ご返信ありがとうございます。 返信をありがとございますって英語でなんて言うの?

「ご連絡ありがとうございます」とは?使い方・メール例文・返信の仕方・英語表現を解説

ご返信ありがとうございます

上司の指摘やお叱りメールの返信は、素直にミスを認め、謝る• 謝るだけでなく、自分の気持ちを含めた文章作成を心がけよう 上司の指摘・お叱りメールに返信する際の注意点 指摘やお叱りメールが来ると、焦ってしまいどうしていいのかわからなくなる人も多いのではないでしょうか。 まずは、上司からミスを指摘された場合の正しい対応方法について確認してみましょう。 上司の親切心でミスを指摘している可能性もある 部下にとっては、叱られているように感じる上司からのメール。 しかし、上司は部下を気遣い、 親切心でミスについて教えてくれているケースがほとんどです。 指摘されたことに対してムッとしてしまうこともあるかと思いますが、自分が気づいていない事を指摘してくれることはありがたいもの。 成長を望んでいるからこその指摘だと思いましょう。 指摘をしてもらった際には、まず 指摘されたことについて、感謝を伝え、ミスは素直に謝ることが大切です。 もし、指摘された内容の何が間違っているかわからなければ、素直に聞くようにしてください。 上司からの指摘メールには丁寧にお礼の言葉を述べよう 「上司の指示で行った内容がミスだと言われた」「自分の責任ではなく、上司の伝言ミスなのに叱られた」というケースもあるかと思います。 そんなときでも決して感情的にならずに、まずはミスを指摘してもらったとこに対してお礼を伝えるようにしましょう。 」といった伝え方をすると、角が立ちません。 自分の確認漏れの可能性も考え、上司のミスを責めるような口調は避けましょう。 また、自分のミスが重大なものであれば、メールで返信した後に、直接会って再びお詫びの言葉を述べると丁寧な印象になります。 上司が親切心でミスを指摘している可能性があることを考える• 指摘メールには丁寧にお礼の言葉を述べる 上司からの指摘・お叱りメールの返信に使える表現「ご指摘ありがとうございます」 上司からミスの指摘やお叱りのメールをもらったら、感謝を伝え、丁寧に謝ることが大切であることを紹介してきました。 謝る際には、 「ご指摘ありがとうございます」「ご指摘いただきありがとうございます」といった表現が有効です。 以下にそれぞれの表現を用いた例文を紹介します。 ぜひチェックしてみてください。 「ご指摘ありがとうございます」の意味と使い方 「指摘」とは、「問題を指し示すこと」です。 ビジネスの場合、間違いや改善点を伝えることが「指摘」に当たります。 「ご指摘ありがとうございます」は、改善点や変えるべきところを伝えていただいてありがとうございますという意味です。 具体的な使い方は以下の通りです。 数々の有意義なご指摘ありがとうございます。 ご指摘ありがとうございます。 今後、同じミスのないよう注意します。 ご指摘いただきありがとうございます。 送付書類の不備に関して、大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。 ご指摘いただきありがとうございます。 今後はこのような不手際を起こさないよう、真摯に仕事に取り組んで参ります。 不備のご指摘いただきありがとうございます。 ご指摘の件につき以下の通りに訂正致したく存じます。 ご指摘いただきありがとうございます。 先日送付した資料を修正しましたので、ご査収のほどよろしくお願いします。 「ご指摘ありがとうございます」の間違った使い方 「ご指摘ありがとうございます」は、使いやすい言葉ではありますが、間違った使い方をしないように注意しましょう。 例えば「ご指摘いただきまして、新しく作り直した資料です」のような使用はNGです。 「ご指摘いただきまして、〜です」という使い方は一般的にしません。 上記の例は「ご指摘いただいた点を考慮に入れて、新しく作り直した資料です」とするといいでしょう。 「ご指摘ありがとうございます」の類語 「ご指摘ありがとうございます」以外にも、指摘していただいたことに対するお礼の言葉を確認しておきましょう。 「ご指摘ありがとうございます」の類語• 貴重なご意見ありがとうございます。 ご教授ありがとうございます。 教えていただきありがとうございます。 ご指導いただき、感謝しています。 指導とは、アドバイスや意見、間違いなどを教えてくださった時に使います。 指摘よりも幅広い意味があるので、状況に合わせて使い分けるといいでしょう。 上司からの指摘・お叱りメール、どう返信する? 返信メールを送る際は以下の文面を参考にしながら、お詫びの気持ちを示しましょう。 ====== 【例文】指摘・お叱りの言葉に対する上司へのお礼メール この度は、私の落ち度についてのご指摘ありがとうございます。 ご指摘いただいた通り、〜〜に誤りがございました。 申し訳ありませんでした。 今後はこのような事がないように、気を引き締めて職務に取り組んでいきたいと思っています。 引き続きご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。 ====== メールの返信をする際には、素直な気持ちを相手に伝える事が大切です。 返信メールを送ることも自体も大切ですが、せっかくの指摘事項をメールだけで片付けてしまうよりは、 実際に行動に移すほうがいいでしょう。 実際に行動に繋げることができて初めて、本当の意味で解決できます。 ステップアップのためにも、何度も同じ間違いをしないためにも、自分のダメな部分や失敗したところを認め、次の業務に活かしましょう。 上司から指摘された場合は、素直に受け入れ感謝の気持ちを伝えよう.

