ブルー アイズ オルタナティブ ドラゴン。 遊戯王OCGカード考察:青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)

遊戯王についての質問です。

ブルー アイズ オルタナティブ ドラゴン

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONよりこのカードです。 そのカードを破壊する。 元々のカード名が「青眼の亜白龍」となるモンスターを素材として このカードが融合召喚されている場合、 この効果の対象を2枚または3枚にできる。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 ブルーアイズの新しい姿となるレベル12融合モンスターです。 もう名前からして青眼の究極竜のオルタナティブバージョンですね。 青眼の究極竜をベースに細部に手が加えられており 美しいながらもどこか禍々しさを感じるデザインです。 青眼の究極竜を今の高橋和希さんの画風でリメイクしたって感じですね。 「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」 融合素材はブルーアイズホワイトドラゴン3体という 青眼の究極竜や真青眼の究極竜と同じ素材指定です。 ただこのカードの場合青眼の亜白龍を融合素材していると豪華特典がつくので できるだけ素材の1体は青眼の亜白龍にしておきたい所です。 その場合青眼の亜白龍はフィールドか墓地にいないと青眼の白龍扱いにならず このカードの融合素材にできない点には気を付けましょう。 全部墓地に送った上で龍の鏡で融合召喚するのが手っ取り早いですが 融合解除も絡めたい場合は手札と場にブルーアイズ3体を揃える必要があります。 お馴染みながらも耐性としては非常に強固なものであり 攻撃力4500がこの耐性を持っているというのは高い安心感があります。 そのカードを破壊する。 元々のカード名が「青眼の亜白龍」となるモンスターを素材として このカードが融合召喚されている場合、 この効果の対象を2枚または3枚にできる。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 融合素材に1体でも青眼の亜白龍が含まれている場合 破壊対象を3体まで増やす事が可能です。 攻撃できないデメリットも含めて 青眼の亜白龍の効果を強化した感じの効果ですね。 攻撃力4500の攻撃を放棄するのは中々に勿体ないですが それを踏まえても3枚破壊は豪快かつ強力な除去です。 4500という打点に強固な耐性、そして最大3枚まで行える除去と まさに 「シンプルに強い」実に切り札感溢れるカードです。 海馬らしいといえば実に海馬らしい切り札だと言えるでしょう。 おまけのこの3枚除去、相手がこのカードをどうにかできなければ 次のターンにも行えるので相手からすればたまったもんじゃありません。 同じ素材で出せる真青眼の究極竜とは 殴れそうな状況で攻撃あるのみという場合にはあちらを、 逆に相手に伏せカードが充実していて除去などが怖いといった場合には 耐性があり除去能力に優れたこちらといった感じで使い分けが可能です。 フィールドと手札に青眼の亜白龍を含めた3体を確保しつつ 融合と融合解除も用意するのは中々に大変ですが狙う価値は十分にあるでしょう。

次の

遊戯王についての質問です。

ブルー アイズ オルタナティブ ドラゴン

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONよりこのカードです。 そのカードを破壊する。 元々のカード名が「青眼の亜白龍」となるモンスターを素材として このカードが融合召喚されている場合、 この効果の対象を2枚または3枚にできる。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 ブルーアイズの新しい姿となるレベル12融合モンスターです。 もう名前からして青眼の究極竜のオルタナティブバージョンですね。 青眼の究極竜をベースに細部に手が加えられており 美しいながらもどこか禍々しさを感じるデザインです。 青眼の究極竜を今の高橋和希さんの画風でリメイクしたって感じですね。 「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」 融合素材はブルーアイズホワイトドラゴン3体という 青眼の究極竜や真青眼の究極竜と同じ素材指定です。 ただこのカードの場合青眼の亜白龍を融合素材していると豪華特典がつくので できるだけ素材の1体は青眼の亜白龍にしておきたい所です。 その場合青眼の亜白龍はフィールドか墓地にいないと青眼の白龍扱いにならず このカードの融合素材にできない点には気を付けましょう。 全部墓地に送った上で龍の鏡で融合召喚するのが手っ取り早いですが 融合解除も絡めたい場合は手札と場にブルーアイズ3体を揃える必要があります。 お馴染みながらも耐性としては非常に強固なものであり 攻撃力4500がこの耐性を持っているというのは高い安心感があります。 そのカードを破壊する。 元々のカード名が「青眼の亜白龍」となるモンスターを素材として このカードが融合召喚されている場合、 この効果の対象を2枚または3枚にできる。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 融合素材に1体でも青眼の亜白龍が含まれている場合 破壊対象を3体まで増やす事が可能です。 攻撃できないデメリットも含めて 青眼の亜白龍の効果を強化した感じの効果ですね。 攻撃力4500の攻撃を放棄するのは中々に勿体ないですが それを踏まえても3枚破壊は豪快かつ強力な除去です。 4500という打点に強固な耐性、そして最大3枚まで行える除去と まさに 「シンプルに強い」実に切り札感溢れるカードです。 海馬らしいといえば実に海馬らしい切り札だと言えるでしょう。 おまけのこの3枚除去、相手がこのカードをどうにかできなければ 次のターンにも行えるので相手からすればたまったもんじゃありません。 同じ素材で出せる真青眼の究極竜とは 殴れそうな状況で攻撃あるのみという場合にはあちらを、 逆に相手に伏せカードが充実していて除去などが怖いといった場合には 耐性があり除去能力に優れたこちらといった感じで使い分けが可能です。 フィールドと手札に青眼の亜白龍を含めた3体を確保しつつ 融合と融合解除も用意するのは中々に大変ですが狙う価値は十分にあるでしょう。

