頭皮 乾燥 薬。 頭皮乾燥を保湿するには?薬など改善方法紹介

頭皮乾燥を保湿するには?薬など改善方法紹介

頭皮 乾燥 薬

ふけ・かゆみの原因 ふけや頭皮のかゆみは頭皮環境の悪化や病気などが原因で起こります。 そして、それらの症状に悩む人は多いです。 ふけやかゆみを引き起こす頭皮の状態には乾燥性のものと脂漏性のものがありますので、まずそれぞれの違いを知りましょう。 ・乾燥性の頭皮 乾いてパラパラと肩などに落ちるようなふけが出る。 洗浄力の強いシャンプーや洗髪のし過ぎ、季節による皮脂分泌量の低下、エアコンによる頭皮の乾燥、アトピー性皮膚炎や乾癬などの皮膚疾患、甲状腺機能低下症など病気による皮脂分泌の低下、栄養不足などが原因となります。 ・脂漏性の頭皮 湿ったふけや、かたまった大きいふけが出る。 洗髪回数が少ないまたは多すぎる、糖質や脂質の摂り過ぎによる皮脂分泌の増加、ホルモンの影響や体質によるもの、脂漏性皮膚炎などが原因となります。 その他パーマ液や染毛剤・整髪料などによる接触性皮膚炎、更年期障害などによるホルモンのアンバランス、ストレスによる免疫力の低下なども原因となります。 ふけ・かゆみの改善・治療法 乾燥性頭皮が原因のふけの改善方法 疾患などの明らかな原因が無い場合は、洗髪の習慣や環境を見直してみます。 洗浄力の強いシャンプーは皮脂を取り過ぎて乾燥の原因になるので、皮脂分泌量に合わせたマイルドなもの使用しましょう。 適切な洗髪回数や頻度は個人差がありますが、現在の頻度で乾燥を感じる場合は少し減らしてみると改善することがあります。 エアコンによる乾燥が気になる場合は加湿器などで湿度を調整しましょう。 アトピー性皮膚炎では皮膚が乾燥しやすいのでスキンケアが欠かせません。 シャンプーは刺激が少ないものを選び、乾燥が気になる時や症状が悪化している時はお湯だけで洗うようにすると良いでしょう。 治療は症状に応じて抗アレルギー薬等の内服や炎症を抑えるステロイド外用剤、保湿剤などを組み合わせて使用します。 頭皮に使いやすいローションタイプの保湿剤もあります。 乾癬では何らかの原因で皮膚の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が異常に早くなり、角質がふけのように剥がれ落ちます。 治療はステロイドや皮膚の増殖を抑える外用薬、免疫抑制剤の内服や点滴製剤などが主に用いられます。 内科的疾患などがある場合は一般的な対策と適切な治療を行うようにします。 脂漏性頭皮の場合 頭皮の皮脂分泌量が多い場合洗髪回数が少なすぎるのも良くないのですが、頻繁に洗い皮脂を過剰に取り過ぎることで、より多くの皮脂が分泌されてしまうことがあります。 シャンプーの洗浄力も考慮し、洗髪方法を見直すことで改善するケースもあります。 脂漏性皮膚炎では頭皮や顏、胸など皮脂分泌量が多い部位に赤み・ときにかゆみ・はがれた皮膚が付くといった症状が起こります。 皮膚にいる常在菌の一種が原因の一つであると言われ、治療にはこの常在菌に効果がある抗真菌剤や炎症を抑えるステロイドの外用剤、皮脂の過剰な分泌を抑える効果のあるビタミンB2やB6の内服などが一般的に行われます。 日常生活では、脂肪や糖分・刺激物などを控えたバランスの良い食事を摂ること、ストレスや疲労による免疫力の低下も発症や悪化の原因になり得るので気をつけることなどが挙げられます。 市販の抗真菌剤が配合されたシャンプーの使用も改善・予防効果が期待できるとして推奨されています。 ふけに対する効果的な漢方薬治療と対策 漢方では頭皮が乾燥して乾いたふけやかゆみがある状態は、「血虚(体に栄養と潤いを与える血が不足している状態)」や血の巡りが悪いことが原因と考えます。 血を補ったり血行を良くして冷えを取る効果がある漢方を中心に用います。 また脂漏性皮膚炎のような状態は体にたまった熱によって起こるとされ、体内の熱を冷ます(清熱)処方が使われます。 ストレスや食事の不摂生でも熱が発生しやすくなるので生活習慣などにも注意が必要です。 ・・・・血を補い皮膚に栄養や潤いを与える作用があります。 皮膚がカサカサと乾燥してかゆみやふけのような皮膚が剥がれ落ちる症状に効果があり、アトピー性皮膚炎や乾癬、乾燥性湿疹や老人性掻痒症などに用いられます。 ・・・・血を補い、血行を良くして体を温め、体内の余分な水を取り除く作用があります。 体力がなく血行不良による冷えがあり、血虚で髪にもツヤがないといった人に効果的で、女性の生理痛や生理不順にもよく用いられます。 血虚の他にむくみなど水の停滞があるタイプの人にも向いています。 ・・・・熱を冷まし炎症を抑える作用があり、多くの皮膚疾患や化膿性疾患に用いられている漢方薬です。 患部が熱を持っているような皮膚症状に効果的で、脂漏性皮膚炎が改善した症例も多く報告されています。 ・・・・熱を冷まし体内の毒を取り除く作用がある生薬が組み合わされている処方です。 比較的体力があり、ストレスなどで体に熱がたまってのぼせやイライラがあるような人に向いています。 特に上半身の熱による症状に効果的で、高血圧や急性胃炎などにも使われます。 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の

