犬 煮干し。 煮干しの選び方! 背中がくの字に曲がったいりこは最高品質! 犬にも人用煮干しを! 減塩煮干しは偽装商品!

愛犬ムギのおやつは煮干し。

犬 煮干し

この記事の目次• 犬のミネラル不足を補うのは結構大変っ! 私たち自身の体も結構栄養不足な時代じゃないですか。 それなのに、言葉を話せない愛犬たちのミネラル不足を補うって結構大変なんですよね。 なので、まず初めにあなたに伝えたい事が1つあります。 2~3日のトータルで栄養素は満たしていればOKって考えです。 栄養士の人と話すと必ず言われることですね。 1日くらい栄養素が満たされないくらいで、動物は簡単に死ぬわけ無いでしょ。 という考えです。 だから、根を詰めないようにしてください。 と、その前にあなたの愛犬が、本当にミネラル不足なのか調べるために使って欲しい記事があります。 まずは、そちらも読んでみてください。 後述するナトリウムも一緒に摂れるので一石二鳥。 与える時は噛ませるのでもいいし、擦って粉末にしてからドッグフードに振りかけてもOK。 ちなみに 煮干しを与えるのであれば無塩にしておきましょう。 野菜だとパセリ、水菜、しその葉辺りもオススメ。 ただし、野菜はpHコントロールを忘れずに。 リン NG食品でなければ きなこ、 卵の2つが簡単に手を加えられる食材でしょう。 きなこを振りかけるのは見栄え的には微妙ですけれどね(笑) 下ですぐ話題にする豆腐も安く、使いやすいのでオススメです。 マグネシウム 文句なくマグネシウムを摂りやすいのは豆腐! 費用的にもベストな食材の1つでしょう。 カリウム 少量であれば ケール、多めに与えるのであれば キャベツ+きゅうりが予算的にもいいでしょう。 野菜を少し意識して多めに与えれば、カリウム問題はほぼ気になりません。 ただし、食物繊維を与えすぎると便秘になることもあります。 それに犬は食べてはダメな野菜もあります。 ネギ類、玉ねぎなどは絶対に食べさせないようにしましょう。 ナトリウム 意識して摂らせると排出が上手くいかず、病気に陥りやすいので注意すべきミネラル。 塩が一番簡単ですが、 健康にこだわるのであれば「海水系」の塩がオススメ。 ぬちまーすっていう沖縄産の塩があるのですが、マグネシウムやその他のミネラルもたっぷりはいっていますので、隠し味程度に入れてあげてください。 鉄 肉であれば レバー、最初に出た 煮干し、 豆腐、 ごまなどが扱いやすいですね。 あとは 赤身肉や マグロ辺りは、鉄分補給の食材として使えます。 レバーが無理ならハツ(心臓のこと)などでもOKですよー。 なお、生肉もOKなものがありますが、レバーなどの内臓系は火を通して与えるのが無難です。 亜鉛 犬用に作られたチーズ。 もしくは、鉄と一緒に摂れる レバーなどの臓物系食品が亜鉛の摂取に向いています。 カキもいいですがお金がね・・・。 毎日カキを食べられたらミネラルの心配なんてしなくていいのですが、海産物の中でも値段が高めな上に、熱を通さないと食中毒の危険性もあります。 食べさせるのは年2,3回が限度でしょう。 犬がミネラル不足になりにくい栄養素たち• ヨウ素• マンガン• セレン• ホウ素• クロム これら6つのミネラルたちは「犬がミネラル不足になりやすい栄養素たち」で紹介した食材にも、大なり小なり含まれているミネラルです。 また、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、鉄、亜鉛と比べると 残りの6つのミネラルは必要量が少ないのも特徴的。 意識して取るのではなくて、食材のバランスを整えることで無理なく補給できます。 あえて摂りたいのであれば海藻類、とくに青のりが理想的な食べ物となりますね!もし、これら6つのミネラルが不足する場合は、全般的に栄養不足だったりあなたの愛犬の体に異変が起きている可能性が高め。 一度、精密な検査や血液検査で病気にかかっていないか。 また不足しているミネラルやビタミンが無いかを確認してもらうようにしましょう。 まとめ 実は、ここで挙げた全ての食材を毎回与える必要はありません。 1つの食材には複数の栄養があるので、チーズ+青のり、煮干し+レバー、という形で与えていくと複数の栄養素を一気に満たせます。 要は組み合わせですね!最初は大変かもしれませんが、食材の成分表と見比べて慣れていけば、あとは感覚で食材を選べるようになっていきますよ。 私がよく使うものとしては、豆類&豆腐類、ごま、煮干し&桜えび、青のりのような手軽に摂れる食品たちですねー。 あとは、メインのドッグフードで問題ありません。 上手く食材を使って、足らないかなって感じたミネラルたちを補給していってください。 食材でも足らないと感じるのであれば、関連記事先のサプリメントの出番。 ただし、問題点があるので、詳しくはリンク先記事を覗いてください。

次の

煮干しの食べ過ぎはNG?どんなデメリットがある?