次の

フランス語の翻訳お願いします。 『返信ありがとうございます。○月○日か...

ご返信ありがとうございます

メールを受け取るたびにお礼の返信をするのは、デジタル時代にはもはや不要だ、という意見がある。 しかし、大量のメールに目を通していると、その1通1通の背後に書き手がいることを忘れてしまいがちになる。 「ありがとう」と伝える気持ちと行為がますます失われつつある現状に、ブレグマンが警鐘を鳴らす。 ジョンは販売会社のCEOである。 ある会議で、数階層下のスタッフであるティムの仕事ぶりに感銘を受け、本人宛にeメールを送り、そのことを伝えた。 ところが、ティムから返事は来なかった。 1週間後のある日、ティムはジョンのオフィスにいた。 管理職のポストに空きが出たため、志願していたのだ。 合格すれば昇進できる。 メールを受け取ったかどうかジョンが尋ねると、ティムは「はい」と答えた。 「どうして返信をくれなかったのだろう?」とジョンが尋ねると、ティムは答えた。 「その必要はないと思いました」 ティムは間違っていた。 ジョンのメールは、少なくとも「ありがとうございます」の一言に値するものだった。 結局、ティムは昇進できなかった。 とはいえ、もっとふさわしい人物を選ぶべきだ、とジョンに思わせる一因になったのはたしかだ。 些細なことにこだわりすぎだ、あるいは人を見る目がない、などとジョンを非難する前に、「ありがとう」と言うことの意味を考えてみよう。 まず、お礼の返信には、メールを受け取ったことを相手に伝えるという意味がある。 しかし、毎回お礼のメールを送る必要はないという意見も少なくない。 メールボックスがいっぱいになってしまうから、というのがその言い分だ。 だが、私はこの意見には反対だ。 受け取ったすべてのメールに返信している。 「ピーターは私のメールを受け取ったのかな? どう思っているのだろう?」などと、相手に不安を感じさせたくないからだ。 「ありがとう」と返信するのに要する時間はたった3秒。 そのひと手間で、発信者が始めたやり取りが完了するのだ。 単に「あなたのメールを受け取りました」という意味の「ありがとう」ではなく、心からの「ありがとう」が必要だ。 心をこめたお礼の言葉を返すことで、相手の労力を認め、その心遣いに感謝し、その意図を理解し、その行為のもたらした効果を伝えることになるのだ。 それだけではない。 上記は理性的な要素だが、感謝を述べることは本来、感情に根差した行為である。 「ありがとう」は人と人を結びつける。 単に相手の労力や心遣い、意図、行為を認めるだけではなく、その人自身を受け入れることにつながるのだ。

次の

ビジネスメールでの敬語の使い方!早い返信へのお礼編

ご返信ありがとうございます

2つの単語の違いは下記です。 reply・・・一般的なメールの返信や返事など• response・・・「reply」と少しニュアンスが違い、お願いしたことに対する回答など(返事が来ることが前もってわかっている場合) よって今回のビジネスメールなどでの「返信ありがとうございます」の場合は、基本は「reply」を使いますが、お願いごとに対する回答だった場合は「response」を使っても問題ありません。 」となります。 3.ビジネスメールなどで使う丁寧な「返信ありがとうございます」の英語 ビジネスでは多少フォーマルな言い方がベターです。 カジュアルで紹介した例文に少し加える、または「thank you」以外の単語で感謝を表現するというパターンです。 Thank you very much for kind reply. あってもなくても構いませんが、「very much」で「とても感謝している」というニュアンスを相手に伝えます。 I really apprecaite your reply. 敬語的なニュアンスです。 Your reply is much appreciated. 直訳は「あなたの返信はとても感謝されています」となります。 また、「reply」や「response」を使わずに、「Thank you for getting back to me us. 」という言い方もできます。 「get back to ~」で「~に戻ってくる」=「返信する」という意味になります。 これはカジュアルでもビジネスでも使えるので覚えておきましょう。 「返信ありがとうございます。 承知しました」 返信を受け取って内容を確認して了解しました、という場合に使う表現ですね。 この場合は、『』の記事でも書いていますが、「Thank you for your reply. 」のみで構いません。 しかし、「I have recieved your reply and I think it is no problem with it. 」などと英文にしても問題ではありません。 「早速の返信ありがとうございます」 このようにメールを書く場合もありますね。 思ってたより早く返信をくれた場合などにはしっかりと感謝するには下記のような表現がいいです。 Thank you very much for your prompt reply. 代わりに「quick reply」とするとカジュアルな表現になります。 I appreciate your prompt reply. 4.その他の丁寧な「~ありがとうございます」の英語・例文 ここまでは「返信ありがごうございます」という表現を学びましたが、それで終わっていてはもったいない! この機会に他の「~ありがごうございます」に触れることで語彙力もUPしていきます。 ご連絡ありがとうございます:Thank you for contacting us. 」など。 情報ありがとうございます:Thank you for the your information. また、メールでのお礼は「返信ありがとうございます」や上記だけではないですよね。 そして、メールの件名や文中の書き出しや締めなども重要になります。 相手に失礼にならないように、『』も時間のある時にでも確認してみて下さい。 一つの言い方をマスターすれば、次や他の言い方は何?など疑問に思って、ドンドン英語力を高めていきましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の