新型 ハリアー。 「ハリアー」モデルチェンジは2020年6月発売決定!スペックや新型画像

「ハリアー」モデルチェンジは2020年6月発売決定!スペックや新型画像

新型 ハリアー

ハリアー フルモデルチェンジの魅力一覧|買いとなるポイント 新型ハリアー カッコいい高級感あふれるデザインを継続採用 新型ハリアーのエクステリアに関しては、 エレガントな雰囲気を持つの都市型クロスオーバーという 改良前のイメージを引き続き採用したキープコンセプトとなっています。 改良後は クーペスタイルが強くなった所がポイントで、カムリのSUVバージョンにも見えるスタイルに。 ちなみにフルモデルチェンジ前は、サイドウインドウのメッキモールはウインドウ下部のみにしか装備されていませんでしたが、新型ハリアーのメッキモールは レクサスのSUVのようにウインドウを一周させるデザインへと変更されています。 まるでレクサス!?新型ハリアーのリアテールライトは一直線のデザインに 新型ハリアーのリアのテールランプのデザインに関しては、 横一直線のスタイルとになっている所も大きな魅力の一つ。 同じく一直線のテールライトを採用するレクサスUXを彷彿させるデザインなだけに、新型ハリアーはレクサス並みのSUVと感じさせられるポイント。 新型ハリアー TNGA-Kプラットフォーム採用でCセグからDセグへ格上げ 新型ハリアーには、カムリやRAV4に採用されているDセグメント向けの トヨタ新世代プラットフォームのGA-Kプラットフォーム活用されています。 これは、改良前の CセグメントからDセグメント車へ格上げされたと言えます。 新型ハリアー 12. 3インチの大型モニター採用!内装デザインもRAV4より豪華 新型ハリアーの最上級グレードに関しては大型ディスプレイとなる 12. 3インチのSDナビモニターが設定される所がポイントです。 インテリアデザインもRAV4と差別化されており、質感が高く、 馬の鞍をイメージされた幅広く堂々としたセンターコンソールや、それを挟み込むインストルメントパネルとの組み合わせが迫力を感じさせます。 目新しい装備が2つ|録画のできるミラーと調公式ムーンルーフ 新型ハリアーの注目装備としては、 録画機能付きの電子ミラー(デジタルインナーミラー)がトヨタで初採用されるということ。 走行中の前後方向の映像を録画することが可能となっています。 また、 最上級グレードにはオプションで調光式のムーンルーフ「電動シェード付パノラマルーフ」が採用される所もポイントです。 新型ハリアー ハイブリッドの4WDシステムE-Fourを設定 新型ハリアーには、トヨタのハイブリッド用4WDシステム 「E-Four」が採用される所は数ある魅力の一つ。 特に雪国に住む人にとっては買いとなるポイントと言えるでしょう。 LTA搭載で高速道路の運転負担が大幅軽減 新型ハリアーの先進装備には第2世代トヨタセーフティセンスが搭載されますが、その中で 注目の機能がLTA(レーントレーシングアシスト)。 これは、車線の中央を維持してくれる機能であり、ACCと組み合わせて使用することで高速道路等での運転が楽になります。 ハリアー フルモデルチェンジで微妙なポイント 新型ハリアーはボディサイズがややデカい 新型ハリアーのボディサイズは、 全長4,740mm、全幅1,855mm、全高1,660mm、ホイールベース2,690mm。 1,850mmを超えたことでマンション等で駐車場の車幅制限にひっかかる可能性があるため、後5㎜小さければと思うユーザーも少なくないでしょう。 新型ハリアーに3列シート7人乗りモデルはなし 新型ハリアーには3列シート7人乗りモデルが設定されていません。 ハリアーの兄貴分となるレクサスRXも3列シートを追加したり、 ミニバンユーザーの受け皿となったマツダの3列シートSUV CX-8がヒットしているだけに、新型ハリアーに7人乗り3列シートモデルがないのは惜しい所。 これはミニバンを廃止したマツダと違い、トヨタとしてはハリアーと価格帯も近いミニバンのアルファードと競合させないためなのかもしれませんね。 新型ハリアーにターボ搭載なし|NAガソリンとハイブリッドの2本立て 改良前のハリアーには2. 0L 8AR-FTS ターボエンジンが搭載されていますが、 新型ハリアーにはターボモデルが設定されません。 発売時は、 2. 0L NAモデルとハイブリッドモデルの2本立てとなります。 ターボ搭載を期待していたユーザーにとってはがっかりしたポイントとなります。 開閉しないルーフと限定される調光式のオプション 魅力の一つでもある「電動シェード付パノラマルーフ」ですが、最上級グレードにしかオプション設定されないという所が惜しいポイント。 革新で魅力的な装備なだけに出来れば全グレードでオプション設定可能にしてほしかった所。 また、開閉式ルーフを希望するユーザーのためにも、従来の開閉式ルーフのオプション設定もあれば良かったのになと筆者は思います。 新型ハリアーにはこれらの機能が搭載されると発表されていないことを考えると、採用が見送られていると思われます。 充分な先進装備を備える新型ハリアーですが、実用間近の進化したトヨタセーフティセンスが発表されているだけに、それを搭載というサプライズが欲しかった所。 新型ハリアー フルモデルチェンジで買いか 以上、新型ハリアーの魅力的なポイントと微妙と思えるポイントを解説しました。 筆者として新型ハリアーが買いかどうかというと、 現行型ハリアーが好きだった方には買いだと思います。 デザインはキープコンセプトでかつ、最新のプラットフォームや機能が盛り込まれており、相当充実した進化と言えます。 ただ、 2021年あたりにハリアーのライバル車種となる新型SUV(日産エクストレイル、アリア、スバル アウトバック等)登場の可能性も高まっていることから、今すぐ車を買わないといけないということでないならば少し様子見をするのもありかと。 新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

