ひぐらし あらすじ。 影紡し編

ひぐらしのなく頃に 「祟殺し編」あらすじ【※ネタバレあり】その3

ひぐらし あらすじ

概要 漫画「ひぐらしのなく頃に 罪滅し編」は「竜騎士07(原作)」、「鈴羅木かりん(作画)」による大人気ホラーサスペンス漫画である。 2006年から2008年にかけてスクエアエニックス刊の「ガンガンパワード」で連載された。 同 人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」の第6作目となる表題で連載された。 登場人物紹介 前原圭一 本作品の主人公で、「ひぐらしのなく頃に」シリーズを通じての主要人物である。 茶髪で紫色の目を持っていて、髪型はロングショートのボブタイプであり、人気の高いキャラクターである。 東京から雛見沢に引っ越してきて周りの登場人物と打ち解けていった。 園崎魅音 園崎詩音の双子の姉であり、 雛見沢を支配している園崎家の次期頭首である。 背中には鬼の入れ墨が彫られており、これは代々頭首としての決まりとなっている。 双子の妹の園崎詩音とは髪型が違うだけで見た目は全く同じである。 園崎詩音 園崎魅音の双子の妹で、髪型は姉の魅音とはやや異なる。 緑色の髪の毛で顔は魅音とそっくりなので、服装や髪型を一緒にしてしまえば完全に見分けがつかなくなるほどである。 「エンジェルモート」というファミレスでウェイトレスのアルバイトをしている。 あらすじ 本作品は大人気シリーズである「ひぐらしのなく頃に」の第6シリーズである。 「ひぐらしのなく頃に」シリーズでこれまで描かれていた謎や事件が次第に明らかとなっていくものとなっている。 舞台は雛見沢と呼ばれる人口2000人未満の非常に小さな村落である。 前作の「目明し編」では園崎家にスポットを当てた内容となっていたために本編のストーリーとはややかけ離れていた部分もあったが、 本作はシーリーズを通じての物語に忠実に乗っ取ったものである。 メインとして描かれているのは前原圭一と竜宮レナである。 ここで初めてレナの過去がだんだんと明らかとなっていき、圭一も自分の過去を知られることとなり、仲間同士の人間関係が壊れかける。 そんな中で圭一は第一シリーズの「鬼隠し編」で自分が犯したとんでもない「罪」に気づいてしまう。 「鬼隠し編」で自分を救おうとしてくれたレナを殺めてしまったことを後悔し、今度は自分がレナを救うと決意する。 「鬼隠し編」では竜宮レナがサイコパスな殺人鬼であるかのような描かれ方をしていたが、実は圭一のことを救おうとしていたんだという驚愕の真実が明らかとなり、物語はどんどん加速していく。 謎の多かった本シリーズのピースがどんどん埋められていき、真実へと向かっていく。 見どころ 本作品の見どころはやはりこれまでの伏線回収だと感じる。 シリーズ当初はただのサイコパス漫画だと感じていた読者もいるとは思うが、しっかりと謎を解明していって登場人物の本当の心情が分かっていくことで、実は「ひぐらしのなく頃に」という作品はめちゃくちゃ奥の深い物語なんだなあと感心するだろう。 しかし、本作ですべての謎が解決してハッピーエンドになるわけではなく、まだまだ真実には遠いという終わり方となっているので読者の興味を引きつけるだろう。 感想 本作品の感想としては、 かなり高度な物語を作っているんだなあと原作の竜騎士07さんの凄さに圧倒された。 単なるサスペンス漫画ではないんだなと感心させられた。 前作の「目明し編」では本編からやや逸脱した物語が描かれていたため、本作で本編の主要ストーリーが描かれて、シリーズのファンは食いつくように本作に没頭したことだろう。 各キャラクターが抱いていた本当の気持ちが次第と理解できるようになって今後の展開が非常に楽しみになる内容となっていった。

