モンキー マジック。 MONKEY MAJIK

大麻東町のスープカレー店「モンキーマジック」【北海道江別市大麻】

モンキー マジック

解説 孫悟空役のドニー・イェンを筆頭に、チョウ・ユンファ、アーロン・クォックら中華圏スターの共演で描いた西遊記映画。 天界と魔界の戦い後に、天界を補修したかけらから生まれた孫悟空が、五行山に閉じ込められるまでを描いた。 天界を率いる玉帝と魔界の王である牛魔王。 玉帝が勝利するものの天界は破壊されてしまう。 すべてを作る女神である女媧によって天界は補修されたが、そのかけらの一つが下界である人間界に落ち、それにより生まれたのが孫悟空だった。 天界の須菩提祖師に弟子入りし、東海竜宮で如意棒を無理矢理譲ってもらう孫悟空。 一方、戦いに敗れた牛魔王は孫悟空の幼なじみである九尾の狐の如雪と仲間の猿たちを殺し、孫悟空の怒りを利用した天界の転覆を図るのだった。 監督は「アクシデント 意外」「モーターウェイ」などを手がけたソイ・チェン。 2014年製作/119分/中国・香港合作 原題:西遊記之大閙天宮 The Monkey King 配給:ツイン スタッフ・キャスト 中国では何度も映画化されている『西遊記』。 別の孫悟空はある戦闘民族の息子として生まれ母星消滅の前に地球に送られたのは知っているけど、確かに本家本元の孫悟空はそれほど知ってるようであまりよく知らない。 てっきりオリジナルかと思いきや、原作である伝奇小説をベースにしつつ、所々脚色。 天界、魔界、人間界が争っていたむか~しむかし。 牛魔王が玉帝に敗れ争い終わり、創造の女神・女カが世界を修復中、神聖な石の破片が花果山に落ち、その中から妖猿が生まれる。 正しく導けばこの世の為になると観音菩薩からの命を受けた須菩提祖師は、その猿を弟子にし、孫悟空と名付ける。 変化などの妖術を学ぶも、他の弟子たちとのいざこざが絶えず、師の元を発つ。 海底の竜宮で如意棒など武器を手に入れ、遂には天界にも進出。 美猴王や斉天大聖を拝命。 が、仙桃を食い荒らしたり、任命された仕事も投げやり。 決して悪い奴ではないが、傍若無人な性格で秩序を乱す。 そんな悟空に、再び天界支配を目論む牛魔王が近付き…。 勿論『西遊記』の話は好きだが、こちらもこちらで面白い。 作風は気軽に楽しめる娯楽冒険ファンタジー・アクション。 CGやアクション満載で、スケールも充分。 さすがにエネルギー波は出さないけど、空中バトルは主人公の名前が同じあのアニメのよう。 動物園に通い詰めて猿の仕草を徹底的に研究したという悟空役のドニー・イェンの快演はユーモラス。 牛魔王役のアーロン・クォックはシリアスに、玉帝役のチョウ・ユンファはさすが貫禄あり。 CGは拙く、話も演出も演技もチープな面あり、着ぐるみみたいな動物キャラや全体的にコスプレ仮装大賞感、どちらかと言うとお子様向けではあるが、 英雄活劇のワクワク楽しさ。 その一方、 利用し、利用され…。 己の傲慢や振る舞いが悲劇を招き、自らは罰を受ける。 どの国も、昔話には面白さと教訓あり。 本作は悟空が岩に封じ込められるまで。 その後、定められた運命かのような出会いや冒険が。 西遊記への道。 チョウ・ユンファには大ヒット作『グリーン・デスティニー』があり、アーロン・クォックにはCG黎明期の怪作『風雲ストームライダーズ』があり、ドニー・イェンには言わずと知れた傑作『イップ・マン』がある。 監督がこれまたグッとくる秀作『アクシデント 意外』のソイ・チェンだったりする。 な、の、に。 なんでこうなった。 孫悟空は、お猿さんアクションがキレてる!ってとこに辛うじてドニーさんの片鱗が見えるものの、最後までほぼ誰だかわからない。 アーロンさんはただ見た目がかっこいいだけのクズで、とても魅力的な悪役とは言えない。 話の運びも全編ダイジェストみたいなもので相当荒い。 地雷だろうと半ば覚悟はしていたけれど、ここまでダメだとは思わなかった。 これならチャウ・シンチーの『西遊記 はじまりのはじまり』を観た方が良かったかも…。 C 2014 Filmko Entertainment Limited. All Rights Reserved. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

【にゃんこ大戦争】攻略星4 モンキーマジック

モンキー マジック

