山本 舞香 東京 グール。 INCENT GROUP Official Site

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』初日舞台挨拶 グランドシネマサンシャイン 16:50の回 窪田正孝 Eventernote イベンターノート

山本 舞香 東京 グール

女優の山本舞香さんが6月4日、池袋パルコ本館(東京都豊島区)7階で行われた人気マンガ「東京喰種トーキョーグール:re」のコラボカフェ「東京喰種:re CAFE」の内覧イベントに来場した。 俳優の窪田正孝さん主演の実写映画の続編「東京喰種 トーキョーグール【S】」(川崎拓也監督、平牧和彦監督、7月19日公開)に人肉を食らう怪人・喰種(グール)の霧嶋董香(トーカ)役で出演する山本さんは、劇中に登場する喫茶店あんていくの制服姿でコラボメニューを試食した。 山本さんは自身が演じる董香をイメージした「トーカのゼリードリンク」(990円、税抜き)や、映画のメインキャラクターとなる月山習をイメージした「『美食家』月山のローストビーフ」(1590円、同)などを試食。 「実際疑っていたんです。 味は大丈夫かなと。 でも、全然おいしくてビックリした。 (カフェは)写真を撮れるのが面白いし、喰種の気分で楽しめる。 安心しました」と話し、「カフェで喰種の世界を体験した後に映画を見たら、(喰種に)親近感が湧くかも」と語っていた。 「東京喰種」シリーズは、人肉を食らう怪人・喰種(グール)をテーマにした石田スイさんの人気マンガで、2011~14年にマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、14年から始まった新章「東京喰種 トーキョーグール:re」が18年7月に完結した。 コミックスは全世界累計4400万部を発行。 実写映画も世界29カ国で公開された。 実写映画の続編となる「東京喰種 トーキョーグール【S】」は、喰種が潜む街・東京が舞台。 ある事件をきっかけに半喰種となってしまった大学生の金木研(カネキ、窪田さん)は、喫茶店あんていくに身を寄せ、霧嶋董香(山本さん)らと共に生活をしていた。 そんな中、美食家(グルメ)と呼ばれる喰種・月山習(松田翔太さん)があんていくを訪れる。 月山はカネキのにおいに興味を持ち、彼をグールレストランに誘い出す……というストーリー。 山本さんは映画について「見ていただいた方の感想をまず聞きたいんですけど、前作よりパワーアップしている。 CGに力が入っているし、窪田さんも翔太さんもすてきです」とアピールしていた。 「東京喰種:re CAFE」は、キャラクターをイメージしたコラボメニューが提供され、原作公式の新作グッズの先行販売、映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」の衣装展示などが行われる。 池袋パルコ本館7階「THE GUEST cafe&diner」で6月6日~7月15日に開催。 名古屋パルコ西館、 福岡パルコ本館、札幌パルコでも開催中。

