ワイモバイル 機種 おすすめ。 【2020年最新】ワイモバイルのスマホ おすすめ機種をサイズ・性能・価格で比較!

Ymobile(ワイモバイル)のおすすめ機種(スマホ)を紹介

ワイモバイル 機種 おすすめ

ワイ吉 Yモバイルでスマホをセット購入予定の方。 Yモバイルはスマホのラインアップが豊富で選択肢が多い分ありがたいのですが… 逆に多すぎてどれが結局いいのかわからなくなってしまいませんか? 特にYモバイル独自のandroid oneシリーズは「android oneってそもそも何?どこのメーカー?」ってなってしまいますよね(笑) そこで、今回は生粋の格安スマホオタクである私が 今オススメのYモバイルスマホ6機種をご紹介します。 私はこれまで20種類以上のスマホを所有し、それぞれの特徴や使いやすさを研究してきました。 ですから、それなりの知識はあると自負しています。 そんな私がオススメ6機種を選抜し、各スマホのスペックや特徴をまとめるとともに、 どういった人に向いているかも1つ1つ丁寧に解説しています。 どれにすれば迷ってしまう人はとりあえずこの6機種の中から選べば間違いありません。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 ワイ吉 ライトユーザー向けのエントリーモデルからスペックの高いモデルまで用意されており、幅広い人が選びやすいです。 なお、この表にあるのはYモバイルのオンラインストアで取り扱っている機種です。 実店舗ではオンラインストアでの取り扱いが終了した古い機種を販売していることもあります。 古い機種を使いたいという人は近くの店舗にも足を運んでみると良いでしょう。 ワイモバイルにはiPhoneの取り扱いもあり! YモバイルではAndroidだけでなくiPhoneも取り扱っています。 海外版やメーカー製備品ではなく、Appleの正規版iPhoneです。 格安SIMで正規版のiPhoneを取り扱っているところは少ないので貴重ですね。 関連記事 今月のワイモバイルのオススメ人気スマホ:こんな人にはこれ! では、早速Yモバイルのオススメスマホをみていきましょう。 今月Yモバイルで購入できるスマホの中でも、とくにおすすめのスマホは以下の6機種です。 機種名 特徴 HUAWEI P30 lite 手頃な価格でトリプルレンズカメラ搭載の高コスパモデル Xperia 10 II 有機ELとトリプルカメラを搭載した手ごろなXperia Android One X5 防水とおサイフケータイ対応のハイスペックモデル Android One S7 大容量バッテリー搭載のAndroid One最新モデル Libero S10 低価格ながらデュアルレンズカメラを搭載したエントリーモデル iPhone 7 高スペックでFelica機能付き 迷ったときは、この6機種の中から選べば間違いありません。 ymobile. 4mm 重量 約159g OS Android 9 CPU Kirin 710(オクタコア) メモリ 4GB ストレージ 64GB バッテリー 3,340mAh 画面サイズ 6. ymobile. 2mm 重量 約151g OS Android 10 CPU Snapdragon 665 メモリ 4GB ストレージ 64GB バッテリー 3,600mAh 画面サイズ 6. ymobile. 9mm 重量 約158g OS Android 9 CPU Snapdragon835(オクタコア) メモリ 4GB ストレージ 32GB バッテリー 3,000mAh 画面サイズ 6. 防水とおサイフケータイを利用したい方• スペックやカメラ性能が高いハイスペックモデルを使いたい方 Android One Sシリーズの最新モデルで、韓国のLGが開発をしています。 X5はAndroid Oneシリーズ史上最高クラスのスペックとカメラを搭載しているのが特徴です。 CPUにはハイエンドモデル向けの「Snapdragon 835」を搭載しており、3Dゲームもサクサク動作しますし、メモリも4GBと大容量です。 カメラはAIに対応し、被写体に最適なモードを自動で選んでくれます。 また、暗所撮影用の「スーパーブライトモード」を搭載しており、きれいな夜景を撮影することも可能です。 ymobile. 9mm 重量 約167g OS Android 10 CPU Snapdragon 630(オクタコア) メモリ 3GB ストレージ 32GB バッテリー 4,000mAh 画面サイズ 5. ymobile. 