日光 カンツリー 倶楽部。 日光カンツリー倶楽部 レストラン

日光カンツリー倶楽部の14日間(2週間)の1時間ごとの天気予報

日光 カンツリー 倶楽部

アーカイブ• カテゴリー• タグ みなさんこんにちは、これトチ!です。 開場は、1955年 昭和30年 4月3日。 その3年前の1952年夏に、栃木県初の民選知事、小平重吉栃木県知事と日光市(旧今市市)出身で中央財界の重鎮加藤武男氏により、当時外国人向けの避暑地として賑わっていた金谷ホテルで日光ゴルフ倶楽部設立の要綱が話し合われたのがはじまりです。 当時の日光は、すでに多くの外国人が訪れ国際観光都市となっていたこともあり、日光の発展を想う地元のリーダーの方々によって誕生したゴルフ場です。 設計は、名匠井上誠一氏。 コース中央にクラブハウス、上流側にアウトコース 9ホール 、下流側にインコース 9ホール となっています。 機械が入ることができなかったため、池は無く、バンカーは36と少なめです。 しかし、一見平坦に見えるコースは、敷地内高低差55m、全コースにわたり2%の微妙な勾配となっており、実は傾斜しています。 プレーヤーが錯覚を起こす巧みなレイアウトが施されているのです。 横に伸び空中のハザードとなっている松の枝、ショットを曲げて入れてしまうと簡単には出せない松林、グリーンの難しさが際立つフェアウェー(もっこなどを使った手作りの起伏)、人工の障害物ではなく、自然が障害物となっているため、その時によりコースが違う印象となります。 時間とともに変化する自然を取り入れたのは、自然の奥深さを理解しているからこその匠の技であり、その難しさがプレーヤーにラウンド後もまた挑戦したいと思わせるコースとなっているのです。 数少ない社団法人制の倶楽部でもあり、平成15年に日本オープンが開催された他、平成24年11月には北関東シニアオープンが開催されています。 それでは、クラブハウスからのご紹介です。 クラブハウス 歴史を感じさせる木造のクラブハウス フロント ロビー 談話室 日光カンツリー倶楽部の創設にご尽力された方々の写真が敬意を表し一角に飾られています。 クラブチャンピオンボード 売店 パーティールーム 次に、食堂と昼食のご紹介です。 食堂外観 食堂内 テラス 昼食のメニューが季節によって変わるのも魅力の一つです。 特におすすめの3品をご紹介させていただきます。 最後に、コースと宿泊施設のご紹介です。 1番ホール 9番ホール 季節毎に違う表情を見せる、男体山をはじめとする日光連山の景観は本当に素晴らしいものです。 日光の四季とプレーを満喫しながら、その素晴らしさをお確かめ下さい。 宿泊施設のロッジは、2010年10月7日にオープンしたばかり。 全室コース側の2階建で、シングル28部屋、ツイン2部屋(1階1部屋、2階1部屋)となっています。 ゴルフ場で目覚める朝は、ゴルフファンには至福のひとときですね。 プレーは、平日はメンバーの紹介、土日・祝日はメンバーの同伴が必要となります。 ゴルフ場で提携しているホテルに宿泊の場合は、予約が可能となっております。 赤松の横に伸びた枝がハザードとなり、手作りコースならではのアンジュレーションのあるフェアウェー。 そして芽の強いグリーン。 その戦略的なコースの深さこそ日光カンツリーの個性でもあり、面白味でもある。 1番ホールの男体山を一望にながめながらのティーショットは圧巻!! 昼食も日光ならではのお勧めメニューもあり、これがまた美味い。 プレー料金はちょっと割高ではあるが、日本でも10本の指に入る価値観をぜひ一度味わってみてください。

