アルコール ジェル 詰め替え。 消毒 【通販モノタロウ】

消毒 【通販モノタロウ】

アルコール ジェル 詰め替え

こんにちは。 きよです。 アルコール消毒液の詰め替え容器をお探しですか? ウイルスなどの感染予防には アルコール消毒が一番ですからね! アルコール消毒液が手元にあると安心です^^ しかし、お店には手頃なアルコール消毒液が売り切れ状態。。。 そこで、業務用のアルコール消毒液を購入される方もいらっしゃると思います。 そんなアルコール消毒液の業務用を買ってきてしまって使いづらいという方も多いことでしょう。 容器に小分けにして使いたいですよね? または、容器に小分けにして身近な人に分けてあげたいと思う方もいることでしょう。 でもアルコール消毒液を入れるための容器にはどんな材質や素材のものを選ぶといいのでしょう? 100均に売られているようなPETという材質や素材の詰め替え用ボトルはアルコール消毒液の容器として使っていいのでしょうか? また、アルコール消毒液を入れるための容器の材質や素材には PE・PP・PVCなどと表示してありますが、この PE・PP・PVCの材質や素材の違いは何なのでしょう? PE・PP・PVCなどの材質は、自然にないものなのでわかりにくいですよね? PE・PP・PVCなどと聞くだけで頭が痛くなっちゃう人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、アルコール消毒液を入れるための容器の材質や素材にはPE・PP・PVCなどのどれが最適なのかをお伝えしていきます! スポンサーリンク Contents• アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの? 市販のアルコール消毒液の容器の材質や素材はどんな種類? 市販のアルコール消毒液の容器の材質や素材はどんな種類なのでしょうか? 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみると、 容器がPEで 蓋がPPという組み合わせが一般的のようです。 PEは「ポリエチレン」の略でPPは「ポリプロピレン」の略です アルコール消毒液を長期保存するのにはPEやPPが適している素材や材質ということなのでしょうね! 醤油やお酒などの食品の容器の材質や素材にはPEやPPではなく PET(ポリエチレンテレフタレート)素材が使われることがあります。 これは、容器の内側をなにか特殊な材質や素材でコーティングして醤油やお酒をいれても劣化しないように作られているから大丈夫なようです。 しかし、PET素材の容器、一般的にペットボトルと呼ばれるものにはアルコール消毒液を入れてはいけません。 一般的にPET素材はアルコールに弱く、アルコール消毒液などを入れると穴があいて、知らないうちにアルコール消毒液をこぼしてしまったりしますので、絶対にペットボトルにアルコール消毒液を入れないようにしましょう。 100均に売られている詰め替え用スプレーボトルのほとんどがPETという材質や素材でできています。 PEやPPといった材質や素材で「アルコール液対応」や「高濃度アルコール液対応」などと明記されているもの以外使わないようにしましょうね。 スポンサーリンク アルコール消毒液の詰め替え容器にはこの材質や素材を選びましょう! 自分でアルコール消毒液の容器選びをするときに必要なのがプラスチックの材料や素材についての基礎的な知識です。 プラスチックにはいろんな種類があるのですが、主に容器の材質や素材に使われるプラスチックは次の5種類があります。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PVC(ポリ塩化ビニル)• PET(ポリエチレンテレフタレート)• PS(ポリスチレン) この5種類のうちアルコール消毒液(エタノール)の容器材質や素材として使えるのは次の3種類です。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PVC(ポリ塩化ビニル)*ただし硬質のみ 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質も、容器がPEで蓋がPPという組み合わせでしたね。 ですのでアルコール消毒液の詰め替え用容器を探すときには PE や PP や PVCという材質のものを探しましょう。 しかし、素材や材質に「PE」「PP」「PVC」と書いてあっても注意事項に 「水以外は使えません。 アルコールは不可です。 