猫 目 薬。 猫の結膜炎が治らない!目薬で完治するの?

ギャッ、目に白い変なのが! 猫の瞬膜のトラブル

猫 目 薬

寝起きに目をこすると、目ヤニが出ていることは人間にも猫にもあります。 しかし、あまりに大量の目ヤニが出ているとしたら、それは病気のサインかもしれません。 猫に目ヤニが出る原因・病気・治療法、そして飼い主さんでもできる目薬をさすコツを、獣医師の三宅先生にうかがいました。 目ヤニはどんな病気のサイン? —どのような目ヤニが出ていたら、病気が疑われますか? 目ヤニは老廃物の一種で、通常は瞬きをしたら涙と一緒に流れてしまう程度の量しか出ません。 もし猫を見て「目ヤニが出ているな」と気になるようであったら、それはもう普通じゃない状態だと考えて良いでしょう。 目ヤニの量が増えていたり、色が緑色や黄色であったら、目に何らかのトラブルが起きていると考えられます。 多くの場合、結膜炎か角膜炎ですね。 白目やまぶたの内側が充血していたら、結膜炎が疑われます。 目を痒がったり、気にしていじる様子があったら、まぶたや目ヤニをチェックしてみましょう。 —大量の目ヤニが出ると、目を痒がりますか? 痒がることもありますし、あまりに痛いと目が開かずに、目がショボショボすることもあります。 また涙が増えたり、白目が充血することもあります。 —目ヤニが大量に出ていると、視力に影響がありますか? 視力と目ヤニは、直接的な関係はありません。 結膜炎と角膜炎の治療法は?放っておくと最悪の場合失明も —結膜炎とは、どのような病気ですか? 目の「結膜」部分に炎症を起こしている状態です。 炎症の原因は様々で、アレルギー物質や風邪のウイルス、何らかの細菌が目に入ってしまうこともあります。 ウイルスは一度目につくと、症状は改善してもそこからウイルスがいなくなることはありません。 ですから、一度沈静化していたウイルスが、体調が悪くなったときに再び活性化して、また結膜炎になってしまうこともあります。 目ヤニが出たり、目を開けにくそうにしていたら病気のサインです。 —結膜炎以外に、目ヤニが出る病気にはどのようなものがありますか? 角膜炎ですね。 角膜炎は、引っ掻くなどして角膜に傷がつき、そこが炎症を起こす病気です。 自分の爪で引っ掻くこともありますし、多頭飼育の場合はじゃれ合っていて傷つけてしまうこともあります。 また家具などにぶつかって、傷ができることもあります。 —結膜炎や角膜炎は、どのように治療するのでしょうか? 基本的には目薬で治療を行いますが、ウイルス感染が原因の場合は、ウイルス活性を抑えるような注射や投薬を行うこともあります。 角膜炎の場合は傷の深さによって違いますが、軽度のものであれば、目薬をしっかりさしていれば治ります。 傷が深い場合は、角膜を保護するコンタクトレンズをして、一時的にまぶたを縫い合わせる「眼瞼縫合(がんけんほうごう)」をすることがあります。 治療が終わると縫合を解きます。 目ヤニが気になったら、すぐに動物病院に行きましょう。 —人間の場合は、汚れた手で目をこすると結膜炎になると言いますが、猫の場合もそうですか? 猫の場合は、多くは猫風邪を起こすようなウイルスの感染などが原因となりますが、汚れや異物が入って炎症を起こすこともあり得ます。 —アレルギー性結膜炎は、アレルゲンを特定することはできますか? 猫にもアレルギー検査を行うことはできますが、全身の痒みなどを訴えているケース以外で検査を行うことは、稀です。 —治療中は、エリザベスカラーや眼帯はしますか? 猫が気にしていじってしまうようだったら、エリザベスカラーは必須です。 また眼帯を猫につけるのは、不可能だと思います。 つけられたとしても、そこで雑菌が繁殖してしまうおそれがあるので、やめた方がいいでしょう。 目をいじって悪化させてしまう場合は、エリザベスカラーをします。 —結膜炎や角膜炎を治療せずに放っておくと、どうなってしまいますか? 結膜炎を放っておくと、痒くて掻いてしまうので、その結果眼球を傷つけて、そこから角膜炎になってしまうことがあります。 また角膜炎は傷の進行が早いと、「角膜穿孔」と言って角膜に穴があき、最悪の場合視力がなくなったりします。 さらに「ぶどう膜炎」を併発すると、それが原因で緑内障になることもあります。 —長毛種、短毛種など、猫種によってかかりやすい、かかりにくいはありますか? 猫にはまつげがありませんし、長毛種でも目の近くまで毛が生えているわけではないので、あまり関係ありませんね。 ただ、ペルシャ猫のように顔の構造上目が飛び出している場合は、目をつぶっていても、まぶたが目を覆いきれないため、乾燥してしまいます。 その結果、ドライアイとなって角膜が傷つきやすくなることもあります。 猫を怖がらせないように目薬をさすコツ —目ヤニが出ていたら、家ではどのようにお手入れすればよいですか? 目ヤニが出ていると目が開きにくくなるので、優しく拭き取ってあげてください。 固まってしまった目ヤニは、濡らしたタオルなどでふやかしながら取ってください。 猫に目薬が見えないように、頭の後ろからさすと怖がりません。 —目薬をさすコツを教えてください。 床に猫がいる状態で目薬をさそうとすると、人間が覆いかぶさるようになるので猫は怖がります。 テーブルを壁につけて、そこに猫を乗せて後ろに下がれない状態にし、頭の後ろから猫に目薬が見えないようにしてさすと、上手くいくでしょう。 「たかが目ヤニ、そのうち良くなるだろう」と放っておくと、どんどん酷くなって失明の可能性もあります。 通常とは違う目ヤニに気づいたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

