晩 ご飯 メニュー。 筋トレは食事から始まる。筋トレ効果を上げる食事メニュー

筋トレは食事から始まる。筋トレ効果を上げる食事メニュー

晩 ご飯 メニュー

【材料】《レシピ:2人分》 〈ハンバーグ〉• 玉ねぎ…1個• 合挽き肉…350g• 卵…1個• パン粉…1カップ 〈ハンバーグの調味料〉• 塩…小さじ1• こしょう…少々• ナツメグ…少々 〈ソース〉• 固形スープ…1個• 水…150ml• トマトケチャップ…大さじ4• ウスターソース…大さじ2• 有塩バター…10g 【作り方】• 中火で熱したフライパンにサラダ油大さじ2(分量外)をひく。 みじん切りにしたタマネギを加え、透き通るまで炒める。 ボウルにひき肉とハンバーグの調味料を入れて混ぜ合わせる。 玉ねぎ、卵、パン粉を加えて粘り気が出るまで混ぜる。 肉だねを4等分に分け、サラダ油を馴染ませた手で小判形に整形する。 整形した肉だねの空気抜きを行う。 中火で熱したフライパンに肉だねを並べる。 真ん中が膨らんできたら中央を少しへこませる。 時々フライパンを揺すり、焼き色がついたらヘラなどで裏返す。 蓋をして弱火で約5分ほど蒸し焼きにする。 竹串をさして透明な肉汁が出たら器に盛り付ける。 ソースの材料を中火に熱した鍋に加え、とろみが付くまで混ぜ合わせる。 ハンバーグにソースをかけて、お好みのつけ合わせを添えたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• 牛すね肉…400g• 玉ねぎ…1個• 人参…100g• じゃがいも…2個• 塩…少々• こしょう…少々• サラダ油…大さじ1• 赤ワイン…50cc• 水…600cc• 赤ワイン…100cc(煮込み用)• ローレル…1枚• 生クリーム…適量• 茹でたブロッコリー…適量 【作り方】• 牛すね肉に塩こしょうをふる。 圧力鍋にサラダ油を入れ、肉に焼き色をつける。 赤ワイン50ccを入れて水を加える。 圧力鍋を加熱して20分ほど加圧し、自然に冷やす。 玉ねぎをくし形に、人参とじゃがいもは一口大に切る。 熱したフライパンにサラダ油をひき、野菜を炒める。 鍋に野菜を加え、赤ワイン100㏄とローレルを入れて煮る。 野菜がやわらかくなったら火を止め、ルウを割り入れて溶かす。 火にかけて弱火で暫く煮込む。 器に盛り付けてブロッコリーを添え、生クリームをかけたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2〜3人分》• マカロニ…50g• 鶏もも肉…75g• 椎茸…1~2枚• 牛乳…400ml• サラダ油…小さじ1• バター…5g• 小麦粉…大さじ2• こしょう…少々• ピザ用チーズ…適量 【作り方】• 椎茸の軸を切り落として2~3mm幅に、玉ねぎも同じく2~3mm幅に切る。 マカロニを表示時間通りに茹でて、ザルにあげておく。 弱めの中火で熱したフライパンに油をひき、鶏肉を入れてほぐしながら炒める。 玉ねぎに塩こしょう(分量外)で下味をつける。 フライパンに玉ねぎを加えて、透明になるまで炒める。 椎茸を加えて、くたっとするまで炒めたら火を止める。 小麦粉をフライパン全体にふりかけ、そこにバターを加える。 弱火にかけ、箸で混ぜながら具材と小麦粉を馴染ませる。 火を少し強めて、箸で全体をやさしく混ぜ合わせる。 とろみがついてきたら再度牛乳を注ぎ入れる(この後もう一度)• とろみがついたら火を止めて、塩こしょうで味を調える。 マカロニを加えたらホワイトソースの完成。 耐熱容器に移して、ピザ用チーズ適量を広げる。 