子供 痩せる 方法。 子供のダイエットで1番簡単に痩せる方法は食事の改善?

中学生が1週間で7キロ痩せる方法!高校生にもオススメのダイエット

子供 痩せる 方法

『どうしても1週間で7kg痩せたい!』 『一週間でスリムになりたい!』 『来週の体重測定までに体重を落としたい!』 このような悩みを抱えている中学生・高校生の方も多いと思います。 確かに、ダイエットってなかなか続かないうえに、効果が出るまで時間がかかってしまうので、途中で挫折してしまいやすいですよね? でも、『しっかりとした正しいダイエット方法』さえ知っていれば、個人差はありますが一週間で7kg痩せることだって可能です! そこで今回は、 『中学生や高校生が一週間で7キロ痩せる方法』 を、ご紹介します! 本気で痩せたい!今度こそデブを卒業したい!と思っている人は、ぜひとも試してみてください。 中学生・高校生が1週間で7kg痩せるのは可能? 『1週間で7キロ痩せる方法』をご紹介する前に、 『そもそも1週間で7キロ痩せることは可能なのか?』 ということをご説明しておきます。 これはハッキリ行って、 『ものすごく太っている人ならば、可能です』 ということです。 たとえば、平均体重よりも20kg以上太っている人ならば、決して不可能ではありません。 これぐらい太っているひとは、ダイエットを始めた当初は1日で2キロ、ときには3キロと減ったりしますので、1週間で7kg痩せることも難しくありません。 が、現在、平均体重よりも2~5kgほどしかオーバーしていないひとは、一週間で7キログラム痩せることはまず不可能です。 できたとしても、せいぜい1~2キロぐらいでしょう。 『それじゃ意味ないじゃん!』 と思うかもしれませんが、ご安心ください。 平均体重よりも2~5キログラムしかオーバーしていない人が1キロ痩せれば、見た目はものすごく変わります。 2キロも痩せれば別人のように細くなります。 ですので、7キロしっかり痩せなくても、見た目をよくするという点では大成功だと言えます。 もちろん、今現在かなり太っているひとは3キロ、5キロ、7キロと大幅に減っていきますので、同じく見た目もガラッと変わります。 嘘のダイエットに騙されるな!! このブログでは何度も何度も説明していることですが、 『世の中のウソのダイエットに騙されないでください』 というのも、たとえばネットやテレビ、雑誌などでは、 『これを食べればラクラク痩せられる!』 『着ただけで簡単に痩せられる!』 『たったの5分のストレッチで10キログラム痩せた!』 というようなウソの商品や、でたらめなダイエット方法が次から次へと紹介されています。 現に、この『一週間で7キロ痩せる方法!』も、ちょっとネットで調べてみたら大嘘の情報が山ほど書かれていました。 『〇〇を食べるとどんどん痩せる』 『〇〇はいくら食べても太らないから、それを食べてダイエットすればラクに痩せられる』 などなど。 全部大嘘です。 そんな魔法のような食べ物があったら、とっくに世界中で有名になって、この世からデブなんていなくなっています。 まず、絶対にこのことを忘れないでください。 でないと、ダイエットを始めてもすぐに嫌になってしまい、『あの雑誌で紹介してたあの食べ物を食べれば痩せられるんじゃないか…?』と、他の方法にばかり目がいってしまって、結局痩せられずに挫折してしまいます。 『食べるだけで痩せる食べ物なんてない!』 『超ラクなダイエット方法なんて存在しない!』 このことを理解しておくだけで、ダイエットの成功率は一気に跳ね上がります。 無駄に雑誌やネットのウソ情報に騙されて、お金や時間を無駄にしないためにも、決して忘れないでください。 『〇〇を食べれば痩せる!』 なんてものはこの世にないのです。 まあ、一応『ダイエットに効果的な食べ物』というものはありますが、あくまでもそれは正しいダイエットをしているときに、効果を加速させるアイテムでしかありません。 まずはとにかく食事制限 では、どうすればもっとも効率的にダイエットすることができるのでしょうか? まず、圧倒的に効果が高いのが、 『食事制限』 です。 普段食べているものを、『太りやすい食べ物』から『太りにくい食べ物』に変えるだけで、面白いぐらいに体重が減っていきます。 ではどんな食べ物が太りやすいのかというと、まずは『砂糖が入っているもの』です。 たとえば、お菓子。 お菓子は、ダイエットしたい人は絶対に食べてはいけません。 お菓子に含まれている大量の砂糖のせいで大量にカロリーを摂取してしまいますし、砂糖を摂ると食欲が増してしまうので、普段の食事も食べ過ぎてしまいます。 それだけでなく、砂糖を食べるとメンタルが不安定になりやすくなり、イライラしたり不安になったりしやすくなります。 そうすると、その不安を紛らわせようとしてまた美味しいものを食べてしまう…という悪循環に陥ってしまいます。 お菓子だけでなく、コーラなどの清涼飲料水もかなりの砂糖が入っているので絶対に口にしないようにしましょう。 ちなみに、ノンカロリーコーラなどでも普通に太りますので、これも飲んではダメです。 