美容整形 失敗しない。 美容整形のモニター価格に騙されるな!失敗しない整形とは

美容整形を失敗しないためのコツ|口コミサイトで情報を検索

美容整形 失敗しない

知ってるよ!整形前後の比較として自分の顔写真を広告として使う代わりに安くできるサービスよね こう思っている人は注意が必要です。 美容外科クリニックのモニター価格には大きく3種類あります。 整形前後の比較写真を広告として使用してもいい人を集めるため• 低価格を提示してクリニックの集客をするため• 医師の練習のため モニター価格は、整形前後比較の広告として使われるだけではありません。 低価格表示させることで、クリニックの集客としてモニター価格と表示させていることもあります。 また、意外に知られていないのが、 医師の練習目的としてモニター価格を表示させている場合もあります。 医師の練習には2つのパターンがあります。 1 つ目は、若手医師の育成のためです。 2 つ目は、医師が新しい技術を習得するためです。 小さなクリニックだと、お客さんの悩みによって意思が経験できる手術にばらつきが出てしまいます。 どうしてもこの手術技術を身に着けたいといった場合に、モニター価格として集客します。 モニター価格だと、 価格が通常よりも安いので失敗してもお客さんにクレームを言われにくいです。 だからこそ、練習に使うクリニックも多いです。 整形外科医としてのキャリアが浅い 若い先生がダメというわけではありません。 医者は、6年生の医学部に通い、国家試験に合格できればすぐに名乗ることができます。 しかし、卒業してすぐの医者には何もできません。 職場にて、研修医として経験を積み、やっと1人で患者の前に立つことができるのです。 医者は、一人前になるのに 10 年かかると言われています。 研修医+整形外科医としての合計キャリアが10年を満たない場合、整形外科医として腕が未熟な可能性があります。 キャリア10年未満の医師は、ベテランと比べると技術が劣るので失敗される可能性が高いです。 ヒアルロン酸注射や二重埋没、二重切開などの手術でもキャリア10年以上のベテランを選びましょう。 ヒアルロン酸注射や二重埋没などの難易度が低い手術でも、 医師が顔の筋肉や動き、血管の走行などを熟知していなければ失敗する確率が非常に高いです。 一人前の医者になるには 10 年かかる 整形後の比較写真でメイクをしている ホームページやクリニックが持っている整形前後の比較写真でも、いまいちなクリニックかどうかを見極めるポイントがあります。 整形後の比較写真にメイクをしている写真が使われていたら要注意です。 メイクは、整形以上に顔の印象を変えてしまいます。 シャドウを入れることで鼻を高く見せたり、小顔に見せたりすることができてしまいます。 整形後の写真がメイクされていれば、 整形結果を誤魔化している可能性があります。 比較写真は、 メイクなしの照明などすべての条件が同じであるかよく確認してください。 その他にも、こんなポイントがあります。 美容整形外科は受付をとても大切にされている傾向があります。 実際、受付には綺麗なお姉さんが受付をされており、 美容整形に期待感を抱かせてくれます。 受付のお姉さんは、美容整形をされている方が多いので、整形のリアルな話が聞けたりします。 そんなクリニックの顔である 受付の対応が悪いということは、その医院長や医師もいい加減な可能性があります。 ただし、受付のお姉さんも人間です。 たまたま、嫌なことがあって対応に出てしまったのかもしれません。 受付の対応は悪いが先生の腕は一流というケースもあります。 あくまで、クリニックを選ぶ参考くらいに留めておいてください。

