ビットコイン 取引。 楽天証券でビットコイン取引はできる?

ビットコインの現物取引とFXの違い

ビットコイン 取引

「がよくわからない」という人は実は少なくない。 本記事では、金融庁からリリースされている「」を踏まえた上で、手数料/スプレッドのみならず、取扱仮想通貨や取引サービス、さらにはセキュリティー対策まで含め、様々な切り口で調査を実施している。 必要に応じて、ご自身の状況にあった仮想通貨取引所選びに活用して頂きたい。 また、万が一、仮想通貨(暗号資産)に関する何らかの詐欺・トラブル等に巻き込まれた場合に備え、金融庁から公表されているこちらのドキュメント「」や独立行政法人国民生活センターの公式HP内のこちらのページ「」に事前に目を通しておくことを推奨する。 際は、仮想通貨の仕組みや特徴について理解を深めた上で、下記の記載内容を判断材料の一つとして、自身にとって最適な取引所を決定することを推奨する(上記の5つの評価軸については、2019年1月に『』内で実施した仮想通貨投資家向けアンケート調査/2020年3月にCoinDesk Japanが独自に実施したオンライン調査の結果、導き出されたものである)。 参考:を利用すれば、価格下落局面においても、収益化の機会を得ることができるが、リスク管理の観点から、初心者の段階では、現物取引のみを行うことをおすすめする。 bitFlyer (ビットフライヤー) は、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。 CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。 スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。 創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。 取扱通貨の種類 9種類 手数料 取引所:0. 01〜0. 001BTC/販売所:0. 00000001BTC スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能 セキュリティ を他社に先駆けて導入 coincheck (コインチェック) を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。 2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:)に見舞われたが、東証一部上場のの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。 取引手数料は無料。 国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。 代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、の理事(非常勤)を務めている。 com証券を傘下に抱える合同会社DMM. comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。 DMM. com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。 現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取扱仮想通貨 9種類 手数料 販売所:スプレッド 最低取引数量 0. 001BTC スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 GMOコイン を運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、仮想通貨FXアプリ「」の使いやすさで初心者にも人気がある。 6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているを通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。 取扱仮想通貨 7種類 手数料 取引所:-0. 0001BTC スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 TAOTAO(タオタオ) を運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるのグループ会社。 2020年2月29日時点で、口座管理料、取引手数料、入出金手数料、入出庫手数料がすべて無料となっている。 また、スプレッドが狭いことでも知られており、トレーダーを中心に人気の仮想通貨取引所である。 現物の取り扱いは、ビットコイン、イーサリアムのみとなっている点については、注意されたい。 0001BTC スマホ対応 現物とレバレッジ取引が可能 セキュリティ WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 5ハッキング時の補償 5つ目のポイントは、「ハッキング時の補償」である。 仮想通貨取引所の中には、取引所がハッキングされた場合に、補償制度が設けられている取引所もある。 ただし、補償対象となるには、二段階認証が必須である等、いくつか注意すべきポイントがある。 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 8種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 3 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 00000001BTC スマホアプリでビットコインFXも取引可能 マルチシグを他社に先駆けて導入 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 2 7種類 取引所:-0. 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 6種類 現物取引 0. 0001BTC 専用のスマホアプリが用意されている。 マルチシグ(複数人署名)によるコールドウォレットと、物理的・仮想的に分散された鍵管理システムによるホットウォレット管理体制を構築 詳細については、こちらの記事「」「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 7種類 取引所:-0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 3 9種類 販売所:スプレッド 0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 2020年1月29日現在において、取扱通貨の種類は5種類。 トレーディング上級者向けのツール「MT4」を搭載していることに特徴がある。 登録年月日: 平成29年9月29日 法人番号: 6011001109930 本店所在地: 東京都港区六本木3-2-1 代表電話番号: 03-6303-0314 取扱仮想通貨: BTC/BCH/ETH/XRP/LTC 取引所URL: 取引量で見たおすすめの仮想通貨取引所ランキング 取引量の切り口で見た仮想通貨取引所ランキングは下記の通り。 