プロフィール [ ] 人兄弟がツイン・およびツイン・を担当し、2人がを担う4人組バンド。 ・で結成された当初は現メンバーより多なのバンドであったが、・への移住を経て・カナダ混成バンドに収束したため、両国の「・バンド」と称されることもある。 した現在も全員が仙台都市圏在住。 カナダ人兄弟がとのをミックスして歌う、との要素を併せ持った楽曲が特徴で、その比重は日本語詞が大半を占めるものから全編英語詞のものまで様々である。 ただし、曲中のはほぼ英語である。 バンドを結成した初期から歌詞に日本語を使用しており、メイナードは「日本語で歌わなかったら日本でやる意味がない」「日本人のメンバーも含めみんなの声を入れたい」と述べている。 現在も日本語詞は日本人メンバーが作詞している。 (平成18年)、『』の主題歌「」のヒットにより有名バンドの仲間入りをし、(平成19年)にはイメージソング「」がの総合チャートとリクエストチャートで1位となり、発売前の楽曲が同チャート1位となるのは史上初だったため話題となった。 このほかにも、、などでのが目立つ。 また、の42枚目のシングル「」を手がけた。 日本国およびカナダ外務省より「日加国交樹立80周年記念」、およびより「観光親善大使」、より「日加親善大使」、日本国外務省より「復興発信使(KIZUNA大使)」を委嘱されている。 (平成21年)にはカナダ公式訪問中の・両陛下の前で天覧ライヴを行った。 マネージメントはに所属していたが、現在は所属となっている。 については、収録音源は時代が、後からまでは に所属していたがよりレーベル に移籍。 収録音源はインディーズ・メジャー通じてUNDER HORSE RECORDS。 メンバー [ ] Maynard Plant(メイナード・プラント、 - ) ソロ活動時は「 」(ブラン。 フランス語で「」の意味)と名乗る。 、担当。 ・()出身。 宮城県在住。 () ・ ・、および、を話すことが出来る。 カナダに居たときは趣味で作曲し、自室で演奏するにとどまっていた。 として来日。 バンド名の元になった「」を歌うを「」と称して尊敬している。 また、、、をリスペクトしている。 ちなみに、父親もプロのミュージシャンで、の前座を務めたこともある。 なお、プラント兄弟は6人兄弟である(メイナードとブレイズはそれぞれ二男と四男、上から2番目と5番目)。 がトレードマークであったが、以降はで帽子は被らなくなった。 伯父の影響で幼少期より趣味で学んでいたの事業をより本格的に始動させ、TAXとともに生のブランド「EIGHT CROWNS JAPAN」を設立した(後述)。 Blaise Plant(ブレイズ・プラント、 - ) 、担当。 カナダ・オンタリオ州オタワ出身。 フルネームは ブレイズ・ジョゼフ・アンソニー・プラント Blaise Joseph Anthony Plant。 本名の頭文字をとって BJという愛称も使われる。 メイナードの弟。 英語(母語) ・フランス語 ・日本語を話すことが出来る。 日本でのデビュー初期の頃は大抵英語で喋っており、よくメイナードが通訳をしていたが、現在は日本語で会話できる。 普段の日本語は、周囲のや兄の南部弁に影響されて訛ってきている。 仙台ではチームにも所属している。 12歳頃から作曲を始めており、音楽歴はメイナードより長い。 カナダでは高校生のときからとしてクラブなどで演奏し、その後、の先生をしながら音楽のプロ活動をし、一方でを目指していた。 (19年)秋に公式を開設。 (平成20年)3月18日(自身の誕生日)より、「 」を始動し、同時にオフィシャルを開設。 ソロプロジェクトの曲は、当面のみ。 TAX( - ) 担当。 同県富谷市在住。 本名は 菊池 拓哉。 ほとんどの楽曲制作に携わり、曲中の日本語詞を作詞している。 地元仙台でのライブでは「菊池」コールが涌く。 ドラムを始めたのは中学生の頃、たまたま遊びに行った友人宅のリビングにドラムセットが置かれていたのがきっかけ。 として5年間働いた経験がある。 その後、友達の紹介でメイナードと知り合い、頃より参加。 名前の表記はインディーズ時代は本名の 菊池拓哉、メジャーデビュー後は小文字で tax、9thアルバム『Colour by Number』リリース頃より大文字で TAXになった。 にMaynardとともに「EIGHT CROWNS JAPAN」を設立し養蜂家としての活動を開始している(本名名義)。 インタビューでは率先して曲の紹介などを行うことも多い反面、ライブでは必要最小限しか話さない。 ただし近年のライブでは発言回数も増えつつある。 DICK( - ) 担当。 本名は 森 秀樹。 卒業、卒業。 のを持っており実はが得意。 なかでもの腕前はプロ級(高校時代はスキー部に所属)。 SOUL ADDICTIONという・バンドのベースプレイヤーとしても活動中。 PRIVATE KITCHENというバンドにも在籍していた。 やの移動販売のアルバイト経験もある。 仙台では著名なベーシストだったDICKをメイナード・ブレイズ・taxがの飲み屋に呼び出し、周りを囲んでMONKEY MAJIK加入に合意するまで飲ませ、インディーズ2ndフルアルバム『eastview』リリース頃より漆坂脱退と入れ違いで加入。 