ありがたい言葉 類語。 「身に余るお言葉」の例文・使い方・類語|メール/ビジネス

「ありがたい」を上司に使う場合の敬語表現【ビジネスマナー】

ありがたい言葉 類語

20代のビジネスマンとして、しっかりしたビジネス敬語を身につけておくのは、実はとっても大切な武器になります。 ワールドワイドな企業では英語力が高い評価をされていますが、高い英語力をあげるためにはベースとなる日本語がしっかり話せるからこそだと思います。 まずは綺麗なビジネス敬語を丁寧に話すことができる人こそ、多くの業界や企業で重宝されるビジネスパーソンになります。 ビジネス敬語は社会人マナーとして必須 言葉を軽く発することができるインスタントな時代だからこそ、「ビジネス敬語を大切にすること」が求められています。 「ありがたい」などの敬語を適切に用いることができることも、実はビジネスマンにとって大切な要素のひとつ。 ありがたい気持ちを根底において、円滑なビジネス敬語を身につけていきましょう。 「ありがたい」は気軽なビジネスのお願いシーンで使える敬語 それではこれから、気軽なビジネスシーンで使える「ありがたい」の敬語の使い方を紹介します。 ビジネスでは自分と相手とで、コミュニケーションをしっかり取ることが大切です。 このコミュニケーションを取るための会話で、あまりにもガチガチの敬語で話してしまうと、相手と距離を生んでしまいます。 場合によっては気軽に話せる敬語を使う方が相手との距離も縮めることができます。 「頂けますか」をプラスして敬語に丁寧さを追加する クライアントとの打ち合わせなど、こちらの願望をより丁寧に伝えたい場合は「~して頂けるとありがたいのですが」というフレーズを加えると、より丁寧さが伝わり、上から目線が和らぐセンテンスになります。 あまり過剰に丁寧な敬語を用いると、かえって失礼にあたりますので、「ありがたい」などシーンに合わせて使うことをおさえておきましょう。 相手の空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けよう ビジネスのスキルアップさせるためには「ありがたい」や「頂く」などのフレーズの玉手箱をいくつか揃えておくと、多彩な言葉のキャッチボールが楽しめるようになります。 失礼にあたらない言葉をおさせておくことで、できる人材としての印象を相手に与えることも出来ます。 相手が何を求めているのかきちんと把握をして、受け答えをすることが大切です。 「ありがたい」の後に「感謝しています」という表現を付け加える ビジネスシーンにおいて、自分が担当した仕事や企画が誰かの目に留まり、上司や先輩からとても良い評価をもらえる機会があります。 そんな時に温かい言葉をかけてくれた人に伝える感謝の気持ちを「ありがたい」で表しましょう。 ただ「ありがたいです」だけではなく、「感謝しています」も付け加えて「ありがたいです、感謝しています」と言うと気持ちがより伝わります。 ありがたい」を「お心遣い」で言い換える 例えばビジネスシーンにおいて、上司や目上の目上の人から出張のお土産をもらったとします。 そのときに「ありがたいです」という感謝の伝え方は敬語としては不十分です。 そんなときには、「ありがたい」を「お心遣い」に言い換えて、「福岡のお土産なんですね!お心遣い本当にありがとうございます」などというようにしましょう。 空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けビジネスを円滑にすすめよう インスタントな日本語が増えている現代のビジネス敬語は、「ありがたい」などの敬語を適切に用いることは、ビジネススキルを高める重要なトピックスです。 ミーティングスキルを高めるポイントは「その場の空気を読むこと」「相手の要望を的確にとらえること」「ありがたいなどの敬語をつかい、丁重な態度で臨むこと」がキーポイントになります。

