マツダ ロードスター 2000cc。 マツダ ロードスターRFの性能まとめ [NDERC型

マツダ・ロードスター(NC)試乗レポ/辛口評価の間違いいっぱいの自動車選び

マツダ ロードスター 2000cc

マツダは2015年5月にフルモデルチェンジした1. 5リッターSKYACTIV-Gエンジンを搭載するロードスター ND型 に、電動ルーフのリトラクタブルファストバック「」を発売 11月10日より予約開始、12月22日発売。 詳しくは「リトラクタブルハードトップモデルマツダ ロードスター RFを発表しました」を御覧ください。 北米仕様MX-5 Miata RF ロードスターRF が10月13日発売され わずか13時間で完売。 リンク先はGoogle翻訳ページ ロードスターRFの発売価格は3,240,000円より。 MTモデルはLSD標準装備、ATモデルはLSD非搭載です。 標準装備タイヤはPOTENZAのハイグリップタイヤ。 日本国内発売は2016年内。 台数限定販売の可能性が高い為、ご購入予定の方はマツダ販売店に予約を入れておくのが良いかもしれない。 エンジンは 2. 0リッターSKYACTIV-G P5-VP「RS」型 、最高出力155ps、最大トルク20. 5kg. mのエンジンを搭載。 ルーフトップ有りのエクステリア。 オープンカーとはまた少し異なる仕上がり。 RX-8を思い出させる全体的にとても綺麗なエクステリアラインで特にCピラー周りがとても美しい。 リヤウィンドウは垂直となっている。 ルーフをオープン時の写真。 日本人の気質だとフルオープンはちょっと恥ずかしいと思う方にはぴったりのモデルでは無いでしょうか。 ルーフを格納する事によってロールの原因になるルーフ重量を低減できるので走りを楽しみたい方にもいい感じです。 ルーフを格納した状態でも美しいCピラー周り。 リヤ側もルーフがあっても無くてもとても綺麗です。 ルーフを格納するトランク。 ロードスター RF ルーフ格納シーン動画。 意外と豪快にCピラーがガバッと上に持ち上がりルーフがトランクへ収納されて行きます。 綺麗なデザインなのでもう少しシンプルな動きだと思ってました。 写真はニューヨーク国際モーターショーで公開されたMX-5 FR。 日本仕様ではリヤに見える車幅灯の取り付けは無いはずです。 リヤ側はコンビネーションランプとハイマウントストップランプは現行ND型と同じ。 RF ロードスター エクステリア 比較 ロードスターはソウルレッドプレミアムマイカカラーに対して、RFはRX-8に設定のあった「アルミニウムメタリック」の様なボディカラーで全く異なる車種に見えなくとも無い。 後ろからみたら全然違う感じがします。 RF ロードスター 主要諸元 比較 エンジンスペックは1. 5リッターエンジンを搭載するロードスターの方が高回転型に見えるも、パワーバンドが広いので意外とマイルドなECUセッティングだと思い割れるのに対し、RFは6000回転で最高出力が出るものの最大トルクが4600回転とパワーバンドが狭いので意外とRFの方が意外とピーキーな設定の可能性もあります。 重量も増えるので低速トルクにもしかしたらストレスを感じる可能性もありそう。 何れにしても国内向けロードスター、2. 0リッターと1. 5リッターどのように差別化するのか?すでに1. 5リッターエンジンを搭載するND型を購入されたオーナーには少なくともメーカー不審に繋がる事も否めないと思われます。 RF ロードスター 全長x全幅x全高 mm 3915x1735x1245 3915x1735x1235 ホイールベース mm 2310 定員 2名 エンジン 2. 0リッター直列4気筒DOHC 1. 0kgf. 3kgf.