4mm 重量 約165g OS Android 9 CPU SDM450(オクタコア) メモリ 3GB ストレージ 32GB バッテリー 3,100mAh 画面サイズ 5. iPhone SE:120万画素• iPhone 6s:500万画素• iPhone 7:700万画素 となっており、iPhone SEや6sより画素数が向上しています。 そのため、iPhone 7のほうがきれいな自撮りを撮影可能です。 アウトカメラの性能はほぼ同じなので、iPhone 7は自撮りをメインに撮影する人に向いていますね。 CPUのA10 Fusionは最新モデルのA13と比べると3世代も古いです。 それでもスペックは比較的高く、 iPhone 7でもたいていの3Dゲームはサクサク動きます。 約2万でトリプルレンズカメラ搭載の圧倒的なコスパを誇るHUAWEI P30 lite• 有機ELとトリプルレンズカメラを搭載したXperia 10 II• 低価格ながらデュアルレンズカメラを搭載しているLibero S10• 標準サイズ高スペックで使いやすいiPhone 7• Yモバイル公式ストアとYモバイルオンラインストアはキャンペーンに違いがある• 古いスマホを下取りに出すこともできる Yモバイルのスマホ選びで迷ったら、とりあえず今回紹介した6機種から選べば間違いないです。 HUAWEI P30 lite:手頃な価格でトリプルレンズカメラ搭載• Xperia 10 II:有機ELとトリプルレンズカメラ搭載• Android One X5:防水・おサイフケータイ対応かつハイスペック• Android One S7:大容量バッテリー搭載かつ防水・耐衝撃・おサイフケータイ対応で2万円台• Libero S10:低価格ながらデュアルレンズカメラを搭載したエントリーモデル• iPhone 7:高スペックでFelica機能付き それぞれ特徴や向き・不向きがあるので、自分のスマホの使い方に合ったものを選びましょう。 また、最後の方でご紹介しましたがスマホセットを契約する場合、と、のどちらかを利用できます。 どちらを利用しても契約するのはYモバイルですが、 キャンペーンが異なります。 せっかく契約するんですから、最もお得な方法を見つけたいですよね? それには、 契約元をきちんと選び、キャンペーンを賢く併用することが大切です。 詳細は以下の記事でまとめていますので契約前にぜひ覗いてみてくださいね。 なお、Yモバイルへの乗り換え方法は「」でご紹介しています。 初心者の方でもわかりやすい構成になっていますので、こちらも合わせて参考にしてみてください!.

次の

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えはお得か節約主婦が検証

ワイモバイル 機種 おすすめ

【2020年4月更新】 皆さんこんにちは。 もどくんちゃんねるのモドです。 今日はワイモバイルのおすすめランキングを紹介していきます。 ワイモバイルは会社ではあるものの、の子会社であるため、安いのに大手キャリア3社と同様の通信速度が出るというのが大きな魅力ですね。 実は僕も最近から、ワイモバイルに変えて、非常に満足しております。 まあ今回はそんなワイモバイルが販売している機種を紹介していくわけですが、そもそもワイモバイルの回線は優秀ですが、 をここで買うのはおすすめしません はっ? って思うかもしれませんが、もう1度言いますがワイモバイルはの子会社であるためか、 性能の高い機種は販売していないからです その証拠にワイモバイルが扱っているはもう3世代も前のiPhone7です。 アンドロイドでもハイエンド端末は販売しておりません。 僕の持論としてはは毎日欠かさず使うものであるため、たとえゲームをしない人であっても処理性能はの快適さなどにも強く影響するため、ハイエンド端末を買うべきだと思っています。 そのためおすすめしません 最善の方法はアマゾンやなどでのアンドロイドまたはを買い、 ワイモバイルの回線を使うというのがよいと思います。 しかし、 「それだとよくわからないから怖い!」 という方のためにおすすめ機種をランキング形式で紹介します。 あとゲームをバリバリしたいぜ!という方はワイモバイルでを買わないほうがいいです これから紹介するはすべてゲームは苦手です SoCはわかりやすいようにCPUと書いています 目次• 第1位 P30 lite 機種代金 10080円 ワイモバイルで機種を買うならダントツでこのがおすすめです。 