次の

「ありがたい」の意味と類語20

ありがたい言葉 類語

「身に余るお言葉」というフレーズを聞いたことがある方は多いでしょう。 この「身に余るお言葉」とは、「身分につりあわない、過分な言葉」という意味で、相手の発言に対して感謝しているという意味をもちます。 では、「身に余るお言葉」を使った例文とはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは「身に余るお言葉」の例文をみていきます。 身に余るお言葉をいただき 「身に余るお言葉」を使った例文で、「身に余るお言葉をいただき」という言い方があります。 「身に余るお言葉をいただき」という表現は何か自分に対して言われたことに対し、感謝するとともに相手への尊敬の念を入れる言葉です。 例えば、以下のようになります。 身に余るお言葉をいただきの例文 「身に余るお言葉をいただき」はよく使われるフレーズです。 以下が例文です。 (例文) 「身に余るお言葉をいただき、恐縮至極に存じます。 」 「身に余るお言葉をいただき、もったいない気持ちです。 」 「身に余るお言葉をいただき、感激しております。 」 「身に余るお言葉をいただき、重ねて御礼申し上げます。 」 「身に余るお言葉をいただき、身の引き締まるおもいです。 」 身に余るお言葉恐縮 「身に余るお言葉」とは、「みにあまるおことば」と読みます。 意味は、前述のとおりですが、「喜びより恐れ多いきもちが大きい」という点に特徴があります。 また、「自分の能力に比して重い言葉」ともとれます。 「余る」という言葉を使った言葉には、ほかに「手に余る」とか「目に余る」というものがありますが、どちらも意味が異なります。 「手に余る」とは、「手に負えない、自分の能力を超えている」という意味ですし、「目に余る」とは「程度がひどく放置できないほどである、黙ってみてられないほど」という意味です。 「身に余るお言葉」の使い方 「身に余るお言葉」という言葉の意味と例文をみてきましたが、この「身に余るお言葉」はビジネスシーンやメールでも使える言葉です。 ここでは、シーン別の「身に余るお言葉」の使い方についてみていきます。 メール ビジネスシーンにおいても、「身に余るお言葉」というフレーズは使われます。 メールのような文章で使うのはもちろんのこと、実際に口語として使うことも多い言葉です。 例えば、「君、最近頑張っているらしいじゃないか。 役員のみんなが褒めていたよ。 今後の活躍を期待しているよ。 」と上司から声を掛けられたとします。 その場合に、「身に余るお言葉をいただき、身の引き締まるおもいです。 今後とも精進いたしますのでよろしくお願いします。 」と答えるということです。 「身に余るお言葉」という表現が、自分にはもったいないような言葉という意味ですので、相手から自分にはもったいないような言葉をかけてもらった場合に使います。 間違っても、非難されたり叱られているような場面で使わないようにしましょう。 敬語 「身に余るお言葉」というフレーズは、これ自体で丁寧な表現ですので、目上の人に使用しても良いでしょう。 もし、敬語表現にしたいのであれば、「身に余るお言葉」の後に続く表現で敬語表現にしましょう。 例えば、「身に余るお言葉をいただき、大変恐縮しております。 」となれば、「いただき」と「もらう」という意味の謙譲語ですので敬語表現になります。 または、「頂戴し」という言葉を使っても相手への敬語表現になります。 「身に余るお言葉」の類語としては、以下のような言葉があります。 ・「身に余る光栄なお言葉」 ・「わたしなどにはもったいないお言葉」 ・「ありがたいお言葉」 ・「過分なお褒めをいただきまして」 ・「身に余る光栄に存じます」 どの言葉も相手から過分な褒めてくれる言葉をもらったというシチュエーションにおいて使われます。 これらの言葉は、相手への感謝の気持ちであるとか自分にはもったいないという謙遜の気持ちを表します。 「身に余る」の由来 「身に余るお言葉」の「身に余る」とはどういったことが由来でできた表現なのでしょうか。 「身に余る」という言葉の正式な語源はありません。 そして、「身に余る」の「身」とは、「身体」「人の社会生活上に占める地位、立場」という意味があり、「身に余る」の「身」とは、後者の「社会生活上の地位、立場」を意味します。 そして、「余る」とは「使いきれずに残る」という意味です。 よって、「身に余る」とは、「自分の社会生活に占める地位や立場に対して過分(余る)なほどの」という意味になります。 「身に余る」を英語で表現 「身に余るお言葉」という表現のうち、「身に余る」を英語で言うとどのようになるのでしょうか。 以下に「身に余る」の英語表現をご紹介します。 「身に余るお言葉」の意味と使い方を覚えましょう いかがでしたか。 「身に余るお言葉」という表現は、目上の人から誉めてくれるような言葉をかけられた場合に、相手への感謝の気持ちや自分にはもったいない恐れ多いという気持ちを込めて言う言葉です。 シチュエーションとしては、メールや手紙、直接会っている場面などで使われます。 「身に余るお言葉」という表現は、ビジネスシーンにおいて使われることが多い言葉ですので、意味や使い方をしっかりと覚えておきましょう。 また、「身に余るお言葉」のあとには、「頂戴し」とか「いただきまして」というようにいろいろな表現がありますので、使い方についても上記例文をもとにしっかりと覚えましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

