蒙古襞。 【目頭が丸い?】蒙古襞とは?なくす方法まとめ

蒙古襞(もうこひだ)を無くす方法

蒙古襞

蒙古襞(もうこひだ)とは 蒙古襞(もうこひだ)とは、 上まぶたが目頭をおおっている部分にあるヒダのことをいいます。 皮膚のヒダが目頭をおおうことにより、目が細く見える、離れて見える、キツい印象を与えるなど、コンプレックスと感じる人も少なくありません。 ヒダを切開して目の横幅を広げる目頭切開という二重術もあります。 しかしながら切開術はメスを使い目元を切る美容整形のため、誰でも気軽に行えるものではないですよね。 ヒダがなくなれば目頭の幅が広がり、目元全体がはっきりとした印象に。 とはいえ整形を行わず蒙古襞を無くす方法はあるのでしょうか? 自力で蒙古襞は無くせる? 整形をせず自力で蒙古襞を無くす方法は、セルフマッサージです。 ただ注意したいのがセルフマッサージの効果には個人差があり、完全に蒙古襞を無くすことは時間もかかり安易ではありません。 時間をかけて毎日の積み重ねにより、目元をはっきりと美しくできる方法です。 美容整形に対して抵抗のある人も多いと思います。 身体にメスをいれる行為は怖いですよね。 そんな方におすすめしたいのが、セルフマッサージを使った方法です。 時間はかかりますが日々努力を積み重ねることで、理想的な目元を手に入れられるのですよ。 では早速、蒙古襞を無くすためのセルフマッサージの方法やメリット・デメリットについて見ていきましょう! この施術が向いている人• ぱっちりとした目元になりたい人• 費用を安く抑えたい人 この施術が向いていない人• 即効性を求める人• 毎日のマッサージが面倒に感じる人 メリット• お金をかけずに行える• 美容整形をする必要がない• 鼻筋もすっきりする(個人差有) 蒙古襞を無くすマッサージは鼻の骨を押して行うため、個人差はあるものの鼻筋がすっきりしたという人も多いんです。 セルフマッサージだけで目元と鼻筋どちらもすっきるするなんて、嬉しいですよね。 デメリット• 効果が出るのに時間がかかる• 方法を間違えると危険を伴う 目元は皮膚が薄いため方法を間違えると強いダメージを与えたり、結膜を傷つけたしまったりと危険も伴います。 これからご紹介する方法を参考に、正しいマッサージ方法を実践してくださいね。 セルフマッサージで蒙古襞を無くす方法 蒙古襞を無くすためのセルフマッサージは、1日10分もあればできます。 早い方だと半年程で効果を実感でき、1年経つ頃には目頭切開級の効果を得られることも。 時間はかかりますが毎日しっかりマッサージを行うことで理想の目元になれるのです。 では早速、蒙古襞を無くすマッサージ方法をご紹介していきます。 目頭を右手の親指で引っ張る まずは 両方の目頭を右手の親指を使って引っ張ります。 3分程度のこ状態をキープしてください。 この際皮膚を傷つけてしまうため強く引っ張り過ぎないことと、指が目に入らないことに注意しながら行っていきましょう。 鼻の付け根に力を加える 次は鼻の付け根の外側にある骨を、人差し指を使って中心に向かい押していきます。 ポイントは、中心に向かって押すこと。 前に押し出すようにしてしまうと外側の骨を前に押し出してしまい、鼻が大きくなってしまうことがあるため注意してください。 こちらも3分程度行います。 鼻筋のくぼみを押す 最後に鼻筋のくぼみを押していきます。 鼻筋の上部分を触ってみると、骨がわずかにでっぱっている部分があるのがわかると思います。 このでっぱりの横にあるくぼみを探してください。 くぼみに人差し指を入れるイメージで押し出していきます。 少し強めの力でしっかりと前に押し出すことで、鼻筋が高くなっていきます。 すると自然と蒙古襞が引っ張られ、徐々にヒダが解消されていくのです。 こちらも3分程度行っていきましょう。 以上でマッサージは完了です。 とても簡単ですよね。 マッサージをする際は皮膚を傷つけないよう、クリームやオイルなど滑りを良くするものを使用してから行ってください。 事前決済なので、当日追加で費用がかかることがなく安心です。 5,000円OFFプロモーションコードを使って、この機会にあなたのキレイを更新しましょう! 施術内容• 蒙古襞• ピーリングシミ(そばかす、くすみ、ニキビなどの肌トラブル改善におすすめ)• 白玉点滴(全身の肌のトーンアップにおすすめ)• レーザートーニング(くすみや肝斑の改善におすすめ)• フォトフェイシャル(シミやそばかす改善におすすめ)• 蒙古襞をコンプレックスに感じる人も多いですが、若々しく見えますし蒙古襞があっても美人な女優さんも沢山いらっしゃいます。 今回ご紹介したマッサージやメイクを使って印象を変えることもできますから、あまり気にし過ぎないでくださいね。 蒙古襞が気になるという方は、ぜひ今日からセルフマッサージや治療を始めてみてはいかがでしょうか。

