いかがお過ごしでしょうか 返信。 最近いかがお過ごしでしょうかって英語でなんて言うの?

最近いかがお過ごしでしょうかって英語でなんて言うの?

いかがお過ごしでしょうか 返信

「いかがお過ごしでしょうか」という言い回しは「毎日をどのように過ごしていますか?」という意味で、手紙やビジネスメールで近況や安否を気遣う時に使うフレーズです。 しかし「いかがお過ごしでしょうか」の実際の使い方は、過ごし方や安否を知りたいためではなく文面の出だしに使う儀礼的な挨拶の場合が多いようです。 目上の人への手紙やビジネスメールで失礼がないように、文面の書き出しで時候の挨拶のすぐ後に使う場合が通例です。 相手のご機嫌を伺う慣用句の意味合いが強い言い回しです。 しかしこの慣用句を上手く使って、自分なりの工夫を加えることにより味気ない儀礼的な文章を感情のこもった暖かい文面にすることが可能です。 この後の記事をぜひ参考にしてください。 「お元気ですか」は健康状態などを問いかける挨拶表現で、友人などの親しい間柄でよく使う言葉で「いかがお過ごしでしょうか」より軽いイメージの言い換え表現です。 「お元気ですか」を少し丁寧にしたい場合は「お元気でいらっしゃいますか」「お元気にてお過ごしでしょうか」などに言い換えます。 「お元気ですか」という意味合いで、相手が目上の人や自分との関係が特定できないビジネスメールや多数の方宛に出す文書の言い換え表現には「ご健勝にてお過ごしでしょうか」「ますますご健勝のことと拝察いたします」などがあります。 「健勝」とは、健(丈夫である)と勝(まさる)という字の組み合わせで「非常に健康に優れている状態」という意味です。 「ご健勝」の替わりに「ご清栄」「お健(すこ)やかに」などの言い換え表現があります。 「お変わりありませんか」という言い換え表現は「いかがお過ごしでしょうか」と同様に「暮らしぶりに何か変化はありませんか」と問いかける挨拶文で、健康状態を尋ねるニュアンスも含んでいます。 この他「お変わりなくお過ごしのことと存じます」「ご無事にお暮らしのことと存じます」などの言い換えがあります。 また気候の挨拶文に続けて「体調など崩されてはいらっしゃいませんか」「お風邪など召されてはおりませんか」など健康を気遣う表現を続けることがあります。 日本は四季がはっきりしていて気候も年間を通じて目まぐるしく変化します。 そのために手紙などの挨拶文として、季節に合わせた言い換えの慣用句がたくさんあります。 またその後に、体調や過ごし方の変化を尋ねる文面をつけるのが通例になっています。 友人に書く手紙の場合は「いかがお過ごしでしょうか」では少し堅苦しすぎるので、むしろ「お元気ですか」や「いかがお過ごしですか」の方が親しみが感じられます。 友人に書く場合は、決まり切った慣用句の時候の挨拶などは抜きにして、個性や感性を生かして自分らしい言葉で書くのが親しみが伝わりベストです。 例文では「前略、桜の花も散って葉っぱの緑が大分濃くなってきましたがお元気ですか?」「前略、このあいだの食事会からもう3ヶ月もたちました。 いかがお過ごしですか?」のような使い方をします。 つまり友人に出す手紙は、あまり形式にとらわれずに自分の気持ちをストレートに、かたくなり過ぎない優しいオリジナルな文章で書けば、相手にも親しみが伝わって気楽に読んでいただけるのでベストです。

