テセウスの船共犯者。 【テセウスの船】共犯者の黒幕は鈴?原作漫画との違いも比較して考察!|あっちこっちまるみっち

テセウスの船 みきおの共犯者は校長?クラスメイトの可能性も…

テセウスの船共犯者

【事件の概要】 北海道の音臼小学校で開催されたお泊り会で、夕食時に出されたオレンジジュースに青酸カリが混入されていたことで39人が病院に搬送されて、21人が死亡。 自宅から青酸カリの瓶が見つかったことから、町の警察官・ 佐野文吾(鈴木亮平)が逮捕されました。 この時、文吾の妻の 和子(榮倉奈々)は、お腹に 心(竹内涼真)を宿していました。 31年後の2020年。 佐野文吾の末息子・田村心(竹内涼真)は、生まれながらに殺人犯の子として苦渋の人生を過ごしていました。 唯一の安らげる存在は、妻の 由紀(上野樹里)。 由紀は 「佐野文吾は冤罪なのではないか? 」と考えて、音臼小事件とその前の不可解な事件について調べてにまとめていました。 由紀のノートの詳しい内容はこちらへアクセス• 1月12日 木村さつき(30)の父親・木村敏行が車で運転中に事故にあう (雪崩に巻き込まれて重体に)• 2月5日 元町議会議員の 田中義男(90)が心臓発作で死亡 (田中は心臓に持病があった。 第一発見者は近所に住む少年)• 2月12日 佐々木家の飼い犬が死んでいるのを妻の佐々木紀子が発見 (犬の死因は不明)• 4月6日 佐々木紀子(芦名星)が青酸カリで自殺• 6月24日 音臼小無差別毒殺事件が起こって39名が病院に搬送、21名が亡くなった そんな由紀が 未来(みく)を出産後、 死亡。 父親の事件と向き合う決意をした心は、生前に由紀が事件について調べていたノートと共に、1989年にタイムスリップしてしまいます。 ドラマ『テセウスの船』9つの疑問(謎)を原作からネタバレ解決 ドラマ『テセウスの船』で、タイムスリップした心が直面する9つの疑問(謎)を原作漫画からネタバレ解決します。 佐野文吾が犯人なのか? 1989年にタイムスリップした心は、父親である佐野文吾(鈴木亮平)が本当に音臼小学校の事件の犯人なのかどうか疑います。 佐野は、しょっぱなから怪しい行動を取ります。 三島医院の次女・千夏がパラコート中毒で死亡する直前に、千夏の手を引いて歩いていたのです! 心は、佐野が千夏にパラコートを飲ませて殺したと確信しますが、 佐野は 無実でした。 佐野は、心が感服するほどの見事な 正義感の持ち主でした。 生まれながらに悪人はいない。 自分は大勢のテロリストをやっつけることはできなくても、一人の悪人を助けたい。 どこかの悪人を助けたいんです。 心は次第に佐野の人間性に惹かれていき、 佐野は絶対に犯人ではないという確信を持つに至ります。 長谷川翼が犯人なのか? 心は、姉の鈴(白鳥玉季)や木村さつき(麻生祐未)の父親を助けるなど、を頼りに未来に起こる事件を未然に防いでいきます。 しかし心が過去を変えた結果、ノートにはない事件が起こっていきます。 その代表的な事件が、三島医院の長女・明音ちゃん(あんな)殺人事件。 明音ちゃんは吹雪の日に行方不明になり、後日新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)と雪の上で死んでいるのが発見されます。 明音ちゃんから翼が乱暴した痕跡が見つかったことから、翼が明音ちゃんを青酸カリで毒殺して自身もそれを飲んで自殺したという見方が強まります。 長谷川翼が明音ちゃんを誘拐して毒殺したのでしょうか? 答えはNOで、翼は明音ちゃんを乱暴しただけで殺してはいません。 真犯人が明音ちゃんを小屋に誘い出して、翼に明音ちゃんを乱暴するように命令。 原作漫画には詳しく書かれていませんが、真犯人は翼の大きな弱みを握っていたようです。 (どうやら、翼は真犯人に性暴力をふるっていたようです) 真犯人に逆らえない翼は明音ちゃんを乱暴しましたが、その後真犯人が明音ちゃんを青酸カリで毒殺(正確には最後に絞殺)。 この事実を知った翼は、自身が明音を乱暴した痕跡を消すために、明音ちゃんに洋服を着せて雪山まで運んで自分も青酸カリを飲んで自殺したのです。 金丸刑事が殺された理由は? 金丸刑事は、明音ちゃん殺人事件の犯人は長谷川翼ではないと気づいていました。 その理由は、以下の2点。 明音が失踪する直前、鈴と明音は激しく喧嘩していた。 