はカと問題で今後が心配ではありますが、 実際問題、世界第2位のメーカーであり、その製品のクオリティもピカイチです。 格安であるのにiPhone11のような 3眼カメラ(標準、超広角、レンズ) を搭載し、撮影や超広角撮影にも対応。 さらには現在最も優れたカメラをつくメーカーとして知られており、この機種は下位機種ではあるものの、十分にきれいな写真を撮ることができます。 さらに、ベゼルレスな大画面ディスプレイや、急速充電にも対応しており、 処理性能はの中では中間クラスですが、ワイモバイルが発売しているの中では最高クラスです。 非常に満足できる機種になっていると思います。 第2位 LG one X5 機種代金 36720円 こいつの強みは何といっても CPU(正確にはSoc が2年前のハイエンドと同じ スナップドラゴン835を搭載している点です。 2年前とは言えハイエンド端末向けCPUを搭載しているため、サクサク動くし、ある程度のゲームをすることもできます。 そしてイヤホンジャックも搭載しており、さらにLGはオーディオ面に力を入れているため高音質で音楽も楽しめます。 さらに 防水防塵にも対応! カメラ画質は普通かな。 ややお値段は高いですが十分価値はあると思います。 第3位 One S7 機種代金 25,200円 のです。 搭載しているCPUは第4位のと同じ スナップドラゴン630 で処理性能は全く同じで、こちらが1万円安いです。 正直言ってデザインはあまりいいとは思いませんが、らしく、• きれいな液晶• 電池長持ち• 耐衝撃 などしっかりしています。 特にとがった機能もないですが、必要十分な機能は備わっており 良くも悪くも普通のです この値段ならにコストをかけたくない人は全然ありだと思います。 第4位 8 機種代金 34560円 日本製じゃないと嫌だ!っていう方にはこの機種一択でしょう。 のエクスペリアです。 気を付けてほしいのはと聞くとすべてハイスペックな機種だと勘違いされる方が多いで思いますが、こちらの機種は下位モデルのため、ミドルレンジモデルに分類されます。 しかしカメラやディスプレイなどに力を入れており、 2眼カメラ(標準、望遠2倍) を搭載しており撮影なども可能です。 しかし、 iPhone11のような超広角カメラはないことに注意が必要です そのほかの特徴としてはこの価格帯では珍しい 防水、防塵 に対応しているのも強みです。 デザインもなかなか個人的にはかっこいいと思いますし、 イヤホンジャックもついてます! 機種代金が他よりもやや高いのは難点ですね 第5位 P20 lite 機種代金10440円 第1位の機種の1年前のモデルです。 なぜか値段が新しいほうが安いという謎現象が起きいます(笑) 正直の1年の進化は早いので、こちらを選ぶ理由はないですが、ほかにいい機種がないため2位にランクインとしました。 ちなみにこちらは超広角カメラはついていません 第6位 7 機種代金 32GB版 32400円 128GB版 43200円 みんな大好きです。 まず初めに買うなら32GBモデルは使い物にならないので128GBモデルを買いましょう。 正直言って3世代も前の機種のため今さら買うなら絶対にで新型iPhoneSEを買ったほうが良いとは思いますが、 一応3世代前とはいえ当時のフラッグシップなので、1位のよりも処理性能だけで見れば高いので、重いフォートナイトやPUBGなどをやらないのであればまだ現役で使えます。 ただし、カメラ性能などはやはり古いので、1,2,3位に挙げたたちよりは劣り、カメラも一つしかついていません。 なのででほぼ同じような値段の iPhoneSE買ったほうがいいです。 第7位以降 残りのすべて(買うな) きつい表現になってしまいましたがこれらで上げた以外の機種は 買わないほうが良いです。 理由は• 古すぎる• 処理性能が低すぎる のどちらかに当てはまり もよくありません 買うメリットは全くないので買わないようにしましょう! まとめ 今回はこんな感じでおすすめランキングをまとめてみました。 ただし、最初にも言いましたが、 で端末だけ買って、ワイモバイルと回線契約のみをする というのが一番だと思います。 いま買うなら• iPhoneSE• RenoA がいいです。 こちらの記事におすすめをまとめているのでぜひ見てください。 ではモドでした。 ばいげーーん! やってます。 チャンネル登録よろしく KANSONINGEN.