次の

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 其の壱「ハジマリ」あらすじ①【※ネタバレあり】

ひぐらし あらすじ

概要 漫画「ひぐらしのなく頃に 目明し編」は「竜騎士07(原作)」、「方条ゆとり(作画)」による大人気ホラーサスペンス漫画である。 2006年から2008年にかけてスクエアエニックス刊の「月刊ガンガンWING」で連載された。 同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」の第五作目となる表題である。 登場人物紹介 前原圭一 「ひぐらしのなく頃に」シリーズの主人公であり、本作においても重要なキャラである。 東京から雛見沢に引っ越してきたが、村の人たちとはすぐに打ち解けた。 協調性があり、成績も優秀で見た目もイケメンである。 園崎魅音 園崎詩音の双子 の姉であり、 雛見沢を支配している園崎家の次期頭首である。 背中には鬼の入れ墨が彫られており、これは代々頭首としての決まりとなっている。 双子の妹の園崎詩音とは髪型が違うだけで見た目は全く同じである。 園崎詩音 園崎魅音の双子の妹で、髪型は姉の魅音とはやや異なる。 緑色の髪の毛で顔は魅音とそっくりなので、服装や髪型を一緒にしてしまえば完全に見分けがつかなくなるほどである。 「エンジェルモート」 というファミレスでウェイトレスのアルバイトをしている。 あらすじ 本作品は大人気シリーズである「ひぐらしのなく頃に」の第五シリーズである。 舞台は雛見沢と呼ばれる人口2000人未満の非常に小さな村落である。 こ れまでのシリーズとは違い、園崎詩音の視点で描かれた物語となっている。 第二シリーズの「ひぐらしのなく頃に 綿流し編」で起こった出来事の全貌が次第と明らかとなっていく展開となっているが、「綿流し編」とは異なる世界で繰り広げられる内容となっている。 本作では「ひぐらしのなく頃に」の物語全体の謎を解明するストーリーではなく、間接的に物語全体に関するヒントを与えていたり、時代背景を描いていたりする内容となっている。 今回はこれまでのように理不尽な殺人や拷問が行われたり、登場人物の心情が見えないまま殺されたりといったものではなく、「綿流し編」で行われた事件の経緯やいきさつ、魅音や詩音の過去や本当の心情を描いており、「殺しの意味」や「雛見沢の真実や人間関係」を示唆している。 魅音と詩音がお互いに感じていた「ケジメ」というものをピックアップしたかなり奥の深いストーリーであり、だんだんと全貌が明らかとなっていく展開となっている。 そういった悲しい復讐劇の一連の流れを示し、男女の感情も踏まえた複雑な思いが交差する物語である。 見どころ 本作品の見どころは何より絵のタッチである。 「綿流し編」と「目明し編」はどちらも方条ゆとりさんが作画を担当しているが、 「 ひぐらしのなく頃に」シリーズの中で一番絵がきれいで登場人物の個性や良さを最大限に描いていると感じる。 何より方条ゆとりさんの描く 女性キャラはとにかくかわいい。 「綿流し編」と「目明し編」の最も重要な登場人物である園崎魅音と園崎詩音は特にかわいく描かれている。 上手にキャラの良さを表現している絵で物語に入っていくことで面白さは倍増すること間違いなしである。 感想 本作品の感想としては「奥が深い!」という感情がまず最初に思い浮かぶだろう。 「綿流し編」では良くわからなかった出来事などが明らかとなっていき、全貌が明らかとなっていく様は読んでいて物語に引き込まれてしまう。 園崎魅音と園崎詩音は「ひぐらしのなく頃に」シリーズの中で特に人気のキャラということもあり、この二人にスポットを当てた本作はファンならとても面白いと感じるだろう。 方条ゆとりさんが描いているだけあって絵もきれいで内容も申し分ないクオリティなので大満足の作品である。

次の

ひぐらしのなく頃に 「祟殺し編」あらすじ【※ネタバレあり】その3

ひぐらし あらすじ

「次の週では生き返る」というのは、編が変わった時じゃないでしょうか。 ひぐらしの各編の物語は厳密には同一世界ではなく、それぞれが独立した並行世界です。 パラレルワールドといったところでしょうか。 以下ネタバレです。 すいません(解のネタバレも含みます) 例えば、最初の鬼隠し編では圭一、レナ、魅音が死にます。 (描写はないですが、その後雛見沢大災害により全員死亡) で、「この」世界は終わり。 そして羽生の能力(時間を繰り返す能力、厳密には単に過去に遡るのではなく、並行世界に行く)で 新たにスタートした世界(仮に綿流し編としましょう)に行き、惨劇を回避する為にまた努力する、と。 各編でこれが繰り返されてます。 (梨花と羽生はこの様な事を延べ100年繰り返してる) ですから、厳密には各編の登場人物は梨花(と羽生)以外は別人です。 当然、各編間での記憶の継承はありえない。 その為、罪滅し編で圭一が別世界であるはずの「鬼隠し編」で行った凶行を認識した(思い出した)ことに対し、梨花は「奇跡」と言ったのです。 「出題編」という1つの物語があって、それを別々の角度で見たのが「鬼隠し」「綿流し」「祟殺し」といったら分かり易いでしょうか。 wikipediaに記載されてる「作品構成」「特徴」を例を挙げて説明してみたんですが、分かり難かったらすみません。 他の方の回答に貼られてるリンクで確認して下さい。 (他力本願ですが。。。

次の