インディーズ時代末期の加入直後は 森"DICK"秀樹と表記されていたが、メジャーデビュー以降は DICK表記となった。 ライブ中にMCを行うのは主にプラント兄弟だが、全国ツアーをはじめとするワンマン公演では、アンコールでDICKによるMCとの音頭、さらに来場者プレゼントの抽選などを行うのが恒例となっている。 元メンバー [ ] 漆坂ミサオ ベース担当。 (現・)出身。 2ndアルバム『eastview』リリースの頃に脱退。 脱退後もメジャーデビュー初期の頃までは漆坂が作詞したストック曲が発表されていた。 現在は、仙台市内の一般企業でとして働いている。 Jan(ヤーン) ドラムス担当。 (平成13年)に一時期サポートメンバーだったドイツ人の留学生。 日本滞在時には、の世界的権威であるのもとで学んでいた。 トム ドラムス担当。 結成当初のメンバーだったイギリス人。 バンド名の名付け親である(後述)。 チャド 結成当初のメンバーだったカナダ人。 サポートメンバー [ ] ミスター( - ) 担当。 宮城県出身。 本名は 渡邊 一郎。 高校時代より作曲活動を始め、地元仙台にてグループ等にて活動後し、等のバックバンドで活動。 「」からサポートとして参加。 ジェリー( - ) 担当。 宮城県仙台市泉区出身。 本名は 齋藤 寛。 20代の頃にブラジル音楽に影響を受け、打楽器を始める。 にブラジル音楽「Areia Branca」を主催し仙台、東北を中心に活動。 その後、個人のパーカッショニストとして活動を始める。 のとは小・中学校の同級生。 のツアー「Fantasia」からサポートとして参加していたが近年はサポートはミスターのみの5人編成であることが多い。 バンド名 [ ] バンド名は、青森県でアマチュアバンドを結成した際、当時のであったトム()が(平成12年)に名付けた。 彼は幼少期に、国内で放送されていた『』(。 イギリス国内では『Monkey! 』というタイトル)を見て大ファンとなっていたため、同ドラマの主題歌であるの「」にちなんで、バンド名を「MONKEY MAJIK」にした( "majik" は "magic" の変)。 この縁故なのか、(平成18年)放送の『』の主題歌に、2ndシングル「」が使用された。 この曲の全国的なヒットによって一躍有名になった。 また、MONKEY MAJIKのメンバーはのちに仙台に移住し、仙台を拠点として活動するが、ゴダイゴのメンバーのが仙台出身であり、も(平成10年)から仙台の芸術系で講師をしているなど、不思議な繋がりがある。 ちなみに、バンド名の名付け親であるトムは今でも時々日本に遊びに来ており、その際はメイナードと会っている。 メイナードに、「僕が付けたバンド名をまだ使っていてくれて嬉しい。 僕の大好きな『西遊記』の主題歌を歌って、すごいし、うらやましい」と言っていたとのこと。 公式表記はすべて大文字の「MONKEY MAJIK」だが、他アーティストとのコラボレーションのときは頭文字のみ大文字の「Monkey Majik」を用いる。 ただし他アーティストの一部の作品での表記がすべて大文字になっている等、実際の使い分けはあまり厳密ではない。 メイナード兄弟の出身国であるカナダのには、州によって英語とフランス語の2つがある。 両人の母語は両者のうち英語であると公表されているが、親の教育方針によりフランス語も学生時代に身に付けている。 するとバンド名は英語なのだから、 ( マンキ・ マージク)と英語発音をするのが両人にとっては自然である。 しかし両人は、少なくとも日本国内では、自らのバンド名を「モンキー・マジック」と忠実に日本語発音を用いている。 バイオグラフィー [ ] 青森・アマチュア時代 [ ] (平成9年)、メイナードが、ののとして来日。 七戸町に2年、同郡(現・)に1年居た。 その間、青森県(。 )の約15の小・中学校で英語を教えて回る。 なお、三八上北地方にはの等があるため、草の根が盛んで外国人には親和性のある地域である。 (平成12年)、を通じて知り合った漆坂ミサオと2人でバンドを組む。 後に、国際交流のイベントで演奏してほしいとの依頼を受け、ALT仲間のカナダ人チャドとイギリス人トムが1名ずつ加わり4人になって、MONKEY MAJIK結成。 この頃は、メイナード曰く「"オカのススメ" みたいな曲」をやっていた。 このメンバーで半年ほど活動していたが、チャドとトム両名が、ALTの任期終了に伴い帰国。 活動の記念につくったをあるメンバーがレコード会社に密かに送付。 それを聴いた所在のエドワードリミテッド(現・)の社長が気に入り、同地へ呼び寄せられることになった。 仙台・インディーズ時代 [ ] (平成13年)、メイナードと漆坂の2人でに移住。 友達の紹介で、taxこと菊池拓哉と出会う。 