ガチマッチ 一緒に。 【スプラトゥーン2】フレンドと一緒にフェスマッチを遊ぶ方法!

スプラトゥーン2 ガチマッチにガチパワーなる指標が導入される!

ガチマッチ 一緒に

ガチマッチとは? ランク10から参加できるガチの戦い ガチマッチとは、ランク10から参加できるガチの戦いのことを言います。 3つのルールによる戦いがあり、それぞれに「ウデマエ」が設けられています。 ガチマッチの3つのルール ガチエリア ステージ内に配置された「ガチエリア」を自分のインクを塗って確保します。 どちらかのチームがガチエリアを確保すると、チームの「カウント」が減っていきます。 各チームの持ちカウントは100となっており、先に0にしたチームが勝利です。 決着がつかない場合は、少しでもカウントがリードしている方が勝利となります。 ガチヤグラ ステージ中央の「ガチヤグラ」に仲間が乗り込むことで「ヤグラ」はゴールまで進んでいきます。 相手にやられて無人になると中央に戻ってしまうので、倒されないように相手陣地のゴールまで運びましょう。 ガチホコバトル ステージ中央にある「ガチホコ」を相手の陣地まで運びましょう。 ガチホコを持っているときは強力な「ガチホコショット」を打つことができるが、カウントが0になるとその場で爆発してしまいます。 ガチホコを確保したら強気で攻めていきましょう。 掲示板 雑談コミュニティ• 対戦・協力コミュニティ• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• amiiboの最新情報• フェスの最新情報• ランキング ルール別• 武器種別• オクトエキスパンションの攻略情報• お役立ち情報• お役立ち情報人気記事• 基本操作方法• テクニック集• アイテム・ポイント稼ぎ• 武器ごとの基本操作• 武器ごとの立ち回り方• オンラインプレイ関連• その他お困りの方へ• メンテナンス・エラー関連• ブキ(武器) メインウェポン• サブウェポン• スペシャルウェポン• その他武器情報• ギア おすすめのギア• 部位別の一覧• ブランド情報•

次の

【スプラトゥーン2】フレンドと合流するにはどうすればよいでしょうか?

ガチマッチ 一緒に

もくじ• ガチマッチで勝つための対策 ヒーローモードを一通りプレイする ヒーローモードはガチマッチにおける操作の基礎を身につけることができます。 単純な操作だけでなく、立ち回りやエイムの精度も気が付かないうちに上がっています。 ヒーローモードはそれなりに難しく作られているので、ヒーローモードをクリアしたころには少なくともB帯くらいに上がる実力がついています。 ガチマッチで勝てないという方は、まずはヒーローモードをプレイすることをおすすめします。 ガチマッチの部屋を入り直す ガチマッチで部屋を入り直すとメンバーが総入れ替えになります。 同じ部屋を選んで弱いメンバーと同じチームになったら負けるかもしれませんよね。 私の場合は気持ちをリセットするために、勝ち負けに関わらず部屋を入り直すようにしています。 塗ることを意識する 敵に攻められているときはインクを塗り返さない限り打開も思うようにうまくいきません。 インクが塗られていると味方が潜伏キルされたり、敵インクのダメージによりキル負けすることが多くなってしまいます。 敵を攻めているときまインクで塗り返すことで、敵が攻めるまでの時間を稼ぐことができるので、バトルを有利に進めることできます。 敵のインクで塗られているエリアが多いときはまずエリアを塗ることは意識してください。 最低2キルすることを意識する 自分が敵と相撃ちになっているときは不利にならないと思いますが、味方が弱いと簡単に人数不利な状況になってしまいます。 味方が弱い時は味方の分までカバーする必要があります。 ガチマッチはチーム全体で同じガチパワーになるように設定されており、味方に弱い人がいるときは敵にも弱い人がいるということです。 強い敵をキルしなくてもよいので、弱い敵をキルして人数有利を付けるように心がけてください。 ただし、味方が押されていることがないように2キルすることを目指しましょう。 エイムの練習をする まずは敵を最短でキルするためににエイムの練習することをおすすめします。 練習モードであれば的が用意されているので、エイムの練習することができます。 また、初心者に多いのですが、敵をキルできる射程を分かっていない人がいます。 敵をキルできる射程がなかったせいでキルされるのはもったいないので、敵をキルするのに必要な射程やエイムを意識しながら練習するとよいでしょう。 キルされないように立ち回る キルされないように立ち回ることで、人数有利な状況を作ることができます。 スプラトゥーン2になってからキルされたときの重みが大きくなったので、キルされないことが勝利に結びつくことが多いです。 また、キルされないことで前線を下げないことや味方が前線までジャンプできるため試合を持ち直すことが可能です。 味方と一緒に打開する 一人で突っ込んだとしても敵に囲まれてキルされるのがオチです。 特に初心者だと塗りながら前に進むだけで周りの敵が見えていないことが多いです。 味方がデスしているときは味方の復活を待ってから打開するようにしましょう。 疲れたときは休憩を取る スプラトゥーン2をプレイしていると疲労のため連敗することがあります。 私はエイムが良くないときは休憩を取るようにしています。 疲れたときは思い切ってプレイを中断して休憩するのが良いと思います。 さいごに ガチマッチで勝つための対策について書いてみました。 味方が弱いと言い訳するのではなく、自分が強くなるように努力したほうがスプラトゥーン2を楽しむことができると思います。 ぜひ今回の記事を参考にスプラトゥーン2の実力を上げることができたら嬉しいです。

