犬 夏バテ 対処。 犬の夏バテや熱中症にご用心!症状や対策 [犬] All About

犬が『夏バテ』している時の症状3選!解消するにはどうすればいい?

犬 夏バテ 対処

夏バテの症状• 歩くスピードが遅くなる• 元気がなくなる• 食欲がなくなる• 睡眠時間が増える• 下痢や嘔吐、軟便をする 犬の夏バテの症状は人間に似ていますよ。 それぞれ詳しく解説しています。 歩くスピードが遅くなる 散歩のときにみられる症状です。 気温が高さに加えアスファルトの温度も上がるため、散歩好きな愛犬でも足が止まったり歩くスピードがのろのろと遅くなったりします。 特に真夏の昼間は「熱中症」になるリスクも高いです。 元気がなくなる 夏バテの症状は野外だけでなく室内でも起こります。 室内で、元気がなくなってぐったりとしてしまいます。 飼い主さんのもとに走って近寄ることも、おもちゃで遊ぶこともしたくなくなるのです。 食欲がなくなる 夏バテになると、元気だけでなく食欲もなくなります。 ゴハンやおやつを見ても喜ばなかったり、ゴハンのにおいをかぐけれど食べようとしなかったりと食欲不振の症状が表れます。 「いつも食べているドッグフードを急に残す」「ご褒美のおやつも食べない」といった食欲不振や食欲低下などの症状が夏に限って起こる場合、夏バテしている可能性が高いですよ。 睡眠時間が増える 元気がなくなりご飯も食べたくないので、愛犬は室内でやることがなくなってしまいます。 結果「睡眠時間」が増えるのです。 運動・栄養不足が懸念されるので、長期間この症状が続く場合は注意が必要です。 下痢や嘔吐、軟便をする 普段通りの食事・運動ができない状況が続くと愛犬は体調を崩してしまいます。 「下痢」「嘔吐」を繰り返したり、柔らかい便が出てきたりすることもありますよ。 愛犬の夏バテに気づくポイントは? 夏バテに気づくポイント• 春先と比べてどうか 上記でまとめた症状が犬の夏バテに代表されるものですが、必ずしも夏バテとは言い切れません。 例えば老犬の場合、夏バテでなくても睡眠時間は多いですし食欲も日によってまちまちです。 また生まれたての子犬の「下痢・嘔吐・軟便」はさまざまな環境要因で引き起こる可能性があり、一概に夏バテのせいとは断言できないのです。 「春先に比べてどうか」が夏バテの症状を見分けるポイントです。 普段から愛犬のことを細部まで理解してあげようとする気遣いが、夏バテや重篤な病気の早期発見に繋がる大切な心構えといえますね。 犬の夏バテ、対策は? 夏バテの対策• 十分な水分補給• ゴハンの工夫• 室内の温度調節• 散歩時間・場所の工夫 十分な水分補給 夏バテに一番有効なのはやはり「水分補給」です。 夏の暑さで体力を消耗しているため、まずは新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげる環境作りからはじめてください。 一般的に成犬には1日1. 5Lの水分補給が必要です。 水に「スポーツ飲料」を小さじ一杯程度入れてあげるとミネラル不足解消にもなるのでおすすめです。 日本の水道水の安全性は世界随一ですが、 水道管の中には法定耐用年数(40年)を超えているものも多く老朽化により、サビや細菌の混入がないとは言い切れません。 ペットはもちろん、飼い主さんのデイリーユースとしてもおすすめですよ。 ゴハンの工夫 ゴハンを食べないと体力が低下し夏バテになりやすくなります。 例えばいつもあげているゴハンがドライフードの場合、水分量が少ないことが食べない原因かもしれません。 与えるドッグフードの種類を変えることはリスクでもありますが、全く食べない場合には仕方ありませんよね。 普段食べているお気に入りのドライフードの上に、水分を多く含むウェットタイプのフードをかけることも有効な食欲対策です。 おやつとして、水分が多いトマトやキュウリ、スイカを与えるのもおすすめですよ。 食事と一緒に水分も補給できるように工夫してあげることが第一です。 室内の温度調節 せめて室内だけでも涼しい環境を整えてあげてください。 外の暑さに慣れるには、室内の温度を快適にしてあげるといいですよ。 愛犬がよくいる部屋には扇風機も用意しておくとさらに快適です。 散歩時間・場所の工夫 暑い時期、外気や直射日光の他に、犬はアスファルトの照り返しの影響も受けます。 普段は日中に散歩をしている方も、夏場暑い日は「夕方」の時間帯がおすすめです。 日の照っていない「朝方」も良いですね。 また散歩コースもアスファルトを極力避け、公園などの土のコースをに変えることをおすすめします。 日向よりも日陰を歩かせるようにしてあげる配慮も大切ですね。 夏バテしやすい犬種は? 夏バテしやすい犬種• ダブルコートの犬種• 短頭種の犬種 ダブルコートの犬種 日本よりも涼しい気候が原産の犬種は夏が苦手です。 「ダブルコート」といわれる二層構造の被毛をもつ犬種は、主に「寒さ」には強いですが暑さにはとても弱いのです。 「ウェルシュコーギー」「ゴールデンレトリーバー」「ボーダーコリー」「ポメラニアン」「シベリアンハスキー」「バーニーズマウンテンドッグ」「マルチーズ」「サモエド」「シーズー」などがダブルコートの代表的な犬種ですよ。 原産国が日本の「柴犬」や「紀州犬」「甲斐犬」もダブルコートの犬種なので暑さに注意が必要です。 短頭種の犬種 短頭種といわれる鼻(マズル)がつぶれた犬種は顔の形や鼻の穴が小さいため呼吸がしづらく、体温を下げるのが苦手なので暑さに弱いです。 「フレンチブルドッグ」「ボストンテリア」「ボクサー犬」「シーズー」「パグ」「狆 チン 」などが代表的な犬種です。 犬の夏バテ、対策は? 暑すぎる環境や、暑さと涼しさが混在するような環境は犬の体に負担がかかり夏バテになってしまいます。 エアコンで涼しくするのは大切ですが、部屋を冷やし過ぎないようにしてください。 「飼い主さんがいない留守番中はエアコンがついていなくて、部屋にいるときはエアコンがついている」ような変化する環境も犬にはよくありません。 クールマットを利用したり、水浴びをさせたり、新鮮な水を飲ませる頻度を増やしたりするなどして、エアコン以外の方法も活用して体温調節をさせてあげてくださいね。 夏バテ対策は初夏といわれる5月頃から準備をはじめてください。 犬の夏バテ。 世話は普段以上に気をつけて! 夏バテの原因となる暑さ対策は犬自ら行うことができません。 飼い主さんが気をつけて世話をしてあげられるかが夏バテ対策のポイントです。 飼い犬のためにも夏は普段以上に、犬の世話に気を配ってあげてくださいね。