犬 煮干し

犬用の煮干は塩分を抜いていると思い込んでいましたが、結構しょっぱい味だったんですか? 犬は塩分を体から出す能力が人より悪いので、犬に塩分の強い物は与えない方がいいようです。 私が読んだ犬の手作り食の本では、人間用の煮干のダシをとった後の煮干を与えるように書いてありました。 ダシをとると塩分が抜けるので、犬にはいいようです。 今までは簡単にダシの素を使っていましたが、ワンコ達にあげたくて、積極的に煮干でダシをとるようになりました。 犬も塩分は必要なので、絶対ダメと言うことではありません。 ただ、あまり消費されることがなく過剰摂取になりやすいのでそう言われます。 意識して塩分を取る必要はないです。 魚自体に(味付けをしていなくても)塩分が含まれます。 人間用に味付けされたものをあげるのはやめておいたほうがいいですが、食べることが楽しみのひとつであろう犬に、「あれもダメ」「これもダメ」としてしまうのもどうかな?と個人的には思います。 勿論、食べて危険なものは与えません。 なんでもそうだと思うのですが大切なのはバランスであり、偏った与え方が一番危険です。 それを軸に考えてあげればよいのではないかなと思います。 その中で、与えてあまり良い影響が出ないものを省いていけば良いんじゃないでしょうか。 (神経質に考えすぎると食べるものがなくなりそうですが…) うちはササミをよくあげていました。 ササミに含まれる成分も腎臓に負担をかけます。 現在16歳の犬ですが、15歳の時に腎臓病と診断されました。 ササミを与えていたからと言うのもひとつの原因かもしれませんので、影響がなかったか?と問われればあったかも?と言う感じです。 多分そんなものだと思います。 長期的な目で見ると煮干しが原因だと特定するのは難しいと思いますが、原因のひとつになっていたと言うことは十分にありえると思います。 No1の方の意見を否定するような形になりますが、悪意はありませんので、ご理解下さい。 犬も塩分は必要なので、絶対ダメと言うことではありません。 ただ、あまり消費されることがなく過剰摂取になりやすいのでそう言われます。 意識して塩分を取る必要はないです。 魚自体に(味付けをしていなくても)塩分が含まれます。 人間用に味付けされたものをあげるのはやめておいたほうがいいですが、食べることが楽しみのひとつであろう犬に、「あれもダメ」「これもダメ」としてしまうのもどうかな?と個人的には思... Q 少し前から、犬への手作りごはんに興味を持ち少しずつプレミックス派から移行しているものです。 本村伸子先生の本を参考にしているのですが、紹介されていたメニューとして鶏の手羽元がありました。 私も愛犬に与えたいと思うのですが、体験談にはレトリーバー種等の大型・中型犬しか出てこないのが少し気になりました。 私はミニチュアダックス(体重5kg)を飼っております。 体が小さいので手羽元より手羽中や手羽先を使いたいと思い、本日与えてみましたところ嬉しそうにバリバリと食べていました。 ここでひとつ、心配になったことがあります。 小型犬に与える場合、手羽の骨を食べることにより歯が悪くなる可能性はありませんでしょうか。 堅いものを食べさせすぎると将来的に歯が磨り減ると聞いたことがあります。 栄養的にはカルシウムが取れるということで、期待しているところがあります。 週に2. 3回食べさせようと思っています。 問題があるかどうか、教えていただければ幸いです。 その他、まだまだ勉強中ですので栄養バランスの取れたレシピ等、教えていただければありがたいです。 宜しくお願いいたします。 少し前から、犬への手作りごはんに興味を持ち少しずつプレミックス派から移行しているものです。 本村伸子先生の本を参考にしているのですが、紹介されていたメニューとして鶏の手羽元がありました。 私も愛犬に与えたいと思うのですが、体験談にはレトリーバー種等の大型・中型犬しか出てこないのが少し気になりました。 私はミニチュアダックス(体重5kg)を飼っております。 体が小さいので手羽元より手羽中や手羽先を使いたいと思い、本日与えてみましたところ嬉しそうにバリバリと食べていました。 