こういった砂糖の入ったものを徹底的に食べないようにして、野菜や豆腐、納豆、焼き魚などの健康的な食事を『腹八分』ぐらい食べるようにすれば、太っている人ほどガンガン痩せていきます。 しかも、まったく空腹を感じることもなく痩せていきます。 そのさいにオススメなのが、『よく噛んで食べる』ということ。 これをすると、栄養の吸収率が上がるのでさらに少ない食事量でも大丈夫になります。 さらに、腹持ちが良くなってお腹も空きにくくなるので、間食してカロリーを摂り過ぎてしまうこともありません。 『太っている人ほど、ほとんど噛まずに飲み込む』 と言われていますので、本気で1週間で痩せたいならばしっかりと噛んで、食べ物が口のなかでドロドロになってから飲み込むようにしましょう。 もっとも手がかからないダイエット法だと今でも思っています。 お腹が空いたら白湯(さゆ)を飲もう! お腹が空いたら、白湯を飲むことをオススメします。 白湯というのは、ぬるま湯のことですね。 ちょっと熱めの白湯を飲むと、空腹感がおさまるのでダイエットに非常に効果的です。 ただし、ご飯をまったく食べずに白湯だけ飲んでダイエットしようとしても100パーセント失敗しますので、注意してください。 あくまでも、栄養がしっかり取れている場合にのみ、白湯が効果的なだけです。 白湯を飲んでも空腹が収まらないときは、明らかに栄養が不足していますので、おにぎり一個ぐらいは食べてしまいましょう。 その際も、ゆっくり噛んで味わいながら食べるようにしましょう。 運動もしっかり行おう! ダイエットしたければ運動は避けて通れません。 ですので、なるべく早く痩せたいほとはとにかく運動しましょう。 オススメは、ランニングや水泳、縄跳びなどの有酸素運動です。 有酸素運動をすると、脂肪が燃焼されてガンガン体が細くなっていきます。 さらに食事改善も同時に行えば、痩せない…ということは絶対にありえません。 一週間で3~7キログラム痩せたい場合は、一日に1時間以上、できれば2時間は走る必要があります。 『そんなに頑張れない! もうちょっとゆっくり痩せるダイエットでいいから無理なく痩せたい』 という場合は、週に2・3回、30分ずつ走るようにしましょう。 ちなみに、もっともダイエット効果が高い有酸素運動は『水泳』だと言われていますので、近くにスイミングスクールがあるひとは入会してみることをオススメします。 水泳はジョギングの2倍近いカロリー消費量なうえ、全身運動なのでスタイルもかなり良くなっていきます。 まさに理想のダイエット運動ですので、できるならば水泳をがんばってみましょう。 ……ただし、ひとつだけ注意点があります。 ジョギングにしろ水泳にしろ、運動したあとで食べ過ぎえしまうのは厳禁です。 『今日はこんなに運動をがんばったから、ちょっとぐらい食べ過ぎても太らないだろ!』 と思って食べ過ぎると、ほぼ確実に太ります。 (運動しても痩せられないひとの大半は、この間違いを犯してしまっています) 運動しても、油断していつもより食べ過ぎないように注意しましょう。 睡眠もダイエットに効果的 痩せるためには睡眠も大事です。 なぜなら睡眠をしっかり取らないと、脳が知らない間にストレスを受けてしまうからです。 そしてストレスを受けると、人間の体内には『コルチゾール』という悪いホルモンが分泌されます。 このコルチゾールは、別名『デブホルモン』といって、食欲が増加したり、運動する気がなくなったりなど、太りやすい行動をとりやすくさせます。 『睡眠不足になると、太りやすくなる』 と言われるのはそのためです。 そして困ったことに、現代の中学生や高校生はテレビやネット、ゲームやスマホという娯楽が溢れているせいで、夜寝るのが遅くなっていることが多いです。 そのため、常に睡眠不足で、脳が知らず知らずストレスを受けている場合が多いです。 『どうしても食欲が抑えられない…』 『痩せたいのに、どうしても運動する気が起きない…』 『つい家でダラダラしちゃう…』 というのは、実はあなたにやる気がないのではなく、睡眠不足によるストレスが原因かもしれません。 逆に、睡眠をしっかり7時間以上とるようにすると、食欲も自然と収まり、運動する気力も自然と湧いてきます。 そうすれば、ダイエットを続けることはそれほど難しくありません。 特に一週間で7キロも痩せたいと思うならば、睡眠をしっかりとって毎日キチンと体を休ませないと、運動を続けることは絶対に不可能です。

次の

中学生が1週間で7キロ痩せる方法!高校生にもオススメのダイエット

子供 痩せる 方法

