温野菜 サブスク。 レンチンでOK! 温野菜サラダの簡単アレンジレシピ4選|「マイナビウーマン」

VegeTable Rian: 牛角、温野菜がサブスクを本格導入へ 月額制食べ放題など販売

温野菜 サブスク

提供 さまざまなサブスクを活用すれば、お得に生活できる可能性も サブスクリプションサービス、通称「サブスク」。 定額料金を支払うことで、一定期間お得なサービスが受けられるというもの。 徐々に世間で定着しつつあるが、特に話題となるのは飲食店のサブスク。 「牛角」をはじめ、なかには人気すぎて販売終了したものも……。 社会人にとって日々の飲食代はバカにならないものだが、サブスクをうまく活用すれば、ライフスタイルそのものを変えてしまうほどの魅力を秘めている。 今回はサブスクを駆使する人たちに話を聞いた。 反響が大きすぎたのか、今年3月で終了となる。 「私も使ってみたかった!」という呟きがSNSには溢れていた。 では、実際に「しゃぶしゃぶ温野菜」のサブスクがどんなものだったのか。 体験者に聞いてみた。 「私は連続で6日間、合計およそ20日通いました」 こう話すのは20代女性会社員のとまロマさん( gyutanchang)。 平日の仕事帰りを中心に、土日は家から温野菜に通ったという。 「普段買わない野菜も少量ずつ食べられるところが気に入っています。 私は一人暮らしなので、少量ずつ買うと高くて。 なのに、野菜を残してとっておいてもうまく使えずに腐らせてしまうんですよね」 温野菜のサブスクでは、肉、野菜、おつまみなど合わせて60種類以上の食材が選べるうえ、豆乳だしや火鍋など、普段家庭では食べないようなだしの味を選ぶことができる。 具材とだしの組み合わせ次第では、食べ方は何通りにもなり、自分の好きな食べ方を見つけるのも楽しそうだ。 とまロマさんの場合、まず最初に注文するのは洒落ネギ、人参、大根。 その日の気分次第で、舞茸、玉子、トマト、チーズなどを追加するそうだ。 「サッとしゃぶしゃぶした洒落ねぎを豚カルビで巻いて食べたり、甘い人参をすきしゃぶだしに入れて、卵にからめて食べたりするのが好きです。 豆乳だしにはごまだれか塩コショウが合うなと思いました。 締めには卵雑炊ご飯半分を和牛だしか極みだしで食べるのが最高ですね」 想像するだけでよだれが出てしまいそうだ。 とはいえ、20日間も通って飽きないのか? 「思ったほどは飽きなかったです。 でも、本当は1日空けて、週に2、3度くらいが理想なのかも」 週に数回であれば、野菜を美味しく食べられて健康的な気もする。 反響が大きいのにも納得はするが、あとは、お得かどうかが知りたい。 「お得です。 というか、お得すぎたのでなくなっちゃったんだと思います(笑)」 3月で終了していなければ続けていたかも、と語るとまロマさん。 復活することを切に願っている。 現在は「ラーメンパスポート」とクラフトビール飲み放題の「CLUB BTG」というサブスクを二刀流で利用しているのだとか。 「会社帰りにまずビールを一杯。 ビールは色々な種類があるので毎回違うビールを頼むことが多いです。 ビールは色々種類があるが、どれも美味しい」 「CLUB BTG」は銀座にある「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY」にて、月額2496円(税込)で平日限定1日1杯、好きなクラフトビールを選べるサブスク。 店内はおしゃれな雰囲気で、ゆっくり座ってスマホをいじりながら、仕事の疲れを癒せるんだとか。 きつねこさんの職場から近いので、仕事が終わってすぐに美味しいクラフトビールが飲めることが最大のポイントだと話す。 ゆっくりと1杯飲み終わり、ほろ酔いになった頃、腹の虫を納めに秋葉原のラーメン屋「ばんから」へ。 「ラーメンパスポート」では、月額6800円(税込)でばんからラーメンやつけ麺などの3種類が食べ放題に。 「ラーメンはひと通り試して、今は好みに合ったつけ麺を食べている。 ラーメンはトッピングパス(300円)併用でネギを追加していますね」 トッピングパスとは、味玉やメンマ、角煮などのトッピングが選べるもの。 お手頃価格で、毎回好きなトッピングを足すことができる。 きつねこさんは、ばんから自体は以前から知っていたそうだが、食事をしたことはなかったという。 サブスクをきっかけに利用するようになったそうだ。 「太麺がモチモチのつけ麺がいちばん好きですね。 毎日同じものを食べても平気」と話すきつねこさんだが、その一方でこんな指摘も。 「ラーメンは毎日行けばなかなかお得だが、難易度が高いと思う」 選べるラーメンは3種類と、やや選択肢が狭い気もする。 だが、トッピングパスを駆使すればその点はクリアできるかもしれない。 きつねこさん曰く、「ラーメンパスポート」と「BEER TO GO」、共に混雑で入店できなかったことはなかったそうだ。 どちらのサブスクも気に入っているようだが、ラーメンを食べる頻度が増えたため、「炭水化物ばかりで栄養が偏るのはやや心配」とのこと。 休日などは、どうしたら体をリセットできるのか、いつも思案しているという。 とはいえ、ラーメンとビールのサブスク二刀流は、サラリーマンにとって魅力的かもしれない。 「ビール+ラーメンで月額1万円くらいなので、高すぎずちょうどよい」とのこと。 飲食店のサブスクが話題になることも多いが、2020年はどんなサブスクサービスが出てくるのか。 もしかしたら、昼も夜も、食事はすべてサブスクで賄うのが主流になる日が来るのかもしれない。 <取材・文/星谷なな> 【星谷なな】 5歳の頃からサスペンスドラマを嗜むフリーライター。 餃子大好き26歳。 たまに写真も撮ります。 Twitter: nanancypears.

