ネリ 対 パヤノ。 ルイスネリ(ボクシング)の戦績と強さの本物度とは?海外の反応評価をまとめてみた結果

ルイス・ネリvsファン・カルロス・パヤノ もう井上には追いつけねえなあ、ネリ

ネリ 対 パヤノ

おすすめ記事• 2019年7月20日(日本時間21日)、米・ネバダ州ラスベガスで行われるバンタム級12回戦。 WBC同級1位ルイス・ネリvs4位ファン・カルロス・パヤノの一戦である。 2018年10月のWBSS一回戦で日本の井上尚弥に70秒KO負けを喫したパヤノが再びトップ戦線に挑む。 相手のルイス・ネリは元WBC王者だが、日本の山中慎介とのタイトルマッチで禁止薬物陽性と体重超過により王座をはく奪された経緯がある。 ただ、実力自体は高く、王座はく奪後も順調にキャリアを重ねて現在10連続KO勝利中。 前戦からPBCと契約を交わして米国デビューを果たし、近い将来再び世界王者への返り咲きを目論んでいる。 また、WBSSトーナメントに参加中の井上尚弥に挑戦したい意向も示しており、今後の動向に注目が集まる。 なお、この試合はメインのWBA世界ウェルター級タイトルマッチ、キース・サーマンvsマニー・パッキャオ戦のアンダーカードとして開催される。 パヤノ応援が多いって? 僕はあえてルイス・ネリを応援するぞ。 だってネリが勝った方がおもしろいし ルイス・ネリvsファン・カルロス・パヤノの一戦が近づいている。 この試合は僕がひそかに注目している試合なのだが、世の中的にはどうなのだろうか。 しかも当日はメインのサーマンvsパッキャオ戦をWOWOWが中継するとのことで、ぜひともこの試合も放送してほしいところ。 まあ、井上尚弥が「パヤノを応援する」とコメントした記事を読んだ気もするし、恐らく日本のボクシングファンのほとんどがパヤノに勝ってほしいと願っているのではないか。 なので、僕は今回は ルイス・ネリを応援してみようと思う。 別にこれといった理由もないのだが、あえて言うならルイス・ネリが勝った方がおもしろそうだから。 先日、WBCバンタム級正規王者ノルディ・ウーバーリがアーサー・ビラヌエバに勝利し、初防衛を果たしている。 その際、試合後のコメントで井上尚弥との対戦を希望したとのことだが、とりあえずは暫定王者井上拓真との統一戦が優先となる。 そして、その勝者に今回のネリvsパヤノ戦の勝者が挑戦するというのが自然な流れ? 僕の勝手な希望を申し上げるなら、ぜひとも ウーバーリvsネリ戦が観たい。 ウーバーリには何とか井上拓真に勝ってもらって、パヤノに勝利したネリの挑戦を受ける。 これが理想的な(僕の中での)流れである。 なお、ネリvs井上尚弥は正直どちらでもいい。 仮に井上尚弥がトップランクと契約すれば、PBC所属のネリとはいっそう絡みにくくなる。 めんどくさい交渉を経てまでやる必要がある試合なの? と聞かれれば、いや、ええんちゃう? それよりゾラニ・テテとやるなり階級を上げるなりした方が、井上尚弥としてもよっぽど建設的なのではないか。 勝敗予想はルイス・ネリの8RKO。 サウスポーが得意なネリがパヤノをKOして勝ってほしい 話が逸れたが、実際の試合について。 今回の勝敗予想だが、 ルイス・ネリの8RKOでいきたいと思う。 僕の希望半分、ガチの予想半分という感じなのだが、どうにかルイス・ネリにはパヤノに勝って生き残ってほしいなと。 というか、この試合はかなり拮抗しそうな気がしているのだが、どうだろうか。 普通にパヤノがネリをKOする展開もあるかも? というくらい。 割とガチで、パヤノ得意の近場での流血戦に持ち込めれば十分勝機はあるのではないか。 応援するのはネリだけど。 