次の

ワイモバイルのおすすめ機種【機種変更・乗り換え】iPhone以外もあります!

ワイモバイル 機種 おすすめ

ワイモバイルで機種変更はできる?機種変更できる場所は? これから「ワイモバイルを契約したいけど、 機種変更できるの?」と思っている方もいるかもしれません。 格安SIMは従来の通信会社と異なるサービス展開をしているので、分かりにくいと感じている方もいるのではないでしょうか。 まず、ワイモバイルで機種変更できるかどうかについて解説していくので、気になった方はチェックしてみてください。 ワイモバイルで機種変更はできます! 結論から言うと、ワイモバイルで機種変更することは可能です。 機種変更の方法は 店舗と WEBの2種類があるので、機種変更する流れと機種変更の方法におけるメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。 機種変更の方法を解説 それでは、実際に機種変更する流れを解説していきます。 店舗で機種変更する場合とWEBで機種変更する流れは異なるので、どちらが自分に向いているかを確認しながら見てください。 店舗で機種変更する流れ 店舗で機種変更する場合は基本的には店舗側で行ってくれるため、 WEBでの機種変更と比較すると手間や負担は少ないです。 店舗で機種変更する場合の流れを解説するので、ぜひ参考にしてください。 契約に必要なものを用意する 店舗に行く前に契約に必要なものを用意します。 必要なものは以下の通りです。 本人確認書類 運転免許証、パスポートなど• 現在使っている機種• 手数料 上記に記載したものは契約する際に必ず必要になります。 忘れてしまうと契約できないので、注意しましょう。 店舗に行き、契約を行う 店舗に足を運んで、契約をします。 希望する端末があれば、ここで店員さんに伝えましょう。 端末に関する質問も店員さんに聞くことで答えてもらえます。 特に問題がなければ、スムーズに契約することができますよ。 機種変更した端末で使用開始 契約した後は設定してもらった端末で使用することが可能です。 契約に必要な書類を忘れなければスムーズに機種変更できるので、 書類は忘れないようにしましょう。 ワイモバイルはノジマでご契約いただけます!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。 WEBで機種変更する流れ 機種変更する流れと同時にWEBでの申込み方法も解説していくので、WEBで機種変更を検討している方はぜひチェックしてください。 機種変更を申し込む まず、にアクセスし、機種変更したい端末を決めていきます。 端末の種類を最初に決めていくので、画像の丸印で囲んであるところから機種の種類を選択します。 引用元: 次に機種変更したい機種を決めて、クリックします。 機種のページにアクセスすると、本体カラーの選択や契約方法などを選択できるので、自分に当てはまるものにチェックを入れていきます。 MNPを希望される方は「のりかえ」をチェックしましょう 機種代金は分割にしても金利がかからないので長くご利用されるのであれば36ヶ月をオススメします。 データ増量オプションは1年間無料なのでチェックは入れたままがオススメです。 引用元: 全てにチェックが付いたら明細を確認して、「ご購入手続きへ」を押します。 後は指定された通りに進めていけば、申し込み完了となります。 手続きを深夜に行った場合は、審査の完了に時間がかかる場合があります。 各種設定を行う 機種変更の申込みが終われば、端末が指定した住所に届きます。 端末と一緒に設定方法が記載されている書類が届くので、書類通りに進めていけばできるはずです。 分からなくなったら、カスタマーセンター連絡してみてください。 機種変更した端末で使用開始 設定を行った後は機種変更した端末で使用開始となります。 端末の不具合等があった場合はカスタマーセンターに連絡することで対応してもらえるので、気軽に連絡してください。 関連記事はこちら 店舗で機種変更するメリット・デメリット 機種変更は店舗とWEBで可能なことが分かりました。 