【目次】• ダイエットで10kg痩せるにはどうしたら良い? ダイエットで10kg痩せる方法【1】目標をセッティングしよう 10kgのダイエットを成功させるためには、目標の設定が重要です。 例えば、 ・憧れの芸能人やモデルさんのような見た目になりたい ・水着を着てプールやビーチに行きたい ・ミニスカートを着たい ・痩せたら好きな男性に告白する ・痩せて振られた人を見返す ・服のサイズをダウンさせたい という、10kg痩せるダイエットを成功させるために、できるだけ具体的な目標をセッティングしましょう。 そして、スマホやPCの壁紙を憧れの有名人の写真にしたり、部屋の見える場所に目標や、着たい服を置くようにしましょう。 ダイエットは、途中でくじけそうになることもありますが、心が弱ってしまった時は、ダイエット成功後の自分を想像して勇気づけるようにしたいですね。 ダイエットで10kg痩せる方法【2】実現するための計画を立てる 目標が決まったら、10kgのダイエットを成功させるための計画を立てていきましょう。 05ですので、1ヶ月間で3kg以内の減量にするのがベストです。 リバウンドしにくい10kg痩せるダイエットのペースは、3ヶ月~4ヶ月が目安ですね。 ダイエットで10kg痩せる方法【3】ダイエット方法を決める 10kg痩せるダイエットの目標や計画が決まったら、ダイエットする方法をリストアップして決めていきましょう。 極端な食事制限は、確かに一時的に絶対痩せるダイエットです。 しかし、「一週間で痩せる方法」のような、食べないダイエットは、10kgという大きな減量には向きません。 忙しいオトナ女子にとっては、体に負担がかかり、仕事にも支障が出ます。 また、苦労して体重を落としても、すぐにリバウンドしてしまうダイエットです。 例えば、 ・1日のカロリーは1500kcal以内にする ・毎日腹筋、背筋、スクワットをする ・週末はジョギングをする ・毎朝駅までは歩く ・寝る前にストレッチをする など、基本的には、食事や運動、生活習慣などの毎日の生活を見直していくダイエットが有効です。 食べたものを記録に残すことで、ドカ食いを予防できます。 SNSやブログに、記録を残すと、周りの目もあるので、より抑止効果がアップします。 ダイエット仲間を作ると、励まし合いながら頑張れますね。 スマホのダイエットアプリなら、1日に摂取して良いカロリーを教えてくれたり、簡単にカロリー計算ができるものや、体重を記録してくれるものもありますので、ぜひ活用しましょう。 基本的には間食はせず、朝食と昼食は野菜やタンパク質中心のバランスの取れた食事を取りましょう。 朝ご飯や昼ご飯に食べたものは、日中のエネルギー源となりますので、時には好きな物食べてもOKというルールにするのがおすすめです。 ただし、食べた後にあまり動かず、エネルギーを溜めこんでしまう夜は、ご飯や麺、パンなどの炭水化物や、脂ものは少量にしましょう。 運動することでカロリーが消費され、見た目も引き締まります。 また、筋肉が増えることで、基礎代謝量がアップしますので、太りにくい体を作ることができます。 運動といっても、あまりハードなものを毎日するのは続きにくいので、 ・腹筋 ・背筋 ・スクワット ・テレビを観ながら踏み台昇降やエアロバイク、ランニングマシンをする ・YouTubeやダイエットアプリの動画を観ながら筋トレや有酸素運動をする ・休日は自転車で買い物に行く ・寝る前にストレッチやヨガを行う などがおすすめです。 「毎日2時間やろう」とすると、始めるのが億劫になることもありますし、トレーニングをやりすぎてケガをしたり、筋肉質になりすぎる場合もあるので、30分や1時間やると決めるのも良いですね。 また、 ・エレベーターではなく階段を使う ・仕事中や移動中は、腹筋に力を入れ、姿勢を良くするよう意識する ・大股で早足で歩くようにする など、ちょっとした意識をするだけでできる運動も、毎日の積み重ねになりますので効果的ですよ。 普段はシャワーで済ませている方も、ぜひ10分や15分でも良いので、お湯に浸かる習慣を取り入れてみましょう。 体に蓄積されている老廃物は、食事制限や運動では解消しにくいものです。 お風呂で血行やリンパの流れを促進させ、マッサージで固まっている老廃物を揉みほぐして流してあげる必要があります。 そのままにしてしまうと、どんどん蓄積されてしまいますし、ダイエットの妨げにもなりますので、ぜひお腹や脚、お尻などのマッサージも30分程度プラスしてみましょう。 便秘解消にも役立ってくれますよ。 長く睡眠を取る事で、お腹がすいて間食してしまう、なんていうことも予防できます。 また、運動が苦手な人は運動を始めること自体に抵抗がある場合もあるでしょう。 そんな人に取り入れてもらいたいのがストレッチです。 ストレッチであれば、オフィスでデスクに座ったままでも行えますし、家事の合間に行うこともできます。 運動が苦手でもできるのも大きな魅力です。 とはいえ、キツさが無いので「ストレッチで痩せるの?」と疑問に思う人もいるでしょう。 しかし、ストレッチは血行を良くして代謝を上げる効果があります。 そのため、太りにくく痩せにくい体づくりができるのです。 また、下半身のストレッチは、座ったままや立ったままだと滞りがちなリンパの流れを改善してむくみを解消してくれる効果があります。 運動が苦手な人はもちろん、運動を普段からしている人も、日常生活の中に取り入れることでよりダイエット効果を望むことができますよ。 さらに、気になるパーツを重点的に行うことで、ボディメイクの効果も。 ストレッチを行う部分の引き締めが期待できるので、単に体重が落ちるだけでなくしなやかで美しいボディラインを作ることができます。 