まず、以前にも申し上げたが、ルイス・ネリは恐らく vsサウスポーが得意。 L字気味の構えから身体を上体を大きく反らすため、角度的にサウスポーのストレートはなかなか届かない。 上体反らしの反動を利用したカウンターで相手を下がらせ、そのまま連打につなげる。 バンタム級では体重超過ギリギリのパワフルさを活かし、無遠慮な連打でゴンゴン前に出るスタイル。 これがこの選手の勝ちパターンである。 さらに、この選手はサウスポー相手でも関係なく右リードがスムーズに出る。 前後にステップしながら徐々に近づき、身体を伸ばすようなフォームでガードの間を通す。 右の連打で突進を鈍らせスペースを確保。 旋回するようなステップで奥足めがけて間合いを詰める。 そして、左右ボディから打ち下ろしの左を浴びせ、相手にロープを背負わせる流れ。 上体反らしのクネクネディフェンスと鋭い右リード。 この2つを駆使してサウスポーを圧倒するのがルイス・ネリの持ち味である。 好戦的なインファイターのパヤノ。 でも、ここ数戦は少し陰りが見られるかな 対するファン・カルロス・パヤノだが、この選手はどちらかと言えば好戦的なサウスポー。 低い姿勢で小刻みに右を動かし、踏み込みのタイミングを測る。 遠い位置から右を出しながら距離を詰め、左をフルスイング。 そして、頭をぶつけるように身体を密着させ、近場で強引に腕を振る。 相手が腕を絡めようがお構いなしのラフさが特徴である。 ただ、ここ数試合は持ち前のダッシュ力に陰りが見られ、やや怖さが目減りした印象。 2015年のラウシー・ウォーレン戦では右を連打しながらウォーレンのバックステップに追いつき、左のフルスイングにつなぐシーンが目立っていた。 だが、前回のダミアン・バスケス戦では、踏み込みのレンジが伸びず構えもやや腰高。 全体的に下半身のバネが失われつつあるように思える。 ルイス・ネリの右リードとパヤノの突進力。 近場での打ち合いでパヤノの右が当たる? なので、試合の流れとしては、ルイス・ネリの右リードにパヤノがどの程度対応できるかかなぁと。 あの右でパヤノの出足が鈍ればネリの連打が機能するが、パヤノが右をかいくぐって強引に前に出られれば一気におもしろくなりそう。 基本的にネリはカウンター使いではあるが、前に出ながら腕を振ることで力を発揮するタイプ。 前回のマックジョー・アローヨ戦でも、フィジカルでアローヨを圧倒したおかげでギブアップまで持ち込むことができた。 例の山中慎介戦も同様で、山中の左を脅威に感じず無遠慮に前に出たおかげで近場での連打を発動することが可能となった。 そして、今回のパヤノにも同じことができるか? という話。 下の階級から上げてきたアローヨではなく、引退間近の山中でもない。 純粋なバンタム級のパヤノをフィジカルで圧倒できるかどうかが今回の見どころになると思っている。 逆にパヤノがネリを下がらせる展開になればマジでおもしろい。 頭突き上等のラフファイトと近場でのぶん回しを目いっぱい発動して、ネリの連打を抑え込めれば。 正直、パヤノにとってネリはやりにくい相手ではないと思うので、うまくいけばパヤノの右フックがネリをダウンさせる流れすらあり得る? とにかくアレだ。 確実にどこかの時点で打ち合いが発生するとは思うが、そこで相手を下がらせた方が有利になるだろうなと。 で、個人的にはルイス・ネリが打ち勝つことを期待している。 まあ、どんな試合になっても井上尚弥vsパヤノ戦と比較されるだろうけど、今回に関してそれはいいかな。 むしろルイス・ネリにはいちびりの生き様というヤツをだな……。 いちびりにはいちびりとしての矜持があるんだぞってところをはっきりと見せていただきたい(ねえよそんなの)。