国内取引所ランキング 国内の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 ちなみに、2020年4月10日時点においては、国内では、bitFlyer(ビットフライヤー)、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)、GMOコインがランキング上位を占めている。 海外取引所ランキング 海外の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 また、国内における直近の仮想通貨取引量については、のドキュメント「」必要に応じて、参照することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所ランキング は、164の取引所を調査対象として、海外の仮想通貨取引所ランキングを作成している。 調査項目としては、法律面、情報提供、セキュリティ、チーム、投資監視、ネガティブレポート、市場の質などが挙げられている。 セキュリティとともに新たに追加されたネガティブレポートは、フラッシュクラッシュや異常な清算イベントなどの有無が対象となる。 ランキング:1-10位 順位 取引所名(前回順位)グレード 1位 Gemini(9位)AA 2位 itBit(6位)AA 3位 Coinbase(1位)AA 4位 Kraken(6位)A 5位 Bitstamp(3位)A 6位 Liquid(5位)A 7位 OKEx(14位)A 8位 Poloniex(2位)A 9位 bitFlyer(4位)A 10位 Luno(24位)A ランキング:11-20位 順位 取引所名(前回順位)グレード 11位 Bitfinex(15位)A 12位 Binance(8位)A 13位 coinfield(13位)B 14位 OKCoin(11位)B 15位 bitFleryEU(15位)B 16位 Cexio(23位)B 17位 ind. Reserve(20位)B 18位 HuobiGlobal(17位)B 19位 BitTrex(22位)B 20位 gopax(20位)B ランキング:21-30位 順位 取引所名(前回順位)グレード 21位 Bitso(34位)B 22位 HitBTC(60位)B 23位 CoinJar(32位)B 24位 Coincheck(18位)B 25位 BTCTurk(88位)B 26位 Coinone(27位)B 27位 Korbit(15位)B 28位 BTCMarkets(30位)B 29位 bitFlyerUS(29位)B 30位 ACX(35位)B アルトコイン取引所ランキング アルトコイン取引所ランキングについては、下記の通り。 リップル(XRP)取引所 リップル(XRP)を購入する上で、おすすめの取引所については、「」を参照のこと。 【参考】金融庁登録済:仮想通貨交換業者一覧 仮想通貨交換業者として金融庁から認可された取引所一覧を以下に記載する。 DMM Bitcoinは、アルトコインのレバレッジ取引を行うことができる点に特徴がある。 2020年1月26日時点において、レバレッジ取引に対応している仮想通貨は9種類である。 また、取引所毎に手数料/スプレッドや取扱通貨の種類も異なるため、いくつかの仮想通貨取引所の口座開設を行った上で、自分の投資スタイルに合う取引所を選ぶことをおすすめする。 各仮想通貨取引所の具体的な入金方法については、下記の通りである。 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck)で入金する方法 コインチェック(Coincheck)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコインで入金する方法 GMOコインで入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 仮想通貨投資で利益を得た場合にかかる税金 仮想通貨で利益を得た場合、税金を支払うことが義務付けられている。 ここでは、仮想通貨の税務上の取り扱いについて記載する。 仮想通貨と所得税 所得税の取り扱いについては、国税庁からのやによって、以前から税務上の取り扱いが公表されていたが、平成31年度税制改正を踏まえ、「所得区分は原則として雑所得であること」「取得価額の計算方法については、移動平均法または総平均法とすること」が明らかにされている。 また、所得の計算方法については、平成29年12月に国税庁から公表された「」において、詳細に記載されている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と法人税 法人税の取り扱いについては、により、法人税法上の取り扱いが明確化されており、これに従い、課税所得を算出し、実際の税額を計算することとなる。 具体的には、「法人が期末に保有する仮想通貨の評価方法については、活発な市場が存在する仮想通貨については、時価評価により評価損益を計上すること」「法人が仮想通貨の譲渡を行った場合の譲渡損益については、その譲渡に係る契約をした日の事業年度に計上すること」「仮想通貨の一単位当たり譲渡原価の算出方法については、移動平均法又は総平均法とすること」「法人が事業年度末に有する未決済の仮想通貨の信用取引等については、事業年度末に決済したものとみなして計算した損益相当額を計上すること」が明らかにされている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と消費税 消費税の取り扱いについては、によって、資金決済法上の仮想通貨の譲渡が行われた場合、支払い手段の譲渡として、2017年7月1日以後、非課税取引に該当することが明らかにされた。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と相続税 相続税・贈与税の取り扱いについては、2018年11月に国税庁より公表された「」の中で取り扱いが明確化されている。 具体的には、仮想通貨を相続や贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税されることが定められている。 また、評価方法については、活発な市場が存在する場合には、相続人等の納税義務者が取引を行っている仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価することが定められている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 一方、販売所では、運営会社がビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を一般ユーザーに対して販売する。 取引所では、ユーザー間で売買できるため、仮想通貨をより安く購入できる場合が多い。 ただし、欲しい金額で売買できるとは限らない。 販売所では、運営会社が手数料を上乗せしているため、取引所よりも購入価格が割高になっている場合が多い。 しかし、販売所の場合、価格水準がわかりやすく、より確実に購入できるといったメリットがある。 初心者にとっては、仮想通貨販売所の方が手軽に取引を開始できる可能性がある。 