次の

《青眼の亜白龍》の販売価格と買取価格の相場は? │ トレカ買取専門店トレトク

ブルー アイズ オルタナティブ ドラゴン

手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 1 このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。 2 1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 レアリティは以下5種類が存在します。 ・KCレア• ・ウルトラレア• ・KCウルトラレア• ・ホログラフィックレア• ・シークレットレア それでは《青眼の亜白龍》の販売・買取価格の相場についてみてみましょう。 なかでも 世界大会配布版のシークレットレアにいたってはまさに桁違いの価格に。 なぜここまでの高額で取引されているのでしょうか。 《青眼の亜白龍》の買取価格が高い理由 そもそも《青眼の亜白龍》は、かの有名な 《青眼の白龍》をモデルとしているために原作ファンからの人気があります。 ここまで迫力のあるイラストで描かれてはファンの皆様も黙ってはいられませんね。 イラストとしての人気だけでなく実用性も高い それだけでなく、このカードは実戦でも非常に有用です。 まずフィールド・墓地では《青眼の白龍》扱いとなるために、《 青眼の白龍》専用サポートカードの恩恵を受けることができます。 もちろん《 滅びの爆裂疾風弾》だって撃てますし、《 青眼の究極龍》の素材にもなれます。 そして第2の効果で、攻撃できなくなる代わりに相手モンスター1体を破壊することもできるんですね。 まさに「プチ滅びの爆裂疾風弾」。 攻撃力3000をもってして突破できない相手でも、難なく対処できてしまいます。 「でも自分の手札に《青眼の白龍》と《青眼の亜白龍》を揃えなければ出せないんじゃ…」と思うかもしれませんが、これは《 ドラゴン・目覚めの旋律》でデッキから2枚同時にサーチすることが可能です。 手札で腐っていれば《 トレード・イン》のコストになり、墓地にいるなら《 太古の白石》や《復活の福音》で回収or蘇生ができ、先攻1ターン目であれば《青眼の精霊龍》の素材にして次に繋げる…などなど、本当に隙のない活躍をしてくれます。 映画の前売り券を購入しないと手に入らないKCレア 《青眼の亜白龍》が初登場する3ヶ月ほど前に「SHINING VICTORYS」というパックが発売しました。 このパックは《青眼の白龍》のサポートカードが多数登場したため、《青眼の白龍》デッキが人気を博していました。 その流れでこのカードが登場し、いうまでもなく注目度も瞬く間に上がりましたが、 このカードは劇場版遊戯王の前売り券購入特典でした。 デッキを組むのであれば《青眼の亜白龍》は3枚欲しいカードなので、前売り券も3枚は購入する必要があります。 必然的に映画も3回は観る羽目になったのでした。 この特典で貰える《青眼の亜白龍》がKCレアです。 KCウルトラレアは5万枚しか配布されていない激レアカード その後、4DX・MX4Dで劇場版が再放映されることが決定し、 入場者特典として《青眼の亜白龍》のKCウルトラレアが配布されました。 こちらは 5万枚しか配布されていないため(KCレアは20万枚配布)、KCレアに比べて高額となっています。 この入手難度の高さと有用性が相まって、《青眼の亜白龍》はしばらく高い価格をキープしていました。 再録されるが配布枚数が少ないレアリティばかり!? そんな中、 「RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION-」にホログラフィックレアで再録が決定しました。 やっと手に入りやすくなる…と思われたのですが、 1カートンに2枚程度という非常に低い封入率でした。 結果として《青眼の亜白龍》の値段はそこまで下がることはなく、依然として高い価格を維持しています。 そして シークレットレアなのですが、こちらは「World Championship 2017」の来場者限定で配布されたものです。 その後も懸賞で手に入れるチャンスはありましたが、いうまでもなく他のレアリティと比較して流通量が圧倒的に少ないです。 つい最近でも《青眼の白龍》サポートカードが増えたので、《青眼の亜白龍》の需要はいまだに衰えていません。 そして 流通量は少なく、キャラクター自体の人気も高いので、現在も高額で取引されているのです。 他に限定カードとして登場した高額カードは? このカードは劇場版遊戯王絡みの特典でしたが、この特典として配布されたカードは他にも存在します。 ・ブラック・マジシャン・ガール KCレア• ・守護神官マハード• ・破壊竜ガンドラX• ・レモン・マジシャン・ガール• ・暗黒騎士ガイアロード• ・エルフの聖剣士• ・オベリスクの巨神兵 KCレア• ・サイレント・ソードマン LV5 KCレア 特に《 》は販売価格で3,600〜3,800円、買取価格で3,000〜3,300円と高額な値段となっています。 遊戯王3大ヒロインの1人で人気も抜群ですから、当然といえば当然ですね。 それはさておき、劇場版を観に行ったことがある人は、一度カードが手元に残っていないか確認してみてはいかがでしょうか?.

次の