東急 ハンズ d 払い。 お支払いについて|【東急ハンズネットストア】

【スマホ決済】d払いは東急ハンズで使える?ポイントは?

東急 ハンズ d 払い

東急ハンズとは? 東急ハンズは東急グループになり大都市を中心にしたホームセンターとなります。 ホームセンターと聞くと、郊外の広い土地にある店舗をイメージしますが、 東急ハンズは百貨店、駅ビルなどの市街地にあるホームセンターとなります。 家庭用品、文房具、インテリア、クラフトなど様々な種類の商品があるため、 目的があって買い物に来たはずが、目的とは別の商品を手に取ってしまいたくなるような新たな商品とも出会うことができるお店となっています。 実演販売なども行っているため、ついつい商品を手にしたくなることが多いお店になります。 還元ポイントの上限は10,000ポイントとなるので、20%還元なので上限が50,000円までの買物が対象となります。 dポイントは1ポイント1円で利用することができるので 最大10,000円分のポイントが獲得できるというこになります。 しかも、d払い20%還元キャンペーンと「スーパー還元プログラム」や「d曜日」と併用することができます! 「スーパー還元プログラム」との併用で最大27%ポイント還元、「d曜日」との併用で最大25%ポイント還元になっちゃいます! d払いの支払いを に設定することによって ポイントの2重取りができるので嬉しいですね。 安心してください、ドコモ回線を利用していなくてOKですよ。 d払いは、dアカウントさえあれば誰でも利用できるサービスなのです。 どちらも非常に使いやすく魅力的なので、興味がある人は下記を参考にしください。 「ゆうちょPay」はクレカ不要のモバイル決済サービス 「ゆうちょPay」の 最大の特徴は何といってもクレジットカードが不要という点で、登録したゆうちょ銀行から即時にお金が引き落とされます。 例えば、 ゆうちょPayで5,000円の商品を購入した場合、ユーザーのゆうちょ銀行から5,000円が即時引き落とされます。 イメージ的にはデビットカードに近いですが、ゆうちょPayは専用のアプリから利用履歴など細かい情報もチェック可能です。 お金の管理を柔軟にでき、ついつい使いすぎてしまう心配もありません。 なので 「モバイル決済を体験してみたいけどクレジットカードを持っていない」「現金払い以外だと使いすぎてしまいそう」という人なら、ゆうちょPayがピッタリなのでおすすめします! 公式サイト 個人情報漏洩の心配がない「クオ・カードペイ(QUOPay)」  一般的にモバイル決済サービスを利用するためには、クレジットカードや銀行口座といった個人情報をアプリに登録する必要があります。 しかし 「クオ・カードペイ(QUOPay)」は個人情報の登録なしで利用できすることができます。 デジタル版クオ・カードを利用したモバイル決済サービス• ブラウザ上で利用できる クオ・カードペイ(QUOPay)は デジタル版のクオ・カードのモバイル決済サービスで、URLを読み取れば、そのまま支払いに利用できます。 つまり専用アプリをダウロードする必要がなく、ブラウザ上でも利用できるということになります。 もちろんクレジットカードや銀行口座の登録はいらないですし、メールアドレスの入力も必要ありません。 「モバイル決済サービスはが不安」と思っている方やプレゼントやお礼などで利用するにもクオ・カードペイはおすすめなのでクオ・カードペイ(QUOPay)を試してみてはいかがですか? クオ・カードペイを利用してみて、便利だなと思ったら、キャンペーンが多い他のバーコード決済を利用してみるのもいいかと思います! まとめ 2109年7月9日より東急ハンズでは新たに7ブランドのモバイル決済サービスが導入されました。 PayPay• LINE Pay• 楽天ペイ• メルペイ• d払い• ゆうちょPay• 他にも 東急ハンズではPayPayやLINE Payなど大手モバイル決済サービスも利用できるので、自分のライフスタイルに合ったものを利用しましょう。 🙂 次の記事でdカードについて詳しく解説しているので、よかったら参考にしてくださいね。 公式サイト.

