翔 んで 埼玉 地上 波。 『翔んで埼玉』は面白い?笑える?評価や口コミ、感想についてまとめてみた

『翔んで埼玉』は面白い?笑える?評価や口コミ、感想についてまとめてみた

翔 んで 埼玉 地上 波

【翔んで埼玉】 飛んで埼玉 あらすじ紹介 タイトルは聞いたことあるけど、どんなストーリーなんだろうと気になりませんか? 映画公開前の予告編がYouTubeにありましたので、ご紹介します。 予告動画の内容の意味がわかると思います。 暑い夏のある日、埼玉県熊谷市に住む菅原家の一家は、娘の愛海の結納のため、父の運転する自家用車で東京都内に向かっていた。 結婚を機に、東京都に引っ越して東京都民になりたいと愛海がはしゃいでいると、カーラジオのNACK5で、都市伝説を題材にしたラジオドラマが始まった。 それは「埼玉解放の伝説の人物・麻実麗」の物語だった。 19XX年、東京では埼玉への迫害が続いていた。 埼玉県人は通行手形なしでは都内に入ることもできず、過度に虐げられた生活を余儀なくされている。 そんな東京の中でも、代々東京都知事を生み出してきた超名門校・白鵬堂学院に、海外から麻実麗という美少年が転校してきた。 差別を受けるZ組の生徒をなぜか庇い立てする麗に不快感を抱く生徒会長・壇ノ浦百美は、全校生徒の前で東京各地の空気の匂いを当てさせる「東京テイスティング」という無理難題を吹っかけて麗に恥をかかせようとするが、麗はそれを見事クリア。 逆に百美は麗に心惹かれるようになってゆく。 しかしある日、麗が実は埼玉県人だと発覚してしまう。 埼玉に対する激しい拒絶反応に苦しみながらも、愛する麗と共に逃避行を続ける百美。 そしてこの騒動の陰では、埼玉より先に通行手形制度の撤廃を狙う「千葉解放戦線」が蠢いており、やがて事態は埼玉対千葉の全面戦争へと発展してゆく。 埼玉解放戦線、千葉解放戦線は流山橋付近の江戸川を挟んで対峙するが、実は百美が赤城山で歴代の東京都知事が不正に蓄財した金塊を発見したことなどにより事前に両解放戦線の共闘が成立しており、両解放戦線が東京都内に攻め込むとともに百美が不正蓄財を暴露したことにより壇ノ浦建造は失脚する。 百美と麗は埼玉デュークが計画していたこれといった特色のない埼玉の文化を秘密裏に日本全国に広める「日本埼玉化計画」を開始する。 愛海の婚約者は結納を行う会場に向かう自動車の車内で同じラジオドラマを聞いていて埼玉愛に目覚め、都内ではなく春日部に新居を構えることを決意する。 引用: この映画は、「伝説パート」と「現代パート」の二部構成になっています。 予告で強烈な印象を残しているのはもちろん「伝説パート」です。 「現代パート」でも埼玉ディスりがありそうですが、郷土愛を深めていく設定のようなのでディスって終わりではなさそうですね。 今回観ることができなかった、また観たいという場合、見逃し配信で観ることができますよ。 こちらで見逃し配信を紹介しています。 それにしても通行手形がないと東京に行けないだとか、強制送還されるだとか、そんなことありえないじゃん!というくらい徹底した作りがウケたのでしょうね。 東京都知事・壇ノ浦建造の 息子であり、東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める 男子を演じています。 麗しき男子ですね~。 という設定のようですが、「花より男子」の道明寺司と重なって見えるのは私だけでしょうか? お金持ちの息子はこういうイメージが多いのかな? 1982年の作品というから38年前の作品になるのですが、このころボーイズラブを描く作品はほとんど無かったでしょうから、強烈なディスりやボーイズラブは衝撃的な作品として当時も話題になっていたのでしょうね!• 丸の内にある大手証券会社の御曹司で、都会的なセンスを持ち、学院内でも特別扱いをされているという役柄は、お正月に放送される「芸能人格付けチェック」のGACKTさまにピッタリ? 表向きは東京都民だけど、実は埼玉県の大地主・西園寺家の子息で、都知事となって埼玉県の通行手形制度を撤廃することを目標としている「埼玉解放戦線」の主要メンバーという役どころです。 弱者を助けるヒーロー役といったところでしょうか。• 埼玉県出身でさいたま市浦和区在住。 愛海のお父さんと同じ埼玉生まれの埼玉育ち?きっといい親子関係が築けるでしょう。 さて、東京に住めるかな? 「現代パート」はご本人の出身地と役柄の出身地は一致しているようですが、「伝説パート」は皆さんバラバラですね。 主役の二階堂ふみさんとGACKTさんは、東京でも埼玉でもなく沖縄出身なんですね 笑 【翔んで埼玉】 飛んで埼玉 キャスト相関図 【翔んで埼玉】公式サイトに相関図が載っていたので、こちらをご紹介します。 相関図は、左側が「東京」、右側が「埼玉」下が「千葉」となっていて、更にその下に現代パートの紹介があります。

次の

地上波初放送「翔んで埼玉」が高視聴率でフジ大勝利!!!