何となくたるんでいる、というようなパーツにもハリが出るようになりますよ。 限界まで上げたら、左だけかかとをゆっくりと元に戻していきましょう。 かかとが床に付いたら、再びゆっくりと上げていきます。 これを右も同様に行いましょう。 これを10回繰り返します。 慣れてきたら、両方のかかとの上げ下げを同時に行うようにするとより効果的ですよ。 歯磨きをしたり、お風呂上りに髪をドライヤーで乾かしていたりするときにできるストレッチです。 ふくらはぎや足首といったむくみが気になるパーツに効果が期待できますよ。 そのまま数秒キープした後、両手を離して腕を緩めましょう。 肩甲骨周りには褐色脂肪細胞という脂肪を燃焼させる細胞が集まっているため、肩甲骨周辺の血行がよくなることで褐色脂肪細胞の働きを活性化することができます。 太りにくく痩せやすい体づくりができますよ。 肩や首の凝りにも効果的です。 デスクに座ったままでもできるので、気が付いたときに行うようにするとよいでしょう。 右ひじを後ろに引いて曲げながら、上半身を右にねじるようにしましょう。 同時に、右ひじを見るようにしながら首もひねります。 限界までひねったらゆっくりと元に戻し、左側も同様に行いましょう。 これを5回繰り返します。 ひじや腕が床に対して水平になるようにキープしたまま行うのがポイントです。 猫背を改善する効果も期待できますよ。 両足は床に対して90度になるように上げて、両膝は太ももに対して90度になるように曲げます。 曲げた右膝を伸ばしていきながら、右足を床に近づけていきましょう。 まっすぐ伸びたら床に付くか付かないかギリギリのところで止めます。 右膝を再び少しずつ曲げて元に戻していき、左足も同様に行いましょう。 これを10回繰り返します。 ベッドや布団に寝転んで行えるので、寝る前に行うのにぴったりのストレッチです。 慣れてきたら2セット、3セットと回数を増やすようにしましょう。 腹筋も使うのでおなかの引き締めにも効果がありますよ。 ダイエットで10kg痩せる方法【6】ダイエットを成功させるコツ 10kgのダイエットを成功させるためには、ダイエットを根気よく続けることが大切です。 そんな時は、まずはコップ1~2杯の水を飲み、30分待ちましょう。 30分後、どうしても我慢できない場合は、少しのナッツ類や、ヨーグルト、豆腐などを食べるのがおすすめです。 しかし、30分我慢した後は、意外と「食べたい」という気持ちが落ち着いている場合もあります。 「30分我慢すれば食べれる」と思うと、ストレスも溜まりにくいですし、お水でお腹も膨らみます。 水分不足は、便秘になりやすいので、注意が必要です。 女性のダイエットは、ホルモンのバランスや体調などで少し体重が戻ってしまうこともあります。 また、順調に体重が落ちている時期もありますが、頑張っても体重が減りにくい「停滞期」がある事を意識しておくようにしましょう。 反対に、体重が減ったからと安心して、「少しだけ食べちゃおう」と間食をしてしまうのも避けたいですね。 体重計に乗りすぎて、結果に一喜一憂しないように注意しましょう。 体重の値ではなく、バスタイムの後に全身を鏡でチェックして、見た目が美しくなることを意識できると良いですね。 自宅でできる!10kg痩せる筋トレ7選 自宅でできる10kg痩せるための筋トレ【1】大臀筋 お尻 の筋トレ 効率よく体重を落とすために必要になるのが、太りにくく痩せやすい体作り。 そこで重要になるのが筋肉量を増やして基礎代謝を上げるための筋トレです。 ダイエットを目的として筋トレを行う場合は、大きな筋肉を鍛えるのがポイント。 そこで、特に鍛えたい7つの筋肉のトレーニング方法をご紹介します。 自宅でできるものばかりなので、入浴前など時間を決めて日々の習慣にしましょう。 まず鍛えたいのが、大臀筋 だいでんきん というお尻の筋肉。 人間の体で最も大きな筋肉です。 ここを鍛えると痩せやすい体になるだけでなく、キュッと上がったかっこいいヒップラインになりますよ。 このとき腰が曲がらないようにし、お尻の筋肉を意識するようにしましょう。 これを10~15回繰り返すのを2セットを目安に行いましょう。 腰を上げるときには手で床を押してしまわないように注意してください。 手を胸の上に置くとバランスが保ちにくくなり、難易度を高めることができます。 自宅でできる10kg痩せるための筋トレ【2】大腿四頭筋 太もも前部 の筋トレ 太ももの前部分の筋肉4つをまとめて大腿四頭筋と呼びます。 一つの筋肉で最も大きいのは大臀筋なのに対し、いくつかまとめた筋肉として最も大きいのが大腿四頭筋です。 ここを鍛えることで、スキニーパンツや細身パンツなどの脚のラインが出るようなボトムスをきれいに履けるようになりますよ。 爪先は少し外側に向けましょう。 これを20回繰り返すのを3セット行いましょう。 スクワットは大臀筋やハムストリングも鍛えられるエクササイズですが、膝が爪先よりも前に出ると膝を痛めてしまうので、注意しましょう。 また、背中が丸まらないように背筋を伸ばすことを意識すると、効果的に行えます。 