次の

東急ハンズで使えるスマホ決済(PayPay等)・支払い方法まとめ【キャッシュレス】|キャッシュレスJAPAN

東急 ハンズ d 払い

セルフ可能。 銀聯は店舗によって異なる。 デビットカード 使える VISAデビット、JCBデビット 商品券・ギフトカード ハンズギフトカード、東急百貨店の商品券、東急ストアの商品券、JTBが発行するナイスショップギフトカードなど VJAギフトカードやJCBギフトカードなどクレカ系ギフトカードも利用可。 その他入っているモールによって異なる。 ポイントカード ハンズクラブポイント、dポイント 100円で1ポイント(プレミアム会員なら100円で2ポイント)貯まり、1ポイント=1円で使える。 dポイントも100円で1ポイント貯まり1ポイント=1円で使える(ららぽーと内の店舗などは対象外)。 ハンズクラブポイントとの2重取りが可能。 貯まりやすいポイント ハンズクラブポイント、dポイント 現金いらず得点 4. 2点(5点満点中) 公式HP 概要• 例えば、千葉県柏市の高島屋に入っている東急ハンズだと 楽天Edy、iD、SuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネーが使えます。 新宿のタイムズスクエアビルの東急ハンズだと、楽天Edy、iD、QUICPayの3種類に対応。 また、イオンモール内の東急ハンズならWAONが使えるところもあります。 nanacoとQUICPayが使えるところは少ないと思ったほうが良いでしょう(画像は電子マネーが使える東急ハンズの多くで電子マネー用に導入しているJT-R550CR)。 初めていくハンズでは使えないと思っていったほうが無難かもしれません。 例えば、都内だと銀座店だと電子マネーは不可です。 九州だとJQのおかげで(熊本店を除く)全店で交通系電子マネーが使える模様です。 ソフトバンクカード、au PAY プリペイドカード、LINE Payカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードは各種利用可能です。 銀聯も多くの店舗で使えます(銀聯が使えるかどうかはで確認できます)。 IC付きクレジットカードは端末に 自分で差し込んでOKボタンを押すだけ(セルフ)で、 サインレスで決済が可能になります(1万円以下)。 東急ハンズで使えるQRコード決済 東急ハンズ、ハンズ ビーでは PayPay、LINE Pay、メルペイ、楽天ペイ、d払い、ゆうちょPayなどの銀行Pay、QUOカードPay、Origami Payが導入されています。 今後順次に拡大していく模様です(東急ハンズ29店舗、ハンズビー16店舗)。 東急ハンズで使える商品券・ギフトカード 東急ハンズでは基本的にはハンズギフトカード、東急百貨店の商品券、東急ストアの商品券、JTBが発行するナイスショップギフトカードなどが使えます。 また JCB、VJA、VISA、UC、三菱UFJニコス、DC、アメックスなどの各種ギフトカードも使えます。 全国共通百貨店ギフトカードなどはごく一部の東急ハンズで使える形なので、事前に問い合わせたほうが良いでしょう。 その他、イオン内の東急ハンズではイオン商品券、イオンモールお買い物券など所定の商品券、ギフトカードが利用可能、高島屋内の東急ハンズではタカシマヤギフトカードが利用可能、と言った具合に入っているSSのギフトカードが使えるケースもあります。 東急ハンズで貯まるポイント(ハンズクラブ) 東急ハンズではハンズクラブという会員制度が設けられており、 東急ハンズ全店、ハンズ ビー全店、ハンズEXPO、ハンズカフェ、東急ハンズネットストアなどの各店でポイントが貯まる&使えます。 ハンズクラブはレジでカードを作ってWEBで登録するか、東急ハンズが提供するハンズクラブアプリから入会可能です。 ハンズクラブアプリのほうが簡単なのでおすすめです。 レジでバーコードを提示するだけです。 ポイントは100円で1ポイントが貯まります。 現金払いの際はもちろん、クレジットカード払いの際にも同様のポイントが貯まりますからポイントの2重取りが可能です。 ポイント有効期限は翌年度末の3月31日までになっています。 今年の2月に貯まったポイントも、9月に貯まったポイントも、来年の3月31日までが有効期限になっています。 会員ランク ハンズクラブには4つの会員ステージが用意されています。 毎年4月から翌年3月までの1年間の買物額に応じてステージが決定します。 会員ステージ 年間買物額 レギュラー 2万円未満 シルバー 2万円以上 ゴールド 5万円以上 プレミアム 10万円以上 シルバーやゴールドではキャンペーンの当選確率アップ。 ゴールドとプレミアムでは5,000円(税込)以上で送料無料といった特典があります。 プレミアム会員になると、ポイント還元が2倍、 100円で2ポイントが貯まるようになります。 ポイント還元率は2%です。 貯まったハンズクラブのポイントの使い方 貯まったハンズクラブのポイントは 1ポイント=1円で東急ハンズやハンズビーなどの各店で利用することが出来ます。 東急ハンズのネットショップでも利用可能です。 東急ハンズで貯まる、その他のポイント(dポイント、TOKYUポイント) 東急ハンズでは100ポイント1円で貯まるし、1ポイント=1円で使えます。 ハンズクラブポイントも同時に貯めることができます。 対象なのは以下の通り(以前は新宿店、渋谷店、池袋店、梅田店、博多店のみだったのが2019年3月6日から拡大)。 札幌店、仙台店、新宿店、渋谷店、池袋店、銀座店、北千住店、国分寺店、町田店、アトレ川崎店、川崎ダイス点、横浜店、千葉店、柏店、高崎店、長野店、金沢店、梅田店、心斎橋店、あべのキューズモール店、江坂店、三宮店、あまがさきキューズモール店、姫路店、岡山店、長崎店、熊本店、大分店、鹿児島店、那覇メインプレイス店、宜野湾コンベンションシティ店、ハンズビー、ハンズエキスポ また、TOKYUポイント(現金払いの際のポイントカード提示時)は町田店では100円につき1ポイントと金沢店だと200円につき1ポイントが貯まり、これらの店舗では1ポイント=1円で会計に利用できます。 東急ハンズのクーポン 東急ハンズではハンズクラブ会員に対して不定期に お誕生月割引クーポンやアプリ会員限定クーポンを配信しています(アプリ、もしくはメール)。 電子マネーが使えるかどうかは店舗によりますが、クレジットカードやプリペイドカードだとサインレスでスムーズな決済が可能です。 東急ハンズはハンズラボという東急ハンズのグループ会社である会社でPOSシステムを自ら作っているのでとてもスムーズな会計が可能になっています。 今後、電子マネーも全店共通で使えるようになったら嬉しい。

