パナマ 地峡。 パナマコーヒーの特徴

ダリエン地峡

パナマ 地峡

ののと、のの北部にまたがっており、21世紀初頭においても開発の手があまり及んでいない沼地や熱帯雨林が残る地帯である。 そして2018年現在もを縦断するにおける未開通区間となっている。 この区間はパナマの ()に始まってコロンビアの ()まで106kmにわたって延びている。 この地域への道路建設には多額の費用と多大な環境への負荷がかかり、建設に向けた政治的合意は、2018年現在もなされていない。 地峡部のコロンビア側はのが大勢を占めており、低平な沼沢地が80kmにわたって広がり、その大半は沼地である。 がコロンビアの岸に沿ってパナマまで延びている。 パナマ側は全く対照的に、60mの谷床から最高1,845m()に達する山がちな熱帯雨林地帯である。 ダリエン地峡およびヤビサ・トゥルボ間の道路不通区間 パン・アメリカン・ハイウェイは北・中央・南アメリカを貫く総延長30,000kmに及ぶ 道路システムであり、ダリエン地峡はその唯一の例外となっている。 南アメリカ側では 付近、コロンビアのトゥルボで途切れ、パナマ側では 付近に位置するヤビサの街が終点となっている。 この間は直線距離にして約100kmに及ぶ。 このパン・アメリカン・ハイウェイにおける不通区間を補完する試みは、何十年にもわたって続けられてきた。 計画は1971年にの資金援助のもとに始まったが、1974年には環境活動家が懸念を示したことによって頓挫した。 再度道路建設の取り組みが1992年に立ち上がったが、の調査機関が1994年に、道路やそれに伴う開発が環境に多大な悪影響を与えるだろうと報告した。 引き合いに出された理由の1つとして、ダリエン地峡が中北米への畜牛の感染症拡大を防いできたことが挙げられている。 中北米には1954年以来が確認されておらず、少なくとも1970年代まではこのことがダリエン地峡への道路接続を防ぐ重大な要因であった。 とも、道路建設によって自分たちの文化が侵食されることへの懸念を示していた。 多くの人々、団体、および政府が、ダリエン地峡部のハイウェイ接続に反対している。 反対の理由には、熱帯雨林の保護・熱帯病の蔓延の封じ込め・域内先住民の生活の保護・麻薬密売とそれに伴う紛争の防止、口蹄疫の北米への侵入防止などが挙げられる。 ヤビサまでのハイウェイの延長は、過去10年にハイウェイ沿線部の深刻なを招いた。 バイオ・パシフィコの調査で提案された選択肢の1つは、既存のパナマ側の道路を延長し、コロンビアからパナマの新たなフェリーターミナルへ短いフェリー航路を接続することである。 この方法では、こうした環境上の問題をほとんど悪化させることなくハイウェイを完成させることができる。 もう1つの案は、橋とトンネルを組み合わせて環境への負荷が大きい地域を避けるというものである。 地峡の内部 [ ] エンブラ族の少女(ダリエン県) 民族 [ ] ダリエン地峡はエンベラ・ウォウナーン族とクナ族の居住地(かつ16世紀のスペイン人による民族撲滅以前のの故地)である。 移動は一般に(ピラグア)で行われる。 パナマ側では、ラ・パルマが県都かつ主要な文化の中心地となっている。 他のの集住地にはヤビサやエル・レアルがある。 ダリエン地峡には1980年時点で1700人の人口が報告されている。 ・・・がどのような土地にも育つ作物である。 天然資源 [ ] ダリエン地峡内には2つの大きなが存在する。 パナマのとコロンビアのである。 ダリエン地峡の森林は以前はやに覆われていたが、こうした樹木は伐採された。 ダリエン国立公園はおよそ5,790km 2の広がりを持ち、1980年に制定された。 これは中米では最大の国立公園である。 ダリエン地峡の横断 [ ] パン・アメリカン・ハイウェイ 大陸間の縦断旅行を試みる場合、で地峡を渡ることもできる。 独立後初めてのダリエン地峡の探検は、などの大きなスポンサーの後援を受けた1924~25年のマーシュ探検隊であった。 