白血球 少ない 原因。 白血球が少ない原因とは?病気の可能性や対策方法について

白血球数(WBC)の正常値は?多い・少ない場合の原因は?

白血球 少ない 原因

目 次• また個人差も大きいこともあり一概に基準範囲を想定することは現実的にはできません。 その為、各医療機関や検査を行う担当の医師、また被験者の状態などを考慮し適切な基準範囲を導きながら検査結果を診断していく形となります。 但し、以下の表から大きく逸脱して変化することはありませんので結果表をお持ちの場合は参照指標となるはずです。 引用元- 白血球が減少する原因 白血球数の減少は、白血球を作っている造血幹細胞が障害を受けることによって産生が低下してしまう場合と、白血球が消費されたり破壊されることによって起こります。 白血球が減少してしまうと免疫力も減少するため病原体やウイルスの侵入を許し病気になってしまうのです。 それは、『ストレス』でした…。 引用元- はっきり言ってどの病気もストレスは関わってくるとは思いますが、今の私にはドンピシャの理由です!(汗) 仕事環境の変化による毎晩1時〜2時くらいまでの残業…(自宅で)。 その仕事内容でのストレス…。 ここ、数年間休みなしの生活です。 仕事ばかりしている私に愛想をつかしているのか妻はもちろんの事、娘もほとんど話をしてくれません。 つまりストレスによって免疫機能の低下することが証明された。 環境的なストレスも影響する。 高圧環境下にマウスをおくと免疫機能は低下するが、良い香りをかがせると低下した免疫機能が上昇するという実験もある。 つまり「アロマテラピー」は免疫機能を高めるということだ。 41歳の女史。 朝、5時に起き1時間半電車に揺られ、会社には7時に入って仕事をはじめ、夜は10時、12時まで仕事をし、家に帰ると毎日御前様。 それから翌日のご主人の夕食の支度をして風呂に入って寝る。 睡眠時間は毎日、3、4時間。 土曜、日曜も時々出勤していた。 この女性がある時、39. 5度の高熱を出した。 私のところまで2時間もかかるので、近くの医者を受診したが風邪だということで薬をもらったが軽快せず。 翌日、下肢に出血したような斑点が多数出てきたと電話がかかってきた。 当人は腎盂腎炎が気になり自分から検査をしてくれと近くの医者に頼んだ。 その結果、尿は異常ないが白血球が1,700しかないといわれたが帰された。 夜再び、この結果を私のところに電話してきた。 高熱が持続し、白血球が減少し、出血班が出たとなると、まずは白血病が疑わしい。 翌日、私のところを受診した。 下肢の出血班はウイルスによる反応性のものであろうということになった。 5日経過しても高熱は軽快せず、自宅療養をすることにした。 1週間経過して37度以下になったが、平熱には至らなかった。 しかし、白血球は5日後には3400と増加してきた。 そして10日後には4700に増加していた。 発病2週間後ドック検診を受けに私のところを受診、白血球は5300に増加した。 この間の治療法は、ただ自宅でブラブラしているだけという自宅療養だけだった。 血小板も当初は11万しかなかったが、自宅療養しているだけで18万、27万と自然治癒したのだ。 引用元-1)免疫力を高める この女性の場合は、オーバーワークというストレスだが、ストレスによって白血球減少症を引き起こし、免疫力が低下し、感染への抵抗力を無くしたのだ。 免疫力が低下するということは、ガンにもなりうるのだ。 引用元-1)免疫力を高める 白血球を活性化するために 免疫力をつけたいことと、白血球の数を増やすことは同じとも言えますが、「免疫力をアップする」というのは、白血球を活性化するという意味もありますね。 白血球は免疫の要です。 免疫力をアップするには、この数を増やすか、活性を高めるかになります。 また、高麗人参、三七人参、ローヤルゼリー、そして最近人気のエキナセアというインフルエンザ予防のハーブなども白血球増加作用、免疫活性作用があります。 大病を予防する意味でも、摂ってみてはいかがでしょうか。 引用元- 白血球をコントロールする神経系のしくみ 白血球のバランスに大きくかかわるのが、じつは自律神経です。 自律神経とはその名のとおり脳の指令を受けない自律した神経のことで、眠っていても呼吸したり心臓が休みなく働きつづけるのも、自律神経がこれらの働きを調整しているからなんです。 引用元-免疫力が病を治す 交感神経と副交感神経ですが、仕事中やスポーツ時には交感神経が優位となり、リラックス時や食事をしているときには副交感神経優位に働きます。 ですから、通常働いたり適度に休息している分には、自律神経や白血球もバランス的にまったく問題ありませんが、たとえば休息時にリラックスできない状態のときがあったりします。 この状態が長くつづくと自律神経はバランスをくずすことになります。 休息時にリラックスできない最大の原因とは? 過度のストレスを受けているときです。 これは、働きすぎによる過労だったり、あるいは人間関係や経済面・家庭の問題など心の悩みであったりします。 この過度のストレスが高じると、休息時にリラックスできなくなり、本来なら副交感神経優位な状態が交感神経優位となり、これが長期間つづくと自律神経のバランスをくずすことになります。 ここで注意していただきたいのは「過度のストレスを長期にわたって受ける」ということです。 つまり、私たちはストレスを受けたとき、その受け止め方いかんで、自律神経を右か左のいずれかへ導いているわけです。 よって、間接的にはリンパ球の増減を明らかにコントロールしているとも言えます。 引用元-免疫力が病を治す 心の中から煩悶を取り去り、平静を保つのはたやすいことではありません。 人間は感情の生きものとよく言いますが、そうではなく、この感情を意志に置き換えてみたとしたらどうでしょう。 「人間の中心は意志である」と思ってみる。 気分や感情はどうしても受け身ですから、認められれば嬉しいし、批判されれば悲しくなります。 それよりも意志を自分の中心に持ってきて、なにがあっても貫くぞという自分の意志をいつも頭の片隅に置いておく。 とくにストレスを受けたときは感情で受け止めるより、自分の意志にしたがうほうが守備よくいく気がします。 引用元-免疫力が病を治す 「人間は神経によって生かされている。 その神経は、心の支配下にあり、心の状態によって、神経は広くなったり狭くなったり、ときには気絶からショック死をする。 「したがって、心は如何なることがあろうとも、明るく、朗らかに、生き生きと、勇ましく、常に笑顔とユーモアを忘れずに生きていると、どんな状況にあっても、神経が和らぎ、宇宙霊の気がたくさん入ってきて、健康で、豊かで長生きできる・・・・・・ 「たとえ運命に非なるものがあっても、心まで悩ますまい。 否、いっさいの苦しみをも、なお楽しみとなすの強さを心にもたせよう」 引用元-免疫力が病を治す まとめ 「ストレス」の無い方はいらっしゃらないだろうし、「ストレス」の元を断ち切るのはケースバイケースですが、難しい場合が多いです。 「煩悶」を「意志」に変えて前に進むという説には説得力を感じました。 — ミミタン mimi04838745 白血球が少ないのもストレスが関係しているらしい。 おそるべしストレス。 中性脂肪、肝臓、血尿が危うい…ストレスかな…? あと視力が去年左1. 2右1. 5だったのに、今年は左1. 5右1. 2だった。 ここ5年きちんと検査受けてないけど、いま勤めている会社の健康診断で、むしろ問題視されてるのは貧血(苦笑)元々、白血球が人より少ないからね。 気をつければ大丈夫だと思うけど。 ストレスのせい? — みる genkigatorieda -.