次の

サブスクの波はカフェから牛角まで拡大!元は取れる?お得度は?

温野菜 サブスク

提供 さまざまなサブスクを活用すれば、お得に生活できる可能性も サブスクリプションサービス、通称「サブスク」。 定額料金を支払うことで、一定期間お得なサービスが受けられるというもの。 徐々に世間で定着しつつあるが、特に話題となるのは飲食店のサブスク。 「牛角」をはじめ、なかには人気すぎて販売終了したものも……。 社会人にとって日々の飲食代はバカにならないものだが、サブスクをうまく活用すれば、ライフスタイルそのものを変えてしまうほどの魅力を秘めている。 今回はサブスクを駆使する人たちに話を聞いた。 反響が大きすぎたのか、今年3月で終了となる。 「私も使ってみたかった!」という呟きがSNSには溢れていた。 では、実際に「しゃぶしゃぶ温野菜」のサブスクがどんなものだったのか。 体験者に聞いてみた。 「私は連続で6日間、合計およそ20日通いました」 こう話すのは20代女性会社員のとまロマさん( gyutanchang)。 平日の仕事帰りを中心に、土日は家から温野菜に通ったという。 「普段買わない野菜も少量ずつ食べられるところが気に入っています。 私は一人暮らしなので、少量ずつ買うと高くて。 なのに、野菜を残してとっておいてもうまく使えずに腐らせてしまうんですよね」 温野菜のサブスクでは、肉、野菜、おつまみなど合わせて60種類以上の食材が選べるうえ、豆乳だしや火鍋など、普段家庭では食べないようなだしの味を選ぶことができる。 具材とだしの組み合わせ次第では、食べ方は何通りにもなり、自分の好きな食べ方を見つけるのも楽しそうだ。 とまロマさんの場合、まず最初に注文するのは洒落ネギ、人参、大根。 その日の気分次第で、舞茸、玉子、トマト、チーズなどを追加するそうだ。 「サッとしゃぶしゃぶした洒落ねぎを豚カルビで巻いて食べたり、甘い人参をすきしゃぶだしに入れて、卵にからめて食べたりするのが好きです。 豆乳だしにはごまだれか塩コショウが合うなと思いました。 締めには卵雑炊ご飯半分を和牛だしか極みだしで食べるのが最高ですね」 想像するだけでよだれが出てしまいそうだ。 とはいえ、20日間も通って飽きないのか? 「思ったほどは飽きなかったです。 でも、本当は1日空けて、週に2、3度くらいが理想なのかも」 週に数回であれば、野菜を美味しく食べられて健康的な気もする。 反響が大きいのにも納得はするが、あとは、お得かどうかが知りたい。 「お得です。 というか、お得すぎたのでなくなっちゃったんだと思います(笑)」 3月で終了していなければ続けていたかも、と語るとまロマさん。 復活することを切に願っている。 現在は「ラーメンパスポート」とクラフトビール飲み放題の「CLUB BTG」というサブスクを二刀流で利用しているのだとか。 「会社帰りにまずビールを一杯。 ビールは色々な種類があるので毎回違うビールを頼むことが多いです。 ビールは色々種類があるが、どれも美味しい」 「CLUB BTG」は銀座にある「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY」にて、月額2496円(税込)で平日限定1日1杯、好きなクラフトビールを選べるサブスク。 店内はおしゃれな雰囲気で、ゆっくり座ってスマホをいじりながら、仕事の疲れを癒せるんだとか。 きつねこさんの職場から近いので、仕事が終わってすぐに美味しいクラフトビールが飲めることが最大のポイントだと話す。 ゆっくりと1杯飲み終わり、ほろ酔いになった頃、腹の虫を納めに秋葉原のラーメン屋「ばんから」へ。 「ラーメンパスポート」では、月額6800円(税込)でばんからラーメンやつけ麺などの3種類が食べ放題に。 「ラーメンはひと通り試して、今は好みに合ったつけ麺を食べている。 ラーメンはトッピングパス(300円)併用でネギを追加していますね」 トッピングパスとは、味玉やメンマ、角煮などのトッピングが選べるもの。 お手頃価格で、毎回好きなトッピングを足すことができる。 きつねこさんは、ばんから自体は以前から知っていたそうだが、食事をしたことはなかったという。 サブスクをきっかけに利用するようになったそうだ。 「太麺がモチモチのつけ麺がいちばん好きですね。 毎日同じものを食べても平気」と話すきつねこさんだが、その一方でこんな指摘も。 「ラーメンは毎日行けばなかなかお得だが、難易度が高いと思う」 選べるラーメンは3種類と、やや選択肢が狭い気もする。 だが、トッピングパスを駆使すればその点はクリアできるかもしれない。 きつねこさん曰く、「ラーメンパスポート」と「BEER TO GO」、共に混雑で入店できなかったことはなかったそうだ。 どちらのサブスクも気に入っているようだが、ラーメンを食べる頻度が増えたため、「炭水化物ばかりで栄養が偏るのはやや心配」とのこと。 休日などは、どうしたら体をリセットできるのか、いつも思案しているという。 とはいえ、ラーメンとビールのサブスク二刀流は、サラリーマンにとって魅力的かもしれない。 「ビール+ラーメンで月額1万円くらいなので、高すぎずちょうどよい」とのこと。 飲食店のサブスクが話題になることも多いが、2020年はどんなサブスクサービスが出てくるのか。 もしかしたら、昼も夜も、食事はすべてサブスクで賄うのが主流になる日が来るのかもしれない。 <取材・文/星谷なな> 【星谷なな】 5歳の頃からサスペンスドラマを嗜むフリーライター。 餃子大好き26歳。 たまに写真も撮ります。 Twitter: nanancypears.

