにくい、テカリをカバーetc. おすすめのファンデーションや下地は?

ベースアップと定期昇給の違いとは?給料の決まり方 [仕事・給与] All About

ベース アップ 2020

PythonのBasemapライブラリが開発を終えて、以前からCartopyライブラリ()に代わっていくことが告知されていたが、Basemapのアップデートに失敗してから紆余曲折の末、ようやくCartopyをインストール。 Python 2. 7以降で動くが、Python 2xxも2020年でサポートを終えているので、 Python 3xxのconda環境でインストール。 conda install cartopy 以前はうまくいかなかったが、今回は無難。 Basemap同様、matplotlibライブラリを使って描画する。 とりあえず以下の「ベースマップづくり」のページと同じ(ような)地図を作ってみる。 import cartopy. crs as ccrs import matplotlib. 0, 151. 0, 22. 0, 48. 0 ,proj PlateCarreeは正距円筒図法。 coastlines 海岸線を描画。 大陸と海の色塗りはcartopy. featureを使う、ということで import cartopy. feature as cfea ax. FixedLocator np. arange 120,150,5 gl. FixedLocator np. 最後に plt. show で完成。 地図はNatural Earth()から必要な範囲だけダウンロードされるようで、オフラインだとエラーになる。 一度ダウンロードされればオフラインでもOK。 世界地図ならばデフォルトでも構わないが、日本地図は上のとおりなので、解像度 resolutionを「10m」にした。 デフォルトは「110m」。 以下のサイトに説明があって助かった。 matplotlib:cartopyのTIPS() gl. FixedLocator np. arange 120,160. 1,5 gl. FixedLocator np. arange 20,50. 1,5 160. 1、50. 1とすれば隅まで描かれる。 Basemapよりも手ごわい。 色塗りがresolution「110m」のままなので海岸線とずれる。 気にしない気にしない……。 やっぱり気になる。 Basemapの上位互換ではないのか用途が違うのか……。 NaturalEarthFeatureで取り込む方法があるようだ。 NaturalEarthFeature 'physical', 'land', '10m' ax. edgecolorは輪郭の色(黒)。 同様に湖沼 lakesも描画。 海はダウンロードに時間がかかったので「50m」にした。 NaturalEarthFeature 'physical', 'lakes', '10m' ax. NaturalEarthFeature 'physical', 'ocean', '50m' ax.

次の

新型コロナ、賃金相場に影響 ベースアップ予定企業、2割に急減

ベース アップ 2020

新型コロナウイルス感染症対策は長期戦の様相を呈してきた。 自粛要請の長期化は経済活動抑制の長期化を意味し、企業の先行きに関する見通しをより悲観的なものにさせる。 悲観的な見通しは当然雇用や賃金の抑制に直結する。 感染状況の改善が見られない中で既に賃上げを取りやめる企業も増加してきているようだ。 20日に東京商工リサーチが2020年度「賃上げアンケート」の調査結果を公表している。 これは東京商工リサーチが3月27日から4月5日にインターネットを通じ調査を行い全国1万6175社から回答を得た結果だ。 調査結果によれば、賃上げを予定する企業は1万1668社で回答企業全体の72. これは前年度実績の80. 8ポイント下落したことになり過去5年でみると初めて8割を割り込んで最低となった。 賃上げ予定の企業数と構成比を規模別にみると、資本金1億円以上の大企業が2605社のうち2144社、構成比82. 昨年度の実績を見ると、大企業は81. 8ポイント増加している一方で、中小企業は10. 7ポイントの大幅な下落となっている。 コロナ危機が中小企業により大きな打撃を与え企業の規模格差が広がっているようだ。 賃上げ予定の1万1668社の「賃上げ内容」について見ると、「定期昇給のみ」が6735社、構成比57. 次いで「定期昇給とベースアップ」の双方を予定しているのは1897社、16. 「ベースアップ」予定の企業の構成比を合計したものは、前年度実績の42. 企業全体の中のベースアップ予定企業の比率を計算すると22. 早期の終息と中小企業への手厚い補助が望まれる。

次の

ベースアップと交通費 │ 私のビルメンテナンス ブログ。

ベース アップ 2020

PythonのBasemapライブラリが開発を終えて、以前からCartopyライブラリ()に代わっていくことが告知されていたが、Basemapのアップデートに失敗してから紆余曲折の末、ようやくCartopyをインストール。 Python 2. 7以降で動くが、Python 2xxも2020年でサポートを終えているので、 Python 3xxのconda環境でインストール。 conda install cartopy 以前はうまくいかなかったが、今回は無難。 Basemap同様、matplotlibライブラリを使って描画する。 とりあえず以下の「ベースマップづくり」のページと同じ(ような)地図を作ってみる。 import cartopy. crs as ccrs import matplotlib. 0, 151. 0, 22. 0, 48. 0 ,proj PlateCarreeは正距円筒図法。 coastlines 海岸線を描画。 大陸と海の色塗りはcartopy. featureを使う、ということで import cartopy. feature as cfea ax. FixedLocator np. arange 120,150,5 gl. FixedLocator np. 最後に plt. show で完成。 地図はNatural Earth()から必要な範囲だけダウンロードされるようで、オフラインだとエラーになる。 一度ダウンロードされればオフラインでもOK。 世界地図ならばデフォルトでも構わないが、日本地図は上のとおりなので、解像度 resolutionを「10m」にした。 デフォルトは「110m」。 以下のサイトに説明があって助かった。 matplotlib:cartopyのTIPS() gl. FixedLocator np. arange 120,160. 1,5 gl. FixedLocator np. arange 20,50. 1,5 160. 1、50. 1とすれば隅まで描かれる。 Basemapよりも手ごわい。 色塗りがresolution「110m」のままなので海岸線とずれる。 気にしない気にしない……。 やっぱり気になる。 Basemapの上位互換ではないのか用途が違うのか……。 NaturalEarthFeatureで取り込む方法があるようだ。 NaturalEarthFeature 'physical', 'land', '10m' ax. edgecolorは輪郭の色(黒)。 同様に湖沼 lakesも描画。 海はダウンロードに時間がかかったので「50m」にした。 NaturalEarthFeature 'physical', 'lakes', '10m' ax. NaturalEarthFeature 'physical', 'ocean', '50m' ax.

次の