次の

血液検査で白血球が少ない!減少する原因と病気は?症状は??

白血球 少ない 原因

とてもご心配のことと思います。 子供が悪性リンパ腫寛解維持中の者です。 (前駆T細胞リンパ芽球性悪性リンパ腫ステージ3) 大人と子供、治療内容も違いますが・・・ 私の子供もとにかく白血球が低く、治療に支障が出ました。 当初約半年の入院+1.5年の外来治療の予定が 様々な副作用の影響で退院できず、1年の入院+1年の外来治療となったのです。 ちなみに入院期間の約75%は好中球が200以下。 治療開始基準を(うちの子ルールで)引き下げ、治療を強行していました。 外来治療に切り替わってからも、白血球400-700程度で 治療を強行することも結構ありました。 あくまで素人の推測ですが、質問者様も我が子と同様に 骨髄抑制を受けやすい体質?なのではないでしょうか。 大人と子供とでは違うとは思いますが 白血球が1000-1500ほどあり、輸血の頻度が減ってきているとあれば 今までの治療の蓄積による骨髄抑制から、今一生懸命 骨髄が立ち上がって頑張っているところではないかと。 経験則ですが、治療を重ねれば重ねるほど (例え同じ治療内容でも)骨髄が立ち上がるのに時間がかかるような気がします。 恐らく、抗がん剤によるダメージの「蓄積」のせいではないかと。 もし、原病以外の病気が考えられるほどの状態の場合は 主治医が何らかの措置を取ると思いますよ。 我が子は、余りに立ち上がりが悪い時に、急遽マルクをされたことがあります。 G(ノイトロジン、グランなど)は入れていますか? 好中球を早く増やして治療を再開させたい時には、よく入れました。 (我が子はそれでも、なかなか回復しませんでしたが・・・) 入れていなければ、先生に相談されてもいいかもしれません。 あとは、既に減量での治療を行っていらっしゃるようですが 骨随抑制がひど過ぎる場合には、減量による治療という方針もあります。 (これも、我が子はやりました) あと、我が子はバクタによる骨髄抑制も強かったため 治療後半では特に、バクタを中止し ベナンバックス(2週に一度の吸入薬)に替えていた時期も多かったです。 これはかなり特殊な例かもしれませんが 我が子にとってはこれが意外に(骨髄の回復には)効果的でした。 ( ちなみに、感染予防の観点からはバクタはとても大事な薬で ベナンバックスはその効果の意味ではバクタより明らかに劣るそうです。 ただ、我が子の場合は、治療敢行を最優先にするため やむなくその策をとったようです) 少しでもご参考になればいいのですが・・・。 一日も早いご回復を、お祈り申し上げます。