A ベストアンサー 骨が危険危険というのはおかしいです。 鳥の骨が危険なのは、火を通した場合です。 生なら大丈夫です。 皆さんが危険と書かれているのは、火を通した場合のことです。 実際に生の骨と、火を通した骨を割ってみてください、違いがわかるはずです。 ミニチュアダッククだってチワワでも犬です。 犬は骨が大好きです。 骨が必要です。 骨を与えると,歯石削除の効果があり歯磨きの回数が減ります。 私の家はチワワです。 うちの場合は手羽先の骨のみ包丁の背でたたいて飲み込んでも大丈夫なようにして、しかし肉はきちんと自分で切り裂いて食べるように、という方法で練習しました。 はじめは、骨に対して恐怖心がありました。 骨をあげるときは、いつもそばにいます。 やはり、小型犬ですので、手羽先以外の骨はあげていません。 うちも週に2~3日ほど、手羽先使っています。 本は同じく本村伸子先生のものです。 私は、与えたものをノートに書き出し、1週間から2週間くらいで、バランスが取れればいいかなと考えています。 自分たちの食事だって毎回バランスがいいわけじゃないですよね。 毎回バランスよくと思っていて頃は、手作りは続きませんでした、小型犬の為、さほど多くのものはあげれませんでした。 一日のメニューは 肉6野菜4 2~3種類)肉は体重の2~3%です。 あとは、愛犬の体重の増減で加減してください。 体重があまりにも減ったときは、肉6、穀物2 野菜2などのように、穀物を足すと、体重は戻りました。 我が家も、本の通り穀物抜きではじめましたが、体重が減ってしまい、いろいろサイトで相談し、穀物も時たまあげるようにしました。 基本的には穀物なしですが、体重と相談してます。 長くなり、まとまりのない文になってしましましたが、手羽先の生なら、大丈夫です、はじめは、消化されず、便に出て来たりしますが、次第に消化されます。 あせらずゆっくりと、与えてみて下さい。 手作り食、愛犬のご飯を待つ姿が可愛いです。 毛艶がよくなりました、体臭が激減しました、いいこともいっぱいです。 骨が危険危険というのはおかしいです。 鳥の骨が危険なのは、火を通した場合です。 生なら大丈夫です。 皆さんが危険と書かれているのは、火を通した場合のことです。 実際に生の骨と、火を通した骨を割ってみてください、違いがわかるはずです。 ミニチュアダッククだってチワワでも犬です。 犬は骨が大好きです。 骨が必要です。 骨を与えると,歯石削除の効果があり歯磨きの回数が減ります。 私の家はチワワです。 うちの場合は手羽先の骨のみ包丁の背でたたいて飲み込んでも大丈夫なようにして、しかし肉はき... A ベストアンサー 専門家の意見としては、どんな種類であっても基本的に骨を与えるのはおすすめできません。 年間、何件もの手術例があります。 手術までいかなくても、歯が割れてしまったり、歯肉の炎症、腫れ、嘔吐、下痢などの消化器症状など様々です。 飼い主のみなさんはどなたも、骨の危険性は初耳とおっしゃる方が、ほとんどなのが現状です。 これには、与える人間側の暗黙の了解があるように感じています。 いくつか例をあげると、犬は、飲み込める大きさに噛んで食べる。 どの歯も万遍なく使って食べる。 いつもの量なら、きちんと消化できる。 いままで、特に問題は生じていないから大丈夫だ。 ペットショップに売っている物だし、安心だ。 鳥の骨でなければ問題ない。 などです。 また、骨を与えると"歯石の予防"になるというのも、ある種の迷信に近いものです。 犬はそもそも肉食獣ではありません。 特に、喉に詰まりそうな大きさの物を飲み込んだときに、吐き出そうとせず、速く飲み込んでその場を回避する傾向があります。 骨を与えてから数時間後にグッタリしてきたり、呼吸が荒くなったりしたら、直ぐにかかりつけの先生に連絡し、アドバイスを受けてください。 それでは、良いドックライフをお送りくださいませ。 専門家の意見としては、どんな種類であっても基本的に骨を与えるのはおすすめできません。 年間、何件もの手術例があります。 手術までいかなくても、歯が割れてしまったり、歯肉の炎症、腫れ、嘔吐、下痢などの消化器症状など様々です。 