次の

VegeTable Rian: 牛角、温野菜がサブスクを本格導入へ 月額制食べ放題など販売

温野菜 サブスク

サブスクの例• Netflix ネットフリックス 、Hulu フールー などの定額制動画サービス。 Apple Music、LINE Musicなどの音楽サービス。 楽天マガジンなどの雑誌サービス。 電車の定期券などの輸送サービス。 ギガホ、かけ放題などの通信サービス。 他多数 このようにサブスクはどんどん広がっていってます。 お得なサブスクを見ていきましょう モンスターパス 最初に紹介したようにかなりお得です。 アプリ登録してパスを購入すると定額サービスが受けられます。 しゃぶしゃぶ温野菜 まだ馬込店、田町三田口店、阿佐ヶ谷店の3店舗しかありませんが 厳選高原牛とアンデス高原豚の食べ放題が月額11000円。 霜降り黒毛和牛くらしたの食べ放題が月額22000円。 単品の黒毛和牛が月4回まで110円があります。 厳選高原牛とアンデス高原豚の食べ放題は通常2980円でやっているので毎日通ったら31日で92380円。 月に4回行くと11920円なので4回行くだけで元が取れてしまいます。 霜降り黒毛和牛くらしたの食べ放題は5880円なので月31日で182280円。 月に4回行くと23520円。 こっちも4回で元が取れてしまいます。 1日に1回なので3食行くことは出来ません。 現在11000円のコースは販売を終了しています。 金の蔵 フランチャイズ店以外の全国のお店で使えます。 月4000円で120分の飲み放題が付いてきます。 通常1980円なので毎日31日通えば61380円てす。 月に3回行けば元が取れます。 あまり飲まないからもったいないという人は、 月額290円でファーストドリンク1杯無料になるパスもあります。 毎日1杯とつまみだけの人は相当お得です。 他にもあるのでチェックしてみて下さい。 すき家 200円で牛丼、カレー、豚しょうが焼丼、牛すき商品が70円引きになるパスです。 3個買えば元が取れるのでお得ですね。 現在発売中のパスは12月1日から12月31日までのもので、買った日から1ヵ月じゃないので注意してください。 always LUNCH 東京渋谷区、大阪、京都、福岡の4都市で数十店舗の中から好きな店でランチが食べられます。 月額6578円で1日1回食べられます。 毎日ランチが外食だと1万円以上は軽くいってしまいます。 それを考えると安いです。 外食する時間が無い人でもお弁当の店もあるので便利だと思います。 とりあえず食べられる店舗を見て考えても良いと思います。 現在キャンペーン中で1日1回だけなのが無制限になっています。 遅めの朝食、早めの夕食にすれば2回も食べられてしまいます。 大食いの人は30分空けば利用できるので複数店舗行けるかも。 現在はコロナウィルス感染症の為にサービスを休止しています。 登録時に10000ポイント貰えるので実質40日間無料でバッグが使えます。 手順はまずアプリ登録して好きなバッグを選びます。 次にバッグが届いたら確認してポイントで支払いをする。 そして飽きたら交換という流れです。 人気のバッグは誰かが使用中なので順番待ちも出来ます。 無料期間中の退会も出来るのでお試しでやっても良いかと思います。 同窓会や結婚式などて見栄を張りたい場面もあると思います。 数十万円のバッグをレンタルで借りたと思えば安いのかもしれません。 逆に使っていない人気のバッグをラクサスに貸し出して大金を稼いだ人もいるそうです。 最後に どんどん広がっているサブスク。 とりあえず思いついたのだけ書いてみました。 月額定額で利用できるのはお得な反面、家計を圧迫することにもなりかねません。 自分にあったサービスを選んで利用しましょう。

次の