ブルー スリー 筋肉。 ブルース・リーの握力は実際どのくらいあったのでしょうか?

【最強ブルースリー自重筋トレ】全身を爆発的に強化する5つのハイブリッド種目

ブルー スリー 筋肉

僕は昔(20代前半くらい)、ブルース・リーの映画にハマっていた時期があります。 燃えよドラゴンとか死亡遊戯などがメジャーですが、個人的に「ドラゴン怒りの鉄拳」が一番印象に残っています。 ブルース・リーの肉体は研ぎ澄まされた細マッチョ 当時の僕も、ブルース・リーを見て洗練された肉体にそりゃあもう憧れました。 けれども、 背中の筋肉には目が行かず、バッキバキの腹筋と柔軟性を真似しようと日夜励んでいました。 今の僕はウェイトトレーニングをしていることもあるし、背中を大きくしたい意識が強くなっているので、ブルース・リーの背中の凄さに今更驚いています。 そんな中、ブルース・リーはいち早く取り入れてウェイトトレーニングに励んでいたそう。 格闘家として使える筋肉を鍛えることに重点を置いていたブルース・リーは、 必要以上の筋肥大はさせず、研ぎ澄まされたムダの無い筋肉をウェイトトレーニングで作ったんだとか。 空気椅子とか胸の前で手を合わせて押すのもそうですよね。 力の強さは違いますが、体幹を鍛えると人気の「プランク」もアイソメトリックの一種になりますね。 あくまで格闘家としての強さを追求して行っていたトレーニング方法ですので、肉体改造とかボディメイクという目的で有効かは分かりません。 でも、アイソメトリックはどこでも出来るので万能な筋トレ法だと思います! ブルース・リーの背中の筋肉はどうやって作られた? 『ブルース・リーの存在感ある屈強な背中を作った筋トレはコレ!』っていう情報は無かったので、確実なことは不明です。 まず、ウェイトトレーニングが大きく関与していることは間違いありません。 あらゆる情報を吸収して独自のトレーニング方法を編み出していたそうですから、ウェイトを活用した広背筋に効く運動もしていたのではないか?と思います。 【背中トレの関連記事】• そしてブルース・リーの時代には無かった栄養学とサプリメントが今はあります。 活用することで、ブルース・リーほど頑張らなくてもヤバイ背中は作れそうです! 関連記事:.

次の

最速で細マッチョになる筋トレ方法|体を引き締めるトレーニングメニューとは

ブルー スリー 筋肉

ブルース・リーの肉体を見て、一番目をひくのがあの引き締まった腹筋、シックスパックですね。 あの腹筋に憧れて数多の少年が腹筋をしたと思います。 私もその一人の少年でした。 それ以外の筋肉で目をひくのが、広背筋と肩の筋肉ですね。 実際、ブルース・リーは俳優であるとともに格闘家でありました。 あの体、肉体は見せる筋肉でありがながら、実戦でも使える筋肉だと思います。 ほとんど映画では下半身は写ってませが、相当足腰はしっかりと鍛えあげられていると思います。 どんな時でも決して足元がブレてません。 その点でも役者でなく格闘家であることが分かります。 ではいったいどんなトレーニングをしていたか、前に本でブルース・リーの腹筋のメニューを見ましたが、どれも高レップスでした。 どちらかと言えば、ウェイトを使ったトレーニングで筋肉を太くするより、軽いウェイトで速筋しっかり筋肉を刺激してを鍛えているように感じました。 100キロ持ち上げてもあんな早いパンチを打てるようにはならないですからね。 やはり基本が中国拳法で作られているので、ただのトレーニングだけではあの体を作るのは難しいと感じます。 でも、筋トレをしないことにはどんな体も手に入りません。 ブルース・リーの言葉、Don't think. FEEL! 何も考えず、腹筋が感じるまでクランチをして寝ようと思います。

次の

デブがブルース・リーのような細マッチョになるための方法!

ブルー スリー 筋肉

高校生であった私にとってブルース・リーの筋肉は素晴らしく憧れであった。 又、映画の中での強さにも憧れたのである。 あれから40年近く月日が流れ、久しぶりにDVDで「」を見た。 ・・・う〜ん! ブルース・リーの身体が貧弱に見える。 あれほど憧れた身体が、細マッチョだったなんて! 憧れた筋肉が今では、すぐに作れる細い筋肉だ〜!! って思うのだから、時の流れは不思議な力を持っている。 (これは筋肉量に関してであり、格闘をするブルースの動きは今では素晴らしいと思っている。 筋肉量的にはだれでもなれる大きさだ。 体脂肪は5%前後だろう。 今の私(55歳)なら、10日に一度だけのトレーニングと体脂肪を落とす為に減量をすれば簡単にブルースの身体になれる。 今までトレーニングを続けてこられた方が体脂肪を5%に減らせば、だれでもブルース・リーになれます! な〜んだ、ブルース・リーの身体は簡単になれるんだ!! と、この記事(コラム)を読んだトレーニング超初心者の方が勘違いしないようにお伝えします。 超初心者の方々は、規則正しいトレーニングと体脂肪を減らすべく正しい食生活を1年間は続ける必要はあります。 次回は、ブルース・リーの身体になりたいトレーニング超初心者の方々に、素早く筋肉をつくる短時間トレーニング方法をお伝えしていきます。 SATO 2012-05-28 【スポンサードリンク】.

次の