ですが、「店舗とWEBのどっちで機種変更するか悩む」という方もいるかもしれませんね。 そこで、最初に店舗で機種変更するメリットとデメリットを解説します。 店舗・WEBでの機種変更にはどちらもメリット・デメリットがあるので、メリットが当てはまった方で検討してみてください。 店舗で機種変更するメリット 最初に店舗で機種変更するメリットを解説します。 簡単に機種変更することができる 店舗で機種変更するメリットの1つが、 簡単に機種変更できる点です。 店舗に足を運んで機種変更をする場合は、初期設定等を店員さんにやってもらえるので簡単に機種変更ができるのが魅力になります。 初期設定のやり方が分からない方や、手間を省きたい方は店舗で機種変更するのがオススメですよ。 分からないことはすぐに聞ける スマホの機種変更したことがある方なら、新しい端末の使い方や操作に苦労したことがあるかもしれません。 同じメーカーのスマートフォンに機種変更すれば、操作方法は変わらないかもしれませんが、違うメーカーにしたら苦労したという話も良く耳にしますね。 そんな悩みも店舗で機種変更すれば、 すぐに疑問を解消できます。 カスタマーセンターでは、言葉でしか伝えることできないので直接教えてもらえるのは助かりますよね。 店舗で機種変更するデメリット 次に店舗で機種変更するデメリットを解説します。 店舗に足を運ばなければならない 店舗で機種変更するデメリットの1つは 店舗に足を運ばなければならないことです。 当然のことですが、店舗に足を運べない場合は店舗での機種変更ができません。 近くに店舗がない、店舗に行くのが大変な場合はWEBでの契約がオススメになります。 待ち時間がかかる場合もある 店舗に足を運んで機種変更をする場合では、 待ち時間がかかる場合もあります。 待ち時間は店舗の場所や時間帯によって異なりますが、平日の午後6時以降や土日に関しては仕事終わりや仕事が休みの方が来る可能性が高いので、待ち時間が発生する可能性が高くなります。 店舗で機種変更する際には、時間の余裕を持って行きましょう。 WEBで機種変更するメリット・デメリット 先程は店舗で機種変更するメリット・デメリットを解説しました。 対するWEBでの機種変更にもメリットとデメリットがあるので、それぞれ解説していきますね。 WEBで機種変更するメリット まず、WEBで機種変更するメリットを解説します。 店舗に足を運ぶ必要がない 店舗で機種変更するデメリットの反対にはなりますが、WEBで機種変更を申し込んだ場合は 店舗に足を運ぶ必要がない点がメリットになります。 外出できない場合にも機種変更できるのが、WEBで申し込む最大のメリットですね。 24時間どこでも申し込める WEBで機種変更する場合は、インターネットの接続環境と契約する際に必要な身分証明書などが揃っていれば 24時間どこでも申し込めるのがメリットですよね。 故障などで急にスマートフォンが動かなくなった場合にも安心できますよ。 WEBで機種変更するデメリット 次にWEBで機種変更するデメリットを解説します。 機種を体験することができない 店舗ではスマートフォンの端末が置いてあるので、機種変更する前に自分で触れてみて動作を確認することができますが、WEBで機種変更する場合は 端末を体験することができません。 端末を体験せずに契約すると、端末が届いた時に「思ったのと違う」と感じることがあるので、店舗に行けない場合でも、家電量販店等で端末の取り扱いがある場合は、端末を体験してみるといいかもしれませんね。 設定は自分でする必要がある WEBでの機種変更では、申込み後は自宅に端末が届きます。 その端末は電話回線等が設定されていないので、 自分で設定をする必要があります。 設定に関しては付属の資料に分かりやすく記載されてすぐ終わりますが、手間がかかるのが嫌な方は店舗で契約するのが良いかもしれませんね。 機種変更で迷うなら店舗がオススメです 先程は店舗での機種変更とWEBでの機種変更のメリット・デメリットを紹介しましたが、「どちらにすればいいのか分からない」という方もいるかもしれません。 