次の

犬の夏バテ対策におススメの食事やグッズを紹介!予防法まで解説します!

犬 夏バテ 対処

涼しい環境を作る 室外飼育の場合 日陰のある涼しい場所に犬小屋を移してあげます。 難しい場合は「遮熱 断熱の外付けロールスクリーン」や「すだれ」を使い人工的に日陰を作りましょう。 地面は熱いため「すのこ」や「ウッドパネル」を敷き、地面との空間を作ってあげると地面の熱が伝わりにくいです。 室内飼育の場合 犬は人間と違い汗をかかないため扇風機の風では涼しさを感じません。 扇風機ではなくクーラーを使い室温を下げることが暑さ対策になります。 また冷たい空気は下へ溜まりやすいため、扇風機を使って空気を巡回させ床にいる犬が冷え過ぎないように気を付けて下さい。 その他には様々ある犬用の暑さ対策グッズ 冷たいアルミ板やマットなど を上手く活用し、涼しく過ごせるような環境を作ってあげましょう。 本当に最近の夏は暑すぎますよね!だから室内にいても熱中症が心配で、必ずクーラーの効く場所にいさせるようにしています。 よくエアコンで快適にしすぎると換毛期が狂うとか抜け毛がうまくできなくなる、なんてことも聞くので気になってはいるんですが、体調を崩すほど暑いのでやっぱり涼しさや快適さが優先になりますね。 夏は本当にすぐ疲れるみたいで、ドッグランなどに行ってもすぐ休憩しちゃいます。 そもそも散歩自体なかなか出れないくらい昼間は暑いので体力も落ちているのかもしれません。 涼しい季節になると犬たちの本領が発揮される感じがします。 暑さが厳しくても食欲は変わらずなので、うちの場合は太りやすくなってしまうのが悩みです。 記事にあるように、犬は扇風機ではあまり涼しさを感じないという事はTVでも取り上げていました。 我が家の愛犬は大型犬で、普段いる場所にはクーラーがないので、今までは扇風機や冷風扇での対応でしたが、「スポットクーラー」という簡易的なクーラーを今年購入してみました。 これは室外機と一体型なので、排気の熱が部屋にこもるのが短所ですが、勝手口などに熱の出口を確保して上手く利用することが出来ました。 やはり、涼しさがだいぶ違うようで、愛犬も快適に猛暑を乗り越えられました。 特にダブルコートの犬種なので、蒸し暑い日の夜なども弱めにクーラーをつけたままにしてあげる等のケアは必須だと思います。 飼い主がきちんと温度管理をして、熱中症にならないよう注意しなければいけないですね。