次の

ビジネスメールの書き出し

いかがお過ごしでしょうか 返信

「いかがでしょうか」の意味と漢字 「いかがでしょうか」の意味は相手に改まって聞く言葉 「いかがでしょうか」は相手に様子や感想など、改まって聞いたり尋ねたりするときに使う言葉です。 「いかがでしょうか」の漢字 「いかがでしょうか」は漢字だと 「如何でしょうか」と書きます。 「如」は音読みだと「ジョ」、訓読みだと「ごとし」「しく」と読みます。 「如」は「そのとおり」「そのまま」を意味します。 「何」は音読みだと「カ」、訓読みだと「なに」「いずれ」と読みます。 基本的に 「いかがでしょうか」はひらがなで表記します。 ただ、「いかがでしょうか」は口頭で使うことが多いため、それほど気にしなくて良いですが、もしメールや手紙で使うことになったときは、「いかがでしょうか」と表記した方が見やすいため、ひらがなで表記するのが無難でしょう。 「いかがでしょうか」は敬語?正しい使い方 「いかがでしょうか」は 相手に、感想や意見を求めるときに使います。 「いかがでしょうか」には改まって聞くという意味が含まれているので、取引先やお客様など目上の人に対して使うことができます。 例えば、「今のお気分はどうでしょうか」と尋ねるよりも「今のお気分はいかがでしょうか」と聞いた方が丁寧な感じがしますね。 また「いかがでしょうか」は、「お飲み物はいかがでしょうか」といったように、何かをすすめる場合にも使うことができます。 「いかがでしょうか」をより丁寧にするには、「いかがいたしますか」「いかがなさいますか」とします。 「いかがでしょうか」は口頭だけではなく、ビジネスメールや手紙などでも用います。 例えば、取引先などから予定している日が過ぎても連絡がこない場合に、「進行状況はいかがでしょうか」などと送ることができます。 「でしょうか」は不明・不確定のことについて、疑問・質問の意を表す、「だろうか」の丁寧な表現です。 「いかがでしょうか」は 相手の気分や状態、あるいは感想などを尋ねる際の言い回しになります。 「いかがでしょうか」は「どうでしょうか」をベースにした表現です。 ・お身体の調子はその後、いかがでしょうか。 ・しばらくご無沙汰しておりますが、お身体の具合はいかがでしょうか。 ・大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 「欲しいのか否か尋ねる」という意味の例文 「いかがでしょうか」は体調を尋ねる以外にも、欲しいのか否か尋ねる場合にも使うことができます。 よくお店などで、「コーヒーのおかわりはいかがでしょうか」「こちらの商品はいかがでしょうか」などと聞いたことがあると思います。 この「いかがでしょうか」は、 「誘ったり勧めたりすること」を表しています。 ・お客様、お飲み物はいかがでしょうか。 ・食後にケーキはいかがでしょうか。 ・ご飯のおかわりはいかがなさいますか。 ・こちらの商品は、今お買い上げいただくと割引で1000円となります。 ご検討のほどいかがでしょうか。 「提案・催促する」という意味の例文 「いかがでしょうか」は提案・催促する場合にも使います。 また、「私考えたA案はいかがでしょうか」といったように、何かを提案するときにも使うことができます。 この「いかがでしょうか」は、 「状態・意見などについて尋ねること」を表しています。 ・御社に明日の14時にお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか。 ・今回ご注文いただいた商品は、今月未には再入荷の予定です。 よろしければ、優先的に確保いたしますが、いかがでしょうか。 ・演説についての原稿はいかがでしょうか。 「感想を求める」という意味の例文 「いかがでしたか」と過去形にすると、相手に感想を求めるような意味合いになります。 例えば「先日の演奏会、いかがでしたか」「私の作ったお料理はいかがでしたか」「海外旅行はいかがでしたか」などと使うことができます。 ・今日のプレゼンテーションはいかがでしたか。 ・沖縄旅行はいかがでしたか。 ・先日のパーティはいかがでしたか。 ・初めての海外での生活はいかがでしたか。 もし、都合が悪く「いかがでしょうか」と聞かれてもお断りする場合は、最初に感謝を言った後に、謝罪の言葉、お断りする理由を述べます。 断る前に、「申し訳ありませんが〜」「恐れ入りますが〜」といった言葉を付けるのが良いでしょう。 「欲しいのか否か尋ねる」という意味 「いかがでしょうか」と欲しいのか否か尋ねられたときは、 ・お願いします ・はい、ください ・それでお願いします などとします。 断る場合は、 ・結構です ・大丈夫です ・要りません と返すのが適切です。 「いかがでしょうか」の類語・言い換え よろしいでしょうか<様子、気分を尋ねる・提案する> 「よろしいでしょうか」の意味は 「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」となります。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらよりも丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 例えば「来週休みをいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、許可を求める言い方になり、「今お時間をいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、相手に支障がないか尋ねる言い方になります。 「よろしいでしょうか」は丁寧な表現なので、目上の人に対して使える敬語になります。 例文 ・お時間少しだけいただいてもよろしいでしょうか。 ・今呼んできますので、こちらでお待ちいただいてもよろしいでしょうか。 「どうでしょうか」は「いかがでしょうか」と同じ意味ですが、「改まって聞く」というニュアンスが含まれません。 また「どうでしょうか」には、自分の思っていることを相手にそのままぶつけるという印象があります。 ですので、 「どうでしょうか」は同等もしくは、親しい間柄の先輩といった、比較的関係が近い相手に使うのが適切となります。 上司など目上の人に使うと、失礼な印象を与えてしまうので注意しましょう。 ・少し遠くまで出掛けるのはどうでしょうか。 具合はどうですか<様子、気分を尋ねる> 「具合」は「物事の状態や調子、人がおかれている状況」を意味します。 「具合はどうですか」は相手に、 「調子はどうですか」「状態はどうですか」と尋ねることになります。 ただ、「どうですか」だと少々軽い感じがする言い方なので、「具合はどうですか」は目上の人には不適切な表現です。 例文 ・今回の計画の進み具合はどうですか。 大丈夫ですか<様子、気分を尋ねる・提案する・欲しいか尋ねる> 「大丈夫」は「構わない」「問題ない」を意味します。 「大丈夫ですか」といった場合は「構いませんか」「問題ないですか」という意味になります。 「大丈夫ですか」は親しい間柄の相手や同等に使える表現ですが、目上の人に使うと失礼な印象を与えてしまうので気をつけましょう。 例文 ・お水は大丈夫ですか。 ・ご連絡は明日でも大丈夫ですか。