トースターで強め10分ほど焼き上げて、焼き色が付いたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• サーモン切り身…2切れ• 塩こしょう…少々• 小麦粉…適量• バター…20g• ミニトマト…10個• 塩こしょう…少々• 酢…小さじ2• 粒マスタード…小さじ2• レモン汁…大さじ1• オリーブオイル…大さじ3 【作り方】• サーモンに塩こしょうを振って小麦粉をまぶす。 ミニトマト、パプリカ、きゅうりを細かめの角切りにする。 1に塩こしょう、酢、粒マスタード、レモン汁、オリーブオイルを合わせて混ぜる。 フライパンでバターを溶かし、サーモンの皮目を下にして弱火で焼く。 8割程度まで火が通ったらひっくり返し、火が通ったら皿に移す。 サーモンに3をかけて出来上がり。 【材料】《レシピ:5人分》• ロメインレタス…5~6枚• プチトマト…10個• ベビーリーフ…適量• ベーコン…80g• パルメザンチーズ…大さじ1• クルトン…適量• 〈A〉• マヨネーズ…大さじ5• 白ワインビネガー…大さじ1• パルメザンチーズ…大さじ2• 砂糖…小さじ1• オリーブオイル…大さじ1• レモン汁…大さじ2• プレーンヨーグルト…大さじ1• ホワイトペッパー…少々 【作り方】• グリーンリーフを手でちぎる。 ベビーリーフと共に冷水に取シャキッとさせる。 トマトをそれぞれ4等分にする。 ブロックベーコンを5mm角に切って、カリカリに炒める。 Aの材料を混ぜ合わせてドレッシングを作る。 皿にグリーンリーフとベビーリーフを盛り付ける。 ドレッシングをかけたら、プチトマトと焼いたベーコンを乗せる。 パルメザンチーズを振り、クルトンを乗せたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• きゅうり…2本• 大根…10cm• みょうが…3本 〈ピクルス液〉• 白ワイン…100ml• 水…100ml• 酢(穀物酢)またはワインビネガー…150ml• 砂糖…30g• 塩…3g• ローリエ…適量• 粒黒こしょう…適量• 赤とうがらし…適量• コリアンダークローブ…適量• パセリの茎…適量• 香菜の根 …適量 【作り方】• パプリカの種を取って1. 5cm角に切る。 きゅうりを乱切りにする。 大根と人参の皮を剥き、縦十文字に切ってから乱切りにする。 みょうがの芯を少し落し、4等分に切り分ける。 塩を全体にまぶし、1時間程放置する。 鍋に水と白ワイン、酢、砂糖、塩を入れ、中火にかけて沸騰させる。 火を止めてから香辛料を入れ、粗熱を取る。 5の水気を切り、保存袋に入れる。 粗熱がとれたピクルス液を入れて、冷蔵庫で1晩漬け込む。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• じゃがいも(メークイン)…3個• ベーコン…30g• バター…10g• オリーブオイル…大さじ3• 塩こしょう…少々• ドライパセリ…少々• マスタード…適量 【作り方】• じゃがいもを洗い、皮付きのまま水から茹でる。 沸騰したら弱火にして15分茹でる。 15分経過したら火を止め、蓋をしたまま更に15分放置する。 熱いうちに皮を剥き、2時間ほど放置する。 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、ジャガイモを揚げ焼きにする。 こんがり焼けたら油を切る。 じゃがいもを食べやすい大きさに切る。 