有り難いお言葉の意味と使い方|言い換え表現/返し方/例

ありがたい言葉 類語

「有り難い言葉」という表現は、通常、「有り難いお言葉」と使用される場合が多く、「自分に関して称賛してくれる相手の言葉に対して謙遜した表現」ということができます。 相手が自分のことをほめてくれていると感じたときに、「恐れ多い」、「とんでもない」、「もったいない」と思った時に相手に返す言葉として使われます。 例を挙げてみましょう。 Aを褒める側、Bを褒められる側と想定します。 <例文1> A:「この絵はこれまでの作品で最も素晴らしい出来栄えですね」。 B:「恐れ入ります。 有り難いお言葉ありがとうございます」。 <例文2> A:「先日はお疲れさまでした。 今後もプロジェクトの中心的役割を果たしてください」。 B:「こちらこそありがとうございました。 有り難いお言葉に感謝いたします」。 有り難いです! この「有り難いです」という表現も日常よく使う言葉です。 通常は、この言葉の前に相手の言動があって、それに対して「有り難いです」という言葉を返すという使い方をします。 したがってこの場合は、「~していただいて感謝します」、「~していただいて幸せに思います」などの意味を持ちます。 例を挙げましょう。 <例文1> A:「今夜飲みに行きませんか」。 B:「お誘いは有り難いですが、先約がありどうしても行くことができません」。 <例文2> A:「必要だと思われる資料を集めておきました」。 B:「時間がなくて困っていました。 有り難いです。 ありがとうございます」。 ただ、「有り難いです」という言葉だけではカジュアルすぎ、目上の人に違和感を感じさせる危険性があります。 そのため、目上の人には「有り難いです」という表現は避け、「とても有り難く感謝しています」などの表現をするのが無難でしょう。 有り難い限り! 次に「有り難い限り」という言葉について見ていきましょう。 この言葉も相手に対する感謝の気持ちを表現したものですが、「限り」という言葉が付いています。 「限り」には「それだけ」、「それしかない」という意味があるので、「感謝の気持ちしかない」という意味になります。 例文を挙げましょう。 <例文1> A:「明日のランチ、お店に予約を入れてました」。 B:「人気店なので簡単に予約が取れないのです。 有り難い限りです」。 <例文2> A:「あなたの案を優先的に推薦します」。 B:「チーム全体で仕上げたものです。 有り難い限りです」。 有り難いの意味のおさらい! いかがでしょうか。 「有り難い」は、「人の行為に対する感謝の気持ち」、「物事が都合よく進み、嬉しく思う気持ち」、「もったいないという謙遜の気持ち」を表す言葉であるということが分かりました。 そのため、ビジネスの場面で使用しても不適切な言葉ではありません。 しかしながら、目上の人や使う場面においては、注意して使わなければならない言葉でもあります。 「有り難い」の敬語は? 次に、「有り難い」の類語や言い換えの表現について見ていきましょう。 「有り難い」の類語は? まず。 「有り難い」の類語にはどんな言葉があるのでしょうか。 「有り難い」は、「人の行為に対する感謝の気持ち」、「物事が都合よく進み、嬉しく思う気持ち」、「もったいないという謙遜の気持ち」を表す言葉であることは先に見ました。 そこで、「感謝」、「嬉しい」、「尊い」の意味ごとに分類して類語を整理しましょう。 1.感謝 「感謝したい」、「恩に着る」、「好意的な」、「好ましい」、「助けになる」 2.嬉しい 「幸いな」、「思いがけない」、「好都合な」、「願ってもない」、「喜ばしい」 3.尊い 「恐れ多い」、「身に余る」、「もったいない」、「頭が下がる」、「神聖な」 また、古い言葉としては「かたじけない」がありますし、文章でよく使用する表現として「幸甚」という言葉もあります。 TPOに応じて使い分けましょう。 「有り難い」を言い換えて表現すると? さて、お示しした類語を下に、「有り難い」という言葉を別の言葉に置き換えて表現してみましょう。 ・恐れ多いお言葉、誠にありがとうございます。 ・恐れ多いご厚意に恐縮しております。 ・身に余るお言葉に恐縮いたしております。 「有り難い」のメールでの使い方は? 「有り難い」という言葉は主に口語で使用します。 「有り難い」は、感謝の気持ちや嬉しい気持ちを表しますが、少しカジュアルでフランクな感は否めません。 したがって、メールや文書では言い換えた表現がふさわしい場合があります。 ・有り難いご厚意、感謝申し上げます。 ・恐れ多いご厚意に感謝しております。 ・身に余るご厚意をいただき光栄に存じます。 「有り難い」の語源は? 仏教の中に? 「有り難い」という言葉は、仏教と深い関わりがあります。 「有り難い」の語源とも言われる、有名な話をご紹介します。 あるとき、お釈迦さまが阿難(あなん)という弟子に、 「そなたは人間に生まれたことを、どのように思っているか」 と尋ねられました。 「たいへん、よろこんでおります」 阿難がそう答えると、お釈迦様が、重ねて尋ねられました。 「では、どれくらいよろこんでいるか」 阿難は答えに窮します。 すると、お釈迦様は、一つのたとえ話をされます。 「果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる。 その亀は、百年に一度、海面に顔を出す。 広い海には一本の丸太が浮いている。 その丸太の真ん中には、小さな穴がある。 丸太は、風に吹かれるまま、波に揺られるまま、西へ東へ、南へ北へ、と漂っている。 阿難よ、百年に一度浮かび上がるその目の見えない亀が、浮かび上がった拍子に、 丸太の穴に、ひょいと頭を入れることがあると思うか」 阿難は驚いて、答えます。 「お釈迦様、そのようなことは、とても考えられません」 「絶対にない、といい切れるか?」 お釈迦様が念を押されると、 「何億年、何兆年の間には、ひょっとしたら頭を入れることがあるかもしれません。 しかし、『ない』といってもいいくらい難しいことです」 阿難が答えると、お釈迦様は、 「ところが、阿難よ、私たち人間が生まれることは、 その亀が、丸太棒の穴に首を入れることがあるよりも、難しいことなんだ。 有り難いことなんだよ」 と教えられたのです。 人間に生まれる有り難さ! 地球上には、哺乳類や鳥類、爬虫類など、すべて合わせると150万種の生物が存在すると言われています。 現在、世界の人口は60数億ですが、生物全体から見ればほんの一部にすぎません。 また、人が生まれてくる確率は諸説ありますが、天文学的な数字であることは間違いありません。 私たちが、生物ではなく人間として生まれてきたこと、さらに、何兆分の一の確率で存在しているという難しさを、お釈迦様は「盲亀浮木の譬え」で教えられたのです。 「有り難い」にはこのような語源があります。 日頃何気なく使っている言葉ですが、語源を知るとその言葉に気持ちを込めなければと気が引き締まります。 「有り難い」の反対語や対義語は? 「有り難い」の反対語や対義語について見ていきましょう。 「有り難い」は「有ること難し」=「あること自体がまれである」という意味でした。 その反対語は「あって当然」=「当たり前」になります。 日頃私たちは、たくさんのことを「当たり前」として何気なく過ごしています。 今、自分が生きていることや好きな人といること、健康でいること、ご飯を食べること、布団で眠ることなど、全て特別なこととは感じずに生きています。 皮肉にも「有り難い」という心が起こるのは、それが「当たり前でない」状態になった時です。 それでも立て直しが図れるならばいいのですが、場合によっては取り返しのつかないことになることも少なくありません。 正に「後悔先に立たず」です。 「当たり前」と思っていることは、実は「当たり前」ではなく「有り難い」ことであると、感謝や畏敬の念を持って生きることができれば、より充実した人生になるでしょう。 「有り難い」の正しい送り仮名は? 日常的に使われている「有り難い」という言葉について、意味や使い方、語源などをお示ししました。 世の中の全ての人に好かれる人はいません。 ましてや会社では、顧客が自社の商品やサービスを選んでくれることは絶対ではなく、感謝すべき稀なことです。 また、自分が思うように都合よく物事が進んだ場合も、そこには自分だけの力ではなく、多くの人の協力や好条件があってこその結果です。 「当たり前」といった傲慢な態度ではなく、「滅多にないことと感謝する」気持ちを忘れてはなりません。 「滅多」という言葉には「並大抵、ごく当たり前」とという意味があります。 したがって、「滅多にない」とは、「並ではない、当たり前ではない」という意味になり、これが「存在しがたい」や「珍しい」という言葉に派生します。 私たちは他者や周囲の良好な環境に支えられて生きています。 それを当たり前ではなく「有り難い」と感じながら生きたいものです。

次の