10 万 円 で できるかな やらせ。 やらせ発覚?キスマイ「10万円でできるかな」終了?ディレクターは誰?

「10万円でできるかな」にヤラセ発覚。テレ朝や番組側に非難殺到

10 万 円 で できるかな やらせ

Kis-My-Ft2とサンドウィッチマンが出演のバラエティ番組『10万円でできるかな』(テレビ朝日系 月曜20時)で、ヤラセ行為が発覚したと13日発売の週刊誌『週刊新潮』が報じたことで物議を醸しています。 『週刊新潮』によればヤラセが発覚したのは、深夜時代から行われている10万円分の宝くじをキスマイメンバーらが購入し、元を取れるか、いくら当たるかなどを検証する企画で、番組関係者に取材したところ、 「実際は10万円の数倍の資金が費やされていた」ことが判明したといいます。 実際に、昨年7月15日放送の「スクラッチ宝くじ削り旅 ~ショッピングモール編~」に参加したスタッフが、 「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」と暴露しています。 この回にはキスマイの北山宏光さん、宮田俊哉さんに加えて、少年隊・東山紀之さん、俳優の塚本高史さん、三四郎・小宮浩信さんが出演し、2チームがそれぞれ5万円分のくじを購入して、当選金額を比べるという内容で、この日の番組視聴率は過去最高の15. 3%(関東地区)を記録していました。 これによって、 大量購入したスクラッチくじのうち法則に関わる部分だけを処理し、法則に沿って当たりだと分かったら削る余地を残しておき、それを本番に使用する用にストックするという作業をしたそうです。 この作業に注ぎ込まれた費用は設定金額10万円の数倍の額だったそうですが、出演者たちには 「手間を省くため途中まで削っておきました」とだけ伝え、事前にストックしておいた当たりくじと購入したばかりのくじを差し替えたそうで、 出演者たちはこのようなヤラセが行われていることを知らされていなかったようです。 そして、番組関係者の告発を受けて『週刊新潮』の取材班はテレビ朝日に取材を行っており、問題のヤラセ行為について確認すると、 「『スクラッチくじ』企画については、削るマークが9つ前後なので当たりに一定の法則があるのではと推論し、そのシミュレーションとして10万円以上のくじを購入したこともありましたが、既にスクラッチを削ったくじを番組収録に使用することはできません」と説明しヤラセを否定したといいます。 この報道に対してネット上では、• 666万円使ってロトだか買ったユーチューバーが最近いたよね。 そしたら散々な結果でもうやらないとか言ってたよ。 これが真実でしょ。 サンドは嫌いじゃないが、この番組は当たりすぎて胡散臭いと思ってた。 ヤラセと言われても驚かない。 そりゃヤラセしてでも当たり出さないと、宝くじの協会から企画に許可出ないだろう。 っていうか他人がクジ当てるの何が面白いんだろうと思う。 いい企画の時もあるから宝くじはやめて欲しい。 うすうすそんな気はしてた。 『そんなに当たるかな?』と。 ある程度は大きい当たりが出ないと番組として盛り上がらないという事なんだろうね。 好きな番組だっただけに残念。 サンドとキスマイも騙された被害者であることは明確にしていかないと。 こういう無意味なヤラセってまだあるんだね。 別に今どきの視聴者は「当たらなきゃ当たらないでリアルでいいんじゃない」ぐらいにしか捉えないと思う。 バスサンドのバス乗車時間も、明らかに無理な時間なのに間に合うとかあるから、これもヤラセかなと思う時がある。 テレビなんてヤラセが当たり前なのにいちいちうるさい。 まあ、宝くじの方は金額が多額なのでこの問題は厳しいかもね。 深夜枠で面白かったのに、そんなに宝くじの企画ばかりに偏り始めて、これでいいのかなって思ってた。 これで終了とかなったら、前進番組から見守ってきたファンが泣くよ。 などのコメントが寄せられています。 『10万円でできるかな』は2017年10月に深夜枠でスタートし、昨年3月にゴールデン帯(19~22時)に昇格となり、キスマイにとっては初のゴールデンレギュラー番組で、メンバーだけでなくファンも大喜びしていたのですが、ヤラセ問題が報じられたことによって打ち切り終了となるかもしれませんね…。 『10万円でできるかな』では深夜時代から度々宝くじ企画を行っているのですが、ゴールデン昇格後に高額当選が連発するなどしていたことで、以前からヤラセを疑われていました。 最近では今年1月13日放送の「年末ジャンボ宝くじ買ったらいくら当たるかな!?」で、出演者1人当たり10万円分の宝くじを購入し、出演者9人で1万円の当たりくじを23枚出し、そのうちキスマイの藤ヶ谷太輔さんは6枚も当てていたほか、メイプル超合金・安藤なつさんは当選確率1万分の1という2万円の年末ラッキー賞を獲得しました。 さらに、メイプル超合金・カズレーザーさん、EXIT・りんたろー。 さん、キスマイの玉森裕太さん、二階堂高嗣さん、四千頭身・石橋遼大さんの5人が10万円の当たりくじを出し、出演者16人のうち5人がプラス収支という異常なまでの当選率となっており、さすがにこれはヤラセなのではとの声が視聴者から上がっていました。 『10万円でできるかな』では深夜時代の2018年4月に、キスマイ二階堂高嗣さんがテレビの宝くじ企画では20年以上ぶりに、総額100万円以上のくじ当選(ロト6の3等・2口など)をしており、これが様々なメディアに取り上げられたことで大きな話題になりました。 これによってハードルが上がってしまった結果、今回のようなヤラセが行われるようになってしまったのか否かは定かではありませんが、昨年3月放送のゴールデン進出フライングスペシャルでは、 「ガチ高額当選発生」「テレビの歴史が変わる」「奇跡を起こす」などと煽っていたものの、最も高かったのが約50万円の当選だったため視聴者から、 「玉森の50万円で高額当選は言いすぎ」と指摘する声もありました。 さらに、番組の企画が宝くじ購入や懸賞応募などに偏っていることもあり、 「もうネタ切れ感がすごい」「宝くじ企画マンネリでつまんない」といった声も上がっていました。 そうした中で『週刊新潮』が複数の企画でヤラセを行っていたことを明らかにし、これがもし事実だとすれば、キスマイやサンドウィッチマンのイメージにも悪影響が及ぶ可能性大なので番組継続は難しいのではと思いますが、テレビ朝日は今後どういった対応をするのか動向を見守っていきたいですね。