どちらか迷った時には 店舗での契約がオススメです。 端末の情報や操作方法、設定なども詳しく教えてもらえるので、安心ですよね。 分からないことは対面で教えてもらえるのも店舗で機種変更するメリットになりますよ。 おすすめの機種を紹介します 「機種変更できるのは分かったけど、どの機種が良いの?」と思う方もいるかもしれませんね。 ワイモバイルでは機種変更できる端末の種類が多いので、迷う方も多いのが事実。 そこで、最新の機種や人気の機種を4つ紹介するので、契約する機種で迷っている方は参考にしてみてください。 最新機種が良い人はこちらをチェック 最初に紹介するのが、ワイモバイルで取り扱っている最新の機種です。 最新の機種として紹介するのは、「Xperia 10 II」と「Android One S7」です。 どちらもワイモバイルで契約できる端末では新しいので、最新機種にこだわりたい方は要チェックですよ。 Xperia 10 II 「Xperia 10 II」はソニーが発売している人気シリーズの1つで、ワイモバイルで契約できる端末では1番新しい機種になります。 「Xperia 10 II」のオススメポイントは2つあります。 1つ目のポイントは カメラ性能が高いことです。 端末本体に「超広角レンズ」、「標準レンズ」、「望遠レンズ」の3種類レンズが搭載されており、レンズを切り替えて風景などを撮影することができます。 2つ目のポイントは 映像や画像をきれいに見ることができる点です。 ディスプレイに有機ELを採用しているので、色がきれいになっているので映画なども色彩豊かに感じますよ。 それ以外にも、防水防塵に対応していること、ソニーの強みである音質も体感できるので、音楽・映画などのエンタメを楽しみたい方にオススメの機種です。 Android One S7 シンプルで使いやすいスマートフォンを探している方は「Android One S7」がオススメです。 本体に初期からインストールされているアプリはかなり少なく、他の端末と比較して迷うことなく利用できます。 本体の性能に関しても大容量バッテリーを搭載、手ブレ補正付きのカメラ、防水防塵などもあるので、安心して使うことができますよ。 中でも、搭載されているバッテリーは劣化が少ないように設計されているので、長く端末を利用することができます。 シンプルで快適な操作を求めているなら「Android One S7」がオススメになります。 人気の機種が良い人はこちらをチェック 上記では最新機種を紹介しましたが、ワイモバイルで人気の機種も紹介していきます。 人気の機種として紹介するのは、人気シリーズの「iPhone7」と価格が魅力の「HUAWEI P30 lite」を紹介していくので、ぜひ確認してみてください。 iPhone7 ワイモバイルで取り扱っている端末で人気の1つが「iPhone7」。 アップル社が製造販売している、iPhoneシリーズの1つです。 「iPhone7」の1番の魅力が操作性。 iPhoneシリーズ全てに言えることですが、 スマホに詳しくない方でも簡単に操作することができる点が魅力となっています。 また、「iPhone7」はFelicaが搭載されているので、 おサイフケータイと同等の機能が利用できるのもポイントの1つになります。 モバイルSuicaにも対応しているので、「iPhone7」 1つで電車に乗車、買い物もできますよ。 ディスプレイサイズも最近のスマートフォンの中では小さい部類に入るので、女性にも扱いやすく大人気の機種となっています。 最新のiPhoneと比較すると少し前の端末になりますが、現役でも使える性能を持っているので、操作性を重視する方は「iPhone7」がオススメです。 HUAWEI P30 lite 「HUAWEI P30 lite」はスマートフォンの 価格を重視したい方にオススメの機種になります。 ワイモバイルで契約できる端末の中では安い価格で契約できるので、スマートフォンでゲームや画像処理など性能が必要になるアプリを使用しない方にオススメです。 