頭皮のかゆみを治す市販の塗り薬ランキングベスト3!頭が痒い原因を改善|現役美容師がみんなの美容に関する悩みを解決!

頭皮 乾燥 薬

1.カサカサ頭皮に陥る4つの原因 頭皮がカサカサする主な原因は、本来必要なや水分が不足し、乾燥してしまっているためだといわれています。 それでは、なぜ頭皮が乾燥してしまうのでしょうか。 考えられる主な4つの原因を見ていきましょう。 湿度が低いうえに暖房の使用などで空気の乾燥状態が続き、頭皮の皮脂量が減ってしまうことがあるとされています。 さらに、意外にも頭皮が乾燥しやすい季節が。 夏は紫外線ケアが欠かせない季節ですが、頭皮の日焼けケアは忘れられがち。 を浴びることによって肌が乾燥しやすくなり、乾燥によって頭皮がデリケートに傾きやすくなることがあるといわれています。 1日に何度も何度もシャンプーをしたり、高温のシャワーを浴びたりすると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあるといわれているためです。 また、をたててゴシゴシと洗うのもNG。 爪が頭皮を傷つけ、地肌に負担がかかり乾燥の原因になることがあります。 髪を乾かす際にも注意が必要です。 また、高温のドライヤーを頭皮に直接当てると、髪表面の水分だけでなく、頭皮の中の水分も蒸発させて、乾燥しやすくなることもあると考えられています。 特に、ビタミン群が欠乏すると皮脂が酸化しやすくなり、酸化した皮脂が頭皮の負担になるため、乾燥しやすくなるといわれています。 いずれも頭皮の乾燥以外の悩みをともなうことも多く、少しでも気になる方は専門医の診療を受けてみてもよいかもしれません。 2.今すぐできるカサカサ頭皮対策 頭皮の乾燥の原因がわかったら、あとは対策をとっていくだけ! 今日から誰でも手軽に始められる、カサカサ対策を4つお伝えします。 加湿器がない場合は、濡れたタオルを室内に干しておくなどの方法もおすすめです。 髪の汚れはすすぐだけでもある程度落ちるといわれているので、シャンプーをつけすぎず、手でよく泡立ててから髪につけることも重要です。 また、シャンプーが頭皮や髪の毛に残らないよう、すすぎは時間をかけてしっかりと行いましょう。 熱すぎるお湯は使わず、ぬるま湯を使用することがポイントです。 まずはタオルでしっかりと表面の水分を拭き取ってからドライヤーを当てましょう。 このとき、タオルで強くこすったり叩いたりせず、髪の毛を包み込んで軽く抑えるようにして髪の毛の水分を吸収します。 ドライヤーを当てるときは高温よりも低めの温度に設定し、「ちょっと遠いかな?」と思うくらい離した距離から使用しましょう。 だいたい20cm前後の距離が目安だといわれています。 最後は冷風で乾かすと、ドライヤーの熱による負担を緩和させ、頭皮のクールダウンにもなるのでおすすめです。 「え、?」と驚かれるかもしれませんが、頭皮も顔や体と同じ皮膚なので同じようにうるおいを与え保つことが大切です。 化粧水を適量手に取り、指の腹を使ってマッサージするようになじませます。 化粧水は、頭皮のことを考えて作られている頭皮用の化粧水やがおすすめです。 自分の肌質にあったものを探してみるとよいでしょう。 3.もっと健康的な頭皮になるために ここまで、頭皮が乾燥する原因と今すぐできる手軽な対策をお伝えしてきました。 しかし、より健康的な頭皮を目指すためには、日々の生活の積み重ねが大切。 ここでは、毎日の生活に取り入れたいをお伝えします。 頭皮が動く程度に優しく、両手の指の腹で生え際から頭頂部にかけてもんでいきます。 リンパ節がある耳の周りもほぐします。 入浴中やテレビを見ている間など、少しの隙間時間を活用してみてください。 ただ、マッサージのやりすぎは頭皮に負担をかけてしまうことがあると言われているので、1日5分程度を目安にするとよいでしょう。 また、力任せに強くもんだり、爪をたてたりしないように気を付けてください。 バランスの良い食生活のために、不足しがちな以下の栄養を摂取するようを心がけるとよいでしょう。 ただし、これらの栄養だけを摂取すればよいというわけではなく、塩分・脂肪分の多い外食ばかりの生活を改める、バランスのよい食事を心がけるなど、食生活自体を見直すことが必要となってきます。 良質な睡眠をとりリラックスした生活を送れるよう、日ごろの生活習慣を見直すことも大切です。 4.最後に 普段、頭皮を自分の目で直接見ることはほとんどないと思います。 意識をすることの少ない部分だからこそ、しっかりとしたケアが必要です。 今回ご紹介した方法で、カサカサに悩まされない、すこやかな頭皮を目指してみてください。