」と書いてあったり、 「低濃度のアルコールは入れて良くても、高濃度のアルコールは入れてはいけない」といった詰め替え容器もあります。 アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、素材や材質を見るだけでなく 「注意事項」を良く読んで、高濃度のアルコールを入れてもいいものかどうか判断することが大切なようですね。 スポンサーリンク アルコール消毒液の容器の材質や素材PE・PP・PVCの違いは何? アルコール消毒液の容器の材質や素材で、「PE」「PP」「PVC」の材質や素材の違いは何なのでしょうか? アルコール消毒液の容器の材質や素材として選ばれている「PE」「PP」「PVC」それぞれの材質の特徴を見てみましょう。 《PE(ポリエチレン)》• 長所:形が作りやすい、 耐薬品性がある、耐水性も良好• 短所:接着剤が使えない、印刷ができない• 用途:食品容器や各種フィルム、袋、シャンプー容器、灯油缶など 《PP(ポリプロピレン)》• 長所: 耐薬品性がある、強度が強い、耐熱性良好• 短所:膨張しやすい、低温でもろくなる、適当な接着剤がない• 用途:電子レンジ用の食品トレイ、おもちゃ、ゴミ箱などの雑貨、哺乳器具など 《PVC(ポリ塩化ビニル)*硬質PVCのみ》• 長所:強度が強い、耐候性がある、 耐薬品性がある、着色自由、安価、接着可能、加工の仕方でいろんな硬さにできる• 短所:高温低温に弱い、溶剤に弱い• 用途:水道管、ラップフィルム だいぶ省略して書いてみたのですが、なんだか難しいですね^^; プラスチックは化学合成された材質なので、詳しく見ていくときりがないです。 でも、どの材質も 耐薬品性があって、 アルコール消毒液の容器の材料や材質に向いているのがわかりますね。 また、私たちの身近なものに使われていることがわかりました。 とくに PEは レジ袋として使われているので身近に感じる人もいるのではないでしょうか? 以前は値段が安いということで、レジ袋には PVCが使われていましたが、ゴミを焼却するときに 有毒物質が出るということで使われなくなりました。 PVCの詰め替え用ボトルをあまり見なくなったのもそういう理由かもしれません。 話をもどすと、市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみると、 容器が耐薬品性があって形が作りやすいPEでフタが耐薬品性があってくり返しの開け閉めにも強いPPという組み合わせになっているようですね。 ですので市販のアルコール消毒液の容器は何年も劣化せずにいられるわけです。 アルコール消毒液の容器詰め替え用を探すときには材質や素材が「PE」「PP」「PVC」(*PVCは硬質に限る)のものを探すようにしましょう。 スポンサーリンク アルコール消毒液の購入はこちらから!! アルコール消毒液を詰め替えるための容器の材質や素材は何を選べばいいのかお伝えしてきましたが、肝心なアルコール消毒液がなければ話になりませんね^^; 買い物に行くたびにアルコール消毒液があるかどうか確認するのですが、近所のお店ではなかなかアルコール消毒液に出会うことができません><; そこで便利なのが、やっぱり ネットショップですよね!! アルコール消毒液を販売中のお店をいくつか紹介しておきます。 5個セットで販売されているのでご家族1人1本づつ持ち歩けます! スポンサーリンク まとめ 今回は「アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの?PE・PP・PVCの違いは何?」ということでお伝えしていきました。 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみると、容器がPE(ポリエチレン)でフタがPP(ポリプロピレン)という組み合わせが一般的だということがわかりました。 PEやPPはアルコールに強い(耐薬品性が強い)材料や素材でしたね。 素材や材質の選び方については PET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使ってはいけません。 アルコール消毒液を入れる容器として適している素材や材質には「PE」「PP」「PVC」 (*硬質PVCに限る )と表示してあるものを選ぶと良いようです。 ただし、環境のことを考えると「PE」と「PP」がおススメです。 また、アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、材質を見るだけでなく 「注意事項」を確認することが大切です。