次の

山本舞香扮するトーカの姿も初解禁!映画『東京喰種』続編は2019年7月公開

山本 舞香 東京 グール

7月19日公開の映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」(川崎拓也監督、平牧和彦監督)に出演する女優の山本舞香さん。 人肉を食らう怪人・喰種(グール)が潜む街・東京を舞台に、喰種の葛藤や喰種同士の戦いを描いたバトルアクション映画。 山本さんは俳優の窪田正孝さん演じる金木研(カネキ)と同じ喫茶店で働く喰種の霧嶋董香(トーカ)役を演じる。 原作ファンも多い話題作で人気キャラクターのトーカを演じる山本さんは撮影前、「できる気がしない」と悩んだこともあったという。 山本さんに、トーカ役を演じた苦悩や演じ終えた感想、窪田さんらとの撮影秘話などを聞いた。 「どうやって撮影するんだろう、というワクワク感が大きかったです」と撮影に臨んだ心境を明かす。 主要キャラクターのトーカを演じる上では、「自分なりに前作とは違うトーカを作ろうと思っていました。 実写なのでアニメに寄せすぎても無理なところもあるから、そこは考えました」と語る。 ただ、役づくりでは苦悩もあった。 演じるのは、クールな性格が魅力的な主要キャラクター。 「本読みの時点では、全然(トーカを)つかめていなくて……。 台本を読んでもつかめなくて。 髪形と服装、メークなどに助けられた部分はありました」と語る。 模索する中、助けになったのは、主演の窪田さんの一言だったという。 「顔合わせの日、(松田)翔太さんが初対面なのに『みんなでご飯に行こう』と誘ってくださって、その時『ぶっちゃけつかめていないし、できる気がしない』と言ったんです。 『無理だと思う』って。 こんな世界的に人気な作品で、自信がないと言ったら『舞香なりのトーカでいい』と窪田さんがおっしゃってくださって……。 それで安心感があったというか、頑張ろうという気持ちになりました」と明かす山本さん。 「現場に入って徐々につかんでいく感じだった。 でも私なりのトーカができてよかったかなと思います」と笑顔を見せる。 「『人間を食べる』という言葉が出てくれば、自分も喰種なんだという感覚になるけど、そういう深刻なシーン以外は、普通の人間と変わらない人物として演じていたかもしれません」と明かす。 現場で徐々にトーカのキャラクターをつかんでいった。 「声のトーンもすごく考えました。 あと笑った顔、怒った顔が原作のトーカの顔と自分の顔では全然違う。 どう表現すればいいのか、すごく考えました。 窪田さん、翔太さんとのお芝居に助けられた部分がすごくあるんですが、前作にも原作にもないトーカがあるんじゃないかなと思っています」と山本さんならではのトーカに手応えも見せる。 現場では監督と議論が白熱する場面もあった。 「お互いに熱が入りました。 たとえば、最後のシーンでも監督の想像するトーカの感情と自分の思う感情とが違っていて。 せりふのニュアンスとか、言い方とか、この会話の中でこのせりふは必要なのかとか、トーカはこういう言葉遣いはしない、とか……。 監督と話をしていて、それは違うんじゃないか、と。 それぐらいトーカに対する気持ちが熱くなってきている自分がいると感じていました。 ストレートに思っていることを言える監督でよかったな、と思います」と晴れやかな表情で語る。 グール同士のハイスピードなバトルが大きな見どころの一つ。 バトルの中で、グールが体を刺される痛々しい描写もある。 山本さんは「おなかや肩を刺されたことがないから、どんな痛みなのか分からず、すごく難しかった。 どういう痛みなんだろう、と。 とりあえず痛いから叫んでいればいいのか、とか……」と語る。 同じく傷つけられるカネキを演じる窪田さんを見て「窪田さん、すごいな、と(笑い)。 1回殺されているのかな?と思うぐらい、すごくリアルで」と感嘆したという。 連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で注目を集めた女優の森七菜さんも、トーカと同じ学校に通う親友、小坂依子役で出演。 トーカと依子の関係は、物語の中で重要な意味を帯びている。 山本さんは共演した森さんについて「すごく可愛らしくて、素直な子だなって思いました」とべた褒めし、「(広瀬)すずがデビューした時にすごく似ていて、すずに速攻で連絡しちゃった。 『めっちゃ似ている子いるよ、めちゃめちゃ可愛い』って」と楽しそうにエピソードを披露する。 「トーカってツンデレだと思うんですよ。 カネキへの対応と、依子への対応(の違い)とか見ていると。 感情って伝わりにくいなと思いました」と山本さんは話し、「大変だったな……。 本当に大変だった」と苦笑いで振り返る。 劇中にはさまざまな個性的なキャラクターが登場する。 最後に、お気に入りのキャラクターについて聞かれると、山本さんは「カネキ」を挙げた。 「窪田さんが演じているカネキのキャラクター、好きですね。 腕を折られて子供みたいな顔をしている窪田さんとか、やっぱりすごいなって思います。 弱い、可愛い、子供みたいなカネキくん」と笑顔を浮かべて語ってくれた。 「東京喰種」シリーズは、人肉を食らう怪人・喰種をテーマにした石田スイさんの人気マンガで。 2011~14年にマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、2014年から始まった新章「東京喰種 トーキョーグール:re」が2018年7月に完結した。 コミックスは全世界累計4400万部を発行。 実写映画も世界29カ国で公開された。 実写映画の続編「東京喰種 トーキョーグール【S】」は、喰種が潜む街・東京が舞台。 ある事件をきっかけに半喰種となってしまった大学生の金木研(カネキ、窪田さん)は、喫茶店「あんていく」に身を寄せ、霧嶋董香(山本さん)らと共に生活をしていた。 そんな中、美食家(グルメ)と呼ばれる喰種・月山習(松田さん)があんていくを訪れる。 月山はカネキのにおいに興味を持ち、彼をグールレストランに誘い出す……というストーリー。