飼い主のみなさんはどなたも、骨の危険性は初耳とおっしゃる方が、ほとんどなのが現状です。 これには、与える人間側の暗黙の了解があるように感じています。 いくつか例をあげると、犬は、飲み込める大きさに噛んで食べる。 どの歯も万遍なく使って食べる。 いつもの量なら、きち... A ベストアンサー たんぱく質は運動量によって増減しますが、 体重20kgの犬のたんぱく質量の適量は、一日47gだそうです。 おたくの20kgのわんちゃんの場合、 半分ドックフードだとすると、23. 5gのたんぱく質を手作り食で摂取するとして、 若鳥胸肉(皮なし)100g エネルギー108kcal たんぱく質22. 3g 牛肉赤身(輸入肉)100g エネルギー130kcal たんぱく質20. 4g (本や情報の出所によって多少変わります。 ) 上記の肉だと約100g強です。 なお、肉は必ず目方で30%はレバーにした方がよいのです。 とりレバーだと、100g 118kcal たんぱく質18. 9g 体重20kgの普通の運動量の犬の平均エネルギー要求量は1040kcal。 半分として、520kcal。 400kcalを肉とは別のもの(穀物、イモなど から摂取する必要があります。 炊いたごはん(精白) 100g 168kcal たんぱく質2. 5g 肉は必ず脂を取り除いたほうがよいです。 植物油を少量加えます。 (20kgで一日4g) アメリカの著名な獣医師が作ったレシピは 10kgの活発な犬の場合(「活発」というのは日に1時間以上の活発な自由運動をするという意味だそうです)、 鶏肉70g、とりレバー30g、コメ(生)140g、精製骨粉10g、食卓塩5ml、ヒマワリ油またはコーン油2g となっています。 上記の獣医師は、「筋肉、内臓、骨がないと、バランスのとれたフードとは言えない」としています。 手羽先などの細い骨を生でくだいて与えたり、圧力なべでもろもろになるまで煮る(1時間から2時間)、といった方法が考えられます。 なお、魚など他の材料の計算については、こちらで。 おたくの20kgのわんちゃんの場合、 半分ドックフードだとすると、23. 5gのたんぱく質を手作り食で摂取するとして、 若鳥胸肉(皮なし)100g エネルギー108kcal たんぱく質22. 3g 牛肉赤身(輸入肉)100g エネルギー130kcal たんぱく質20. 4g (本や情報の出所によって多少変わります。 ) 上記の肉だと約100g強です。 なお、肉は必ず目方で30%はレバーにした方がよいのです。 とりレ... A ベストアンサー 今まで小型から大型まで何匹も犬を買ってきました。 怖い時、吠えるのは本能です。 物音がしても吠えても怖くないと安心すれば吠えなくなりますし、犬も慣れてきます。 唸るのも遊びが楽しくってエキサイトしているんですね。 かわいいですね。 トイプーは、元は狩猟犬。 小動物を追いつめ飼い主に知らせるお仕事をしていました。 だから、元来吠える犬種ではないでしょうか?(勿論大人しい子もいますが) 今ウチのトイプーは、3ヶ月の時に里親募集で里子にもらい現在2歳半。 とても元気ですが、2歳過ぎからだいぶ落ち着いてきました。 周りの犬の友達も口を揃えるように2歳位で大人しくなると言います。 (大型犬は、成犬になるのが少し遅いのでまた違うかもしれません。 ) でも、それは、それで少しさみしいですよ。 遊びに誘っても乗って来なくなりずーっと寝てばかりの日が何年かしたら来てしまいます。 (たまに例外のコもいますが…) Q ポメラニアン(8カ月・オス)を1頭飼っています。 ペットショップ育ちで、我が家に来て1週間がたちました。 トイレのしつけに適した配置という観点でアドバイスや、 実際にこうしているなど教えていただけると嬉しいです。 左右両方にドアがあり、 今は右側のドアを使っています。 右奥が一番落ち着く環境だと思います。 トイレ成功率は50%といった状況で、 ケージ内で粗相をするときは、右手前のドア付近(つまり寝床) が多いです。 飼い主としては、トイレと餌場が近いのが気になったり、 そもそも落ち着ける場所=ハウスが必要なのか?など ぐるぐる考えてしまっています。 