取引所の破綻にはどのように備えるべきか? 仮想通貨交換業者は、システムのセキュリティを強化するために、2段階認証や仮想通貨(暗号資産)の送付アドレスに複数の暗号鍵を必要とするマルチ・シグネチャなどを採用している。 また、2017年4月に仮想通貨(暗号資産)の利用者保護を目的として、仮想通貨交換業者は金融庁への登録が義務付けられるようになっており、仮想通貨取引所のセキュリティ体制はより一層強化されつつある。 ただし、仮想通貨に限らず、現代社会においては、ハッキングの可能性をゼロとすることは基本的には不可能である。 仮想通貨を保管する場合は、取引所内のウォレットに保管するのではなく、コールドウォレットを用意し、オフラインで保管することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所は利用可能なのか? 仮想通貨(暗号資産)の取引によって利益を得た場合、納税の義務が発生する。 課税所得の区分は「雑所得」となり、課税方式は、「総合課税(累進課税)」となる。 仮想通貨(暗号資産)の取引で得た利益を含む「雑所得」が20万円以上である場合、確定申告が必要となる。 仮想通貨(暗号資産)による売買益の課税の仕組みや納税方法については、以下の記事を参照のこと。 ここでは、仮想通貨取引所選びを行う上で、特に有益と思われるアンケート結果を一部抜粋してお伝えする。 ・対象:30,979人の中から仮想通貨を認知している方を抽出 ・実施時期:2019年1月 ・調査手法:インターネット上におけるアンケート調査 ・有効回答数:2,166人 知っている仮想通貨 「仮想通貨の中で知っている銘柄は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「ビットコイン」と回答した割合が95. 仮想通貨を保有しようと思った理由 「仮想通貨を保有しようと思った理由は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「投機目的」と回答した割合が60. 知っている仮想通貨取引所 「知っている仮想通貨取引所の名前を具体的に教えてください」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「コインチェック」と回答した割合が50. 利用している仮想通貨取引所 「具体的にどの仮想通貨取引所に口座を開設していますか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「bitFlyer」と回答した割合が45. 仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準 「仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「サービスの使いやすさ」と回答した割合が47. 【参考】仮想通貨を購入した後は、自身で用意したウォレットで保管 した後は、ハッキングリスクを抑えるために、自身のウォレット内で仮想通貨を保管することを推奨する。 ウォレットの種類としては、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどが存在するが、利便性とセキュリティの高さの観点から、ハードウェアウォレットで保管することを心掛けたい。 主なウォレットの種類については、下記の通り。 ウェブウォレット ウェブウォレットとは、サービス提供者のサーバー内で仮想通貨を管理するタイプのウォレットのことを指す。 利便性の高さが特徴であり、インターネットがつながる環境下であれば、いつでもアクセスすることができる。 その一方で、セキュリティ面については、サービス提供者に依存することになる点には注意が必要である。 モバイルウォレット モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するタイプのウォレットのことを指す。 QRコードが利用できる点や持ち運びができる点が特徴であり、実際の店舗で利用する場合は、最も利便性が高いウォレットの一つであると言える。 一般的には、ウェブウォレットよりも安全性が高いと言われている。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットとは、自身のPC上にインストールし、ローカル環境で管理するタイプのウォレットのことを指す。 ウェブウォレットよりもセキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェア端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことを指す。 オフライン環境下で保存することは可能であり、セキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ただし、ハードウェアウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 ペーパーウォレット パーパーウォレットとは、秘密鍵や秘密鍵を復元するためのパスワードを紙などの物理媒体に転記し、保存するタイプのウォレットのことを指す。 ハードウェアウォレットと同様、オフライン環境下で保存することが可能であり、非常に高いセキュリティ性能を誇る。 ただし、ペーパーウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 仮想通貨/暗号資産は、日本円や米ドル等のように、国家がその価値を保証している「法定通貨」ではなく、インターネット上でやりとりされる「財産的価値」として、以下の性質を持つものと定義されている。 (1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米ドル等)と相互に交換できる (2)電子的に記録され、移転することができる (3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない• 仮想通貨/暗号資産は、価格の変動性が高く、価格が急落することで、保有者が損失を被る可能性がある• 仮想通貨取引所(交換業者)は、金融庁・財務局への登録が必要であり、利用する際は、登録を受けた事業者であるか否かを金融庁・財務局のホームページで確認することを推奨する• 仮想通貨/暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか否かを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク/サイバーセキュリティリスク等)について、サービス事業者から説明を受け、十分に理解した上で取引を行うことを推奨する• CoinDesk Japanが、これらの仮想通貨/暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではない。 また、仮想通貨/暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではない。 仮想通貨/暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点に留意することを推奨する。