次の

ご挨拶

日光 カンツリー 倶楽部

1954 前年末の伐木作業に引き続き、昭和29年の年明け早々から各ホールごとの造成作業に。 モデルホールとしてまず6番を選定、試験施工に着手する。 6番ホールでの伐採作業。 度々の汎濫に見舞われた荒蕪地にも松や柳の巨木は多く、除石とともに伐根には多くの労力を要した。 4番ホール、ティーグラウンド付近の伐根作業。 右から張り出した数本の松が今に面影を伝えている。 14番ホールのグリーン造成作業。 短いミドルながら、左右の林と松、ガードバンカー、そして奥から速いグリーンがこのホールの難度を上げることになる。 2番グリーンの基礎工事。 この辺りはもともと低地だったため、周囲から掘り出した転石、陰石を積上げてグリーン面を高めた。 3番グリーンの播種準備の展圧作業。 フェアウエーの整地もグリーンのローラー作業もすべて手作業だった。 1955 開場間近の昭和30年1月、8番ホールで島田善介理事長(初代)が試球を行う。 島田氏は、この日金谷ホテルで開催の倶楽部創設発起人会で初代の理事長に選任されたが、わずか20日後に開場を見ぬまま他界された。 18番ホール辺りから完成間近のクラブハウスを望む。 最近のゴルフ場のクラブハウスに比べれば、実にこぢんまりとしたロッジ風ハウスだった。 クラブハウス竣工。 奥の煙突のある建物が食堂で現在も旧食堂として健在。 だが4年後、手前の玄関周りの建屋が火災で消失、食堂前のテラス部分が水害で流失しようとは誰も知る由もなかった。 開場当日の朝、「日光ゴルフ場きょう開場」を伝える下野新聞の予告記事。 「海抜五百メートル、日光連峰を背景とする絶景地で・・・」とリポートしている。 小雨降るなか、開場当日のスナップ。 名誉会員加藤武男翁を間に左に高橋弥次右衛門、右に加藤次郎、加藤恭平の各氏。 開場記念競技を開催し、名誉会員高松宮殿下が始球式。 参加者121名。 4月3日にアウト9ホールで仮開場のあと、5月22日にイン9ホールが開場し、18ホールのプレーができるようになった。 開場後間もない頃の18番ホール。 開場後も除去しきれなかったこんな大石が所々にごろごろしていてプレーヤーを悩ませた。

次の

日光カンツリー倶楽部【ヤーデージ・レイアウト】

日光 カンツリー 倶楽部

倶楽部内にて、挨拶、会釈の励行を心掛けてください。 服装について• 来場に際しては、ブレザーもしくは替え上着をご着用ください。 (但し、7月1日より9月30日までは、この限りにありません) また、サンダルやジョギングシューズ、スパイクでのご来場はご遠慮ください。 プレイ時、また倶楽部内では、原則として折り返しのある衿付きシャツの着用をお願いします。 シャツの裾は、スラックスやスカートの中に入れてください。 Tシャツやタンクトップ、脇の大きく開いたノースリーブの着用はご遠慮ください。 男子がショートパンツを着用する場合は、ハイソックスの併用をお願いします。 ・ハイネック、スタンドカラーのシャツは、首廻りの立ち上がりが3センチ以上のものを着用願います。 ・女子の裾丈けが短いシャツは、ウエストラインが隠れる長さのものの着用を願います。 ・ショートパンツは膝上までを原則とし、丈の短すぎるもの、体にピッタリのものなどの着用はご遠慮ください。 プレイについて• スタート時間の10分前には、ティーインググラウンド付近にお集りください。 コースではプレイ進行の迅速化を心掛け、常に前の組との間隔が開かないよう心配りをお願いします。 ハーフラウンド2時間10分(4人1組)を目安にPlay Fastにご協力ください。 プレイ中のトラブル(球探しなど)のため、前の組との間隔が開く恐れがある場合には、後続組をパスさせ、プレイのスムースな進行にご協力ください。 グリーン上でのボールマークやスパイク跡は必ず修復してください。 カップインしたボールを拾い上げる時など、カップまわりの保護にご配慮ください。 バンカーショットの後は砂をきちんと修復し、低い所から出入りをお願いします。 バンカーならしの後、レイキは後続組のプレイの妨げにならない位置に置くようご配慮願います。 雷発生時は事務所からのコース内放送に従って、速やかに避難最優先で行動してください。 コース内、特に、ティーインググラウンドやグリーン上での大きな掛け声など、前後の組のプレイヤーの迷惑にならないようにご遠慮ください。 ティーインググラウンド保護のため、ティーショットの後は側面もしくは階段から降りるようお願いします。 ・フロントの受け付けは、スタート時間に余裕を持った時間で済ませるようお願いします。 朝の電車にて来場の方はこの限りにはありません。 ・スタート前の練習は、1人で長く打席を独占することはご遠慮ください。 ・アプローチの練習はアプローチ、バンカーの練習場にてお願いします。 ・練習グリーン付近でのアプローチ練習は固く禁じます。 ・他のプレイヤーがアドレスし、ストロークする間は、邪魔にならないうよう、静かにし、立ち位置にご配慮ください。 ・ホールアウトしたら、全員速やかにグリーンを降りPlay Fastを心掛けましょう。 ・前の組がグリーン上でプレイ中は、後続の組は、前に組のプレイの妨げにならないよう離れた位置で待ち、素振り等を慎むようお願いします。 ・コース内では所定の場所以外での喫煙はご遠慮ください。 クラブハウス等について• 帽子、雨具、手袋、タオル等は、食堂内に持ち込まないでください。 食堂、ラウンジ等では大声を出すなど、喧噪に陥ることのないようご配慮願います。 浴室では、入浴中の人への配慮を欠かさぬよう心掛けてください。 携帯電話は、コース、クラブハウス内での使用はご遠慮ください。 ・浴室では、使用後の桶は洗い、水をよく切って腰掛の上に置くように心掛けてください。 ・脱衣所、洗面所等では使用後の洗面ボールをきれいに拭くように心掛けてください。

次の