ベーコンを5mm程度の拍子切りにして、フライパンでカリカリに炒める。 フライパンの油をキッチンペーパーで拭い、バターを溶かす。 ポテトを入れてバターを絡め、ベーコンも入れて炒める。 塩こしょうで味付けして器に盛り付ける。 ドライパセリを散らして出来上がり。 【材料】《レシピ:4人分》• 玉ねぎ…1玉• じゃが芋…1個• キャベツ…50g• トマト缶…1缶 水煮カット• にんにく…2かけ• オリーブ油…大さじ1• 塩コショウ…適量• コンソメキューブ…1個• 水…500ml• 乾燥パセリ…お好みで• 粉チーズ…お好みで 【作り方】• にんにくをみじん切りにする。 野菜をそれぞれ小さめにカットする。 鍋にオリーブオイルをひき、弱火でにんにくを炒める。 香りが立ったら玉ねぎを加えて、しんなりするまで炒める。 残りの野菜とトマト缶、水とコンソメ、そして塩コショウを加える。 沸騰してから15分間中火で煮込む• 器に盛り付け、パセリと粉チーズを散らして出来上がり。 【材料】《レシピ:4人分》• サラダ油…小さじ2• 玉ねぎ…1個(ざく切り)• 塩…少々• じゃがいも…中6個 皮を剥いてざく切り)• コンソメキューブ…1個• 水…材料が浸かる程度• 牛乳or豆乳…100g~• 生クリーム…100g~• 塩…適量• コショウ…適量 【作り方】• フライパンにサラダ油をひいて玉ねぎを炒める。 塩を振って水分を出しながら、透き通るまで炒める。 じゃがいもを加えてサッと炒める。 全体が浸かるくらいの水とコンソメキューブを入れて煮込む。 沸騰したら弱火に落とし、15分ほど加熱する。 冷めるまでそのまま放置する。 ミキサーに入れて滑らかになるまで撹拌する。 牛乳or豆乳を加えて撹拌する。 ボウルに移して生クリームを混ぜる。 塩こしょうで味を調え、冷蔵庫で冷やせば出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• パン粉…大さじ3• 牛乳…大さじ4• 豚ひき肉…300g• 塩…少々• オールスパイス…適量• パスタ…200g• 粉チーズ…適宜• 生パセリ…適宜• オリーブオイル…60ml• ニンニク…1片• ホールトマト缶…400g• 白ワイン…150ml• 砂糖…大さじ1• 塩…小さじ1(トマトソース用)• こしょう…少々• ローリエ…2枚• バター…20g 【作り方】• 玉ねぎをみじん切りに、ニンニクは薄切りにする。 ボウルにパン粉と牛乳を入れて混ぜる。 別のボウルに豚ひき肉、塩、オールスパイス、玉ねぎを入れて混ぜる。 2を加えて更にしっかりと混ぜる。 鍋にオリーブオイルとニンニク入れて、香りが出るまで加熱する。 トマト缶、白ワイン、砂糖、塩コショウ、ローリエを加えてよく混ぜる。 ミートボールを加えて、トマトソースと絡ませる(その後一旦取り出す)• バターを加えて1時間程度煮込み、ローリエを取り出す。 パスタを表記通りに茹でて、トマトソースの鍋に入れて絡ませる。 器に全てを盛り付けて、粉チーズと生パセリを散らせば出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• パスタ(スパゲッティーニ)…2人分• ソーセージ…4本(斜めに薄切り)• ピーマン…2個(斜めに薄切り)• マッシュルーム水煮缶…100g• ケチャップ…140cc• にんにく…2片(みじん切り)• 酒…大さじ1• しょうゆ…大さじ1• みりん…大さじ1• 塩…適量• 粉チーズ…適量 【作り方】• 熱したフライパンにかけオリーブオイルをひく。 