次の

美容整形を失敗しないためのコツ|口コミサイトで情報を検索

美容整形 失敗しない

・失敗しないクリニックの選び方 美容整形外科を選ぶ際には、どのような視点が大切になるでしょうか。 クリニック選びに失敗しないポイントを挙げていきます ・・口コミの評判について 口コミの評価は大切です。 特に、施術を受けたかたの生の声が聞けると参考になりますが、そのような機会は少ないですよね。 生の声が聞けない場合は、インターネットの口コミサイトなどをチェックしてみましょう。 口コミサイトに課金しているクリニックもありますし、良い口コミも悪い口コミも偏りのある情報として処理するのが正解です。 ・・信頼できるドクターがいる 同じ医師でも、得意な施術、不得意な施術は医師それぞれ異なります。 初めて診てもらう美容整形外科では医師の評判や実績が分からないかもしれませんが、ホームページをチェックするなどすれば、担当ドクターの経歴やこれまでの施術についての情報が見つかるかもしれません。 経歴の良し悪しを判断する際に役に立つのが、大学病院や総合病院で責任のある役職についていたのかどうか、専門医の資格を持っているのかという点です。 美容外科になる前は、通常の保険診療の病院に勤めているのが普通です。 保険診療の病院やクリニックでも責任ある立場にいたのかどうかということはとても大切な要因です。 研修医を終了してすぐに美容外科になった医師なのか、それとも一つの科を修めて美容外科の道に進んだ医師か、どちらの医師に手術を任せたいと思いますか?専門医の記載があった場合はその専門医の資格を発行している学会のホームページにその先生の名前があるかどうかもチェックしてみると良いでしょう。 きちんとその学会の専門医一覧にその先生の名前は見つかりますか?専門医の公表をしていないような学会やその専門医は信頼性に欠けます。 ・・料金が明瞭で分かりやすい 診察や施術の料金について、明瞭に提示されている美容整形外科がいいでしょう。 患者の身になって接してくれるクリニックなら、安心で明確な料金表示をしているはずです。 極端に高かったり安かったりするのではなく、納得のできる料金体系になっていることもポイントになります。 高すぎる設定、安すぎる設定にはなにか裏があると疑うべきです。 明確な返答が返ってくる場合は信頼できるクリニックと判断できますが、説明時にお茶を濁すようなことがあればカウンセリングに行く必要はありません。 ・・納得するまで丁寧に相談に乗ってもらえる どの美容整形外科でも、最初の予約時にカウンセリングの時間が設けられると思います。 カウンセリングは担当ドクターが行うところ以外は論外です。 直接最初から医師に相談できるクリニックに行くべきです。 美容外科も医療です。 他の医療と同様、医師が全て責任を持ってカウンセリングと治療を担当すべきです。 カウンセリングに関しても、患者の話に耳を傾けて、じっくりと相談に乗ってもらえるクリニックがおすすめです。 手術の方法や方針に十分納得してから、施術へと進むようにしましょう。 カウンセリング後に、一旦持ち帰って考えたい場合、また疑問点が生じた際にも何度でも医師と相談できる環境が整ったクリニックがさらに望ましいです。 ・・術後のケアが万全 施術後のケアについて、スケジュールやルールが定まっている美容整形外科を選びましょう。 どのような施術でも、万が一の事故や後遺症のリスクがゼロということはありません。 どのような状況でもしっかりと対応してもらえるという安心感が大切になりますので、術後の体制がしっかり整えられているクリニックを選ぶといいでしょう。 手術後24時間体制で医師と患者さんが連絡を取れる体制が整っていないクリニックでは施術を受けない方が良いです。 もし、例えば、手術個所から血がにじみ出るといったことが夜中に起こったとして、手術したクリニックや医師にすぐに相談できないなんてありえないですよね。 仕方なく、救急外来に夜間受診したとしても、自費診療扱いになり高額な治療費を払わないといけないばかりか、救急に当直している医師は、美容外科や形成外科の専門でない確率が高いです。 美容外科のような特殊な手術の合併症に十分対応できない可能性があります。 当院では、緊急電話番号を手術をした患者さんに渡しており、直接医師と24時間相談できる体制になっております。 ・・クリニックの雰囲気がいい クリニックを訪れてドクターや看護師さんの様子を見ているだけでも、雰囲気がいいかどうかが伝わってくるものです。 患者がリラックスできるような環境をつくってくれて、親身になって相談に乗ってくれるような雰囲気のある美容整形外科がおすすめです。 ・こんなクリニックは避けましょう 美容整形外科はたくさんありますが、中には避けたほうがいいクリニックも存在します。 どのように見極めたらいいのか、そのポイントを紹介します。 ・・口コミや周りからの評判が悪い あたりまえですが、周りからの評判が悪いクリニックは避けたほうがいいでしょう。 ネット上の口コミサイトなどを見ると、さまざまな評価がつけられています。 バイアスを考えて、判断したとしても、極端に点数が低すぎるクリニックには何か理由があるはずですので、避けたほうが無難です。 ・・ドクターの実績が分からない クリニックのホームページを見たときに、ドクターのこれまでの実績や経歴が載っていないようなところは避けるべきです。 過去について掲載していないということは、実績がないと言っていることに等しいです。 注意したほうがいいでしょう。 きちんとドクター紹介がされており、責任医師の顔が見えるようなクリニックが良いですね。 ・美容整形外科を選ぶならこのポイント! ここまで、失敗しない美容整形外科の選び方や避けたほうがいいクリニックについて紹介してきました。 美容整形外科は、口コミ、ドクターの力量、明確な料金、相談体制、アフターケアなどに着目して選べば、失敗する確立がぐっとへります。 下調べをして、いくつか候補のクリニックが見つかったら、実際に医師に相談に行ってみましょう。 自由診療の美容外科は、未だブラックボックス的な部分があります。 成功に導く一番の近道は、実際に手術を担当する医師とじっくり話し合うことだと思います。 医師が誠実に対応するクリニックを選んでいただければと思います。 まとめ.

