ロト7 ロト6 確率。 ロト6が当たる確率をわかりやすく例えてみました

ロト6が当たる確率をわかりやすく例えてみました

ロト7 ロト6 確率

Contents• ロト6とロト7の違いは? 月曜日、木曜日がロト6抽選日、 ロト7は金曜日に抽選されるので1週間で3回も億万長者のチャンスが訪れるのです。 これは購入しておかないと損をしてしまう可能性がありますね。 ロト6とロト7は、ただ数字を6個選ぶか7個選ぶかの違いだけだと思っている人も多いでしょうが、かなり違いがあるのです。 ロト6とロト7の違い 【選ぶ数字は?】 ロト6は43個の数字の中から6個の好きな数字を選ぶのですが、ロト7は37個の数字の中から7個数字を選びます。 ロト7なら数が少ない数字の中から選ぶので当たりやすそうでおすすめっぽいのですが、そんなに簡単にはいかないのがロト7です。 なぜならロト7はボーナス数字がキーポイントとなってきます。 1等は選んだ数字が全て一致しなくてはいけないのはロト6もロト7も同じ条件ですが、末等の場合3個の本数字とボーナス数字が1個または2個一致していないと末等すら当選することができません。 本数字とはロト6の場合6個、ロト7の場合7個の数字が本数字と呼ばれ、それ以外にボーナス数字と呼ばれる数字も抽選されます 本数字とボーナス数字合わせて5個も数字をヒットさせられるならミニロトの1等が狙えてしまいます。 ロト6もロト7も難しいイメージがありますが、みずほ銀行のサイトから実際の販売金額から参考に考えてみます。 ロト6当選番号 出典: ロト7当選番号 出典: ロト6 ロト7 末等 5等195,255口 6等130,932口 販売実績額 1,679,141,200 1,823,653,200 販売実績と末等を見比べてもわかりますが、当てやすさではロト6の方が簡単になってます。 ロト6は1口200円、ロト7は1口300円と100円も違いがあるので、ならばロト7より、ロト6の方が安上がりで楽しめるのでおすすめします。 もし、運が良ければ億万長者の可能性もあるのです。 ロト6とロト7の違い【やっぱり1等を狙いたい!】 どうせ買うならやっぱり1等でしょ!と思っているならロト7がおすすめです。 さっきはロト6がおすすめって言ったのに、1等だとなぜロト7なのか…。 それは1等賞金額の違いです。 ロト6とロト7の違い 【1等理論値は?】 ロト6は1等が2億円 理論値 に対して、ロト7は6億円 理論値 と4億円もの差があります。 これなら100円ケチってロト6を買うよりも、ロト7の1等を狙った方がお得なのです。 ロト6とロト7の違い【キャリーオーバー発生でロト7は10億円!】 しかもロト6とロト7はキャリーオーバー制を導入していて、1等当選者がいなかった場合、賞金を次回まで持ち越します。

次の

ロト6の当選確率

ロト7 ロト6 確率

ロト7の当選条件 1等:申込数字が本数字 7個すべて一致 2等:申込数字が本数字 6個と一致し,更に ボーナス数字2個のうち1個と一致 3等:申込数字が本数字 6個と一致 4等:申込数字が本数字 5個と一致 5等:申込数字が本数字 4個と一致 6等:申込数字が本数字 3個と一致し,更に ボーナス数字1個または2個に一致 そして、その配当金額と当選確率は次のようになっています。 2等ではこのボーナス数字が絡んでくるため、これも組合せに入れていかなくてはいけません。 ロト7は37個の数字から7つの数字を選びます。 そこで当選確率の計算では• 本数字7個• ボーナス数字2個• はずれ数字28個 これを計算式に入れて何通りか出していくことになります。 これは よく言われているのは、ロト7で当時の最高賞金8億円がでた 香川県の『観音寺チャンスセンター』では、当選した数字はクイックピックで購入した物だったと言われています。 この真偽は当然わからないのですが、クイックピックでの売り上げが全体の2割ほどあるようなので決して当たらないということはないですね。 また、1等ではなく5等や6等なども当たらないことはないです。 私も何度かクイックピックで購入はしていますが、全く当たらないということはないですね。 ロト7のクイックピックのメリット ロト7のクイックピックですが、やはり メリットとデメリットはあります。 まず、クイックピックのメリットでよく言われることは、 最初の数字がいきなり「20」ということもあり得ます。 ですので、私たちがなかなか選ばないであろう数字を選ぶため、クイックピックの方が当たりやすいと感じる人もいるようですね。 もう一つは、 選ぶのに時間がかからないというメリットでしょう。 クイックピックはマークシートの右端に線を一本入れるだけで済みます。 7個の数字を塗りつぶす必要がないため、時間短縮になりますよね。 だからロト7をジャンボ宝くじのような感覚で購入する人は、 クイックピックの方が余計な感情が入らないのでオススメです。 ロト7のクイックピックのデメリット もちろんクイックピックは デメリットもあり、先ほどのメリットは正反対で、• 自分の好きな数字を選べない• 面白みがない このような「数字を選ぶことに楽しみを持っている人」には向かない申し込みだと思います。

次の

ロト7の当選確率は?1等~6等の計算式は?クイックピックは当たる?

ロト7 ロト6 確率

ロトを購入する前に! 還元される割合について知っておこう ロトは自分で数字を選ぶ「数字選択式宝くじ」です。 1~37の37個の数字の中から、異なる7個の数字を選んで購入する「ロト7」、 1~43の43個の数字の中から異なる6個の数字を選んで購入する「ロト6」と、 1~31の31個の数字の中から異なる5個の数字を選ぶ「ミニロト」の3種類があります。 キャリーオーバー発生時なら、ロト7が最高10億円、ロト6は最高6億円もの高額当選を狙えます。 手堅いミニロトの当選を狙うなら1等が約1,000万円です。 では、ロトを買った場合、どれくらいの割合で還元されるのか、考えてみたいと思います。 簡単に言えば、お金を投資した分、どの程度の割合でお金が還元されるのか、その割合について計算すると、すべての当選金のトータル金額を宝くじの総売上のトータルで割り算すると、還元率を算出することができます。 ロト6、7の還元率は一般的に約45%と言われています。 ロトの高額当選金額・確率はどれくらい? それでは、ロト7とロト6の当選金額とその確率はどれくらいなのでしょうか。 」と、つい期待しちゃいますよね。 また、ロト7とロト6には「キャリーオーバー制」が採用されており、当せん者がいない等級の当せん金総額、および一口あたりの当せん金があらかじめ定められた最高額を超えた場合の超過額を、次回号の1等当せん金に繰り越されます。 つまり、キャリーオアーバーが発生すると、理論上ロト7が1等4億円のところが最高10億円に、ロト6は1等2億円のところが最高6億円にもなるということです。 夢のような金額ですね。 また、ロトの当選金額は、各回号の発売額と、当せん口数によって変動します。 ロト7とロト6の当選金額および当選確率は以下の通りです。

次の