パスタを表示時間通り茹でる(茹で汁は取っておく)• 具材をフライパンの端に寄せ、具材と混ざらないようにケチャップを入れる。 具材側に酒、みりん、しょうゆ、茹で汁70ccを加える。 ケチャップに火が通ったら端に寄せていた具材と混ぜ合わせる。 パスタを入れて混ぜ合わせ、粉チーズで味を調える。 皿に盛り付け、粉チーズをかけたら出来上がり。 【材料】《レシピ:1人分》)• 牛薄切り肉…200g• マッシュルーム…1パック(半分に切る)• デミグラスソース…1缶• トマト…1個(粗みじん切り)• バター…2片• 塩…適量• コショウ…適量• 赤ワイン…100cc• 醤油…大さじ1• 乾燥パセリ…お好みで 【作り方】• 熱したフライパンにバターをひく。 玉ねぎ、マッシュルーム、牛薄切り肉を加える。 塩コショウを振って炒めていく。 トマトと赤ワインを加えて一煮立ちさせる。 デミグラスソースを加えて10分ほど中火で煮込む。 醤油を入れて味を調える。 皿にご飯を盛って乾燥パセリをかける。 ルーを器によそって出来上がり。 【材料】《レシピ:1人分》• 卵…3個• 生クリーム…80ml• バター…20g• トースト…適量• ウインナー…適量• ブロッコリー…適量• レタス…適量 【作り方】• ボウルに卵を割り入れる。 塩を加え、泡立て器などで溶き混ぜる。 生クリームを加え、軽く合わせてから濾す。 中火で熱したフライパンにバターを溶かし入れる。 小さな泡が出てきたら卵液を加えて弱火に落とす。 30秒ほど触らずに待つ。 耐熱性のヘラで底面をこそぎ、中央に集める。 3回程繰り返し、液体部分がほぼ無くなった時点で皿に盛り付ける。 付け合わせを添えて出来上がり。

次の

ダイエット成功した食事メニューと痩せる献立の作り方。1ヶ月半で7キロ減!

晩 ご飯 メニュー

週に1~2日は23時帰りです。 その日はあさ5時に夕飯まで作っちゃってから出勤です。 カレー ストロノガノフ シチュー マーボ豆腐 煮込みハンバーグ クラムチャウダー おでん ・・・あたりの煮込み系の料理を作ります。 ご飯もタイマー予約しておき 食器もちゃんとお盆にセットしておくと あとは夫や長女がとろ火で温めなおすだけです。 たまに泊まりの仕事のこともあって、 そんなときは翌朝の朝食も用意していきます。 ホームベーカリーでくるみパンなどをセットしていき 朝ごはんの時間には焼きたてパンが食べられるようにします。 野菜スープ、ミネストローネなども鍋に作っていきます。 楽しい子育てをしてくださいね。 Q いつもお世話になります。 新中学生の娘が先日より塾に通い始めました。 塾は週3回、夜の7時から始まります。 私が職場から急いで帰宅するのは5時40分位です。 その1時間後には塾に行くため娘は自宅を出ないと いけません。 この1時間で夕食を作って食べ終えるのは少し無理が あります。 そこで塾のある日の前日に作っておいて当日私が帰宅 したら温めるだけの料理を作ってみました。 それは 1.カレーライス 2.シチュー 3.おでん 4.ロールキャベツ です。 でもこれ以外のメニューが全く思いつきません。 どなたか前日に作っておいて翌日温めるだけでOKの メニューをご教示ください。 どうぞうよろしくお願いします。 A ベストアンサー ・グラタン とろけるチーズを上に乗せて、焼くだけ。 食べる時は、オーブントースターで15分ぐらい焼く。 焼いておいて5分ぐらい温める程度に焼いてもいい。 ・親子丼、カツ丼の具だけ煮て置く。 食べる時に卵を溶いて鍋に入れ、卵に火を通す。 ・ポトフ ウインナーソーセージ、大振りの野菜(にんじん、じゃがいも、きゃべつなど)をコトコト煮ておく。 コンソメで味を調えておく。 ・コロッケ、ハンバーグ、ぎょうざ 時間のある時に娘さんと一緒に作り置きして冷凍しておくのはどうでしょう。 食べる時に火を通すだけです。 ・サラダ 一皿分ずつ作り、ラップして冷蔵庫に入れておく。 このくらいだったら、娘さんにも出来るかな。 A ベストアンサー 出てないもので… ・鶏のから揚げ。 お弁当のおかずの定番だから冷めてもおいしいです。 つけておいた鶏肉に片栗粉を混ぜるのではなく、片栗粉をまぶす感じでつけると時間がたってもカリカリしてますよね。 ・パスタサラダ。 卵・ジャガイモ・パスタを入れると量も増えるしおかずにもおつまみにもなります。 マヨネーズもベタベタしないし。 ・冷しゃぶ。 湯通しした肉と野菜を別々に冷蔵庫で保存して出かける寸前にがばーっと盛ってタレを添えて置いておきます。 ・こんにゃくのピリ辛炒め。 ちぎったこんにゃくをサラダ油で炒りつけて酒・みりん・しょうゆ、仕上げに七味を振ります。 冷めると味が濃くなるので薄めに仕上げておきます。 うちの主人は、飲んだあとご飯を食べますが、つまみで食べたおかずは残ってもそのまましまいこんでしまうので(つまみとおかずは別らしい)、ご飯は炊き込み御飯や混ぜご飯、おにぎり、焼きおにぎりなどと汁物を作っておくか、機嫌のいいときはカップラーメンとふりかけご飯でいいと言ってくれたりします(笑) A ベストアンサー 一人で、その日の夜の食べる物を、必ず朝完全に調理して冷まして冷蔵するのでは、それは制限もあるでしょうが。 また、肉類は味付けして冷蔵、冷凍しておき「先に帰った大人」が、焼く。 ハーブ、焼肉のタレ味、砂糖醤油、バター醤油、市販のスパイスミックス、ハニーマスタード、塩コショウだけでもいいですよね。 味付けと肉の種類によって、変化がつきます。 他の皆さんも仰っているように、休日に調理冷凍や下ごしらえをしておくのも大事です。 例えば、ゆでて食べる肉類なら、全部ひとつの鍋で下茹でしておく。 例えば、牛スジ、鳥ムネ肉、豚バラ 角 、豚バラ 薄切り 、卵を全てゆでて、種類ごとにわけて保管 ゆで卵は、殻をむいてジップロック袋で調味液に漬けておけば、煮卵になります。 4-5日保管可 豚バラ角は、タッパにいれ調味液に漬けて、夕食時にでも1日1回加熱するようにしておけば、3-4日後には味がしみて角煮に。 冷める時に味がしみ、やわらかくなるので、急冷はしないこと 薄切りバラは、生野菜の上に乗せて冷しゃぶサラダ。 野菜炒めなんかの具にも。 ゆでた野菜をクルクルまいて爪楊枝で止めて冷蔵しておいて、あとは焼くだけとか。 ムネ肉は、刻んだきゅうりとバンバンジーや、サラダ、スープ、チキンライスの具にするにも、 肉に火がとおっていると調理時間が短く済み楽です。 これらを茹でた冷凍うどんの上にのっけて、サラダうどんなんてのもできます。 冷凍うどんを茹でる位、2-3分の事ですから夜でも手軽です。 冷凍うどんは、へたな乾麺よりおいしいです。 スジは、そのまま醤油をつけて食べてもおいしいですし、みりん、醤油、ショウガの千切りとしぐれ煮 これは常備菜にもなります にしたり、 カレーにいれたり、煮物の具にしたり。 茹で汁は、ペットボトル等につめて冷蔵しておけば、スープの元になります。 ほうれん草等の葉物は、硬めにゆでて冷蔵、冷凍しておく。 おひたし、バター炒めのほか、酢味噌や、ごまよごし用のタレは作りおきができますし、白和えの衣も市販されていたりします。 