自宅でできる10kg痩せるための筋トレ【3】ハムストリング 太もも後部 の筋トレ 大腿四頭筋と同様に、下半身の中でも特に大きな筋肉がハムストリング。 普段の生活の中では鍛えにくい部位なので、鍛えれば後ろ姿も引き締まった美しいプロポーションになりますよ。 これを20回繰り返すのを3セット行います。 上半身に力が入らないように注意しましょう。 負荷が軽いエクササイズなので、物足りない場合や慣れてきた場合は、足首にチューブを結ぶとよいでしょう。 自宅でできる10kg痩せるための筋トレ【4】下腿三頭筋 ふくらはぎ の筋トレ 下腿三頭筋はふくらはぎの筋肉。 下半身太りの原因の一つとして、むくみがあります。 下半身は重力の関係でリンパの流れが滞りやすいもの。 そのリンパの流れを良くしてくれるのが、脚の筋肉です。 女性が男性よりもむくみやすいのも筋肉量が少ないためです。 ふくらはぎの筋肉を鍛えることで、むくみにくい脚になれますよ。 これを50回繰り返すのを3セット行いましょう。 ふくらはぎの筋肉が伸縮するのを意識しながら行ってくださいね。 自宅でできる10kg痩せるための筋トレ【5】三角筋 肩 の筋トレ 肩の筋肉である三角筋。 ここを鍛えることで、上半身が引き締まった印象になり、肩こりも改善されます。 これを10回繰り返すのを3セット行います。 自宅でできる10kg痩せるための筋トレ【6】上腕三頭筋 二の腕 の筋トレ たるんでいると老けて見えてしまう二の腕。 引き締めるエクササイズを行うことで、ノースリーブも躊躇することなく楽しめますよ。 足は伸ばして爪先を立てます。 これを20回繰り返すのを3セット行います。 体は上げるときも下げるときも、肩から足首までが一直線になるようにしましょう。 特に下げるときに腰が落ちやすいので注意してください。 自宅でできる10kg痩せるための筋トレ【7】大胸筋 胸 の筋トレ 上半身の中で大きな筋肉なのが大胸筋。 バストを支える筋肉でもあるので、ここを鍛えるとバストアップ効果も期待できます。 これを15回繰り返すのを3セット行います。 フォームが崩れやすいので、早く行うよりも正しいフォームをキープすることを意識するようにしましょう。 10kgダイエットにおすすめの有酸素運動9選 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【1】ウォーキング 筋トレと共に行いたいのが有酸素運動。 脂肪を燃焼する効果が高いのが有酸素運動だからです。 筋トレにより瘦せやすく太りにくい身体作りをしつつ、有酸素運動で効率的に脂肪を燃焼しましょう。 有酸素運動のうち、運動初心者でも始めやすいのがウォーキング。 高齢者でも行えるほど体への負担は少なめです。 音楽を聞きながら、景色を眺めながらなど楽しく行える工夫をすると、継続しやすいですよ。 ゆっくり歩いてしまうと脂肪燃焼効果が低くなるので、時速4kmを目安に歩きましょう。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【2】ジョギング ウォーキングで運動に慣れてきたら、ジョギングにチャレンジしてみましょう。 ウォーキングよりも体への負担はかかりますが、その分消費できるエネルギーが高く、より効果的に脂肪を燃焼できます。 早く走ったり距離を長く走ったりすることよりも、一定のスピードを維持することが大切です。 会話が続けられる程度のスピードで走るのが目安です。 ウォーキングで持久力や体力を付けてからだと運動の楽しさを実感できるようになり、継続しやすくなりますよ。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【3】スイミング ウォーキングやランニングはひざへの負担が心配、という場合におすすめなのがスイミング。 水中では浮力がかかり、体への負担無く有酸素運動ができます。 泳げない場合は、水中でウォーキングをしたり、アクアビクスをしたりするようにしましょう。 また、水圧がかかるため全身の血行がよくなるので、むくみや冷え性が気になる場合にもぴったりです。 代謝も高まり同じ時間の運動でもより効果的に脂肪を燃焼できますよ。 水中ウォーキングの場合は、1時間を目安に行いましょう。 週1しか通えない、という場合はスイミングの時間を2時間に延ばしてください。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【4】サイクリング 足腰への負担は気になるけれど、通いやすい場所にプールのあるジムが無い、という場合はサイクリングを。 風を感じながら爽快に行えるので、運動初心者でも取り組みやすく、楽しく継続できるのが特徴です。 ウォーキングやランニングは 苦手、という場合にもおすすめです。 ダイエット目的での有酸素運動としては、ペダルが軽くなるようなギアの設定にするのがポイントです。 ただし、電動自転車の場合は負荷が軽過ぎになってしまう可能性があるので注意しましょう。