次の

【初心者向け】ガチマッチで勝てなくなったときに考えたいこと!腕前の停滞時に考えるべきことを解説【スプラトゥーン2】

ガチマッチ 一緒に

こちらのページでは『スプラトゥーン2(Splatoon2)』における、ガチマッチで勝つために徹底するべきことについてまとめています。 ガチマッチのルールを問わず共通して徹底するべきこと、覚えておきたいことなど、ガチマッチで勝つ方法そのものと言っても過言ではない立ち回り方について解説しているので、ガチマッチでなかなか勝つことができないと言う方は、ぜひ参考にしてください。 ガチマッチで勝つための大前提! ガチマッチはナワバリバトルとは違い、プレイヤー同士の衝突が非常に多いルールとなってます。 それはすなわち、キルのしやすさ、デスのしやすさです。 プレイヤーのテクニックが顕著にでるバトルルールなので、ガチマッチではある程度の実力を持っていること前提で挑まなければいけません。 それではその前提条件は何かと言うと… ・キルを取れるだけのプレイヤースキルを持っている ・各ルールにおけるシステムをしっかりと理解している この上記の2つになります。 この2つが前提としてプレイヤーに備わっているかどうかで、勝機の掴みやすさは格段に変わってきます。 キルを取れるだけのプレイヤースキルに関しては、ひとまずはバトル中の 敵との遭遇率・対面率に対して、勝率が5割以上であればまずまずと言ったところでしょう。 6〜7割ほどあれば、ある程度の勝率の安定感は期待できます。 各ルールにおけるシステムへの理解に関しては、勝敗に直接的に関わってくる部分です。 ガチマッチで勝てない方の多くは、このルールへの理解度の低さが原因であることがほとんどです。 どのウデマエ帯であっても、ルールへの理解度が高いか低いかで勝率は大きく変わり、ほとんどの場合、キルをたくさんとることよりも重要になってくるということをしっかりと覚えておきましょう。 ガチマッチで徹底するべき立ち回り5選! ルールやオブジェクトにしっかりと関わる ガチマッチでは、どれだけルールに関われるかでカウントの稼ぎやすさや勝利のしやすさに影響します。 それは、エリアを積極的に塗ることであったり、ヤグラに乗り続けることであったり、ホコを運ぶことであったり、アサリを集めることであったりと、ルールによって様々です。 そして必ずしも直接的に関わる必要はありません。 間接的にでも十分良く、それこそ所謂アシストであったりカバーであったりと、そのときルールに直接的に関わっているプレイヤーに対して、なんらかの形で関われているだけでそのプレイヤーの立ち回りやすさが大きく変わってくるのです。 ルールに対してなんの恩恵も発生しない立ち回りをしている方は、間違いなくその行動がチームを負けへ導く行動なので、今一度そのルールにおいて自分はどう動くべきか、そもそもそのルールはどういうシステムなのかと言うところを見直してみることをおすすめします。 野良でもチームとの連携を意識する 意思疎通の限られた野良であっても、チームとの連携は常に意識して行動したいです。 それは例えば、攻防を切り替えるタイミングであったり、打開に移るタイミングであったりです。 これらの 一部の行動は、チームと連携することでより効力が高まる行動であり、チームとの連携が取れた場合には、決定打として非常に強力な効果を発揮することができます。 腕に自身がなかったり、 自分はあきらかに弱い部類であると理解しているならチームとの連携を徹底しましょう。 そして、自分は普通よりもうまい部類だと言えるのであれば尚の事で、 同じチームのメンバーすら利用するつもりで連携をするようにしましょう。 チームの足を引っ張る無意味な行動をしない ガチマッチでは、チームの足を引っ張る行動は勝敗に大きく影響してきます。 それはキルの少なさやデスの多さでもありますが、なによりルールに関与していない行動をしているプレイヤーは間違いなくチームの足を引っ張っている状態なので、早急にルールへの理解や立ち回り方を改めるようにして下さい。 他にも、キルにかまけて前線やオブジェクトを放置している方や、防衛フェーズでもないのに安全地帯で潜伏待機している方など、実質的に人数不利の状況を発生させてしまっている方は、人数不利により発生するリスクの重大さを理解していないとしか考えられないので、間違ってもこれらの行動は取らないようにしましょう。 そうでなければ、敗因が自分であっても言い逃れはできません。 まとめ 結論:ルールへの理解度を高めよう! 最終的にはやはり、ガチマッチで勝つためには、ルールへの理解度を高める他ありません。 ガチマッチの各ルールにおけるシステムや、ルールごとのステージの状態、その時マッチングした味方の武器とルールとの相性など、限られた時間で理解しなければいけないことがたくさんあります。 しかしこれらを瞬時に判断し、それに応じた立ち回りで対応できるようになれば、ガチマッチで勝つことはもちろんのこと、連勝することだって難しくありません。 なので、もっとガチマッチで勝ちたい!と言うかたは、必ず前項の3つの要素を覚えてからガチマッチに挑むことをおすすめします。 少なくとも、自分が敗因にならないように注意をするだけでも変化はあるはずなので、そのつもりでガチマッチに挑んでいきましょう。

次の