次の

頭皮のかゆみの原因は?効果的な薬は?皮膚科医が教える対策方法

頭皮 乾燥 薬

頭皮の「皮むけ」の正体は? 頭皮の皮がむけるのは、 「炎症」によって皮膚がめくれあがった状態です。 頭皮が「炎症」を起こすことで、 表面の皮膚(角質と言います)が"ぺろっとはがれて"しまいます。 もともと皮膚は「ターンオーバー」といって、古い皮膚(角質)と新しい皮膚が「入れ替わり」をしていますが、その周期よりも早くめくれた状態。 自然にターンオーバーしていれば、皮膚(角質)は目に見えないほどの大きさで、自然に頭皮からいなくなるのです。 ちなみに 「フケ」も「皮むけ」も、頭皮の皮膚がはがれてできたもの。 炎症といっても、別に異常はないけど・・ 炎症というと、頭皮が"ヒリヒリ"したり"荒れる"イメージがあるかもしれません。 単に「皮むけ」だけが起こっている場合は 『炎症』の初期段階です。 炎症が さらにひどくなると、"かゆみ"や"湿疹"などの辛い症状が起こってきます。 皮むけが起こる原因 では、どうして頭皮が炎症を起こしてしまうのでしょう?原因をくわしく見ていきましょう。 日常のケアが原因 パーマやカラー、ブリーチなどを使っていることが原因で、 頭皮が「かぶれ」を起こしてしまうことがあります。 もともとアレルギー体質で、特定の成分に反応して荒れてしまうことがあるのです。 できるだけアレルギーの原因を特定し、使わないように心がけることが必要です。 頭皮が乾燥して、刺激を受ける 普段から頭皮が乾燥しやすいと、 皮膚の「バリア機能」が弱く、外部からの刺激に敏感になってしまいます。 お肌は、水分を蓄えておく「角質層」と呼ばれる場所がバリア機能を作っています。 ところが 乾燥して水分が逃げると、『乾いたスポンジ』のように弱くなってしまうのです。 刺激を受けた皮膚の表面がはがれて、皮がむけたように見えます。 もともと アトピーの持ちの人にも、多い症状です。 脂漏性皮膚炎によるダメージ 頭皮が脂っぽい人も、炎症を起こしやすくなります。 油っぽい頭皮を好む「マラセチア菌」が増殖して、頭皮にダメージをあたえるからです。 マラセチア菌によって頭皮がダメージを受けることを『脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)』と言います。 ダメージをうけた頭皮は、皮膚を守ろうとして表面の古い角質をはがして新しくしようとします。 この「古い角質」が「皮むけ」なのです。 頭皮の『炎症』を防ぐには? 頭皮の炎症を防ぐには、 シャンプーを見直すことが一番大事。 「どうしてシャンプー?」と思うかもしれません。 なぜなら、 頭皮が「乾燥」したり「油っぽい頭皮」になるのは、シャンプーが一番の原因だからです。 多くの方がドラッグストアなど、店頭で買えるシャンプーを使っているかと思います。 ところが、お店に並ぶシャンプーの 9割以上が『洗浄力が強すぎるシャンプー』を使っているのをご存じでしょうか? どれくらい強いのかと言いますと、 台所用の洗剤と変わらない洗浄力。 頭皮の表面には「皮脂」と呼ばれる油の膜がありますが、洗浄力が強いと『皮脂』がなくなります。

次の