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【5】エア縄跳び 天気に左右されず、自宅で行える有酸素運動がエア縄跳び。 太ももやふくらはぎに特に効果があるので、下半身痩せを狙いたい場合にはぴったりです。 高く飛ぶことよりも、長い時間飛ぶのが重要です。 慣れないうちは1セットの時間は短くてもよいので、持久力が付いてきたら5分間継続するようにしましょう。 室内でできるので、テレビを見ながら行えば続けやすいですよ。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【6】踏み台昇降 エア縄跳びと同じく、室内で行えて下半身痩せに効果があるのが踏み台昇降。 マンション住いでジャンプをすると下の階へ音が響くのが気になる、という場合におすすめです。 段差が高過ぎるとひざに負担がかかってしまうので、ひざ下くらいの段差を選んでください。 単純な運動なので、音楽を聞きながら楽しく行えるように工夫すると、三日坊主になりにくいですよ。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【7】フラフープ おなかや腰周りを中心にシェイプアップしたいときにおすすめなのが、フラフープ。 子供のおもちゃでもあるので、運動嫌いの人でも楽しく取り組める有酸素運動です。 上半身は固定してできるだけ動かさないようにし、腰を中心に回すようにしましょう。 慣れてきたら回すスピードを上げるようにすると、より効果的ですよ。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【8】トランポリン 自宅で楽しく行えるエクササイズとして、トランポリンもおすすめです。 楽しく取り組めるのに、5分間ジャンプすればダイエット効果が期待できるので、忙しい人や運動初心者には最適です。 一番簡単なのは、トランポリン上でのウォーキングです。 腕を大きく振るとより効果的ですが、バランスが取りにくい場合は手すりにつかまって行ってもかまいません。 他にも色々なジャンプの仕方をすることで、気になるパーツごとのエクササイズも可能ですよ。 ダイエットで10kg痩せる有酸素運動【9】スロースクワット 大腿四頭筋 太もも前部 の筋トレとしてご紹介したスクワット。 ご紹介した方法と同じやり方・同じ回数でも、これをゆっくりと時間をかけて行うことで、有酸素運動に変えることができます。 腰を下げるときも上げるときもゆっくりと時間をかけましょう。 動作の間は呼吸は自然に保ってください。 10kgダイエット中におすすめの食事メニュー9選 10kg痩せるダイエット中におすすめの食事メニュー【1】かつおのたたきとアスパラのおかずサラダ 10kg減らすダイエットは食事制限だけでは実現はなかなか難しいものの、運動だけでも厳しいもの。 食事量を極端に減らす必要はありませんが、痩せやすく太りにくい体作りができるメニューを選ぶようにしましょう。 まず、おすすめなのがおかずサラダ。 ダイエット中に積極的に摂りたいタンパク質・ビタミン・食物繊維を一皿に盛り込むことができます。 野菜だけで作るサラダよりもボリューム感があって食べ応えがあるので、ご飯やパンなどの炭水化物を抜いても食べ足りなさを感じにくいのもポイント。 糖質制限をする場合にも最適です。 特に、かつおのたたきは他のお刺身と比べると、高タンパク低カロリー。 中でも4~6月頃に獲れる初かつおは脂が少な目でダイエットにぴったりの食材です。 市販のものを使えば作るのも簡単。 ダイエットで食事制限を行う場合に基本になりつつあるのが、糖質制限です。 これは糖質の摂取を抑えることで、体は活動のためのエネルギーを体脂肪から使うようになるためです。 糖質はご飯やパン、お菓子などの炭水化物に含まれるだけでなく、果物にも含まれています。 果物はビタミンが多く美容に良いイメージがありますが、積極的に摂るのではなく、甘いものが欲しくなったときにスイーツの代わりに食べる程度に控えましょう。 太りにくく痩せにくい体にするためには、筋肉を付けて代謝を上げることが効果的ですが、筋肉を作るにはタンパク質が必要になるからです。 タンパク質を多く含むのが、肉や魚です。 肉は太るイメージがあるかもしれませんが、牛肉や豚肉には糖質の代謝に必要なビタミンB1、脂質の代謝に必要なB2も多く含まれています。 そのため、糖質・脂質の代謝を良くすることができるのです。 ただし、脂身は避けて赤身の肉を選ぶようにしましょう。 また、卵はタンパク質が豊富なだけでなく、ビタミンC以外のビタミンがバランスよく含まれています。 美しい肌や髪を作るためにも、積極的に摂りたい食材の一つです。 食物繊維は野菜の他、きのこや海藻類にも多く含まれています。 特にきのこや海藻はいずれもカロリーがほとんど無いダイエットには最適の食品なので、スープやサラダ、マリネなどで積極的に摂りましょう。 また、食事制限をした場合に起きやすいトラブルが便秘。 これは食事の全体量が減ることにより、便の量も減ってしまうためです。 便秘を防ぐためにも食物繊維はしっかり摂るようにしてください。 