次の

【インプレッション】マツダ「ロードスター(ND/2.0リッター)」 /

マツダ ロードスター 2000cc

欧米市場向けの2. 0リッターエンジンを試す! せっかく開発したのだから、きっといずれは日本でも発売されるはず……と、そんな予感は漂うものの、それでも「新型ロードスターは1. 5リッターモデルこそがベストバランス!」という開発陣の強い思い入れもあって、まだ当分は日本ではお目にかかれそうもないのが、欧米市場に向けて販売が行なわれている2. 0リッターエンジンを搭載したマツダ「ロードスター」。 アウトバーンを擁するドイツを筆頭に、より高速域までを日常とするヨーロッパの環境。 なるほどそうした事情を鑑みれば、日本では1. 5リッターモデルこそが相応しいというコメントも確かに説得力を持つもの。 一方で、そうは言ってもすべてのロードスターは日本で生産されるモデル。 それゆえ、海外向けには用意されるより高いパフォーマンスを備えたバージョンを、生まれ故郷である日本で味わえないのはやっぱり悔しい! という気持ちがどうしても残るのも、また間違いのない事柄ではある。 ブレンボ製のフロントブレーキやBBS製のホイールが与えられる 筆者自身にもそんな葛藤が渦巻く中で、アメリカはロサンゼルス近郊をベースに、2015年中に発売されたさまざまな注目モデルを一堂にテストドライブできる機会に恵まれた。 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーの選出を行なうWCA(ワールド・カー・アワード)が主催する試乗会へのさまざまな出展車両。 その中に、運よく2. 0リッターエンジンを搭載するアメリカ仕様のロードスターの姿も見つけることができたのである。 アメリカ仕様のロードスターのカタログを目にすると、現地で用意されるのは装備内容やサスペンションセッティングの違いなどから、「スポーツ」「クラブ」「グランドツーリング」という3グレード。 「SKYACTIV-G 2. 「薄目の表情には違和感が残る」という意見には、個人的にも賛同の気持ちがないわけではない。 当然ながら初めて触れる左ハンドル仕様となったが、ドライビング・ポジションの違和感はまったくない。 ただし、この個体に限っての印象か、シートフレームやダッシュボードの取り付け剛性がやや甘く、走行によって起きるわずかな振動が時にチープな印象に結びつける場面があったのはちょっと残念だった。 実は、前述のようにビルシュタイン・ダンパーを用いた専用チューンの足まわりに、ブリヂストン「POTENZA S001」というハイグリップなタイヤを組み合わせた結果による乗り味は、やはりそれなりにハードなもの。 今でこそダウンサイズ・エンジンは市民権を得ているものの、ひと昔前までは「排気量アップこそが最善のチューニング」と言われてきたもの。 現地カタログ上の表記である2332LBという車両重量を単純にkg換算すると1060kg弱。 日本仕様とも大差のないそんな重さを、最高出力も最大トルクもグンと余裕の大きい2. 0リッターエンジンで動かすのだから、「全域で走りが力強い」のも当然といえば当然だ。 アクセル操作に対する加速の自由度は、1. 5リッターモデルのそれよりも格段に大きい。 ゼブラゾーンは6500rpmから。 そしてレッドゾーンは7200rpmという設定だが、そこまで引っ張ってもさほどの無理は感じない。 全般にトルクに余裕があるので、ことさら高回転域まで引っ張る必要には迫られないし、常用するゾーンも1. 5リッターモデルの場合よりも低回転域になる。 しかし、敢えて高回転域まで回せばそれなりのパワーの伸び感が得られるし、回した分だけ高い加速性能が得られるという実感がある。 かくして、1. 5リッターモデルよりも「速い上に楽」という判定が下せるのがこちら2. 0リッターモデルである一方、逆に1. 5リッターユニットが発するものよりも明らかに魅力度に欠けるもの。 ちなみに、マツダの社内事情に詳しい人物から伝え聞いた話では、「2. 0リッターエンジンの搭載が急遽決定されたため、フィーリング面の作り込みの時間が1. 5リッターユニットほど十分に採れなかった」という事情があるのだという。 直接開発者から耳にした話ではないために真偽のほどにはいささか不明瞭な部分もあるものの、1. 5リッターユニットのなかなか心地よい音を演出するためには相当な苦労があったという話題を耳にしただけに、そんなコメントに対しては恐らくは「当たらずといえども遠からず」と、そんな雰囲気が漂ってくる。 5リッターモデルのそれと同様の好印象が抱けるものだった。 大きなエンジンを搭載することによるフロントヘビーな印象は、走りのシーンにかかわらず、ほとんどそれを実感させられない。 全般的なフットワークのテイストは軽快そのもの。 新型ロードスターならではの人とクルマの一体感を、色濃く享受することができるのだ。 一方で、前述のように特にフリーウェイ上などでは、さらなるしなやかさを演じて欲しいと強く感じることにもなった。 ワインディング路を右に左にとクリアして行くのは至福の瞬間でも、常にややせわしなくボディが動き、今1つ落着き感に欠ける乗り味は、長時間のクルージングではちょっと苦痛であったりもする……というのは、やはり日本で乗った1. 5リッターモデルとも同様の感覚だ。 なるほど、走りのバランスは1. 5リッターモデルの方が上、と言いたくなる気持ちは確かに分かる。 だが、だからと言ってそれが2. 0リッターモデルを日本で売らない理由にはならないだろうと思ったのもまた事実。 例えば、まだ課題を残しているサウンド面などを含め、さらなるリファインを行なった上で、より魅力ある2. 0リッターモデルをいずれ日本にも導入してほしい……。 それがカリフォルニアでアメリカ仕様をテストドライブした結果の結論である。

次の

「ND型ロードスター 1500ccと2000ccエンジン そしてNC型ロードスターについて考える。(エンジン編)」ロードスターさーぱぱのブログ | ロードスターさーぱぱのページ

マツダ ロードスター 2000cc

6 Jリミテッド• 6 M2 1001• 6 M2 1002• 6 Sスペシャル• 6 Sリミテッド• 6 Vスペシャル• 6 スペシャルパッケージ装着車• 8 B2リミテッド• 8 Gリミテッド• 8 Jリミテッド II• 8 M2 1028• 8 Mパッケージ車• 8 R2リミテッド• 8 RSリミテッド• 8 Rリミテッド• 8 SRリミテッド• 8 Sスペシャル• 8 Sスペシャル タイプI• 8 Sスペシャル タイプII• 8 VRリミテッド• 8 Vスペシャル• 8 Vスペシャル タイプII• 8 スペシャルパッケージ装着車• 8 スペシャルパッケージ車.

次の