明音が行方不明になった時、鈴も一緒に行方不明になった。 明音が殺された現場の小屋の中に、鈴のキーホルダーが落ちていた。 結論から言うと、鈴は犯人ではありません。 明音と喧嘩した理由は、心をかばうため。 明音と一緒に行方不明になった理由は、明音と喧嘩した後に吹雪が強かったためにバス停で雨宿りしていたから。 明音が殺された現場に鈴のキーホルダーを置いたのは、鈴ではなく真犯人です。 警察に疑われて散々な人生を送ることになった鈴は、整形して名前も変えてしまいます。 その後鈴は、佐々木紀子(芦名星)殺しの容疑もかけられます。 これも鈴は犯人ではなく、木村さつき(麻生祐未)がみきおを守るために鈴を陥れて犯人に仕立て上げたのです。 音臼小無差別毒殺事件の内容が変化した理由は? 心が過去を変えたせいで、音臼小無差別毒殺事件の内容も微妙に変化します。 ・日付が6月24日から25日に変化。 ・青酸カリが混入されたのがオレンジジュースから牛乳に変更。 真犯人が計画を変更した理由は、心が捨てた由紀のノートを拾ったから。 車いすの男の正体は? 車いすの男の正体は、木村みきお(安藤政信)。 実は音臼小無差別毒殺事件の時に鈴の同級生だった少年・加藤みきおで、その後天涯孤独となって木村さつき(麻生祐未)に引き取られて木村姓になりました。 音臼小無差別毒殺事件の被害者の一人で、青酸カリの後遺症で下半身不随に。 現在は大人になった鈴(貫地谷しほり)と同棲していて、鈴は妊娠中。 穏やかで理知的な人物ですが、実はこの男が 音臼小無差別毒殺事件の真犯人です。 木村さつきが犯人なのか? 木村さつき(麻生祐未)は、みきおが青酸カリをさつきが苦手な牛乳に入れたことで命が助かりました。 さつきは、みきおの共犯なのでしょうか? さつきは、音臼小無差別毒殺事件が起こる前に佐野家を訪れてトイレを借りています。 もしかして、この時に青酸カリを佐野家に置いたのでしょうか? 結論から言うと、さつきは犯人ではありません。 さつきがみきおの犯行を知ったのは、音臼小事件から大分経過した後で、その時にはみきおは既に鈴と同棲することになっていました。 全てを知ったさつきの決断は、何があってもみきおを守ること。 鈴が佐野の娘であることを知ったさつきは、鈴に(みきおが犯人であることを証言しようとする)佐々木紀子(芦名星)殺害を命じます。 鈴がこの命令に従わなかったので、さつきが佐々木紀子を刺殺して自身にもためらい傷を付けて、全て鈴のせいにしてしまいます。 このさつきの暑苦しいほどの愛情が、運命を狂わせてみきおをも追いつめていきます。 田中義男と真犯人の関係 真犯人であるみきおは、元町会議員の田中義男の家に幾度となく出入りして不気味な絵(犯行を予告する絵)を残しています。 そして小学校のうさぎの首をシャベルで切断した後は、その有様を義男に語っています。 田中義男はほとんど目が見えませんが、話の主がみきおであることに気付いていました。 心が過去を変える前は心臓発作で亡くなるはずだった田中義男ですが、心が過去を変えた後は(心と佐野が見張っていたため)死にませんでした。 なので、この心臓発作も真犯人のみきおが人為的に起こしたものだったのでしょう。 最終的に、田中義男は2020年から来たみきおに殺されます。 真犯人と目的は? 音臼小無差別毒殺事件の真犯人は、鈴の同級生の加藤みきお。 犯行動機は、鈴にフラれて、鈴の理想の男である父親(佐野文吾)を陥れたかったから。 つまり、鈴の父親への尊敬の念を粉々にくだいて、自分に振り向かせようとしたわけです。 狙いは当たって鈴の内縁の夫になることに成功しますが、鈴は顔も名前も性格まで変化。 純粋な鈴が好きだったみきおは、絶望します。 その後、1989年にタイムスリップしたみきおは小学生のみきおと会って、 新たな計画に乗り出します。 【加藤みきおの目的】 ・音臼小無差別毒殺事件を起こして佐野を陥れた結果、大好きな鈴が純粋さを失ってしまったので、 もう音臼小事件など起こさない。 ・ 代わりに自分が全ての罪をかぶって、真実を知る心と佐野を殺害して、最後は謎の人物・加藤信也として死ぬことで、 1989年の小学生のみきおをヒーロー(正義の味方)に仕立て上げる。 ・つまり1989年のみきおが2020年のみきおに誘拐された鈴を救出して、 鈴に感謝されるという筋書きを作る。 ・鈴の理想は正義感がある男(佐野文吾)だから、 この方法なら鈴の愛を独占できる。 しかし心はみきおが犯人である証拠の録音テープを持って現れ、2020年のみきおが佐野を殺すのを阻止して自分が代わりに刺されて 死亡。 佐野が2020年のみきおを 射殺して、事件は終わります。 【事件の結末】 ・加藤信也と加藤みきおの関係は謎だが、全ての殺人事件は2人による犯行。 ・加藤信也は死亡したため、みきおが少年Aとして逮捕された。 そして31年後。 逮捕されなかった佐野文吾は、家族と平和に暮らしています。 佐野心も生まれて夢だった教師になりますが、当然昔自分がタイムスリップして過去を変えた記憶はありません。 佐野文吾は、心が31年前に埋めたタイムカプセルから由紀との結婚指輪を発見して、せめて由紀と結婚させてやりたいと考えます。 その時、心が職場の同僚・由紀を連れて帰宅します。 ここで「テセウスの船」が問題になります。 佐野心と田村心は心という人物という点では同じですが、記憶や過去や経験においては別人。 完全に同一人物と言えるのだろうか? という疑問です。 形としては最高のハッピーエンドですが、心の中身が変わってしまったことが指摘される何とも言えないラストです。 もちろん心だけでなく、無罪放免となった佐野をはじめ、 登場人物全員の過去が激変しているラストです。 最終回結末を予想 加藤みきおが黒幕で犯人という結末は、原作と変わらないと思います。 ここがブレて他の人間が真犯人ということになると、原作漫画の良さがなくなってしまうからです。 しかし竹内涼真さんがコメントで「原作とは違う点もある」とおっしゃっていたので、みきおが犯人であるストーリーがもっと細部にわたって完璧に作り上げられているのではないか? と期待しています。 たとえば、原作ではみきおが青酸カリを佐野家に置いたシーンは描かれていませんでしたが、ここは掘り下げてほしい点です。 また、田中義男とみきおの関係性についてもちょっと謎なので、もっと掘り下げて欲しいです。 原作の心とみきおが死ぬラストですが、ここが変わると面白いなと思います。 その場合、心は1989年で佐野の息子ではなく田村心という別人として生きていくことになるのかな? これから佐野正義が生まれてくるのに、2人も佐野の息子がいるのは変ですから。 それともみきおが逮捕されて佐野の無実が晴れた時点で、心は強制的に未来に帰されるのでしょうか? そうなっても、心が帰るのは由紀とは結婚しない未来? それとも、未来も変わるはずだから由紀と結婚する未来に帰れる? 今更音臼小事件の犯人と名乗り出るなんて……そんなの無理に決まってるでしょ~? 31年も前のことなんか忘れたよ、 何しろ僕は小さくてかわいい子供だったからね~ 引用元:「テセウスの船」6話・木村みきおのセリフより これで 音臼小事件の実行犯がみきおであることは確定したわけですが、最新の「TV LIFE」によると みきおを操る共犯者(黒幕で真犯人)の存在があるというのです。 終盤の見どころは? …でもズバリ、既にストーリー上に登場しています! 引用元:雑誌「ザ・テレビジョン」より 共犯者の存在は最後まで明かされないとのことなので、最後まで楽しめそうですね! 7話からは原作とは違う完全オリジナルの展開になっていきます。 筆者が現時点で入手している 黒幕(真犯人)情報は以下です。 原作の由紀:バツイチで子持ち。 心と一緒に音臼小事件の真相を追うが恋愛要素はなし。 心は由紀に惹かれているが、由紀にとって自分と結婚しない未来がいいと思っている。 ドラマの由紀:独身。 心と一緒に音臼小事件の真相を追ううちに恋愛関係に。 心は由紀に惹かれていて、事件が解決したら由紀と共に生きていきたいと考えている。 6話ラストシーンでは、心が由紀にタイムスリップしたきたことまで告白! 時を超えて惹かれ合う心と由紀のシーンに涙した人も多かったことでしょう。 原作では心が木村みきおに刺されて死亡、 2020年の続きの世界線上での由紀との再会はありません。 そして1989年の和子(榮倉奈々)のお腹の中の心が誕生して由紀と出会って恋をする結末です。 ドラマでは 是非ともこの2020年の世界線で、心と由紀に再会してほしいところです! きっとこの展開は視聴者のほとんどが望んでいるのではないでしょうか?