次の

国内取引所比較(概要・手数料編)

ビットコイン 取引

銀行振込やクレジットカードも両対応で、初心者から経験者まで問題なくビットコイン売買を行える取引所です。 ビットフライヤーがおすすめの理由 初心者に優しい ビットフライヤーはビットコイン売買のやりやすさと安さ以外にも、サポートや用語集も充実しており、初心者に優しいサイトとなっています。 取引をしている上で、わからない言葉などがあった場合でも、ビットフライヤー内のサイトでいろいろ調べることが可能です。 用語集の他にも仮想通貨法の説明なども掲載されていて便利です。 法人としての信用性が高い ビットフライヤーは、ビットコイン・ブロックチェーン事業者としては、日本最大級の企業です。 日本を代表するたくさんの大企業がビットフライヤーに出資しており、セキュリティ対策が軍を抜いています。 bitFlyerのセキュリティシステムは、大手金融機関よりも強固な暗号技術を使っており、ウイルス、ハッキング対策も万全です。 ビットコイン取引をする上で最も重要なセキュリティ面が日本で1番充実しています。 買い付けのタイミングを図ったり取引所の注文を管理したりという手間がかからないため、初心者の人には優しいです。 手数料マイナスで取引回数が多い方におすすめ ザイフの取引手数料は驚愕のマイナス0. しかも、年率最大3. 6%の利殖ボーナス制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができるのも魅力の1つです。 取引所は数量が常に変動している上に、買い手がいないと売ることができないなどのデメリットがありますが、GMOコインは、いつでも確実にビットコインを売買ができるメリットがあります。 ビットコイン取引が最短で可能 GMOコインでは、口座申込から最短1日で取引が可能なため、国内の取引所の中でもトップクラスに早くビットコインの取引が可能です。 GMOインターネット 東証一部上場 グループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、口座開設までのスピード改善活動を徹底している影響が大きいです。 特定のお店だけで使える「電子マネー」とは異なり、円やドルと同じように世界中で使える通貨になることを、目的として作られました。 最大の特徴は「管理者が存在しない」ということです。 これはパブリックチェーン全てに言えることでもありますが、ブロックチェーンと呼ばれる技術で作られており、ネットワーク参加者全員でビットコインを管理しています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」にてご連絡ください。