次の

市販のアルコールジェル(詰め替え用)を液体のアルコールが入ってい...

アルコール ジェル 詰め替え

レビュー: 21 【特長】ウイルス・菌を24時間防ぐ! 【特許】プラチナシールド技術 除菌・消臭・防カビ対策 プラチナナノ粒子配合で、ウイルス・除菌! ナノプラチナは第三者機関による様々な検査により優れた効果が実証されています。 ナノプラチナでマスクも繰り返し使っても安心! ウイルス・菌の侵入をブロックします。 【用途】マスク 花粉対策 ・衣類・寝具など。 またお部屋の除菌・消臭に。 プラチナの優れた抗菌、抗ウィルス力で家族の安心,安全を守ります。 アルコール、塩素 フリーで肌の弱い方や,赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。 使い捨てのマスクにスプレーしてもご使用いただけます。 【成分】白金・アスコルビン酸・クエン酸・精製水【使用方法】軽く振って、10〜30cm離してご使用ください。 噴霧量は0. 75〜4mLの間で5段階調節ができます。 乾電池とACアダプタの2Way方式を採用。 電池寿命は、アルカリ電池の場合約3ヶ月 1日100回使用。 【付属品】壁取付用部品一式、受皿、受皿キャップ、廃液チューブ、火気厳禁シール【質量 kg 】2. さっぱりした洗い上がり。 手にやさしく汚れにつよい。 保湿成分オレンジエキス配合で手肌を健やかに保ちます。 【用途】自動車整備工場、機械工場、ガソリンスタンド、船舶工場、印刷工場、その他あらゆる事業所の手洗い用洗浄剤として。 オイル、グリース、塗料汚れの多くなりがちな現場にも。 さまざまな菌やウイルスを瞬時に99. インフルエンザウイルスやノロウイルス対策にも効果的です。 たばこや加齢臭など雑菌が原因の有機臭を無害・無臭に。 香りでごまかすのではなく、臭いのもとを分解して消臭します。 従来の次亜塩素酸からさらにパワーアップ! 無漂白、非可燃、無刺激臭、無揮発、塩素ガスの発生なし。 【悪臭】アンモニア、硫化水素、トリメチルアミン、アセドアルデヒドなど。 泡立てが上手にできない小さな子供でも、泡で手全体をきちんと覆うことができ、手をきれいに洗うことができます。 殺菌成分配合の泡がすみずみまで広がり、汚れをきちんと落とす 小さな子供の手でも押しやすい、大きなヘッドのポンプを採用 泡切れがよく「すすぎが早い」ので、洗いあがりがぬるつきません。 ジェルタイプにより手指全体に擦り込みやすく、べたつき感が少ない使用感です。 アルコール濃度は消毒用エタノールと同じで、広い抗菌スペクトルや迅速な殺菌作用を示します。 【効果】殺菌、除菌、消毒【成分】100mL中、日本薬局方エタノール83mL。 添加物としてヒドロキシプロピルセルロース及びアジピン酸ジイソブチルを含む。 手指や皮ふにぬるだけの速乾性アルコールジェルですので、水で洗い流す必要がありません。 指定医薬部外品です。 【用途】手指、皮ふの洗浄・消毒に。

次の

【アルコールジェル携帯用まとめ】除菌・消毒ハンドジェルの大容量ボトルや詰め替え容器も!