次の

発信者情報開示請求が届きました

いかがお過ごしでしょうか 返信

例文では「拝啓、先生の学び舎を巣立ってから早いもので十数年が経ってしまいました。 先生におかれましてはいかがお過ごしでしょうか」「先日事務局からクラス会の案内が届いております。 先生とお会いできるのを楽しみにしております」 「先生が当時よくおっしゃていた、失敗や窮地の時ほど多くのものを学ぶチャンスなんだよ、という言葉にいつも励まされて社会人として仕事に邁進しております」「このところ寒い日が続いております。 お風邪など召されないようにご自愛くださいませ。 敬具」 この例文のように手紙の文面の中には、挨拶文の他に恩師に久しぶりに会うことを楽しみにしていること、自分の現況、恩師の教えに感謝していること、健康を気遣っているなどの感情を含めると暖かい心のこもった手紙になります。 暑中見舞いの場合は、ほとんどの場合ハガキで出します。 ハガキの場合は大きさや形が決まっているため手紙ほどたくさんの文章が書けません。 また受け取る側も何通もくるので、できるだけ簡潔な文面にするよう心がけましょう。 例文では「暑中お見舞い申し上げます。 連日猛暑日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。 水分補給をこまめにとって熱中症にはくれぐれもご注意ください」のように短めの文章で切り上げます。 この例文は一般的な文面ですが、親しい間柄などではオリジナルでウイットの利いた文章で「暑い時に野球をして汗を流すのも爽快!ただし塩分と水分補給は忘れずに」など趣味や好きなスポーツなどの話題を絡めるのもよいでしょう。 「季節もすっかり秋も深まり冬の訪れが感じられる今日この頃です。 お客様におかれましては、その後いかかがお過ごしでしょうか。 当日は先着100名様に豪華賞品のプレゼントやフリードリンクコーナーも設けております」 「また冬に向けて、各種スノータイヤやチェーンなどお客様だけの特別サービスキャンペーンもございます。 どうぞこの機会にお越しいただければ幸いでございます」 この例文は自動車販売店の例ですが、これを参考にして自分の会社の商品やキャンペーに合わせた文面や内容に言い換え、アレンジしてビジネスに役立ててください。

次の