次の

「10万円でできるかな」でヤラセ発覚!番組は打ち切りか!?高額当選は嘘!

10 万 円 で できるかな やらせ

ヤラセが発覚!報道の内容を確認! 最初にどういったケースでヤラセが発覚したのか、出ているニュースの内容を確認していきます! ヤラセが明るみに出たのは、番組の人気企画のひとつである「宝くじ」を買うチャレンジ。 ナンバーズ、スクラッチなどを購入し、どれだけ当たるかを検証するというものだが、実際は10万円の数倍の資金が費やされていたという。 「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」と証言するのは、昨年7月15日に放映された「スクラッチ宝くじ削り旅」回でやらせに加担した番組関係者である。 この時は東山紀之らのゲストチームとレギュラーのキスマイチームがそれぞれ5万円のくじを買い、当選額を比べるという企画だった。 この関係者がスクラッチ削りを指示された理由はというと、「削り続けるうち当たりがおのずと見えてくる。 こうした仕込み作業には、本来の資金10万円の数倍の額が注ぎ込まれたという。 yahooニュース なるほど、、、ある程度法則がわかった上で仕込みをしていた、ということなんですね。 んで、ちゃんと仕込める用のあたりがでるまで10万円以上のお金をつぎ込んでいたということ。 これは見事なやらせです、ね。 でも、ヤラセだとしてもコレほどまでに宝くじを並べるのは並大抵の大変さではないような気がしますけど、ね、、、。 ヤラセが発覚したけど、意外とそんなもんだと思ってる人が多い? テレビ朝日でヤラセが発覚したわけですが、割と「当たり前」だと思う人も多いようです。 いろいろヤラセとか言われること多いけど 仕込みとか演出ってのはバラエティには当たり前のことだったのでは むしろそういうのがないと番組の勢い自体のらないと思う これが報道だったら叩かれてもしょうがないと思うけれども。 視聴率を取るために戦略的に考えると演出が大事になってきて、そうなると予め仕込むっていうのは確かに普通な気もしますね。 打ち切り番組一覧 発掘! どーなるスコープ:看護学生やアルバイトなどの「替え玉」を出演させていた 演出やデータ捏造で打ち切りになった番組は多数ありますし、今回も同程度の「やらせ」が発覚しております。 また近年では「世界の果てまで行ってQ」の「お祭り男」で捏造が発覚しました。 番組の打ち切りとはならなかったものの、「お祭り男」は当面自粛となりました。 しかし、今回の「10万円でできるかな」は今回の「スクラッチ」を封じられたらかなりマズイ状況です。 また他の企画にも「やらせ」がなかったか調査をするということなので、他でも見つかった場合はほぼほぼ打ち切りになるのではないでしょうか 打ち切りになった場合はの後番組についてはまだ予定は立っておりませんが、打ち切りが決定したら後番組についても情報が入ってくるとおもうので、その場合はまた更新します! キスマイにも飛び火!人気にも影響が出てしまうかも やらせ発覚を受けて出演者のイメージも下がることが懸念されております。 高感度ナンバー1芸人であるサンドウィッチマンもそうですが、若手のジャニーズが登場し、これからますます大事な時期になっていくキスマイにも痛手になってしまいそうです。 でも、報道の内容では出演者にはなにも知らされていなかったことがわかっております。 純粋に10万円のスクラッチで当たるかどうかを楽しみにしていただけ、のようですが、、、。 スクラッチがあたった時のハイテンションっぷりはやらせではなかった、ということですね。 テレビ朝日の10万円でできるかな打ち切りについてのまとめ 今回は「10万円でできるかな」のやらせが発覚し、番組が打ち切りについて書いていきました。 主演者には知らされておらず、番組制作側が出演としてスクラッチに仕込みをしていたということ。 実際には10万円の数倍ものお金が使われていたとのことです。 捏造されたスクラッチ番組で打ち切りになる可能性は十分あると思います(過去にデータ捏造で打ち切りになった番組も多数ありました) またサンドウィッチマンやキスマイについてはこの事実を知らず、とんだ被害者になってしまっております。 本人たちは本気で嬉しかったでしょうに、なんとも悲しい気持ちになるニュースですね。