弟であるブレイズがカナダでどのような音楽ジャンルで活動しているか知らなかったメイナードであったが、ブレイズから送付されたを聴いて、ブレイズをカナダから呼び寄せる。 taxが正式にバンドに加入するまでの間は、ドラムはドイツ人留学生のJanなど数名のサポートメンバーが交代で担当していた。 市内ので活動を続けながら、メイナードはで講師をしていた。 (平成14年)、にてよりミニアルバム『TIRED』を1000枚限定発売。 メイナードが授業中に生徒に宣伝するなどしたため、口コミで広まり、仙台店のセールス6週連続1位を記録し、完売。 現在最も入手困難な作品である。 (平成15年)、タワーレコード仙台店限定で1stフルアルバム『SPADE』を先行発売。 13週連続1位・年間セールス1位という快挙。 (平成16年)、『SPADE』を全国リリース。 これを機に、系「」の番組内で特集を組んで紹介される。 「めざましテレビ」は、インディーズ時代のMONKEY MAJIKを計3回も取り上げている。 (平成17年)、2ndフルアルバム『eastview』をリリース。 この作品の頃に漆坂が脱退し、新たにDICKを迎えて活動を始めた。 仙台・メジャー時代 [ ] 2005年(平成17年)秋、のレーベル・と契約。 (平成18年)、「fly」にて。 全国33の局においてを獲得、4週間にわたってFMオンエアチャート1位を記録。 ノンながらラジオやから話題となり、オリコンチャート初登場19位をマークした。 2月に2ndシングル「」をリリース。 ドラマ『』の主題歌に起用され、オリコンチャート初登場4位を記録、一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。 (平成19年)、第21回において「ザ・ベスト10・ニューアーティスト」を受賞。 「」が、総合、および、リクエストチャートの双方で1位を獲得。 CD発売前の楽曲が同時1位を獲得するのは史上初。 8月、『』で、バンド名の由来である「」を持ち歌とすると初対面・初共演した。 (平成20年)、日本とカナダの国交樹立80周年を記念する「日加修好80周年」に任命され、でから委嘱状を手渡された。 (3年)に日本がカナダ・オタワにを設けたことから、日本側から任命された。 10月29日(現地時間)、日加親善大使としてカナダを公式訪問。 10月30日(現地時間)、日加修好80周年記念行事の1つとして、プラント兄弟の出身地でもある首都オタワのライブハウス「ZAPHOD BEEBLEBROX」でライブ。 これが初のカナダ凱旋公演。 11月3日(現地時間)、日加修好80周年記念行事の1つとして、バンクーバーのライブハウス「Richard's on Richards」にてライブ。 (平成21年)、「日加修好80周年記念大使」に任命された。 (昭和4年)にカナダが日本・に公使館を設けたことから、今回はカナダ側から任命された。 7月に日加修好80周年を記念してカナダ公式訪問中の・両陛下が、首都オタワのレスター・ピアソン・ビルディング(カナダ外務国際貿易省が入居)で祝賀行事に臨席し、日加親善大使のMONKEY MAJIKが天覧ライブを行った。 10月、「日加親善大使」に就任。 同アルバムのプロモーションとして過去のプロモーション・ビデオを再編集した30分の を製作、「最も長いテレビコマーシャル」としてに認定された。 (平成23年)、およびから「東北観光親善大使」を委嘱される。 に発生した()で被災したが、メンバーはそれぞれ無事であったとにて報告している。 後にスタッフも含め全員無事と公式に記載された。 多くの著名人がや支援物資を送る活動、あるいは、被災地でのイベントを行う一方()、メンバーは一般に混じって泥かきや撤去などののボランティア活動を発災後すぐから継続的に行っている。 にはで同じ被災地・仙台在住のアーティストの、、SOUL ADDICTIONをゲストに迎えてのライブ「SEND愛」を開催。 ライブの売り上げ金は義援金として寄付された。 には仙台のにて同じくゲストを迎えてのチャリティーライブを開催。 (平成24年)、外務省から「震災復興発信使」(KIZUNA大使)に任命された。 にはの小林ホールにて、またにはのライブハウス Zaphod Beeblebrox にて、それぞれ在トロント日本国総領事館主催、在カナダ日本国大使館主催の無料スペシャルアコースティックライヴが開催された。 に、に初出演。 11月、アジア(・)、北米(・トロント・オタワ) でのライブを開催。 に東京のでチャリティーライブ「SEND愛」の第3弾を開催、5日にコラボレーションシングルをリリースしたをサプライズゲストに迎えた。 (平成27年)、初となるでのワンマンライブ「MONKEY MAJIK Live at BUDOKAN -15th Anniversary-」を開催、これまでコラボ曲を発表したアーティストを始め様々なゲストを迎え、約8000人の観客を動員した。 