次の

新型トヨタ・ハリアーのエアロパーツ続々!今回はSUV専門「クライメイト」から

新型 ハリアー

7年ぶりのフルモデルチェンジとなるもので、1997年12月発売の初代モデル以来、従来のカテゴライズに捉われない「都市型SUV」として新ジャンルを切り拓いて来たモデル。 同社によると今回の新型ハリアーは、見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視し、「より人生を豊かにするパートナーとしての存在」を目指したそうです。 新型ハリアー(左)と現行モデル(右)のエクステリア比較 エクステリアではツインでL字型に発光するヘッドランプ内のDRL(デイタイムランニングランプ)が目を惹くとともに、リヤ廻りでは水平基調を強調したリアコンビネーションランプがハリアーの新型であることを主張しています。 トヨタ初採用となる前後方向映像を録画可能なデジタルインナーミラー(上)と調光式ガラスルーフ(下) 新型ハリアー(上)と現行モデル(下)のインテリア比較 クルマの骨格となるプラットフォームには、TNGAプラットフォーム (GA-K)を採用。 ボディの高剛性化・低重心化を図り、ドライバーの感性を重視した乗り心地と走りを両立。 サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにダブルウィッシュボーン式を採用しており、徹底した走り込みとチューニングにより、重厚感としなやかさをあわせ持つ「乗り味」を追求したそうです。 1kgm)および直4直噴2. 5kgm)+モーターのハイブリッド(システム出力 2WD:218ps、4WD:222ps)で、新型では双方に4WDと2WD(FF)を設定。 これまでハイブリッド仕様に無かったFFモデルの設定がトピックスとなります。 安全装備では予防安全パッケージとして「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。 車両価格は未発表ですが、安全性能の強化などに伴うコストアップで数十万円アップとなる見込みで、ゴールデンウィーク明けには先行予約が開始される模様。 ついに姿を現した新型「ハリアー」の発売が待たれます。 (・画像:トヨタ自動車) 【関連記事】 モデルチェンジが目前に迫ったトヨタ・ハリアー。 人気SUV・RAV4との差別化は? 新型トヨタ・ハイランダーのスポーツモデル「XSE」グレードが新登場 5代目トヨタ「RAV4」が3年ぶりに国内市場向けに復活した背景とは? 【関連リンク】 新型トヨタ ハリアー特設サイト by カテゴリー : , , タグ : , , ,.