次の

テセウスの船でみきおの共犯者は誰?鈴やお母さんたちは無事?

テセウスの船共犯者

テセウスの船犯人は田中正志! 黒幕は、田中正志。 理由は? 正志の母親が、音臼祭でキノコを入れた人物だった。 毒キノコが入っており、農家の息子の母親が亡くなった。 兄弟とも「人殺し」と呼ばれたり「いじめ」に合い、妹が自殺。 佐野文吾に恨みを抱いていました。 そんな時にいつも助けてくれたのがすずだった。 すずのヒーロー、正義の味方になりたかった。 父親、佐野文吾がすずの「正義の味方」であることを知り、正義の味方は自分だけで良い。 一人しか必要はない。 だから佐野文吾には消えて欲しかったから。 という理由でした。 みきおの自殺未遂 みきおは、自白録音をICレコーダーに残して、青酸カリで自殺を心の前で図りますが、寸でのところで、心が青酸カリのビンを振り払いみきおは助かります。 みきおは、「すずが次に望むのは父親の無罪だから」という理由で自殺と自白供述を残そうとしました。 詰めだしたら、言いたいことが山積しているけれど、なによりユースケサンタマリアがやってた刑事が殺された前後の行動理由を教えてください。 — 坂本康宏 sakamotoyashiro 心(しん)の子供の名前は未来(みく) 未来(みらい)と読んでしまうところを、「みく」と読むところは、やっぱり親子ですね。 迷わず「みく」と言い当てるところがすごいです。 なんか文吾さんの気持ちを考えると寂しいなぁ。 同じ船でも、全ての部品が取り替えられてしまったら、それは同じ船だといえますか? それとも、違う船だと思いますか? ということですね。 それを人物で例えられたのが、今回のドラマです。 テセウスがアテネの若者と共に(クレタ島から)帰還した船には30本の櫂があり、アテネの人々はこれをファレロンのデメトリウス の時代にも保存していた。 このため、朽ちた木材は徐々に新たな木材に置き換えられていき、論理的な問題から哲学者らにとって恰好の議論の的となった。 すなわち、 ある者はその船はもはや同じものとは言えないとし、別の者はまだ同じものだと主張したのである。 来週の日曜日は、もう「テセウスの船」が見れないことに寂しいという人もいました。 本当に考察が楽しいドラマでしたね! また、子役のみきお君の演技も素晴らしかったです。 将来が楽しみです! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

テセウスの船でみきおの共犯者は誰?鈴やお母さんたちは無事?