ライブ映像やオフショット映像収録 Live CD Magical Mystery Tour ・ライブ会場での限定販売 ・2005年12月16日、でのワンマンライブより6曲を収録、初のライブ音源 2007年 JAPAN TOUR'07 ・ライブ会場での限定販売 ・2007年6月30日、でのライブより6曲を収録 TOUR'07 ・ライブ会場での限定販売 ・2007年11月25日、でのライブより6曲を収録 CD(非売品) Frozen ・9thアルバム「Colour by Number」のMONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2014ライブ会場予約購入者限定特典 コラボレーションアルバム ・10組の男性アーティストのコラボレーション作品 参加作品 [ ] 発売日 曲名 収録された作品 2006年 フタリ〜English ver. MONKEY MAJIK 「」 With you 〜NO MUSIC, NO LIFE〜 Various Artists「」 2010年 ソレイライ feat. MONKEY MAJIK 「」 楽曲提供 [ ] 発売日 曲名 収録された作品 Everybody 「」 輝く夜 SUPPORTED BY MONKEY MAJIK「」 そのまま SMAP「」 every-body 「」 2009年 Beautiful summer 「」 MY WAY 谷村奈南「NANA BEST」 LOVE CHASE 「」 2012年 Turn Off The Lights 山下智久「」 2012年 イナクテサビシイ SMAP「」 MAGIC 山下智久「」 MY LIFE 「」 さよなら タイアップ [ ] 曲名 タイアップ One moment スノーボード・ドミュメンタリー・ムービー「bd(ビーディー)」BGM カモメ ・東北6県番組「なっとく! 空 配給映画「」主題歌 Pretty People -Japanese ver- 「」テーマソング ムラサキスポーツCMソング ガンダーラ -movie ver. 」CMソング 「高校サッカー応援」CMソング With you メガスポーツ「」CMソング Fast Forward 読売テレビ、、アニメ「」オープニングテーマ Sunshine 読売テレビ、TOKYO MX、BS11アニメ「ぬらりひょんの孫」オープニングテーマ 夢の世界 ドラマ「」主題歌 Everything is going to be alright 「東京新聞一週間お試しキャンペーン」CMソング(関東地区限定) If I Knew 「」テーマソング 木を植えた男 「展」イメージソング Headlight 「東北笑顔プロジェクト」CMソング 「これが東北魂だ カキだ! サンマだ! 希望の海だ!! 」エンディングテーマ 「沿線スマイルプロジェクト」BGM 「SP から1年」エンディングテーマ HERO 「はたちの献血」CMソング 足跡 フジテレビ系「グラジオラスの轍 Road to London」テーマソング U. O 「Duo Motions」CMソング(関東地区限定) FOREVER 「」テーマ曲 トビラ 株式会社ワンダーラボラトリー製作ドキュメンタリー映画「」主題歌 A Christmas Song 2012テーマソング The Apprentice 「」テーマソング If 20周年記念特別ショートフィルム「」主題歌 Story アイフルホームTVCM「積み木」篇CMソング PERFECT SYNC. am Human 3DCGアニメーション「」主題歌 Is this love? Monkey House Music(2005年 - 2012年9月、)• MONKEY MAJIK SPECIAL PROGRAM〜Headlight〜(2011年、Date fm)• いかすぜ! 東北 ぼくたちのイイトコ自慢(2013年 - 、・・) - 特別ゲスト・メインテーマ担当• (2014年4月 - 、NHKFM東北) ドラマ [ ]• (2008年、) - 第8話ゲスト• お米のなみだ(2008年、)• ブレイズが、・世界海洋気象情報センターの研究員・クリス役で出演。 (2018年10月 - 2019年3月、NHK) - ハリー・ビンガム 役(メイナード)、ジョナサン・メイ 役(ブレイズ)• (2019年9月 - 、) - 飛電ゼロワンドライバー音声(メイナード、ブレイズ) テレビ番組 [ ]• 僕たちにできること〜MONKEY MAJIK〜(2011年、NHK)• (2011年 - 2012年、TBS) - 不定期で出演• (2011年6月24日放送、)• 木を植えた男。 