アルコール ジェル 詰め替え

こんにちは。 きよです。 アルコール消毒液の詰め替え容器をお探しですか? ウイルスなどの感染予防には アルコール消毒が一番ですからね! アルコール消毒液が手元にあると安心です^^ しかし、お店には手頃なアルコール消毒液が売り切れ状態。。。 そこで、業務用のアルコール消毒液を購入される方もいらっしゃると思います。 そんなアルコール消毒液の業務用を買ってきてしまって使いづらいという方も多いことでしょう。 容器に小分けにして使いたいですよね? または、容器に小分けにして身近な人に分けてあげたいと思う方もいることでしょう。 でもアルコール消毒液を入れるための容器にはどんな材質や素材のものを選ぶといいのでしょう? 100均に売られているようなPETという材質や素材の詰め替え用ボトルはアルコール消毒液の容器として使っていいのでしょうか? また、アルコール消毒液を入れるための容器の材質や素材には PE・PP・PVCなどと表示してありますが、この PE・PP・PVCの材質や素材の違いは何なのでしょう? PE・PP・PVCなどの材質は、自然にないものなのでわかりにくいですよね? PE・PP・PVCなどと聞くだけで頭が痛くなっちゃう人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、アルコール消毒液を入れるための容器の材質や素材にはPE・PP・PVCなどのどれが最適なのかをお伝えしていきます! スポンサーリンク Contents• アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの? 市販のアルコール消毒液の容器の材質や素材はどんな種類? 市販のアルコール消毒液の容器の材質や素材はどんな種類なのでしょうか? 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみると、 容器がPEで 蓋がPPという組み合わせが一般的のようです。 PEは「ポリエチレン」の略でPPは「ポリプロピレン」の略です アルコール消毒液を長期保存するのにはPEやPPが適している素材や材質ということなのでしょうね! 醤油やお酒などの食品の容器の材質や素材にはPEやPPではなく PET(ポリエチレンテレフタレート)素材が使われることがあります。 これは、容器の内側をなにか特殊な材質や素材でコーティングして醤油やお酒をいれても劣化しないように作られているから大丈夫なようです。 しかし、PET素材の容器、一般的にペットボトルと呼ばれるものにはアルコール消毒液を入れてはいけません。 一般的にPET素材はアルコールに弱く、アルコール消毒液などを入れると穴があいて、知らないうちにアルコール消毒液をこぼしてしまったりしますので、絶対にペットボトルにアルコール消毒液を入れないようにしましょう。 100均に売られている詰め替え用スプレーボトルのほとんどがPETという材質や素材でできています。 PEやPPといった材質や素材で「アルコール液対応」や「高濃度アルコール液対応」などと明記されているもの以外使わないようにしましょうね。 スポンサーリンク アルコール消毒液の詰め替え容器にはこの材質や素材を選びましょう! 自分でアルコール消毒液の容器選びをするときに必要なのがプラスチックの材料や素材についての基礎的な知識です。 プラスチックにはいろんな種類があるのですが、主に容器の材質や素材に使われるプラスチックは次の5種類があります。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PVC(ポリ塩化ビニル)• PET(ポリエチレンテレフタレート)• PS(ポリスチレン) この5種類のうちアルコール消毒液(エタノール)の容器材質や素材として使えるのは次の3種類です。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PVC(ポリ塩化ビニル)*ただし硬質のみ 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質も、容器がPEで蓋がPPという組み合わせでしたね。 ですのでアルコール消毒液の詰め替え用容器を探すときには PE や PP や PVCという材質のものを探しましょう。 しかし、素材や材質に「PE」「PP」「PVC」と書いてあっても注意事項に 「水以外は使えません。 アルコールは不可です。 」と書いてあったり、 「低濃度のアルコールは入れて良くても、高濃度のアルコールは入れてはいけない」といった詰め替え容器もあります。 アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、素材や材質を見るだけでなく 「注意事項」を良く読んで、高濃度のアルコールを入れてもいいものかどうか判断することが大切なようですね。 スポンサーリンク アルコール消毒液の容器の材質や素材PE・PP・PVCの違いは何? アルコール消毒液の容器の材質や素材で、「PE」「PP」「PVC」の材質や素材の違いは何なのでしょうか? アルコール消毒液の容器の材質や素材として選ばれている「PE」「PP」「PVC」それぞれの材質の特徴を見てみましょう。 《PE(ポリエチレン)》• 長所:形が作りやすい、 耐薬品性がある、耐水性も良好• 短所:接着剤が使えない、印刷ができない• 用途:食品容器や各種フィルム、袋、シャンプー容器、灯油缶など 《PP(ポリプロピレン)》• 長所: 耐薬品性がある、強度が強い、耐熱性良好• 短所:膨張しやすい、低温でもろくなる、適当な接着剤がない• 用途:電子レンジ用の食品トレイ、おもちゃ、ゴミ箱などの雑貨、哺乳器具など 《PVC(ポリ塩化ビニル)*硬質PVCのみ》• 長所:強度が強い、耐候性がある、 耐薬品性がある、着色自由、安価、接着可能、加工の仕方でいろんな硬さにできる• 短所:高温低温に弱い、溶剤に弱い• 用途:水道管、ラップフィルム だいぶ省略して書いてみたのですが、なんだか難しいですね^^; プラスチックは化学合成された材質なので、詳しく見ていくときりがないです。 でも、どの材質も 耐薬品性があって、 アルコール消毒液の容器の材料や材質に向いているのがわかりますね。 また、私たちの身近なものに使われていることがわかりました。 とくに PEは レジ袋として使われているので身近に感じる人もいるのではないでしょうか? 以前は値段が安いということで、レジ袋には PVCが使われていましたが、ゴミを焼却するときに 有毒物質が出るということで使われなくなりました。 PVCの詰め替え用ボトルをあまり見なくなったのもそういう理由かもしれません。 話をもどすと、市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみると、 容器が耐薬品性があって形が作りやすいPEでフタが耐薬品性があってくり返しの開け閉めにも強いPPという組み合わせになっているようですね。 ですので市販のアルコール消毒液の容器は何年も劣化せずにいられるわけです。 アルコール消毒液の容器詰め替え用を探すときには材質や素材が「PE」「PP」「PVC」(*PVCは硬質に限る)のものを探すようにしましょう。 スポンサーリンク アルコール消毒液の購入はこちらから!! アルコール消毒液を詰め替えるための容器の材質や素材は何を選べばいいのかお伝えしてきましたが、肝心なアルコール消毒液がなければ話になりませんね^^; 買い物に行くたびにアルコール消毒液があるかどうか確認するのですが、近所のお店ではなかなかアルコール消毒液に出会うことができません><; そこで便利なのが、やっぱり ネットショップですよね!! アルコール消毒液を販売中のお店をいくつか紹介しておきます。 5個セットで販売されているのでご家族1人1本づつ持ち歩けます! スポンサーリンク まとめ 今回は「アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの?PE・PP・PVCの違いは何?」ということでお伝えしていきました。 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみると、容器がPE(ポリエチレン)でフタがPP(ポリプロピレン)という組み合わせが一般的だということがわかりました。 PEやPPはアルコールに強い(耐薬品性が強い)材料や素材でしたね。 素材や材質の選び方については PET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使ってはいけません。 アルコール消毒液を入れる容器として適している素材や材質には「PE」「PP」「PVC」 (*硬質PVCに限る )と表示してあるものを選ぶと良いようです。 ただし、環境のことを考えると「PE」と「PP」がおススメです。 また、アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、材質を見るだけでなく 「注意事項」を確認することが大切です。

次の