休日に、「家族みんなで買い物に行き、料理の下ごしらえをする時間」をとってはいかがですか? 一人で毎朝、朝食夕食の調理をこなすのは、それは大変でメニューも代わり映えしなくなるでしょうが。 冷凍、市販調味料の活用、休日の下ごしらえ、旦那と子どもの協力。 これが揃えば、鬼に金棒です。 この質問の回答を見て、「メニューが少ないから、この回答をみて努力して」なんて言わないで、 ぜひ、ご自分が率先して実践、調理してください。 ajinomoto. A ベストアンサー うちでは、煮物を作っておくことが多いです。 豚の角煮などであれば、ボリュームもあるし大根などを一緒にいれておくと味が染み込んでおいしいです。 肉じゃがなども、味がしっかり染み込んでいて嬉しいようですねぇ。 あと、たれに漬け込んだ焼肉用のお肉を用意しておき、自分で焼いて食べてねってお願いしたこともありました。 この時は、冷蔵庫にサラダを用意しておきました。 お弁当のおかずなどであれば、調理から食べるまで間があることを前提に考えられていますから、けっこう便利ですよ。 A ベストアンサー 物の腐敗は、雑菌が付着しそれが繁殖することで起こります。 カレーを作って放置したと言うことは、勿論作るときに十分加熱されていますよね。 完全に加熱殺菌された物に手を加えずに放置した場合、鍋の外からしか雑菌は入り込めません。 空気の移動でフタの隙間から雑菌が進入したとしても、あくまでも表面だけです。 極端な話し、加熱殺菌された状態で完全なフタがされれば、缶詰と同じ状態で簡単に腐敗することはありません。 一番腐敗しやすいのは、洗った程度のしゃもじなどでカレーをすくったりかき回した場合です。 残り物を保存する場合も、十分に加熱した後にそのままさわらずに保存すれば、簡単に腐敗することはありません。 今回の場合、気が付いたときにフタを取りスプーンなどでかき回したとすれば、その時に雑菌が入った可能性があります。 その後冷蔵庫にしまわれたようですが、冷蔵庫の過信の方が危険です。 この後加熱して食されると思いますが、残った物ももう一度十分に加熱してそのままフタを取らずに保存されれば、常温で1日程度は大丈夫です。 A ベストアンサー 肉じゃがって事は、 イモ、玉葱、人参はあるんでしょうから ポテトサラダどーです? 茹でて刻んでマヨと胡椒で和えるだけw それとも イモを生のまま+人参+肉を細切りにして炒め物とか・・・ ほんのり隠し味程度に、カレー粉入れて炒めれば変化付けられるかと。 で、肉じゃがの肉は豚ですかね? 豚しゃぶにして玉葱スライス+でポン酢掛けちゃいます? 手間掛けられるなら イモと豚でコロッケも作れそうですね。 ましてや椀種が貝ですから、鰹出汁が使えません。 味噌汁なら味噌ブレンドとか 追い鰹ならぬ「追いダシの素」でメリハリ付けやすいですし 多少ヘンな材料で汁作っても、味噌の味のが先に立ちますので。 で、どうするかってえと 煮えばなに味噌入れて火を止めたあと、ダシの素をちょろっと追加するんです。 肉じゃがって事は、 イモ、玉葱、人参はあるんでしょうから ポテトサラダどーです? 茹でて刻んでマヨと胡椒で和えるだけw それとも イモを生のまま+人参+肉を細切りにして炒め物とか・・・ ほんのり隠し味程度に、カレー粉入れて炒めれば変化付けられるかと。 で、肉じゃがの肉は豚ですかね? 豚しゃぶにして玉葱スライス+でポン酢掛けちゃいます? 手間掛けられるなら イモと豚でコロッケも作れそうですね。 まぁ、完成した肉じゃがを潰してコロッケ作るのも旨いですがw 以上、材料使い...