フレデリック・バック展(2011年7月23日放送、NTV)• (2011年、TBS)• (2013年、) CM [ ]• 「アサヒ ジンジャードラフト」(との共演)• 空」 「」 「Get started」 「」 不明 「」 「Lily」 「Livin' in the sun」 「」 「すぐちかく」 「ガリレオ」 「」 「木を植えた男」 「」 出演: 「」 出演: LIVE [ ] インディーズ時代は、でののほか、などに出演していたが、海外は2005年10月28日・29日の、国内は12月16日の(収容人員:250人。 以下、収容人員はスタンディングの数値)を最後には行わなくなっていた。 メジャーデビュー後はライブ本数0であったが、2007年になり初の全国ツアーを行った。 国内のワンマンライブ、主催ライブと学園祭のみの記載 2007年• 24 宮城・多賀城市民会館• 26 北海道・Zepp Sapporo• 28 新潟・新潟市民芸術文化会館• 30 東京・C. Lemonホール• 31 東京・C. Lemonホール• 02 静岡・三島市民文化会館• 03 愛知・• 07 大阪・グランキューブ大阪• 11 兵庫・神戸国際会館• 13 岡山・• 15 長崎・長崎市公会堂• 16 熊本・• 18 宮崎・• 20 鹿児島・宝山ホール• 22 大分・• 23 福岡・福岡市民会館• 25 広島・アステールプラザ• 27 愛媛・西条市総合文化会館• 29 沖縄・桜坂セントラル• 30 沖縄・桜坂セントラル(追加公演)• 09 福島・• 11 宮城・仙台サンプラザホール 2011年• 26 岩手・盛岡市民文化ホール• 27 山形・• 31 埼玉・サンシティ越谷市民ホール• 02 大阪・グランキューブ大阪• 03 大阪・グランキューブ大阪• 08 東京・• 09 愛知・• 15 長崎・長崎市公会堂• 16 福岡・福岡市民会館• 17 広島・アステールプラザ• 21 宮城・Zepp Sendai(追加公演)• 23 沖縄・桜坂セントラル• 24 沖縄・桜坂セントラル• 30 鹿児島・宝山ホール• 01 熊本・崇城大学市民ホール• 03 神奈川・(追加公演)• 05 福島・郡山Hip Shot Japan• 06 福島・郡山Hip Shot Japan• 08 北海道・札幌市教育文化会館• 10 青森・青森クォーター• 11 青森・青森クォーター• 14 東京・• 16 新潟・新潟市民芸術文化会館・劇場• 21 秋田・秋田市文化会館• 22 宮城・仙台サンプラザホール• 09 宮城・多賀城市文化センター• 10 山形・山形市民会館• 16 千葉・• 17 埼玉・• 29 広島・アステールプラザ• 30 岡山・倉敷芸文館• 03 愛媛・• 05 福岡・福岡国際会議場• 08 鹿児島・• 14 沖縄・桜坂セントラル• 15 沖縄・桜坂セントラル• 29 愛知・愛知県芸術劇場• 04 石川・• 05 長野・• 25 大阪・グランキューブ大阪• 02 静岡・• 08 東京・中野サンプラザ• 09 東京・中野サンプラザ• 22 福島・• 24 宮城・仙台サンプラザホール MONKEY HOUSE MUSIC [ ] で2005年10月から放送されていた彼らのレギュラー番組。 7年間放送されていたが、2012年9月28日放送分をもって終了となった。 初期はMaynardがMCを務めていたが、2007年からはtax・DICKが担当していた。 番組終了から1年半が経過した2014年4月より、(東北6県)の新たなるレギュラー番組「」がスタートした。 詳細は同番組の項を参照。 メイプルシロップチャレンジ 2005年頃に行われていた企画。 カナダの特産品であるを使って、いろいろな料理をつくる。 映像がないので、実際どんな風に出来上がっているのかよく分からないが、音声だけでも出来上がったもののユニークな味が伝わり、毎回笑いがあふれる。 メイプルシロップを用いたオリジナル対決が行われ、ベースの「モンキーリーフ」が優勝。 にあるCLUB SHAFTでに加えられた。 きくさんぽ MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2012の最中に、番外編として行われていた企画。 ツアーの公演で訪れた全国各地にて、主にDICKがカメラを回し、taxやサポートメンバーのJeryyが現地のスポットを散歩する模様を撮影・編集し、その映像がにアップされている。 タイトルは、「」のパロディとしてtaxの本名をかぶせていると思われる。 そのときの気分で「ブラタクス」(から)という名称を用いることもある。 MONKEY MAJIK MARKET [ ] 2013年12月よりスタートしたプロジェクト。 略称は「MMM」。 