翔 んで 埼玉 地上 波

【翔んで埼玉】 飛んで埼玉 あらすじ紹介 タイトルは聞いたことあるけど、どんなストーリーなんだろうと気になりませんか? 映画公開前の予告編がYouTubeにありましたので、ご紹介します。 予告動画の内容の意味がわかると思います。 暑い夏のある日、埼玉県熊谷市に住む菅原家の一家は、娘の愛海の結納のため、父の運転する自家用車で東京都内に向かっていた。 結婚を機に、東京都に引っ越して東京都民になりたいと愛海がはしゃいでいると、カーラジオのNACK5で、都市伝説を題材にしたラジオドラマが始まった。 それは「埼玉解放の伝説の人物・麻実麗」の物語だった。 19XX年、東京では埼玉への迫害が続いていた。 埼玉県人は通行手形なしでは都内に入ることもできず、過度に虐げられた生活を余儀なくされている。 そんな東京の中でも、代々東京都知事を生み出してきた超名門校・白鵬堂学院に、海外から麻実麗という美少年が転校してきた。 差別を受けるZ組の生徒をなぜか庇い立てする麗に不快感を抱く生徒会長・壇ノ浦百美は、全校生徒の前で東京各地の空気の匂いを当てさせる「東京テイスティング」という無理難題を吹っかけて麗に恥をかかせようとするが、麗はそれを見事クリア。 逆に百美は麗に心惹かれるようになってゆく。 しかしある日、麗が実は埼玉県人だと発覚してしまう。 埼玉に対する激しい拒絶反応に苦しみながらも、愛する麗と共に逃避行を続ける百美。 そしてこの騒動の陰では、埼玉より先に通行手形制度の撤廃を狙う「千葉解放戦線」が蠢いており、やがて事態は埼玉対千葉の全面戦争へと発展してゆく。 埼玉解放戦線、千葉解放戦線は流山橋付近の江戸川を挟んで対峙するが、実は百美が赤城山で歴代の東京都知事が不正に蓄財した金塊を発見したことなどにより事前に両解放戦線の共闘が成立しており、両解放戦線が東京都内に攻め込むとともに百美が不正蓄財を暴露したことにより壇ノ浦建造は失脚する。 百美と麗は埼玉デュークが計画していたこれといった特色のない埼玉の文化を秘密裏に日本全国に広める「日本埼玉化計画」を開始する。 愛海の婚約者は結納を行う会場に向かう自動車の車内で同じラジオドラマを聞いていて埼玉愛に目覚め、都内ではなく春日部に新居を構えることを決意する。 引用: この映画は、「伝説パート」と「現代パート」の二部構成になっています。 予告で強烈な印象を残しているのはもちろん「伝説パート」です。 「現代パート」でも埼玉ディスりがありそうですが、郷土愛を深めていく設定のようなのでディスって終わりではなさそうですね。 今回観ることができなかった、また観たいという場合、見逃し配信で観ることができますよ。 こちらで見逃し配信を紹介しています。 それにしても通行手形がないと東京に行けないだとか、強制送還されるだとか、そんなことありえないじゃん!というくらい徹底した作りがウケたのでしょうね。 東京都知事・壇ノ浦建造の 息子であり、東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める 男子を演じています。 麗しき男子ですね~。 という設定のようですが、「花より男子」の道明寺司と重なって見えるのは私だけでしょうか? お金持ちの息子はこういうイメージが多いのかな? 1982年の作品というから38年前の作品になるのですが、このころボーイズラブを描く作品はほとんど無かったでしょうから、強烈なディスりやボーイズラブは衝撃的な作品として当時も話題になっていたのでしょうね!• 丸の内にある大手証券会社の御曹司で、都会的なセンスを持ち、学院内でも特別扱いをされているという役柄は、お正月に放送される「芸能人格付けチェック」のGACKTさまにピッタリ? 表向きは東京都民だけど、実は埼玉県の大地主・西園寺家の子息で、都知事となって埼玉県の通行手形制度を撤廃することを目標としている「埼玉解放戦線」の主要メンバーという役どころです。 弱者を助けるヒーロー役といったところでしょうか。• 埼玉県出身でさいたま市浦和区在住。 愛海のお父さんと同じ埼玉生まれの埼玉育ち?きっといい親子関係が築けるでしょう。 さて、東京に住めるかな? 「現代パート」はご本人の出身地と役柄の出身地は一致しているようですが、「伝説パート」は皆さんバラバラですね。 主役の二階堂ふみさんとGACKTさんは、東京でも埼玉でもなく沖縄出身なんですね 笑 【翔んで埼玉】 飛んで埼玉 キャスト相関図 【翔んで埼玉】公式サイトに相関図が載っていたので、こちらをご紹介します。 相関図は、左側が「東京」、右側が「埼玉」下が「千葉」となっていて、更にその下に現代パートの紹介があります。

次の

『翔んで埼玉』地上波で初放送 フジテレビ『土曜プレミアム』でノーカット

翔 んで 埼玉 地上 波

埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。 ネタバレ! クリックして本文を読む 熊谷市 NACK5 途端に原作者の絵柄に合わせてきた。 なんて知らないのは私みたいなトンチンカンオバさんだけですね。 4月の半ばにAmazon primeで観ました。 それこそ、漫画チックで面白い映画やったなぁ、、、と観終わって最初に思いました。 役者さん達もきっと楽しみながら、笑いながら撮影したんだろうなあ。 二階堂ふみは不思議な少年を力いっぱい演じていたし、GACKTも高校生を演じているのに、存在感アリアリで、GACKT自身が楽しんでいただろうと思いました。 前髪が気になったけど、前見える?と気が散る私。 京本政樹もピッタリなイメージ。 伊勢谷友介も流石の男前 笑。 ただちょっと、力み過ぎやで〜感が残念。 あと、エキストラたくさんいましたね〜。 みんな盛り上げてましたね〜。 賑やかな、ある意味華やかな映画でした。 埼玉県民さん達は喜ばれたことでしょう。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の