次の

毎日の献立が決まらない!悩むあなたに簡単なローテーションのコツを教えます

晩 ご飯 メニュー

ローテーションを決めたほうが良い? ローテーションを決めていると、「今日何をつくろう」と漠然と悩まなくなります。 だから大まかにローテーションを決めていたほうが楽ちんですね。 とりあえず我が家の場合は晩御飯を考える際、簡単に月曜から金曜を 「魚」「肉」「卵もしくは豆腐」「肉」「魚」というローテーションを組んでいます。 だから「今日は魚で塩サバがあったから焼こう」とか、メインがすぐに決まって楽になりますよ。 また、金曜日の夕方に生協の個人宅配が届くので、それに合わせて冷蔵庫の中の物を使います。 だから金曜日は冷蔵庫整理の日になりますね。 車が使える土曜と日曜に一週間分の肉や魚をまとめ買いしますが、お買い得なものしか買わないので、ローテーションの「肉」を細かく「鶏肉」「豚肉」「牛肉」で分けたりもしません。 簡単に「肉」「魚」です。 これくらいの方が、続けやすいです。 あと、火曜日と金曜日が生ごみの日なので、魚の骨やさばいて捨てるところが出た魚の部位をすぐに捨てられるよう、大体月曜と木曜に魚がくるようにしています。 要は、各家庭の生活スタイルに合わせてパターンを決めると良いですよ! 我が家でも、主人や子どもたちに「今日は体操ある木曜だから、夜は焼きそばの日だよー」とあらかじめ言っています。 朝昼晩の献立の決め方 朝食 朝は家庭によってご飯やパンに分かれると思いますが、ご飯に対してお味噌汁、パンに対してスープや牛乳まで固定してしまえば、あとは卵焼き・目玉焼き・焼き魚・ウインナー・煮物・納豆・スクランブルエッグ・サラダなど副菜を合せるようにします。 昼食 そして昼食は平日の日中自宅にいるのは私と末の娘だけなので、毎日冷蔵庫や冷凍庫に眠っている保存食や残り物を片付けたりしています。 土日の昼食は、手軽にサッと食べられるチャーハンや丼ものが多いです。 晩御飯 晩御飯の決め方ですが、もちろん朝と昼に家族の食べたメニューと被らないもの、二日連続にならないものになるようにしています。 あらかじめ一汁三菜と決めておくと、栄養バランスもいいです。 メインがコッテリ系のおかずの場合、他のおかずはあっさり系の酢の物や和え物・サラダなどにしています。 メインがあっさり系だと、きんぴらやカボチャの煮物などちょっと攻めたおかずにしますね。 そしてお汁に関しては娘も主人もお味噌汁が好きなので、朝ごはんよりも夕食に登場するほうが多いです。 おかずがちょっとなんかボリュームが少ないなという時には、具沢山にして食べ応えのあるお汁にしたりしますね。 朝昼晩のメニューを考える場合には、家族の学校や会社のお昼メニューと被らないこと、前日のメニューと被らないことがポイントになります。 1週間の献立の決め方 私は二人目の妊娠途中までグループホームで働いていましたが、「食事委員」を担当していたことが何度かあります。 仕事の一つとしては1週間の献立を決めていました。 その際に、まず決めていたのが夕食のメインです。 大体1週間で「肉」「魚」「豆腐・卵」「肉」「魚」「肉」「魚」というローテーションを組んでいました。 そこに、「煮る・揚げる・焼く・蒸す」の調理法を当てはめて、揚げ物が被らないようにとか工夫をして、2品のおかずを足します。 そして、火曜日と土曜日に買い物へまとめ買いをしに行くので、火曜日と土曜日の昼食は冷蔵庫の掃除に充てて、あえてメニューは決めていませんでした。 その代わり、他の日の昼食は丼ものや麺類にプラスして、お汁や副菜をつけるメニューにしていました。 朝食に関してはご飯・パンを選択できる状態にして、味噌汁・おかずをプラスする感じでしたよ! 1週間分献立を立てるとなると、「肉」「魚」だけでなく、調理方法も考えながらローテーションを立てるのがおすすめですね! 家族の昼食メニューはしっかり把握 我が家は先月2回ほど子どもたちの給食の主食メニューと、晩御飯のメニューが丸かぶりして大ブーイングを浴びました。 毎日献立を見る癖をつけて置けばいいんですが、自分が食べるわけではない献立に興味が無い私なので、ちょっと残念な結果に終わっています。 パターン化したり、ローテーションを決めたりするのはいいのですが、しっかり朝給食のチェックをすることだけはおすすめします.

次の