次の

【目頭が丸い?】蒙古襞とは?なくす方法まとめ

蒙古襞

内眼角贅皮のあるイェンス・ビックマーク の人々では内眼角贅皮のある顔が典型的であり 、の人々の間でもありふれたものである。 に住むサン人の特徴ともなっている。 アメリカ先住民の内のかなりの人でも見られる。 さらにヨーロッパの少数民族にも比較的よく出現することがある。 、 、、、および [ ]など。 女性や子供で顕著にみられ、加齢とともにはっきりしなくなる傾向がある。 年齢 [ ] ヒトはもともと胎内では内眼角贅皮が発達している。 しかし胎児の内に妊娠3ないし6か月で、あるいは出生前には消えることが多い。 乳幼児でも鼻梁が隆起する以前には見られる場合がある 病態として [ ] 先天異常の表現型として、内眼角贅皮が見られる場合がある。 鼻梁が成長して前方に伸びるのを阻害するような病態が、これに関連している。 21トリソミー 患者の多くにみられる特徴の一つに、際立った内眼角贅皮がある。 1862年にイギリスのジョン・ランドン・ダウン は、現在では ダウン症候群と呼ばれる疾患を分類した。 彼は「ダウン症を持つ子供、はブルーメンバッハ のいわゆると同じ 内眼角贅皮のように 身体的顔貌的な共通性がある」という考えをもっていた。 そこで当時流行のこうした ブルーメンバッハ的な 民族理論に基づいて「モンゴリズム」という呼称 蒙古症 をもちいた。 「蒙古症」という用語は1970年代初頭までは使われていたが、侮蔑的でしかも不正確なものとみなされるようになって、今では通常用いられていない。 Zellweger 症候群 の機能異常をきたすのひとつ でも内眼角贅皮は特徴的である。 他に内眼角贅皮を呈するものとして、 、、 などがある。 進化における起源 [ ] 内眼角贅皮の形成は、気候的要素が原因であり、その出現は人類史上で1回だけではなかった、という仮説がある。 性による出現の差もこの特色の進化に影響を及ぼしたであろう。 進化上の適応に対する遺伝学的な裏付けもよくわかっていない。 脚注 [ ]• Oxford Dictionaries. Oxford University Press. 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧• Stedman's Medical Dictionary. 2006. Retrieved 2013-2-28• 船戸和弥のホームページより。 2013年2月28日閲覧• A15. 028。 船戸和弥のホームページより。 2013年2月28日閲覧• 2013年2月28日閲覧• Montagu, A. 1989 Growing Young N. : McGraw Hill pp. 2010年1月12日, at the.. AllRefer. com. Retrieved 2013-2-28. www. samer. 2007-02-26. Retrieved 2013-2-28. Montagu, A. 1989. Growing Young. 28 2 2013閲覧。 Encyclopaedia Britannica. 28 2 2013閲覧。 Kim, JH; Hwang, JM; Kim, HJ; Yu, YS Nov 2002. free full text. Eye Lond 16 6 : 710-714. Conor, WO 1999. Down Syndrome Research and Practice 6 1 : 19? Howard-Jones, Norman 1979. Medical History 23 1 : 102? Theil, AC; Schutgens, RB; Wanders, RJ; Heymans, HS Feb 1992. Eur J Pediatr 151 2 : 117-120. Ribeiro IM, Vale PJ, Tenedorio PA, Rodrigues PA, Bilhoto MA, Pereira HC 2007-01. Eur J Ophthalmol 17 1 : 104-109. Chrousos GA, Ross JL, Chrousos G, Chu FC, Kenigsberg D, Cutler G Jr, Loriaux DL Aug 1984. Ophthalmology 91 8 : 926-928. Retrieved 28-2-2013. Hotep, Amon 2000年9月4日. 28 2 2013閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