文章&下手な絵でわかりにくいとは思いますが どうぞよろしくお願い致します。 ポメラニアン(8カ月・オス)を1頭飼っています。 ペットショップ育ちで、我が家に来て1週間がたちました。 トイレのしつけに適した配置という観点でアドバイスや、 実際にこうしているなど教えていただけると嬉しいです。 A ベストアンサー >トイレのしつけに適した配置という観点で・・・ まず、質問の要点の確認ですが・・・。 littlestar. htm DASH村でお馴染みのイアン・ダンバー博士の推奨されるトイレの躾。 基本は<「寝る場所ではしたくない」性質を利用する>。 その<しつけ方>の要点は3つ。 1 ケージにベットとおもちゃ、飲み水をいれる。 2 1~2時間経ったら、ケージから出してトイレの場所へ連れて行く。 3 そこで排出すれば笑顔でたっぷりほめてご褒美を与える。 さて、質問者の設定ですと、 2 3 を実践するのが至難。 つまりは、<させて褒める>の実践が至難。 一つの検討課題は、トイレトレーニングの実践が難しい点をいかに克服するのか? 質問者がトイレの躾をされるのを望んでおられるのであれば、この点で一工夫を。 kao. html 水越女子は、お留守番時間の長短によってハウスやトイレの配置は変えるべきと。 上記のアドバイスでは、クレートトレーニングを行う事が推奨されています。 さて、質問者の設定ですと、下手をするとケージ全体がハウスということに。 この場合の負の影響をどのように考えるのか? 「寝る場所ではトイレをしたくない」と併せて考えると、二つ目の検討課題が浮上。 お留守番上手を目指しての躾という点では、この点でも一工夫が必要かと・・・。 なかなか工夫の正答を導き出すのは難しいかとは思います。 でも、イアン・ダンバー博士や水越女子のアドバイスは先人の知恵が凝縮されています。 彼らのアドバイスを軽視しないで、<それらをいかに具現化できるのか?>を考えられるだけでもプラスに。 と、思います。 頑張られてください。 >トイレのしつけに適した配置という観点で・・・ まず、質問の要点の確認ですが・・・。 littlestar. htm DASH村でお馴染みのイアン・ダンバー博士の推奨されるトイレの躾。 基本は<「寝る場所ではしたくない」性質を利用する>。 その<しつけ方>の要点は3つ。 1 ケージにベットとおもちゃ、飲み水をいれる。 2 1~2時間経ったら、ケージから出してトイレの場所へ連れて行く。 3 そこで排出すれば笑顔で... A ベストアンサー 「ペットフードが完璧に栄養計算されている」かどうかは、メーカーによります。 高ければいいというものではありませんが、安すぎるものは、中身はほとんどトウモロコシのカスや小麦フスマだけ。 なんて粗悪品も多いですよ。 だいいち、ペット用食品にはろくな法規定がありませんので、保存料も、塩分も、油分も、糖分も、防腐剤も、入れ放題ですから。 それらを入れず、人間の食用として認可が下りるようなものにすると『税金が多くかかる』場合もあり、わざわざ節税の為に添加物を入れる場合もあり 特に半生フードは、柔らかい状態をキープする為にものすごく多種の薬品と糖分が入っています。 添加物の心配のない手作り食が一番いい。 とも言い切れません。 手作りで犬の栄養バランスをうまくとってあげるのは大変。 必要なカロリーを毎日満たしてあげるだけでも、難しい場合が多いです。 「手作り食はじめました!」とネットやなにかで宣言する人は多いですが、その中で「何年も続く人、何年もそれで犬の体調を維持していく人」というのはとっても少なく、 たいがいの場合最初は「手作り食サイコー!」という記載をしつつ、「その後、手間が多すぎてやめました」とか「犬の体調がおもったよりよくないのでフードに戻しました」なんて事は絶対書かず、ひっそりとフェードアウトしていきますね。 また、どんなにいいフード、完璧なカロリーと栄養の手作り食だとしても「その子の体質に合うかどうか?」が一番重要で、 誰かが「これがうちの犬にはベスト!」と言う食べ物が、あなたの愛犬にもベストだという保証はなく、かえってお腹を壊す子もいます。 どんなに「良い」といわれる食品も、妄信するのはよくありません。 