次の

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』初日舞台挨拶 グランドシネマサンシャイン 16:50の回 窪田正孝 Eventernote イベンターノート

山本 舞香 東京 グール

〝食物連鎖の頂点とされるヒトを「食糧」として狩る者たちが存在する。 ここ東京で、その存在が認められたのは、遥か昔の話。 それはいつしか人々から「喰種(グール)」と呼ばれ、見えない恐怖の対象となった。 国家は喰種対策局〔CCG〕を組織し、多くの喰種が駆逐された。 しかし、喰種は滅びることなく、東京の闇に紛れた…。 〟 ヒトを狩って食べる、「喰種(グール)」という人間が存在する東京。 カネキはリゼという喰種女性に襲われた直後に、鉄骨落下事故に遭いました。 救急搬送されたカネキは、グールと知られていなかった身元不明の女性・リゼが即死だったため、その臓器を移植されます。 結果、カネキは半喰種になりました。 カネキは種が変わったことへ戸惑いを覚え、なじめません。 人間でもなく、喰種にもなりきれないカネキは、喰種の駆け込み寺的な存在の喫茶店『あんていく』で働くことになりました。 父・笛口アサキがCCGに殺され、母・リョーコと娘・ヒナミが『あんていく』に保護されます。 彼女たちは狩りができないため、食事ができません。 母のリョーコがCCGの真戸に殺害され、女性店員・トーカは復讐に燃えます。 ヒナミが狙われそうになったので、トーカは真戸を殺害しました。 カネキは亜門と戦いますが、とどめはささずに解放します。 グールにも生きる権利があると思ったカネキは、グールとして生きることを決意しました…(映画『東京喰種(トーキョーグール)』参照)。 東京、渋谷。 人気モデルの女性・マーガレットは、雨の夜にタクシーを拾います。 タクシーで帰宅したマーガレットは、部屋になぞの男性が入り込んでいるのを見ました。 その男性は真っ黒いマスクを顔にかぶっており、顔は見えません。 「土足であがってすまないね」と言った男性は、「美しい2色の瞳は、どんな味がするのか」とマーガレットに言いました。 次の瞬間、男はマーガレットを襲い、眼球を取ります。 マーガレットの両目を食べた男は、マーガレットの身体を無造作に部屋から落とします。 高層マンションのベランダから放り出されたマーガレットは、都会の雑踏に落下して潰れました…。 喫茶店『あんていく』。 13区に住んでいる人気モデルのマーガレットが、眼球だけ取られて死んだニュースが、テレビで流れます。 グールにとっては、人間の身体が食べ物です。 その瞳だけを食べるというのは、非常に珍しいものだと、テレビで解説者が話しました。 人間の身体が食べ物となるのに、一部だけを選んで食する行為から、そうしたグールのことを「グルメ」と呼ぶと、解説者は言います。

次の