ここにはパナマのアマド・アラウスとその妻レイナ・トレス・デ・アラウス、イギリスの元員リチャード・E・ベヴィル、そしてオーストラリア人技師のテレンス・ジョン・ウィットフィールドが乗っていた。 隊は1960年2月にパナマのを出発し、平均時速201mで136日を費やし、同年6月17日にコロンビアのに到着した。 彼らは広大なをかなりの距離にわたって遡上した。 1960年2月にはのダニー・リスカが、からへのでの旅行の途上に、ダリエン地峡をパナマからコロンビア方面へ通り抜けようと試みた。 リスカはオートバイの放棄を余儀なくされ、ボートと船で地峡を縦断した。 1961年には、3台のと数台のサポート車のチームがパナマを出発した。 109日後、彼らはコロンビア国境に至ったとき、1台はジャングルに打ち捨てられ、コルヴェアは2台となっていた。 これは普通四輪乗用車による初めての横断であった。 この冒険の様子はジャム・ハンディ・プロダクションの映画と Automobile Quarterly誌の記事 に掲載された。 全区間自動車による初めての横断はローレン・アプトンとパティ・マーシャーが1985~87年にかけてCJ-5 ジープで行ったもので、741日間で201kmを走行した。 この横断記録は1992年のに記録されている。 伝道者アーサー・ブレシットは1979年、12フィート(3. 65m)の木製の十字架を背負って地峡を横断し、キリスト教の「世界で最も長い巡礼」の1つとしてギネス世界記録に認められた。 彼の冒険譚は、自著の The Crossおよび同名の全編映画の中で語られている。 コロンビア側、パナマ国境近くのジャングルの小径 ダリエン地峡のほとんどの横断記録は、パナマからコロンビアへ向かうものであった。 1961年7月、カール・アドラー、ジェームズ・ワース、ジョセフ・ベリーナの3人の大学生が、からパリタ湾側のプエルト・オバルディア(コロンビア国境付近)に渡り、最終的にサン・ブラス県(現在の ())のムラトゥプに向かった。 この横断旅行はトゥイラ川・チュクナケ川・トゥケサ川とダリエン山脈を通って、とピラクア、徒歩によって行われた。 1985年には、慈善団体ラレー・プロジェクト(1989年に ()に発展)が、地峡を海岸伝いに越える遠征を後援した。 彼らのルートは上述の1961年の経路に似ていたが、反対であった。 遠征は、ダリエン山脈のカレドニア湾に始まり、メンブリージョ川・チュクナケ川を通ってヤビサに至るもので、概ね1513年のによる遠征ルートをたどるものであった。 2013年現在、ダリエン地峡の東岸側のルートは比較的安全になっている。 これは、ウラバ湾のトゥルボ~カプルガナ間を船で渡り、海岸をサプスロへ進んだのち、そこからパナマのラ・ミエルまで歩くルートである。 地峡内陸部のルートはいずれも多大な危険を伴う。 のジャーナリスト、アダム・ヤマグチは2017年6月、コロンビアからダリエン地峡を経てパナマへの9日間にわたって難民を案内する越境請負業者を撮影した。 アフリカからの移民は、アメリカに移住する手段としてダリエン地峡を越境することが知られている。 このルートでは、のビザポリシーを活用して入国し、徒歩で地峡を横断することになる。 ジャーナリストのジェイソン・モトラフは、ダリエン地峡を渡る移民に関する彼の取材について、の全国ネット番組「On Point」でインタビューを受けた。 武力衝突・誘拐 [ ] の武装勢力(1998) ダリエン地峡は、コロンビア政府に対する数十年もの反政府運動の中で暗殺や誘拐・人権侵害に与してきた(FARC)の根拠地・活動地である。 FARCの反政府勢力は、国境を挟んでパナマ・コロンビアの両側に存在する。 2000年には、イギリスの2人の旅行者トム・ハート・ダイクとポール・ウィンダーが、ダイクが情熱を注いでいたランの採集中に、ダリエン地峡でFARCと思われるゲリラに誘拐された。 2人は9ヶ月間拘束され、死の恐怖に脅かされ続けた末に、身代金の支払いを待たずに無傷で釈放された。 