次の

嫌がる猫もOK!上手な目薬のさしかたと知っておきたいコツ|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

猫 目 薬

ペットの目薬 動物用・ドラマ(佐藤製薬)• 人間のお薬も作っている『佐藤製薬』から発売されています。 抗炎症成分・痒みを抑える成分・充血を鎮める成分の3つを配合。 犬猫用目薬の中では人気のある商品。 楽天で購入: 犬チョコ目薬V(内外製薬)• 強い消炎、殺菌作用で、頑固なめやににも優れた効果を発揮。 目にしみない処方なので、愛犬や愛猫が嫌がりません。 結膜炎、結膜充血、角膜炎、眼瞼炎、涙腺炎、外傷性眼炎に。 楽天で購入:• アマゾンで購入: 現代アイペットヤマイチ(現代製薬)• 結膜炎、結膜充血、角膜炎、涙腺炎などに優れた効き目のある犬猫用の目薬。 めやにが多い時や、シャンプー後の目のケアに。 楽天で購入: 気になる症状と目薬マメ知識.

次の

猫の視力も低下するの? 意外と知らない、猫の目の話

猫 目 薬

目次 監修/清水悌二先生 獣医師 猫の目の病気に早めに気づこう 愛猫が目の病気になったら、いち早く気づいて正しい対処ができるようにしたいものですね。 毎日の健康チェックは、飼い主さんにしかできません。 毎朝起きたら、以下のチェックポイントを意識してチェックすることを習慣にしましょう。 そして、少しでもおかしいと感じたら、早めに動物病院で受診しましょう。 結膜炎になると、目ヤニが大量に出る、涙が止まらない、目が充血する、目が腫れるなどの症状が出ます。 多くは、猫カゼなどのウイルス性の病気に伴って起こります。 原因は、多くがほかの猫とのケンカなどによる外傷ですが、結膜炎に併発して起こることもあります。 痛みが強く、猫は目を細める、ショボショボさせる、涙が出るなどの症状を見せます。 角膜が白く濁ることもあります。 おもに猫同士のケンカによる引っかき傷で起こりますが、角膜炎や角膜潰瘍の悪化で起こることもあります。 強い痛みを伴うので、目をショボショボさせる、目が充血する、腫れる・むくむ、涙が止まらなくなるなどの症状が見られます。 黒い部分はやがてかさぶたのようになるため、角膜分離症と呼ばれます。 原因はよくわかっていませんが、猫カゼなどのウイルス感染症と関係があると考えられています。 ペルシャやヒマラヤンのほか、日本の三毛猫にも多くみられます。 この眼球内の流れが阻害されたり、排出が悪くなったりして眼圧が上がる病気が緑内障です。 強い痛み、目の表面が白く濁る、目全体が大きくなるなどの症状が出ます。 網膜や視神経が圧迫されて失明することもあります。 猫には多くはありませんが、生後数ヶ月~2才の若い猫に時折見られます。 原因は、先天性や遺伝性のほか、猫同士のケンカによる外傷で起こることも。 進行すると緑内障を併発して失明することもあります。 目が充血したり、目が白っぽく見えるなどの症状が出ます。 おもに猫エイズ、猫白血病ウイルス感染症、猫伝染性腹膜炎などが原因で発症します。 白内障に伴って発症することもあります。 原因は、先天性のほか、加齢によって発症することも。 外側に飛び出した部分に感染が起こり結膜炎や角膜炎の原因になりやすいので、手術で元の位置に固定する治療を行います。 猫の目の病気には正しい対処を 猫用に処方される目薬は、液体の点眼薬と眼軟膏の2タイプがあります。 猫に嫌な思いをさせないように、上手に投与するコツを知っておきましょう。 猫に目薬を上手に投与するコツ 点眼薬と眼軟膏、どちらのタイプもまず猫の背後に回って手のひらで猫の顏をしっかりと支え、親指で上まぶたを軽く引き上げます。 猫が嫌がって動く場合は2人がかりで行い、1人が両手で猫の顏をしっかりと固定しましょう。 あらかじめ愛猫の好きなおやつを少し用意しておいて、目薬を付けた直後に与えると、猫が目薬に対していい印象を持つようになります。 点眼薬の場合 点眼薬の場合は、猫から見えにくい方向から近づけ、目から1cmほどのところから、上まぶたと白目の間に1滴落とします。 眼軟膏の場合 眼軟膏の場合は、綿棒の先にほんの少し(1~2mm)とり、綿棒を猫の目に対して横にして近付ける。 または軟膏チューブの先端に少量の軟膏を出し、直接まぶたの裏にそっと付けます。 愛情をもって適切なケアをしていこう 目薬などの投薬は、慣れるまでは飼い主さんも猫も不安なものでしょう。 少しでも不安があればかかりつけの獣医師や動物病院のスタッフに、どのようにすれば上手にできるかを相談しながら行うのが良いですね。 適切なケアをして、症状が早く良くなるように根気よく続けていきましょう。 監修/清水悌二先生 獣医師 相模原プリモ動物医療センター第2病院勤務。 岐阜大学農学部獣医学科卒業。 麻布大学眼科専科研修修了、現在都内眼科専門診療施設にて研修中。 比較眼科学会所属。 おもな診療科目は一般診療(外科・内科)/眼科 出典:『ねこのきもち』2018年2月号「症例写真でよくわかる 猫がかかりやすい目の病気」(監修 東京ウエスト動物病院 併設 眼科ケアセンター 江島博康先生).

次の