次の

【新型ハリアー最新情報】価格・値段/内装/燃費/カラー/サイズ/カタログはいつ?などまとめ

新型 ハリアー

ハリアーは、1997年に初代モデルを発売して以来、従来のカテゴライズにとらわれない「都市型SUV」 *1として新たなジャンルを切り拓き、先導し続けてきました。 今回の新型ハリアーは、見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視。 実用性や数値一辺倒ではない、人の心を優雅に満たしてくれるただひとつの存在を目指しました。 他のSUVと一線を画す、シンプルながらもエレガントさと逞しさが融合した流麗なクーペフォルム。 乗り込んだ瞬間に分かる、安心感に包まれる上質な室内空間。 走り出せば感じる、意のままの走りが醸し出す心地よさや、静かな車内でごく自然に仲間と会話ができる楽しさ。 こんなハリアーとの時間が、心豊かにしてくれます。 新型ハリアーの主な特長• 流麗でスタンスの良いプロポーション• フロントアッパーグリルからヘッドランプへと流れるような連続性により、精悍かつシャープな印象を際立たせたフロントビュー。 シンプルな構成でありながらもダイナミックにボディ断面が変化しているサイドビューが、豊かな表情を創出するとともに強い動感を表現• 絞り込まれたクーペキャビンと、スポーツカーのように左右に張り出したホイールハウスとの組み合わせが、大らかな逞しさを演出するリヤビュー。 細く、鋭く、横一文字に光るテールランプとストップランプが圧倒的な存在感を付与• プレシャスブラックパールをはじめ、彩度を抑えたカラーを中心に全7色を設定。 陰影の美しい変化をアピール• 心地よい、上質な室内空間• 馬の鞍をイメージし、幅広く堂々としたセンターコンソール。 それを挟み込むインストルメントパネルとの組み合わせが「大らかな逞しさ」を演出し、その個性を強調• インストルメントパネルから左右のドアトリムにかけて、ボリューム感豊かに、大らかな広がりを演出。 包み込まれるような安心感と居心地の良さを提供• 厚革を曲げてできる自然なシルエットをイメージし触り心地にもこだわったレザー調素材や、「曲木(まげき) *3」に着想したウッド調加飾、パイピング加飾を随所に配し、さりげない上質感を演出• 調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフをトヨタ自動車初採用。 調光時には、障子越しのような柔らかい光が差し込む上質な空間を醸成• コントラストを抑えたブラウン、グレー、ブラックといった3色の内装色。 落ち着いた雰囲気でシックな大人の室内空間を表現• 走る歓びと上質な乗り味• クルマの骨格となるプラットフォームには、TNGAプラットフォーム(GA-K)を採用。 ボディの高剛性化・低重心化を図り、ドライバーの感性を重視した乗り心地と走りの両立を追求• サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにダブルウィッシュボーン式を採用。 バランスの取れた高剛性ボディにおいて、前後のサスペンションジオメトリを最適化。 徹底的な走り込みとチューニングを重ね、重厚感としなやかさを併せ持つ「乗り味」を追求• 走り出した瞬間や高速走行時の車両挙動の収束性を向上するため、極微低速域 *4でもスムーズなストロークの動きを確保したショックアブソーバーを採用。 接地感あるフラットな乗り心地を実現• ブレーキ制御によりコーナリング中のアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシストを搭載。 切り始めのレスポンスが良く、軽快な操舵感を持つ電動パワーステアリングと相まって、意のままに車両をコントロールする心地よさを実現• TNGAによって一新した最新のダイナミックフォースエンジンとDirect Shift-CVTを搭載。 ハイブリッド仕様には2WD車を設定し選択肢を拡張• 「安全・安心」「快適・便利」な先進装備• 歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備• 駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などの安全・安心をサポートする装備も充実• 走行中の前後方向映像を録画可能なデジタルインナーミラーをトヨタ自動車初採用• アクセサリーコンセント(AC100V/1500W)をハイブリッド車に設定。 家庭用と同じコンセントを通じて、電化製品を使用できるほか、停電などの非常時には発電機として使用可能• T-Connect SD ナビゲーションシステムは、12. 3インチTFTタッチワイドディスプレイを採用し、SDL*5などのスマートフォン連携機能*6にも対応。 JBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)が、先進かつ臨場感のある音響空間を構築 (数値は社内測定値) ハイブリッド仕様 ガソリン仕様 駆動方式 2WD(FF) 4WD 2WD(FF) 4WD 全長/全幅/全高(mm) 4,740/1,855/1,660 ホイールベース(mm) 2,690 トレッド(Fr/Rr)(mm) 1,605/1,625 最低地上高(mm) 190 195 車両重量(kg) 1,710 1,770 1,620 1,680 最小回転半径(m) 5. 800 フロントモーター型式 3NM - 最高出力(kW[PS]) 88[120] - 最大トルク(N・m[kgf・m]) 202[20. 6] - リヤモーター型式 - 4NM - 最高出力(kW[PS]) - 40[54] - 最大トルク(N・m[kgf・m]) - 121[12. 駆動力、4WD、ブレーキ、ステアリングを統合制御。 ドライブモードセレクトの走行モードに応じ、各制御を最適化。 優れた操縦安定性と走破性、そして快適な走行性能を実現 ダウンロード(画像)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (内装色 : ブラウン)• プロトタイプ (内装色 : ブラウン)• プロジェクター式 LEDヘッドランプ• プロジェクター式 LEDヘッドランプ• パターンコーディネーション (カップホルダー部)• パターンコーディネーション (ドアトリムスピーカー部)• パイピングオーナメント• 調光パノラマルーフ (シェードオープン)• 調光パノラマルーフ (シェードオープン/調光状態)• 調光パノラマルーフ (シェードクローズ)• デジタルインナーミラー (前後方録画機能付)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)• プロトタイプ (プレシャスブラックパール)•

次の