蒙古襞を自力で切ると失明の危険性がある!正しく蒙古襞をなくすには

蒙古襞

『目を大きくしたい!』『蒙古襞を無くしたい!』 このような悩みをお持ちの方も多いかと思います。 『蒙古襞の無くし方』を検索してみると、手術やメイクで蒙古襞を解消する方法ばかり掲載してあって、リスクを伴うものがあったり、本質的な改善になっていなかったりしますよね。 今回は、 手術やメイクは一切不要で蒙古襞を無くし、目を大きくする方法についてご紹介します。 そんな方法あるの?と不安になる必要はありません。 ここに書いてあることを実践するだけで、 ずっしり一重が解消されるでしょう。 かく言うmenk編集者の私も数年前まではずっしり一重に悩んでいた時期がありました。 今では、以下の方法を使ったおかげで、悩みが解消されています。 蒙古襞とは 蒙古襞とは何かご存じでしょうか。 結論からいうと、蒙古襞とは、 目頭を覆う皮膚のことを指します。 その名の通り蒙古襞は、東アジア系の人々に多く見られるものです。 蒙古襞があることによって目頭を外部の環境から守るという役割があります。 しかし、それと同時に、蒙古襞によって二重ができにくくなってしまうというデメリットもあります。 蒙古襞をなくす究極のマッサージとは? 蒙古襞をなくすマッサージは意外と簡単です。 あなたもぜひやってみてください。 このマッサージを毎日朝晩と行うだけで、徐々に効果が現れてきますよ! 手順1 おでこの筋肉をほぐす。 おでこの筋肉をほぐすことで、他の筋肉を動かしやすくなります。 まず、おでこを両手の五本指でかき回すように優しくほぐしていきます。 これを1分間続けます。 手順2 眼窟上孔を押し上げる。 眼窟上孔とは、眼の上に存在する骨格のことです。 (下図) ここを押し上げることで、まゆが持ち上げられ、蒙古襞が薄くなり、目がぱっちりしてきます。 やり方は、親指をまゆの付け根に合わせて、その他の指で頭をもち、親指にグッと力を加えて押し上げます。 これを1分間続けてください。 出典:ひだまり小顔カレッジ 手順3 目の周りの筋肉をほぐす。 こりやすい目の周りの筋肉をほぐしてあげることで、蒙古襞が薄くなります。 人差し指、中指、薬指の三本を互いにくっつけて、十分にほぐします。 これを2分間続けます。 手順4 目の筋肉を鍛える。 目をぱっちりさせるには、目の周りの筋肉を鍛えることが欠かせません。 なぜなら、目の周りの筋肉を鍛えることで、引き締まるからです。 まず、目をぎゅっと閉じて5秒間キープします。 その後、目をできる限り大きく開けます。 この状態で5秒間キープします。 これを1セットとして5セット繰り返します。 まとめ 以上の手順をできるだけ朝と晩に行ってください。 一日や二日で結果が出ると言う訳ではありませんが、結果の出る方法なので続けましょう。

次の