次の

ルイス・ネリvsファン・カルロス・パヤノ もう井上には追いつけねえなあ、ネリ

ネリ 対 パヤノ

井上尚弥の対戦相手パヤノとはどんな選手? 井上尚弥選手の対戦相手だったパヤノ選手とはどんな人物なのでしょうか?見てみましょう! 名前:ファン・カルロス・パヤノ 生年月日:1984年4月12日(34歳) 出身地:ドミニカ共和国ラ・ベガ州コンセプシオン・デ・ラ・ベガ 身長:165. 1cm 階級:バンダム級 元WBA世界バンダム級スーパー王者です。 井上尚弥がパヤノを秒殺?その瞬間を井上尚弥が語る! 井上尚弥がワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)の1回戦でファン・カルロス・パヤノと対戦しました。 なんとその試合、たった70秒で井上尚弥選手がパヤノを下すという圧倒的な内容でした。 そんな体験してみたいです。 (無縁な生活をしていますが)そしてこのインスタグラムの写真も、井上尚弥の左がパヤノに入っています。 まさに試合内容を表しているかのような写真ですね。 ちなみに井上尚弥選手がインスタグラムで語っているナルバエス戦とは、当時WBOスーパーフライ級王者ナルバエス選手と対戦した時のことで、ナルバエス選手はダウンをしたことがないという強者だったのですが、そんな相手選手を4度ダウンさせて、王者になった経緯があります。 その時と同じゾーンを今回のパヤノ戦でも感じていたということですね。 ちなみに70秒KOは日本人の世界戦最速勝利記録を更新しています! パヤノが語る井上尚弥の強さ パヤノ選手はプロになって21戦目で初のKO負けとなった今回、井上尚弥選手との試合を振り返りこのように語っています。 井上尚弥は早くて、ハードなパンチを持っている。 油断をしていたわけではないが、井上のパンチが見えなかった。 届かないように距離をとって戦おうとした。 ただどこからパンチが飛んでくるのか分からなかった。 井上が優勝候補か?もちろんそうだと思っている。 見事なワンツーをもらい、様々な試合を経験してきた強者であるパヤノ選手でさえ、今回の負けを潔く認めています。 井上尚弥が強すぎて時間が余る?フジテレビ困惑? 井上尚弥VSパヤノ選手の試合がワンツーの70秒KOで終わってしまったがゆえに、放送時間が余るというハプニングがありました。 井上尚弥選手が強すぎて、SNSでも放送局であるフジテレビに同情の声が上がっていました。 井上尚弥が強すぎて疑われる? 試合後、井上尚弥選手はドーピング検査として尿検査と血液検査をしています。 ドーピング検査については血液検査までするとは知らなかったと言っています。 もちろんこのドーピング検査は試合規定に乗っ取って行われたものだが、血液検査までしたのは井上尚弥選手が強すぎたから疑われたのか?なんて話まで出ています。 王者になったナルエバス戦でもグローブに細工がしてあるのでは?と疑われて、確認が入るなんていうシーンもあったほどです。 そんな工作まで疑われてしまうほど、井上尚弥選手が強すぎるということなのでしょう! 井上尚弥のパヤノ戦に海外の反応は? 70秒KOに世界のボクシングファンも大興奮しています。 Twitterに上がった海外の反応についてまとめます。 「ナオヤ・イノウエ、やばい。 やばすぎる」 「あのワンツー。 なんてことだ!レノックス・ルイス以来、こんなKO見たことがないよ」 「ナオヤ・イノウエは間違いなくビーストだ」 「この男は途方もない」 「ナオヤ・イノウエの異名、ザ・モンスターは偶然ではない。 新階級で2試合連続1ラウンドKOとは」 「何て1日だ。 ナオヤ・イノウエは野獣だ。 この男はパウンド・フォー・パウンドで1位かもしれない。 プリンス・ハメド以来の軽量級最強パンチャーだ」 「階級のことは忘れて構わない。 ナオヤ・イノウエはボクシング界で最も破壊的なファイターだ」 「ナオヤ・イノウエはPFPランキングを飛翔する。 あんなに小柄なのに」 「オーマイゴッド!! この大会でナオヤ・イノウエは恐怖されるだろう。 何てショットだ」 「ナオヤ・イノウエのパワーはただただ現実離れしている」 「日本のマイク・タイソンだ」 「WBSSには疑いの余地がない本物のファイターがいる。 infoseek. コメントをまとめました。 ボクシング界をひっぱっていってほしい。 」 関係者も絶賛する、いやちょっと引いてしまうぐらいの強さを見せた井上尚弥選手でした。 あんな勝ち方をした後ですから、次の試合も期待をしてしまうわけですが、今度井上尚弥選手の試合が見れるのはいつなのでしょうか?次の章でご紹介します。 時期は来春(2019年春)です。 勝ち上がってくるのはロドリゲスが濃厚とみられていて、井上尚弥選手自身も、「ロドリゲス相手ではさすがに井上も・・・」と言われていることから、ロドリゲスとの対戦を希望しているようです。 より強い相手との対戦を望むTheMonster井上です。 井上尚弥選手も自身のインスタグラムで語っています。

次の

井上尚弥の海外の反応が凄い!!パヤノ戦やマクドネル戦の評価は!?