次の

月次取引高

ビットコイン 取引

入金については、振込手数料が必要です。 なお、「クイック入金(即時入金)」を使うと、振込手続きをした瞬間に取引口座に振込額が反映されます。 口座開設後すぐに取引したい場合に便利なシステムです。 入出金手数料比較表 取引所・販売所 クイック入金 出金 無料 無料 無料 無料 無料 無料 770円 407円 入出金は頻繁に繰り返すものではありません。 そこで、あまり重視する必要はないでしょう。 しかし、できることならコストを支払いたくありません。 この点で見ると、ディーカレット、GMOコインそしてDMM Bitcoinが有利だといえます。 GMOコインなど複数の取引所でクイック入金ができますから、今すぐ取引したいと思い立ったら即座に入金して取引できます。 しかも、 手数料無料です。 ビットコインの預入と払出(重要度:低) ビットコイン取引に特徴的なのは、ビットコインそのものを預け入れたり払い出したりできることです。 そこで、ビットコインを出し入れするときの手数料を比較しましょう。 預入・払出手数料比較表 取引所・販売所 預入 払出 無料 0. 0004BTC 無料 無料 無料 無料 無料 0. 001BTC ビットコインの出し入れにかかる費用も、あまり考える必要はないかもしれません。 少額です。 しかし、 GMOコインとDMM Bitcoinの手数料が無料となっているのが注目できます。 GMOコインとDMM Bitcoinは、円の入出金も手数料無料ですからお得です。 ちなみに、ディーカレットの払出手数料は、ディーカレットの収入になるのではなく、マイナーと呼ばれる人々に支払う送金手数料になります。 ビットコインの現物取引(重要度:高) さて、ビットコインの現物取引手数料を比較しましょう。 現物取引とは、株式の現物取引と同じ意味です。 株式を100株買いたかったら、100株相当のお金を支払って、株式をもらいます。 ビットコインも同様です。 欲しい量のビットコインの金額を支払えば、そのビットコインは自分のものになります。 逆に、自分のビットコインを売って、お金を手に入れることもできます。 そこで、GMOコインとコインチェックの比較となります。 コインチェックが、Maker(メーカー)とTaker(テイカー)ともに手数料無料です。 素晴らしいです。 手数料無料のコインチェックよりも目立つのが、GMOコインです。 何と、 Maker手数料がマイナスになっています。 すなわち、取引すると手数料を「もらえます」。 今すぐに売買したいという場合は、コインチェックの手数料無料が魅力的です。 一方、指値で発注しておいて、注文が成立するのを待ってもいいよという場合は、GMOコインが有利です。 取引すれば、通常は手数料を支払うべきなのに、逆にもらえてしまうからです。 例えば、ビットコインを100万円で買って、100万円で売る…この取引でも資産が増えます。 1円も高く売っていないのに、です。 GMOコインとコインチェックの口座を作って、相場状況に応じて使い分ける戦略が考えられます。 GMOコイン公式サイト:• コインチェック公式サイト: ビットコイン現物取引手数料比較表(販売所の場合) 販売所 ビットコイン アルトコイン 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 販売所の場合、販売手数料はどこでも無料です。 ただし、買値と売値の差(スプレッド)は大きい傾向があります。 スプレッドが小さい取引を希望する場合は、取引所で売買しましょう。 なお、販売所の場合、まとまった数量でも提示された価格で売買できるというメリットがあります。 比較的大きな数量を売買したい場合は、販売所も選択肢に入れましょう。 スプレッドの具体例をご案内します。 買い:1,140,000円 売り:1,110,000円 この場合、ビットコインを買って即座に売ると、損してしまいます。 