次の

東急ハンズでd払いは使える!2020年6月もお得に決済

東急 ハンズ d 払い

名前の通り、東急グループの企業ですが、東京以外の都市にも店舗があります。 東急ハンズでは、従来から独自のポイントプログラムとして「ハンズクラブポイント」を導入してきました。 こちらの図にもある通り、利用額100円(税抜)ごとに1ポイント付与され、1ポイント=1円で東急ハンズ各店での買い物に使えます。 出典: 一方で、dポイントの加盟店でもあるので、dポイントカードを提示すれば、利用額100円(税抜)ごとに1ポイント(dポイント)付与されます。 さらに、d払いで支払うことも可能であるため、支払い元をdカードに設定した上で使うと、2重でポイントが付くのです。 出典: まとめると、このようになり、 合計で4重にポイントが取れる計算になります。 ハンズクラブポイント 利用額100円(税抜)ごとに1ポイント dポイントカードの提示によるdポイント 利用額100円(税抜)ごとに1ポイント d払いの利用によるdポイント 利用額200円(税込)ごとに1ポイント dカードの利用によるdポイント 利用額100円(税込)ごとに1ポイント 東急ハンズでの買い物でポイントを4重取りする「お得技」に必要なクレジットカードは? 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) - ポイント還元率(下限) 1. 2日 3. 9 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 100万円 ポイント還元率(下限) 1. 5日 4. 2日 3. 9 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 300万円 ポイント還元率(下限) 1. 9日 3.

次の