「価格が安いから性能が悪いの?」と考える方もいるかもしれませんね。 しかし、「HUAWEI P30 lite」は価格以上に性能が良いです。 特にカメラに関してはAIが自動認識してくれる機能が付いているので、プロが撮るような写真が撮れることもあります。 本体のコストパフォーマンスを求めるなら、満足する機種となりますよ。 4機種のスペックを表にまとめました 先程紹介した4つの機種のスペックを表にまとめました。 比較も簡単にできるので、気になる方は確認してみてください。 5インチ 4. 7インチ 6. お得になる日は「5のつく日」と「ゾロ目の日」などでそれぞれ解説してきますね。 5のつく日 引用元: 最初に紹介するのが5のつく日に契約するとお得になるキャンペーンです。 5のつく日というのは 毎月5日、15日、25日が該当します。 毎月に3回もあるので、チャンスは多いですね。 5のつく日に行われるキャンペーンは最大で15,555円相当のPayPayボーナスライトがもらえるという内容になっています。 キャンペーンを使わず契約する場合にも、PayPayボーナスライトは付与されますが、 5のつく日に契約すると5,555円相当のPayPayボーナスライトが上乗せされるというかなりお得なキャンペーンです。 もらえるPayPayボーナスライトは契約するプランによって付与額が異なり、スマホベーシックプランLで15,555円相当、スマホベーシックプランMで12,555円相当、スマホベーシックプランSで10,555円相当となっています。 追加で付与されるポイントの量がすごいですよね。 そんなお得なキャンペーンですが、注意点が2点あります。 1つ目は ソフトバンクからの乗り換え、ソフトバンク回線を使用した他社格安SIMサービスからの乗り換えの場合はキャンペーンの対象外となる点です。 2つ目は PayPayボーナスライトの有効日が付与日から60日であることです。 60日を超えた場合はキャンペーンでもらえたPayPayボーナスライトが使えなくなるので、期限には注意してください。 同時にPayPayボーナスライトの出金・譲渡もできないので、気をつけたい点です。 PayPayボーナスライトはヤフオクやヤフーショッピングなどのインターネットサービスでも使えるので、ネットショッピングをよくする方にも嬉しいキャンペーンですね。 関連記事はこちら ゾロ目の日 月の日付がゾロ目の日にもワイモバイルで契約するとお得になります。 お得に契約できるゾロ目の曜日は月に2回あり、毎月11日と22日が該当します。 7月であれば、7月11日と7月22日ですね。 ゾロ目の日に契約するとスマホの端末本体を、下の画像のように安く契約することができるので、ゾロ目の日を狙って契約するのも良いのではないでしょうか。 引用元: 注意点としては5のつく日と同じく、 ソフトバンクからの乗り換え、ソフトバンク回線を使用した他社格安SIMサービスからの乗り換えの場合、ゾロ目の日に行われるセールの対象外となることです。 「契約したけどキャンペーンの対象外だった」という方が多いので、間違えないようにしましょう。 セールで契約できる端末については、随時変わる可能性もあるので、気になった方はぜひで確認してみてください。 まとめ 最後に店舗で機種変更するメリット・デメリットをまとめました。 店舗 WEB メリット 簡単に機種変更することができる 分からないことはすぐに聞ける 店舗に足を運ぶ必要がない 24時間どこでも申し込める デメリット 店舗に足を運ばなければならない 待ち時間がかかる場合もある 機種を体験することができない 設定は自分でする必要がある ワイモバイルは新規契約・乗り換えだけでなく、機種変更できることが分かりました。 契約できる機種もたくさんあり、行っているお得なキャンペーンもたくさんあるので、ぜひこの記事を参考にして、自分の気に入った機種をお得に契約してください。 ワイモバイルはノジマでご契約いただけます!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。

次の