この損失額に相当するのが、スプレッドになります。 この差額は、販売所の収益源になります。 私たちとしては、 スプレッドは狭い方が有利です。 ビットコイン現物取引に最適な取引所 以上の考察から、ビットコインを現物で買うならば、以下の2取引所が有利だという結果になります。 GMOコイン公式サイト:• コインチェック公式サイト: FX取引等(レバレッジ取引)(重要度:高) さて、次にレバレッジを利かせた取引の手数料について比較しましょう。 現物取引は、ビットコインを買うのに必要な資金全額の準備が必要でした。 しかし、レバレッジを利かせた取引では、少額で大きな額の取引ができるのが特徴です。 なお、レバレッジを利かせた取引は一般にFXと言われることが多いと思います。 しかし、外国為替証拠金取引のFXとは少し性質が異なります。 ここではその説明は省略しまして、手数料を確認しましょう。 レバレッジを利かせた取引が可能な取引所・販売所では、いずれも売買手数料は無料となっています。 よって、 どこで取引しても、手数料の面で有利・不利はありません。 特徴的なのは、GMOコインです。 取引所でも販売所でもレバレッジを利かせた取引ができます。 GMOコインでは、レバレッジを利かせた取引を以下のように呼んでいます。 取引所の場合:レバレッジ取引 販売所の場合:仮想通貨FX 取引所と販売所の違いは何か?をおさらいしますと、「誰と取引するか?」です。 他の顧客と取引するか(取引所)、それともGMOコインと取引するか(販売所)です。 基本的な部分のルールはほぼ同じですので、お好みで取引場所を選べます。 GMOコインの取引所・販売所の具体的な考察は、別記事「」でご確認いただけます。 レバレッジ手数料比較 レバレッジを利かせた取引をする場合、定期的に手数料の支払が必要になります。 これを一般的に「レバレッジ手数料」と呼びます。 必要な手数料の大きさを比較しましょう。 1日当たりの大きさです。 取引所・販売所 買い 売り 0. ビットコインを長期間保有したい場合は、現物を買うほうがお得です。 現物を買うと、日々の費用は必要ありません。 レバレッジ取引をする理由 上の表の通り、レバレッジ取引では、現物取引とは異なる手数料が必要です。 では、なぜレバレッジ取引をするのでしょうか。 理由は2点でしょう。 自己資金よりも大きな金額で取引できる• 仮想通貨を持っていなくても、売りから取引できる 2番目の、売りから取引できるというメリットが大きいです。 というのは、現物の場合、価格の上昇で収益を狙います。 下落では収益になりません。 ところが、 レバレッジ取引なら、下落相場でも収益を狙えます(売りから始めて、価格が下落したところで買い戻し)。 この差はとても大きいです。 だから、レバレッジ取引をします。 レバレッジ手数料を支払わずに取引する方法 レバレッジ手数料を無料にする方法がありますので、ご案内します。 上の各社では、レバレッジ手数料が発生する時刻が決まっています。 ディーカレット:23時55分 GMOコイン:6時00分 DMM Bitcoin:7時00分 例えば、ディーカレットで取引しているとします。 午前8時にレバレッジ取引でビットコインを買いました。 その後、午後23時30分に売って取引を終了しました。 この場合、レバレッジ手数料は不要です。 午後23時55分時点で取引していないからです。 一方、午後23時50分に買って、翌日午前0時00分に売ったとしましょう。 この場合、わずか10分間の取引なのに、レバレッジ手数料が必要になってしまいます。 レバレッジ手数料はコストそのものです。 できることなら、支払いたくありません。 よって、 レバレッジ手数料が発生する時刻が重要になります。 上の表を見ますと、ディーカレットだけ時間が大きく異なることが分かります。 よって、 以下の組み合わせで口座を持つと、レバレッジ手数料を支払わずに短期売買を繰り返せます。

次の