メンバーが東北地方の企業とコラボレーションし、プロデュースした商品が開発されている。 2014年3月現在販売中の商品は、AZOTH製「Tシャツ」、モビーディック製「スマホケース」、露香製「インセンス」の3種類で、MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2013-2014 〜DNA〜の各会場で30点限定でオープニング特別価格で販売される。 EIGHT CROWNS [ ] 2018年にMaynardとTAXが共同で設立した、の製造・販売を行うブランド。 に所在する8つの巣箱(7群、1群)からなる養蜂場で非加熱の生ハチミツを生産しており、社名もこの8つの巣箱に由来する。 採蜜は年1回のみで、製品のハチミツはホームページで購入できたが2019年2月現在は完売となっている。 その他 [ ]• (平成18年)の在籍選手が、2ndシングル「Around The World」を自身の登場曲として使用した。 開幕直後は左のリリーフエース。 中盤戦からはから移籍した。 またも2006年(平成18年)から「thank you」を登場曲として使用した。 所属の(現在は広島東洋カープに所属)が、2011年と2012年(偶数打席のみ)に「MONSTER」、2012年(奇数打席のみ)と2013年に「Headlight」、2014年に「FOREVER YOUNG」をそれぞれ自身の登場曲として使用した。 Lily, Get started, eastviewの発売時、仙台のタワーレコード、仙台店で2,000人以上相手のサイン会を行ったことがある。 ライブの観客は日本人が多くを占めるので、歌詞の部分は盛り上がるが、歌詞の部分になると英語が分からないためシュンとなる。 メンバーはこれを気にしており、折りに触れ語っている。 そんな中、仙台でのライブで前に舞台袖に戻ったとき、観客が「空はまるで」を英語の部分も含めてで大合唱してくれたため、感動したと語っている。 2018年3月18日の仙台空港アクセス線始発より仙台駅の専用発車メロディが「Around The World」に変更された。 編曲は、演奏はによるもの。 なお、東北本線、常磐線、仙石東北ライン、仙山線、その他臨時列車ではこの曲は流れない。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし、これについてメンバーは、「普通に考えたら、兄弟がいるから普通のバンドよりハイブリッドじゃないと思う」と冗談交じりに述べている((2014年9月))。 メイナードとTAXは仙台市の北隣の在住(2016年時点)。 と共同での開催。 カップリング曲「Pretty People -Japanese ver. -」は「空はまるで」収録、「Around The World+Go! 空」は同アルバムの初回限定盤ボーナストラック• 「Together」で記録。 他2曲はチャートインなし。 「虹色の魚」で記録。 他2曲はチャートインなし。 「Sunshine」で24位を記録。 その他の収録曲はチャートインなし。 楽曲提供の他、コーラスにも参加• 楽曲提供の他、ブレイズがコーラスにも参加 出典 [ ]• (シネマトゥデイ2011年4月8日)• (河北新報 2016年1月16日)• (2005年4月)• 内レーベルで、MONKEY MAJIKの移籍に伴い所属者がゼロになり、現在はレーベルが事実上消滅した• binyl recordsと同じく、avex内のレーベル• (2006年5月19日)• (河北新報 2016年7月23日)• 「MONKEY MAJIK meets 」• (第21回)• (外務省 2008年6月19日)• (在カナダ日本国)• (バンクーバー経済新聞 2008年11月6日)• (ベガルタ仙台 2009年10月16日)• (国土交通省東北運輸局 2011年1月20日)• (BARKS 2011年3月18日)• ( 2011年4月7日)• (在トロント日本国総領事館、2012年1月16日)• (在カナダ日本国大使館)• (MTVジャパン、2012年3月27日)• (バークス、2012年12月22日)• (バークス、2014年9月13日)• (ドワンゴジェイピーnews、2015年2月8日)• (ORICON STYLE、2015年2月9日)• (音楽ナタリー、2015年2月9日)• - (セルコホーム公式チャンネル)• (公益社団法人日本プロサッカーリーグ 2013年2月20日)• ORICON STYLE. 2016年9月16日. 2016年9月16日閲覧。 電撃ホビーウェブ. 2019年8月4日. 2019年8月4日閲覧。 (ORICON STYLE コメント映像より)• EIGHT CROWNS. 2019年2月27日閲覧。 CDジャーナル 2008年7月 記事より• 2018年3月10日. 2019年2月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (DICKのバンド)• (MySpace内のサイト)• (メイナードのソロプロジェクト)• (内のサイト)• (ブレイズ・プラントの公式)• (MySpace内のサイト)• (Date fmでのレギュラー番組)• MaynardPlant -• BlaisePlant -•