ダイクとウィンダーは、著作 The Cloud Gardenと、テレビ番組 Locked Up Abroadのエピソードの中で経験を語っている。 ダリエン地峡の他の政治的被害にあった人物としては、1993年にパナマ側のプクロから姿を消した3人の ()の宣教師が挙げられる。 2003年には、ナショナル・ジオグラフィック・アドベンチャー誌の仕事で来ていたロバート・ヤング・ペルトンと2人の随行者が、親政府系の準軍組織に拘束され、大々的に報道された。 2013年5月から、ダリエン地方のとカカリカ川流域の周辺でコロンビアの新準軍組織の活動が非常に活発になっていると報告された。 2013年、スウェーデンのバックパッカー、ヤン・フィリップ・ブラウニシュは、カカリカ川流域を経由してパナマに徒歩で渡ろうとコロンビアのリオスシオから出た後、この地域で消息を絶った。 彼の遺骸は2015年6月に発見され、頭部への銃撃で死亡したことが判明した。 FARCは彼を外国のスパイと誤認して殺害したことを認めた。 脚注 [ ]• McCarthy, Carolyn 2014年8月14日. BBC News. 2017年1月22日閲覧。 earthobservatory. nasa. gov. 2017年9月17日閲覧。 Office, U. Government Accountability 1977-08-15. panama. usembassy. gov. 2017年1月10日閲覧。 Perilla, Jisel 4 January 2011. 239. www. nmnh. edu. 2017年1月10日閲覧。 2009年10月27日時点のよりアーカイブ。 2017年1月10日閲覧。 September 30, 2007, at the. Danny Liska "Across the Darien Gap by River and Trail II", Peruvian Times, Vol XXI, Num. 1068 June 2, 1961 , pg. Automobile Quarterly 1 3. 1962. Obsessions Die Hard• www. guinnessworldrecords. com. 2017年1月10日閲覧。 Blessitt, Arthur 2008-01-01 English. Trinity Broadcasting Network. www. thecrossfilm. com. 2017年1月10日閲覧。 The Official Website of Arthur Blessitt. 2017年1月10日閲覧。 Carl Adler, "A Trip to Panama", The Scholastic, Vol. 104, No. 11, January 18, 1963, pg. "After Trek Through the Jungle Youth's Ready to Go Again". Raleigh , June 25, 1985• 2017年10月10日閲覧。 2016年6月22日. 2016年6月23日閲覧。 2016年8月8日閲覧。 Refugees, United Nations High Commissioner for 2010年5月26日. Refworld. Reuters. 2010年5月26日. Alford, Deann 2001年9月1日. 2011年9月27日閲覧。 Markey, Sean 2003年1月24日. CNN. com. National Geographic News. 2007年5月22日閲覧。 Markey, Sean 2003年1月22日. National Geographic News. 2007年5月15日閲覧。 , October 2013. 2015年10月6日閲覧。 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ]• 英語 11th ed. 1911.