テセウスの船共犯者

この記事ではテセウスの船の音臼小学校の黒幕犯人は誰なのか?みきおの共犯者は校長の笹野高史さん演じる石沢秀夫なのか?考察と予想をしています。 TBSで放送されている「テセウスの船」 一体誰が音臼小学校の人達を殺したのか、犯人が気になりますね。 事件の現場となった音臼小学校で、校長先生を務める笹野高史(石沢秀夫)。 怪しい行動を何度も見せている笹野高史(石沢秀夫)が、犯人ではないか?と思われている方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、 「テセウスの船黒幕は校長の笹野高史 石沢秀夫 !?共犯者を考察!」と題して、「テセウスの船」の犯人は笹野高史演じる石沢秀夫なのか?考察と予想をご紹介していきます。 Contents• テセウスの船黒幕は校長先生の笹野高史 石沢秀夫 「テセウスの船」の黒幕は校長先生の笹野高史(石沢秀夫)なのか、考察やネットの声もご紹介していきます。 黒幕は校長の笹野高史(石沢秀夫) 笹野高史(石沢秀夫)は校長室で一人、鉛筆をひたすら研いでいるのが怪しいポイントですよね。 鋭い鉛筆を使って何をしようとしているのか、第2話と第3話でも鉛筆をひたすら鋭くしている様子が伺えたので、奇妙でした。 小学校で飼っているウサギを、鉛筆を使って殺そうと企んでいるのか、人を刺し殺そうと考えているのか、謎めいていて恐怖ですよね。 さらに鉛筆と言えば、田中義男のノートに書かれてあった奇妙なイラスト、学校の正門に貼ってあったイラストなど、何度も出てきているイラストは鉛筆で描かれているようでしたね。 そのため、石沢秀夫が研いでいた鉛筆で描いていたという可能性も高いです。 竹内涼真(田村心)を小学校の教師として雇うことを簡単に受け入れたのも、校長の石沢秀夫でした。 音臼小学校の無差別殺人の邪魔をされないか見張るために、田村心を近くに置いているとも考えられますよね。 校長先生という立場なら、白鳥玉季(佐野鈴)や番家天嵩(佐野慎吾)の子供達も全く疑わないので、家に訪ねてきたら簡単に上げます。 石沢秀夫が、佐野文吾や榮倉奈々(佐野和子)がいない隙に、佐野鈴と佐野慎吾に頼んで家に上がり、青酸カリを置いて去って行って佐野文吾に罪を着せることもできますよね。 校長先生という一番子供達を大切にしている存在でありながら、実は事件の黒幕犯人だったという残酷な結末の可能性も高いと思い、石沢秀夫が黒幕というのもあり得ると予想しました。 竹内涼真(田村心)は、泊まる場所が無くなって、小学校に寝泊まりしたところ、起きると足に奇妙なイラストが挟まっていました。 学校関係者なら簡単に入ることができますし、もし田村心が寝ていた部屋に鍵を掛けていたとしても、石沢秀夫ならスペアキーを使って中に入ることも簡単にできますよね。 もし、石沢秀夫が犯人だった場合、田村心を犯人に仕立て上げる可能性もあります。 過去では鈴木亮平(佐野文吾)でしたが、過去が変わって田村心が犯人として捕まってしまうかもしれないので、石沢秀夫に近づきすぎない方がいいですね。 怪しい人物が多すぎて訳が分からなくなってしまっている方も多かったです。 本当にみんなが怪しく見えて、全員がグルなのではという考えも出てきますよね。 スポンサーリンク テセウスの船考察!犯人笹野高史(石沢秀夫)はどんな人物? 「テセウスの船」の笹野高史さんが演じる石沢秀夫は、ドラマの中ではどんな役どころになっているのか、ご紹介していきます。 笹野高史(石沢秀夫)は、音臼小学校の校長先生を務めています。 音臼村で起きた事件の被害にあわず、学校関係者で生き延びている人物です。 絵を描くことが趣味という一面も持っています。 竹内涼真(田村心)を小学校の教師に雇うことを決めた人物で、明るくユーモアのある人物です。 しかし、校長室に一人でいるときは、鉛筆を真顔で鋭く研いでいる一面もあり、謎めいている部分も見えます。 田村心が長谷川翼を殺した容疑と、三島明音を誘拐して監禁した容疑を掛けられ、捕まってしまったあと、釈放されて石沢秀夫に迷惑をかけたことを謝りに行くと、いつも通りのユーモアを見せて許してくれました。 しかし、田村心が校長室から出て行く姿を真顔で見つめる怖い姿もあったのです。 スポンサーリンク テセウスの船黒幕共犯者まとめ 今回は 「テセウスの船黒幕は校長の笹野高史 石沢秀夫 !?共犯者を考察!」と題して黒幕犯人は校長先生の笹野高史演じる石沢秀夫なのか?お届けしていきました。 TBSで放送されている「テセウスの船」 黒幕犯人は音臼小学校の校長先生である笹野高史(石沢秀夫)なのか?共犯者の考察をご紹介していきました。 本当に校長先生が生徒達を毒殺した黒幕犯人だった場合、怖すぎて子供達は誰を信じていいか分からなくなってしまいそうですね。 鉛筆を真顔で研いでいる様子を何度も見えるため、奇妙なイラストを描いているのは笹野高史(石沢秀夫)なのか、それとも別の人物なのか気になるポイントです。 あんなにユーモアのある優しい校長先生が黒幕とは思えないので、黒幕犯人だった場合意外な人物ではありますよね。 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次の