次の

MONKEY MAJIK(モンキーマジック)人気曲 声域音域ランキング │ 音楽&芸能界ランキング〜歌やドラマの記憶〜

モンキー マジック

解説 孫悟空役のドニー・イェンを筆頭に、チョウ・ユンファ、アーロン・クォックら中華圏スターの共演で描いた西遊記映画。 天界と魔界の戦い後に、天界を補修したかけらから生まれた孫悟空が、五行山に閉じ込められるまでを描いた。 天界を率いる玉帝と魔界の王である牛魔王。 玉帝が勝利するものの天界は破壊されてしまう。 すべてを作る女神である女媧によって天界は補修されたが、そのかけらの一つが下界である人間界に落ち、それにより生まれたのが孫悟空だった。 天界の須菩提祖師に弟子入りし、東海竜宮で如意棒を無理矢理譲ってもらう孫悟空。 一方、戦いに敗れた牛魔王は孫悟空の幼なじみである九尾の狐の如雪と仲間の猿たちを殺し、孫悟空の怒りを利用した天界の転覆を図るのだった。 監督は「アクシデント 意外」「モーターウェイ」などを手がけたソイ・チェン。 2014年製作/119分/中国・香港合作 原題:西遊記之大閙天宮 The Monkey King 配給:ツイン スタッフ・キャスト 中国では何度も映画化されている『西遊記』。 別の孫悟空はある戦闘民族の息子として生まれ母星消滅の前に地球に送られたのは知っているけど、確かに本家本元の孫悟空はそれほど知ってるようであまりよく知らない。 てっきりオリジナルかと思いきや、原作である伝奇小説をベースにしつつ、所々脚色。 天界、魔界、人間界が争っていたむか~しむかし。 牛魔王が玉帝に敗れ争い終わり、創造の女神・女カが世界を修復中、神聖な石の破片が花果山に落ち、その中から妖猿が生まれる。 正しく導けばこの世の為になると観音菩薩からの命を受けた須菩提祖師は、その猿を弟子にし、孫悟空と名付ける。 変化などの妖術を学ぶも、他の弟子たちとのいざこざが絶えず、師の元を発つ。 海底の竜宮で如意棒など武器を手に入れ、遂には天界にも進出。 美猴王や斉天大聖を拝命。 が、仙桃を食い荒らしたり、任命された仕事も投げやり。 決して悪い奴ではないが、傍若無人な性格で秩序を乱す。 そんな悟空に、再び天界支配を目論む牛魔王が近付き…。 勿論『西遊記』の話は好きだが、こちらもこちらで面白い。 作風は気軽に楽しめる娯楽冒険ファンタジー・アクション。 CGやアクション満載で、スケールも充分。 さすがにエネルギー波は出さないけど、空中バトルは主人公の名前が同じあのアニメのよう。 動物園に通い詰めて猿の仕草を徹底的に研究したという悟空役のドニー・イェンの快演はユーモラス。 牛魔王役のアーロン・クォックはシリアスに、玉帝役のチョウ・ユンファはさすが貫禄あり。 CGは拙く、話も演出も演技もチープな面あり、着ぐるみみたいな動物キャラや全体的にコスプレ仮装大賞感、どちらかと言うとお子様向けではあるが、 英雄活劇のワクワク楽しさ。 その一方、 利用し、利用され…。 己の傲慢や振る舞いが悲劇を招き、自らは罰を受ける。 どの国も、昔話には面白さと教訓あり。 本作は悟空が岩に封じ込められるまで。 その後、定められた運命かのような出会いや冒険が。 西遊記への道。 チョウ・ユンファには大ヒット作『グリーン・デスティニー』があり、アーロン・クォックにはCG黎明期の怪作『風雲ストームライダーズ』があり、ドニー・イェンには言わずと知れた傑作『イップ・マン』がある。 監督がこれまたグッとくる秀作『アクシデント 意外』のソイ・チェンだったりする。 な、の、に。 なんでこうなった。 孫悟空は、お猿さんアクションがキレてる!ってとこに辛うじてドニーさんの片鱗が見えるものの、最後までほぼ誰だかわからない。 アーロンさんはただ見た目がかっこいいだけのクズで、とても魅力的な悪役とは言えない。 話の運びも全編ダイジェストみたいなもので相当荒い。 地雷だろうと半ば覚悟はしていたけれど、ここまでダメだとは思わなかった。 これならチャウ・シンチーの『西遊記 はじまりのはじまり』を観た方が良かったかも…。 C 2014 Filmko Entertainment Limited. All Rights Reserved. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の