次の

夏バテの症状と対処法~愛犬の食欲がないと思ったら

犬 夏バテ 対処

梅雨に入り、もうすぐ夏がやってきますね! 私たち人間にとっても暑くて汗もかくし、梅雨は嫌な時期でもあります。 犬たちにとっても同じです。 特に被毛がある程度長い犬種は人間よりも体感温度が高いので、梅雨から9月の終わりくらいまではかなり暑く感じているはずです。 人間との体感温度の差は約17度くらいなんです。。 食欲が落ちたり元気がなくなるのもわかりますよね。 そしてもう一つ、人間には汗をかく汗腺が身体中にありますが、犬にはほとんどありません。 なので、発汗による体温調節がとてもしづらいと言う弱点もあります。 特に暑い季節、寒い季節は愛犬が快適に暮らせるように飼い主がしっかり温度管理をしなければなりません。 犬が夏バテによる症状はどんなものがあるのか、見ていきましょう。 食欲の減退• 普段はあまりないのに嘔吐するようになった• いつもと比べてグッタリしている• フローリングなどで寝そべっていることが多くなった• 水をよく飲む 最近愛犬にこんな症状がよく見られたりしていませんか? もしこのような状態がいつもより多く見られる場合は、夏バテの可能性があります。 舌を出して暑がっていたり、元気がないときは、冷房を調節したりこまめに飲み水を変えてあげましょう。 冷たい新鮮な水を飲めることも、犬の暑さ対策で有効な方法です。 他にもクールダウンする方法として、犬用のアイスクリームやシャーベットをあげてみるのも効果的です。 ワンちゃん用のマットに冷感シーツなどを引くのも体温を下げてあげるのに取り入れると良いでしょう。 犬が夏バテを起こす原因は? ではなぜ、犬も人間と同様夏バテを起こすのか知っていますか? それは、被毛と汗に関係があります。 犬は犬種によって長さが異なりますが、体を被毛という毛で覆われていますよね。 冬は、寒さからある程度は体を温めてくれるけど、夏になると多少生え変わりで抜けたとしても暑いはずです。 この記事の上の方でも書いたように、人間と犬とでは体感温度差が17度も違うと言われています。 これだけ差があると、確かに夏は人間よりもはるかに暑く感じているのではないでしょうか。 季節による生え変わり、抜け毛が少ない犬種は特に夏が苦手で散歩にもあまり行きたがらなかったりしますよね。 いつもよりも舌を出して呼吸していたりしませんか? 被毛が温度を体の内側に閉じ込めてしまっていることが1つの理由となります。 もう一つは、汗です。 犬は人間と違い汗腺が非常に少ないです。 人間は身体中に汗をかく器官、汗腺がありますが、犬にはほとんどありません。 被毛にも覆われていて、発汗による体温調節もできないので熱が体の内側にこもってしまい、夏バテの原因となってしまいます。 犬の夏バテ対処法 愛犬が夏バテせずなるべく快適に暑い季節を過ごすためにはどうすればいいか考えていきましょう。 温度と湿度を意識する 特に梅雨の時期から9月いっぱいくらいの間は暑さが続くので、温度や湿度の管理を気にしてあげてください。 温度でいうと20〜25度くらいが適温と言われているので、飼っている愛犬の被毛の種類なども考慮して設定しましょう。 また、出かけるときはエアコンのタイマー機能などを使って、暑くなる日中から涼しくなる夕方には消えるように設定するのもオススメです。 寒い空気は下にたまりやすいので、ワンちゃんが冷えすぎないように心がけることも大切です。 普段の食事に水分をプラスする 普段愛犬に与えている食事がドライフードの場合は、少し水分を足すことで柔らかくなります。 匂いだちも増すので、食欲の増進にも繋がり食事からくる体力の低下も防げます。 とにかく、水分をとってもらうということが大切です。 また、いつもの食事に少しだけ愛犬の好きなものを混ぜてあげるのもオススメですよ! 犬が食べられる果物や野菜、チキンなどを少量入れてあげるだけでも食欲の促進につながります。 夏バテ対策グッズを活用する もう一つの方法は、ワンちゃん用の夏バテ対策グッズを使うのも効果的です。 いくら外が暑いからといって、全く外に出さないというわけにはいかないですよね? 犬もストレスが溜まってしまうし、運動不足になってしまいます。 犬種によっては1日に2〜3回お散歩に出なくてはいけないワンちゃんもいるので、夏は必然的に暑い中外に出ることになりますよね? そんな時は、暑い季節に外でも愛犬に使える夏バテ防止グッズがオススメですよ! 【冷感素材でできた洋服】 体内に溜まった熱を外に逃がしてくれる熱吸収素材で出来ていたり、冷感マットのようなヒンヤリする素材で出来ているものもあります。 夏のお散歩時にはこういったものを使うと、ワンちゃんも快適ですよね。 外ではこまめに水分を与えるようにしてあげてください。 犬の体調が悪そうな時は無理に外出せず、お家でゆっくり休むようにしましょう。 【冷感マット・アルミ製冷感シート】 こちらは普段ワンちゃんが使っているマットや床に敷いておけば、冷感繊維やアルミが体を冷やしてくれる仕組みです。 冷房などで温度や湿度を管理しつつ、こういったアイテムも併用するのがオススメです。 これから本格的に暑い夏がやってきますが、ワンちゃんは人間以上に暑さに敏感な生き物です。 愛犬の体調管理は飼い主さんしかできないので、こまめに気遣うようにして一緒に暑い夏を楽しみましょう!.

次の