次の

パナマ運河

パナマ 地峡

パナマ運河をつくった日本人 変わった形の国土と過ごしやすい気候 パナマ共和国は、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境に位置する共和制国家。 弓のような形をした国土は、北はカリブ海に、南は太平洋に面し、東部と南東部に山脈があります。 雨季と乾季に分かれますが、比較的過ごしやすい気候が続きます。 世界の重要な貿易通路 パナマ運河 15世紀にスペイン人がパナマ地峡を横断し、太平洋に到達して以来、多くの国の人々がこの地峡に運河を造る夢を抱きました。 これに着手したのは、フランスの企業家で、東西の両洋に流れ込む河を掘割で結ぶ計画でした。 多額の費用を投じて始めた事業には、延べ20万人の労働力を動員して進められましたが、予想を遥かに超える難工事、疫病の蔓延などで難航を極め、会社は破産。 計画は中断していました。 しかし、1903年11月3日パナマ共和国が誕生したのを機に、米国が運河地帯の永久支配権を得て、運河建設を再開したのです。 それから10年の歳月を費やして、1914年にようやく運河の開通に至ったのでした。 パナマ運河には日本人の活躍が欠かせなかった 一人の日本人技師、青山 士(あおやま あきら)氏は、今でもパナマ運河建設の歴史において語られる重要人物です。 1903年当時26歳だった青山氏は、東京帝国大学土木工学科卒業時に恩師廣井教授よりパナマ運河建設の話を聞き、同年単身米国に渡航。 翌年からパナマで末端測量員として動員されました。 その後短期間の内に昇進を続け、測量技師補、測量技師、設計技師を経て最終的にガツン工区の副技師長として活躍していました。 困難を極める地形との戦いにも負けない有能さと、マラリアに罹患し命を落としそうになりながらも従事し続ける誠実さで、高い評価を得ていました。 しかし、1911年に日米関係の悪化のために、運河の完成を見ずに、帰国を余儀なくされていまいました。 第二次世界大戦時の運河爆破計画 日米の対立が悪化していた、第二次世界大戦時、旧日本軍はパナマ運河の爆破計画を行っていました。 この計画を進めるにあたり、旧日本軍は当時運河建設に参加した青山氏から運河の破壊方法を引き出そうとしましたが、青山氏は「私は運河を造る方法は知っていても、壊す方法は知らない。 」と語り、パナマ運河は守られたのでした。 パナマへパナマ運河が戻された時 1999年12月31日正午、パナマ運河は、米国からパナマ政府に返還されました。 今では、日本はパナマ運河の上位の利用国。 約100年前に一人の若者が身を呈して従事し守った運河は、世界の重要な航海ルートとして、毎日多くの船舶が行き来しています。 現在でも、運河拡張工事が施工されるなど、さらに大きな役割を担う重要ポイントです。 多くの先住民が生活する国 先住民が多く存在しているほかに、白人、先住民、黒人の混血も多くみられ、歴史を物語るような文化的ルーツを持っています。 常夏パナマ。 二つの海に挟まれたこの土地には、魅力的なビーチや島々が多数存在し、素朴な熱帯雨林には、動植物の多様性に恵まれ、固有の動植物も数多くいます。 この国を訪れる時は、壮大なパナマ運河とともに、豊かな自然と多様な文化を楽しめそうです。 在パナマ日本大使館 関連トピックス•

次の

ダリエン地峡とは

パナマ 地峡

およそ300万年前のに形成されたことで、を起こした。 やがある狭い陸地で、幅はわずか64キロメートル。 最狭部はサンブラス地峡。 他の多くの地峡と同様、戦略的に重要なポイントである。 歴史 [編集 ] がカリブ海沿岸を航行している際、原住民より「南の海」(太平洋)の話を聞いたことから、、彼は太平洋を発見した。 、太平洋沿いの小規模な原住民の居住区の近くに、の町が創設された。 ペルー発見の後、町は重要な貿易港として発展し、地域の行政上の中心地となった。 、人の海賊がからパナマ地峡を横断し、パナマの町を破壊した。 その結果、町は西に数キロ離れた小さな半島上に移転した。 パナマの旧市街である Panama la Vieja地区の遺跡は、近年のに登録された。 ペルー領の金、銀が地峡を横断してに輸送され、そこでに積み込まれ、スペイン本土のおよび1707年からはにも運ばれた。 1680年から1684年の間、ライオネル・ウェハ Lionel Wafer は原住民のクナ族 Cuna と生活を共にした。 1698年、がダリエン計画 Darien scheme により、居住区の建設を試みた。 1849年に始まったので、大西洋から太平洋に向かう人の数が増した。 アメリカ東部の港から金を捜し求める人を乗せたがやって来て、初期には徒歩や馬で、後にはで地峡を渡った。 太平洋側に到着すると、彼らはパシフィック・メール社 Pacific Mail Steamship Company の船に乗り込み、へと向かった。 1880年、を建設したがパナマ運河会社 Panama Canal Company を立ち上げたが、1889年に破綻し、事件へと発展した。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の