これは、基礎代謝分のカロリーすら摂取できていないと、脳が飢餓状態であると認識し、脂肪を蓄積しやすい状態になってしまうためです。 また、健康にも支障を及ぼす可能性があります。 成人女性の1日の基礎代謝量は、年齢や1日の活動量にも寄りますが、約1,200kcalです。 これを下回ることのないように食事をしましょう。 そのため、糖質や脂質の代謝のためのビタミンやミネラルが不足してしまうことにもなりかねません。 また、肝臓に負担がかかることで肝臓の代謝も落ちてしまいます。 特にビールやカクテル、酎ハイ、ワインは糖質を含むため、その点でもダイエット中には控えたいところ。 さらに、アルコールには食欲を促進する効果があるため、食事中に飲むと食事量が増えてしまうことにも繋がります。 お酒は付き合いで飲む場合であっても、できるだけ量を控えるようにしましょう。 また、糖質を含まないウィスキーや焼酎、ジン、ウォッカなどを選んで飲むとよいでしょう。 例えばスイーツや揚げ物、お酒などの好物を全く我慢をしてしまうと、辛くてストレスが溜まってしまいます。 週に1度の褒美にするなど、制限し過ぎないようにしましょう。 また、カロリーを日中に消費しやすいように午前中やお昼までに食べるなど、食べる時間にも工夫をするとよいですね。 お腹周りや二の腕など気になる部位に照射するだけで、憧れの体型を手に入れることができるでしょう。 クリスティーナクリニック銀座のリポセルなら、リバウンドやダウンタイムの心配がなく、さらに痛みもほぼ無しで、気になる皮下脂肪を落とすことができますよ。 この記事を見た人限定で、痩身注射もプレゼント中! 下記のボタンから無料カウンセリング予約できるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

次の

小学生の女の子のためのダイエット方法【無理なく痩せる7つのコツ】

子供 痩せる 方法

Contents• 子供のダイエット方法は簡単なことが大切 ダイエットしよう!痩せよう!と子供に声をかけたとしても、なかなか難しいですよね。 このまま体重が増えすぎたら大変だよ! なんて言っても無駄におわってしまいますよね。 子どもは、楽しいことならわれ先にと行動を起こしますが、楽しくないことはやりたくないですよね。 とはいえ親としては子供のぽっちゃり、肥満は気になるもの。 ダイエットと特別な意識をするのではなく、普段の生活の中での行動を気をつけたり見直すだけでも、簡単に体重を落とすことができます。 子供がダイエットするためのポイントには、次のような方法がおすすめです。 食生活を見直す 子どもの肥満が気になっても、急に食生活を変えるようなダイエットをするのはやめておきましょう。 まだまだ成長途中の子どもですから、この時期にムリなダイエットをすることで発育が止まったりすることもあります。 健康的に成長をしながら、体重に気をつけられるような食生活にしていきましょう。 健康的に、というのは子供のダイエットには重要なキーワードといえますね。 まず、食べる時間を規則的にしていくことがダイエットには大切です。 朝は7時~8時。 昼は12時~13時。 夜は18時~19時。 が標準とされています。 食事の時間が大幅にずれてしまうと、晩御飯の時間がずれてきて夜22時以降だったり、寝る前に食べるなど一番太りやすい時間帯になってしいまいます。 食事の時間が規則的になるようにするようにしましょう。 今まで「お腹が空いた!」とグズられてつい食べ物、お菓子をあげてしまっていた場合、出来るだけ低カロリーなものに切り替えていくようにすると良いと思います。 スナック菓子、上手くお水やお茶なども飲むようにできると、さらに良いですね。 子供が肥満になる原因、主に食生活 肥満の多くは 食事のバランスが崩れていることが大きな原因とされています。 ジャンクフードや外食などは避け、できるだけ手作りのものを食べるようにしたいですね。 主食・副菜・主菜・などをバランスよく食べるようにしましょう。 食べる順番に気をつけるのも大切です。 できるだけこの順番で食べることで、体への吸収率を抑えることができるそうです。 一口に対して噛む回数を30回という習慣をつけることで、食べ過ぎを抑えることができます。 噛むことで、消化が良くなり、便秘になることもなくなるでしょう。 とはいえ、親が外食が好き、ハンバーガーが大好きで週に2,3回など食べに行ってしまう・・・といった場合もあると思います。 その時は、やはり親も一緒になって食生活を改善する必要があります。 親だけ好きな物を食べて・・・ではやはり子供のダイエットは難しいです。 おやつを低カロリーに置き換える お昼を食べてから晩御飯までの間、どうしてもお腹が空いてきてしまうんですよね。 我慢することは、ストレスが溜まってしまったり、心の成長のためによくありません。 おやつは食べてもOKなのですが、スナック菓子やチョコレート、ジャンクフードなどは食べないようにしておきましょう。 くだもの・乳製品・干しいもなどカロリーが少なく、腹持ちが良いものを選び1日200calくらいを目安にするのが理想です。 