次の

大塚美容形成外科 被害者ブログ~整形失敗~

美容整形 失敗しない

整形に失敗しないための医師の選び方 整形の 失敗、 成功は、医者の腕ひとつにかかっています。 なので、医師の選び方が整形の成功、失敗を決める大きな要素となります。 私の整形の失敗 私の整形の失敗で最もひどかったものは、下瞼の皮膚を切り取り過ぎて、あっかんベーをしたときのように黒目の下にかなりの量の白目が見える三白眼になってしまったことです。 そのために、目も閉じられなくなりました。 それ以外にも、目の二重幅が希望していたより2倍ぐらい広く、左右の幅も形も全く違い、二重の形も末広がりの自然な形を希望していたのに派手な並行二重になるなど、細かい失敗は数えたらきりがありません。 私の場合は、下瞼の皮膚を切り取り過ぎの失敗があまりにも衝撃的で、それだけで化け物のような顔になっていたので、それ以外の失敗は些細な失敗のように感じていました。 でも、目の二重幅が倍ぐらい広いとか、左右の幅や形が全く違うとか、二重の形が希望していたものとまったく違うというようなことで深刻に悩み、修正手術を何度も受ける方もいらっしゃるので、それらの失敗は一般的には些細な失敗ではないのかもしれません。 とにかく私の場合は、下瞼の失敗の次元が違っていて、もうそれだけでぎょっとなるような顔になっていたので、他の失敗のことを気にする余裕もありませんでした。 医師選びを慎重にするのが美容整形の成功のカギ 医師の選定を慎重にしていれば、 美容整形の 失敗はある程度は防げます。 でも、その頃の私は責任のある仕事を持っており、まとまった休みを取れる日が限られていたので、手術を受ける 美容整形外科の クリニックを選ぶとき、医師の評判よりも、自分が仕事を休める日に手術の日程が空いているということを優先せざるをえませんでした。 通える範囲内の美容整形外科のクリニックの中で、いくつかの病院を選んでカウンセリングに行きましたが、こちらの希望する日に手術の日程が空いていた病院は1件だけでした。 だから選ぶ余地もなく、その病院で手術の予約をしました。 こちらの希望する日に手術の日程が空いているということは、それだけ人気のない病院ということになります。 人気のない病院はやはり、それなりの理由があるのです。 そのときの私は、どうしてその病院だけが空いていたのか、その理由を考えたこともありませんでした。 ただ、自分の希望日に手術の予約が取れてよかったと単純に喜んでいました。 整形が失敗するなどということを頭の片隅にもありませんでした。 整形手術をしたら若いころの美貌を取り戻せるということで頭がいっぱいだったからです。 整形手術は 成功するのが普通で、 失敗なんてよほど運が良くない限り滅多に起きないと私は思っていました。 でもそれは、何の根拠もない思い込みでした。 【スポンサーリンク】 成功率100パーセントの整形は存在しない 成功率100パーセントの 整形手術などというものは絶対にありません。 整形には失敗がつきものです。 なので、手術をする箇所が増えれば増えるほど、整形失敗の不運に見舞われる可能性も高くなります。 複数の手術を一度にすると、失敗が一箇所だけではなく何箇所にも及ぶ場合もあり、あちらにもこちらにも不具合が出て大変なことになってしまう場合もあります。 良心的な医者は、多くの手術を一度にしてほしいと患者が希望しても断ります。 逆に、複数の手術を同時にするようにすすめてくる医者もいます。 ハンバーガーを注文するとポテトも一緒にいかがですか?というぐらいにの軽い調子で、この手術を一緒にしたらもっと可愛くなれるよ、とすすめてくるのです。 そのような勧め方をされると、あたかもその手術がとても簡単で、リスクなど何もないというような印象を受けてしまいがちですが、整形手術はそのような甘いものではありません。 ひどい失敗をするときもあるし、ダウンタイムが長引くときもあるし、後遺症が残り場合もあります。 そうなってからでは、もう後戻りはできません。 もちろん、そのような不運に見舞われるのはほんの一握りの人で、整形に成功して人生を好転させている人のほうがずっと多いのですが、整形手術を受ける以上は、整形失敗の可能性もあるということを念頭においた上で、手術をうけるかどうかを決めたほうがいいと思います。 複数の整形手術を受けるときの医師の選び方 すべての整形手術に長けた美容整形外科医というのはあまり存在せず、医師によって得意な手術と不得意な手術があります。 当然のことながら得意な手術は成功率も高く、不得意な手術は失敗したり、あまりいい仕上がりにならなかったりしがちです。 なので、1人の医師にすべての手術を一任するのは、 整形失敗の可能性を高めます。 複数の 整形手術をするときの医師の選び方は、それぞれの手術の 名医やその手術の経験ができるだけ豊富な医師を探して、手術ごとに医師を変えることも、 美容整形を 成功に導くための重要なポイントです。

次の