次の

テレ朝社長「10万円でできるかな」の“やらせ報道”で謝罪「不適切な演出…深くお詫び申し上げます」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

10 万 円 で できるかな やらせ

ヤラセは、「スクラッチ・宝くじ」を買うチャレンジ企画。 実際は10万円の数倍の資金が費やされた。 スタッフがチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たった。 スタッフは、全部を削る前にどこにどの柄が出たら当たりになるかという「法則」を見つける。 仕込み作業には、本来の資金10万円の数倍の額が注ぎ込まれた。 キスマイやサンドの2人には、こうしたからくりは知らされていなかった。 テレビ朝日広報部は週刊新潮の取材に対し、ヤラセを否定。 「10万円でできるかな」では、さらに他の企画でもヤラセが行われている。 詳しくは2月13日発売の「週刊新潮」特集記事にて公表する。 キスマイやサンドウィッチマンさんが知らなかったというのは救いですが、キスマイ宮田俊哉さんの「法則を見破る力」はスゴイと言われていただけに、本当だったら残念ですね。 テレビ朝日「10万円でできるかな」にヤラセ発覚 実際は数十万円購入。 テレビ朝日「10万円でできるかな」のヤラセ疑惑を、週刊新潮が報じた。 宝くじ企画で、当たりと分かるくじを撮影用にストックと番組関係者。 「『スクラッチくじ』企画については、削るマークが9つ前後なので当たりに一定の法則があるのではと推論し、そのシミュレーションとして10万円以上のくじを購入したこともありましたが、既にスクラッチを削ったくじを番組収録に使用することはできません」(テレビ朝日側) と「10万円以上のくじ購入は認めつつ」ヤラセ疑惑を完全に否定しています。 しかし、『法則を見つける為の、シミュレーション』する事自体、番組の趣旨から外れていると言わざるをえませんね。 やらせ発覚?キスマイ「10万円でできるかな」のチーフディレクター 今回、スタッフにスクラッチくじを大量に買い込む指示をしたのは チーフディレクターとされています。 北嶋 一喜(きたしま かずき、1985年8月6日 — )は、日本の元漫画家、テレビディレクター。 富山県高岡市戸出出身。 主に「週刊少年ジャンプ」誌上にて活躍。 『首KUBIKARI刈』で、2001年8月期天下一漫画賞特別賞を受賞。 週刊少年ジャンプ2005年45号から2006年9号まで『大泥棒ポルタ』を連載していた。 早稲田大学商学部に進学し、連載中は休学していた。 現在は漫画家を引退し、テレビ朝日に勤務。 かつては 北島 一喜(きたしま かずき)のペンネームも用いていた。 現在の担当番組 :10万円でできるかな(チーフディレクター) 過去の 担当番組 :キスマイ魔ジック、あの遊びをバージョンアップ! キスマイGAMEなど 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 キスマイの番組担当も、初めてではないようです。 今回の「やらせ疑惑」は確定していませんので、北嶋一喜さんが指示したという確実な情報はありません。 やらせ発覚?キスマイ「10万円でできるかな」ネットでの反応 ネットでは、 キスマイやサンドウィッチマンさんは知らされていなかったという事で、番組に対する不信感が多かった様です。 よくよく考えたら、この番組当たり過ぎなんだよね ユーチューバーでも検証してたけどほぼ当たらない(購入金額は何百万単位で) キスマイの宮田がスクラッチの当たり配置の法則分かったって番組で言ってたけどあれもスタッフに教えられてたんだろうね この番組萎えたわ — ツンデレ taka5tsundere Q. 10万円でできるかな A. できないよ、ヤラセだから。 でもヤラセにしてもあれくらいしか当たらないんだったら宝くじとか買うもんじゃないな。 競馬かパチンコでいいやつ。 — クロライ kurorai625 ギャンブルを扱ったヤラセ発覚はさすがに他のヤラセよりヤバいのでは?と思ってしまう。 ゴールデン枠で家族と気軽にみれる番組だったので残念。 キスマイとサンドウィッチマン良かったのにかわいそう — みさ 8782misa 10万円でできるかな、ヤラセだったのすごくショック。 キスマイは運が強いって信じてたのに。 大好きな番組だったのに。 キスマイやサンドさんは知らなかったんだろうけどタレントの努力水の泡😭😭せっかくゴールデン進出して視聴率よかったのに。 また、週刊新潮の発売後、新しい情報が入り次第、当ブログでも報告したいと思います。 最後までお読みいただき有難うございました!.

次の