次の

血液検査で白血球が少ない!減少する原因と病気は?症状は??

白血球 少ない 原因

倦怠感• 月経過多• 傷の治りが悪くなったり化膿しやすくなる• 感染症に罹りやすくなる 普段から自分の体調を気にしておかないと気づきにくい症状が多いので、健康診断や、感染症になって医療機関を受診した際に、初めて白血球減少症であることに気づくという方が多いです。 白血球減少症の原因 白血球減少症の原因は、 薬剤によるもの、疾患によるもの、更にストレスによるものの3パターンがあります。 薬剤による白血球減少症 白血球減少症の原因として多いのが、薬剤の接種や服用によるものです。 特に 「無顆粒球症」は、そのほとんどが薬剤によって引き起こされます。 原因となる薬剤には、抗がん剤や糖尿病薬、抗甲状腺薬、抗痙攣薬、抗ヒスタミン薬、精神安定剤の他、抗生物質や消炎鎮痛剤、降圧薬など、市販されている薬剤や漢方薬も含まれます。 疾患による白血球減少症 骨髄腫や白血病、再生不良性貧血などを患っていると、白血球数が減少します。 また、感染症や膠原病などの免疫疾患になった場合も、白血球数が減少します。 ストレスによる白血球減少症 長期間にわたりストレスを感じることで、白血球が減少することもあります。 ただ、 白血球減少症と呼ばれるほど著しく数値が低下することはあまりないようです。 白血球減少症になったら気を付けること 白血球減少症になったら、免疫力が低下しているので、 細菌が体内に侵入することを防ぐことが肝心です。 そのためには、以下のような対策法を行うことをおすすめします。 マスクを必ず着用し、病気に罹っている人との接触はできるだけ避ける• こまめな手洗い・うがいを心掛け、うがいは含嗽液を使用する• 皮膚や衣類のを清潔に保ち、室内の清掃を徹底する• 調理後はできるだけ早く食事を摂り、生ものは食べない• カミソリの使用など、体に傷を作ってしまうような行為は避ける• 虫歯がある場合は、早めに治療する ただ、これらの対策をしていても、感染症に罹ることはあります。 もし、 のどの痛みや発熱、倦怠感などがあり、感染症に罹った疑いがある場合は、早急に医療機関にかかり、治療を行うようにしましょう。 また、日頃から体温を測定し、異常にすぐに気づけるようにしておくことも大切です。 健康な時に比べて、一般的な感染症でも病状が早く進行し、重症化してしまうこともあります。 しっかり予防をして、医師の指示通りに行動するようにしましょう。 白血球減少症の治療法 薬剤性の白血球減少症の場合は、 原因となっている薬剤の接種や服用を中止します。 また、疾患が原因となっている場合は、その疾患を治療することが大事です。 また、抗がん剤の使用や血液の病気などが原因で白血球数が減少している場合は、 グラン注射液を使って白血球を増やすこともあります。 いずれも、個人でできる治療はないので、医療機関を受診し、医師による治療を受けることになります。 白血球数が少ない場合は再検査を! ストレスや感染症が原因で白血球数が減る人もいますが、中には白血病など、早く治療に取り掛かるべき病気が隠れていることもあります。 再検査を受ければ、その数値が一時的なものなのか、慢性的なものなのか確かめることが可能です。 白血球数が基準値より少なかったら、まずは医療機関を受診し、再検査を受けるようにしましょう。

次の