おやつの時間も大切です。 午後3時頃は間食には良い時間、と言われています。 午後4時、午後5時など時間がずれないように気をつけてあげたいですね。 外遊びを一緒にする テレビゲームが普及されている現代の子供達は、外で遊ぶことが少なくなってきています。 外で運動する子供の割合が多い地域は、肥満の子が少ないようです。 逆に北国で冬期間が長いと雪、天候のために外で遊べる日数が減りますから、肥満の子が増える傾向はあります。 うちの子も、冬は吹雪いたらやはり外にはいかず、家の中でゴロゴロ。 家の中で遊ぶ、といっても限界があります。 やはり運動不足になります。 運動をしないと、運動不足になってしまうのは当然ですよね。 なるべく運動をするようにしてあげましょう。 暖かくお天気が良い休みの日には、家族でお弁当を持って公園に行くのも良いでしょう。 公園に行くことで必然的に「歩く」ので、普段より運動量が増えます。 公園には遊具だけではなく、芝生や土のグランドなどがあります。 広場を使って、たくさんの運動をすることができます。 ボール遊びは小さなお子さんでも楽しめるものが多いのでオススメです。 サッカー・野球・バレーボール・テニスなど、ボールを使った遊びはたくさんあるので、楽しむことができます。 小さな子供でも、ボールをコロコロ、キックしたりで意外と遊べますよ。 兄弟、姉妹がいればボールを取り合ったり、追いかけたりするだけでも楽しく走り回ることができます。 パパも一緒にやろう!と言われると、結構親が疲れ切ってしまいますね。 (筋肉痛には気をつけましょう) ボールがなければ、追いかけっこをしたり鬼ごっこをすると、走りまわることができるので、運動になりますよ。 意外と楽しめるのが、縄跳びです。 子どもとママでどちらが多く跳ぶことができるか回数を競っても良いですね。 ただ跳ぶだけではなく、いろいろな跳び方にチャレンジするのもおススメです。 運動が苦手な子供には、公園だけではなくスポーツを楽しめることができる施設に行くのも良いですよ。 天気が悪かったり、疲れていたりすると外出をするのが億劫になることもありますよね。 そのような時には、パパとママと子供の家族みんなでストレッチやトレーニングなど、家の中でできることをするのも良いです。 早寝早起き、睡眠をしっかり取る ダイエットをするのなら、生活リズムを規則正しくすることがポイントです。 食事や睡眠などの時間は、毎日だいたい決まった時間に行うことが良いでしょう。 食事や睡眠を決まった時間に行うことで、自律神経が整い、自然と健康的にダイエットをしやすい身体になるそうです。 早寝早起きをして、夜にしっかりと睡眠時間をキープすることで、脳が昼間しかkりと覚醒して活動することができるようになります。 体の成長に必要なホルモンは寝ている間に分泌されるので、ママとパパで「夜しっかりと寝る」という環境を作ってあげましょう。 年齢にあった運動系の習い事 子どもの習い事で人気があるのが、水泳と体操になります。 水泳は習い事の鉄板!とも言えますよね。 水泳は身体全体を使うことができるので、消費カロリーが高いです。 なので、ダイエット向きの運動になります。 また、体操やダンスなども人気が高い習い事になっています。 親子で一緒にできるリトミックや親子体操など、小さい子も楽しく習うことができるようなメニューがあります。 柔軟性・バランス・体力などを養うことができます。 子供のダイエット、激しい運動は必要ありません ダイエットと聞くと、ランニングをしたり腹筋やスクワットなどの無酸素運動をしたり・・・という特別な運動をしなくてはいけないというイメージがあるかもしれません。 実をいうと、体脂肪を減らすには激しい運動をする必要はありません。 人間の体は、運動をする時に使っているのは食事などで摂る糖をエネルギーとして多く使っているそうです。 体がエネルギーとして使いやすいのが糖になるので、激しい運動をしてエネルギーが必要とされる場合には、糖が使われることが多いです。 体に溜まっている脂肪は、安静にしているときや眠っているときに利用されているそうです。 このときには、1対2の割合で糖と脂肪がエネルギーとして使われています。 体に溜まっている脂肪をエネルギーとして燃焼するのなら、激しい運動が最適とは言えません。 子供向けダイエット 簡単、続くことが重要! 子どもの肥満には、病期や成長などに影響があるだけではなく、友達からからかわれたり、傷つくことを言われたりすることもあるかもしれません。 少しでも心配なことがあるなら、早めに対策をしたりケアをしていきたいですね。 子どもがダイエットをするには、楽しく続けられることが大切です。 気合を入れてダイエットをしても、途中で挫折しては意味がありません。 平均体重まで無理に落とす必要も無いでしょう。 パパとママと子ども家族みんなで、楽しみながらダイエットに取り組むことが大切ですね。 子どものダイエットには、親のサポートが必ず必要です。 生活習慣を見直したり、外遊びをちょっとだけ増やすだけでも、変化がみられるでしょう。

次の