ネリ 対 パヤノ

「ルイス・ネリVS. エマヌエル・ロドリゲスの視聴方法」 をご紹介!!! この試合はWBC世界バンタム級挑戦者決定戦。 私たち日本人としては非常に気になる対戦カードであります。 「ルイス・ネリ」は元WBC世界バンタム級王者。 元WBC世界バンタム級世界王者・山中慎介選手との2試合で、ドーピングと体重超過を起こした問題児。 山中選手を引退に追い込んだ因縁の選手でしょう。 7月にはワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦で、井上尚弥選手に70秒で衝撃のKO負けを喫した「ファン・カルロス・パヤノ」に勝利しています。 一方、 「エマヌエル・ロドリゲス」は元IBF世界バンタム級王者。 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で、井上尚弥選手に2R1分19秒でTKO負けを喫したあの選手。 そんな両者がなんと今回激突します。 この試合の勝者は、先日、井上拓真選手との団体内統一戦を制したWBC世界バンタム級王者、ノルディーヌ・ウバーリへの挑戦権を獲得。 そうなるとゆくゆくは井上尚弥選手との対戦に繋がる可能性もありえるため、見逃せません。 もちろんロドリゲスにネリを倒して欲しいと思っている方も多いでしょう! アメリカ・ネバダ州ラスベガスで行われる試合ではありますが、もちろん日本でも視聴可能!!! では、 「この試合は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう! また、ついでに試合の詳細も記載! ・とにかく「ルイス・ネリVS. エマヌエル・ロドリゲス」の試合が見たい! ・テレビで楽しみたい! ・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい! ・日本時間での開始時間や両選手の情報が知りたい! 日程・時間 試合カテゴリー WBC世界バンタム級挑戦者決定戦 日程・時間 日本時間2019年11月24日(日)11:00~ 対戦カード ルイス・ネリVS. エマヌエル・ロドリゲス」の試合をライブ配信! テレビ版「WOWOW」加入者限定の無料番組配信サービスとなります。 どこで見るのがオススメ? さて、この試合はどこで見るのがオススメなのか? 「WOWOW」 「WOWOWメンバーズオンデマンド」 で視聴するのが一番オススメ! おそらく見れるのはここだけ! この機会に加入しておきましょう! >> 注意事項 ・試合時間などはお間違えの無いようにご自身でもしっかりご確認下さい。 ・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。 ・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。 ・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。 また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。 ・記載している情報はこの記事更新時のもの。 今後変更される可能性あり。 ・ご利用は全て自己責任でお願いします。 まとめ ボクシング・WBC世界バンタム級挑戦者決定戦「ルイス・ネリVS. エマヌエル・ロドリゲスの視聴方法」をご紹介しました! ・日本時間2019年11月24日(日)11:00~開始予定。 ・テレビなら「WOWOWライブ」で生中継。 ・インターネットなら「WOWOWメンバーズオンデマンド」でライブ配信。 こんな感じでしょうか! 日本人選手とそれぞれ因縁のある選手同士が激突! やはり山中選手を引退に追い込んだネリを、ロドリゲスに倒して欲しいですね・・・ どちらも強いので非常に楽しみな試合です!!!• 関連する記事• 2018. 11 日本時間2018年12月16日(日)に行われるボクシングファン注目の一戦である・・・ 「ロッキー・フィールディングVS. サウル・カネロ・アルバレスの視[…]• 2018. 08 日本時間2018年5月13日(日)に行われるボクシングファン注目の一戦である・・・ 「ホルヘ・リナレスVS. ワシル・ロマチェンコの視聴方法」 をご紹介[…]• 2019. 09 日本時間2019年10月13日(日)に行われるボクシングファン注目の一戦である・・・ 「オレクサンドル・ウシクVS. チャズ・ウィザースプーンの視聴方法[…].

次の