よくワンコの体調や毛艶、顔色、ウンチの様子をみて、「体質に合っているか?」を見極めてあげるのが重要です。 なお、お野菜ですが、これもまた「その子の体質によります」としか言えません。 本来、犬の祖先は野菜を消化できませんでした。 いまは、長年人間と一緒に暮らしてきて雑食化してきた事によりかなりうまく消化できる子もいるのですが、やはり苦手な子もいます。 野菜の消化が苦手な子に野菜を与えると、腸に溜まって腐敗しガスが発生して病気になる事があります。 これは、野菜自体の安全性とは関係のない問題です。 ヨーグルトや納豆などの発酵食品も「乳酸菌で体調がよくなる」子がいる一方で、「発酵食品を食べさせると腸捻転をおこしかける」なんていう子もいます。 ならば肉ならいいか?ササミなら脂肪も少ないしオヤツに。 と思っても、 精肉だけを与えるとリン 肉に含まれる成分 とカルシウムのバランスが崩れ、よくない場合もあります。 と、散々脅かしましたが。 うちの犬は、手作りとカリカリフードを3:7くらいの混合で食べています。 手作りといっても、人間用の食事を調味前に取り分けたり、キャベツの外側とかにんじんのきれっぱしを肉と煮たものなど。 時にはキャベツの芯を生で与える事もありますが、消化できているようです。 ニンジンは細かく切るかピューレ状にしないと消化しないですね。 「他の犬に与えてどうだったか?」を聞くのは参考にはなりますが、確実な保証にはなりません。 「あなたの犬の体質」を見極めるのが大事なので、与えるのでしたら、最初は茹でたものを少量から。 それがウンチにツブツブ残ってでてくるのか?消化されるのか?をチェックしてあげてください。 与えた野菜がウンチにツブツブ残ってでてくるようなら、消化されていないので以後与えないか細かく刻んだりピュレ状にしてあげる事。 ゆでたササミや軟骨、レバー 少量 をあげても喜びますよ。 ゆでたササミやレバーをレンジでチンしてカラカラにすると、自家製ジャーキーも作れます。 市販品は肝臓に負担をかけるので与えませんが、自家製は安心度が高いですし犬も大喜びです。 また、小麦がOKな子でしたら、少量のレバーや鳥ひき肉入りのクッキーを焼いてあげては? スキムミルクも入れれば肉とカルシウムのバランスもよくなりますし、野菜よりも消化が良いのは確実なので。 ネットで検索すると、レシピは様々でるとおもいますよ。 「ペットフードが完璧に栄養計算されている」かどうかは、メーカーによります。 高ければいいというものではありませんが、安すぎるものは、中身はほとんどトウモロコシのカスや小麦フスマだけ。 なんて粗悪品も多いですよ。 だいいち、ペット用食品にはろくな法規定がありませんので、保存料も、塩分も、油分も、糖分も、防腐剤も、入れ放題ですから。 それらを入れず、人間の食用として認可が下りるようなものにすると『税金が多くかかる』場合もあり、わざわざ節税の為に添加物を入れる場合もあり 特に半生フ... Q レバーやササミ、砂肝などは食べさせてもいいけど、食べさせ過ぎはいけないと色々なサイトに書かれていますが、その食べさせ過ぎの目安がよく分かりません。 例えば、茹でたササミを市販のボーロ2つ分くらいのサイズにして毎日5つ与えていたら、やがて食べさせ過ぎになってしまうでしょうか? 宜しくお願い致します。 ----------------------------------- ちなみに我が家は元々朝と夜の食事以外は食べ物は与えていないのですが、これからトイレのしつけを開始するため、そのご褒美に使用しようかと思っています。 goo. html 市販のボーロは食べてくれませんでした。 また普段食事に与えているフードも何故かおやつとして与えようとすると食べてくれません。 ただ私が食事をしているのを見て欲しがってはいるので食欲はあるんだと思います。 我が家の犬は2歳半の中型、健康体です。 レバーやササミ、砂肝などは食べさせてもいいけど、食べさせ過ぎはいけないと色々なサイトに書かれていますが、その食べさせ過ぎの目安がよく分かりません。 例えば、茹でたササミを市販のボーロ2つ分くらいのサイズにして毎日5つ与えていたら、やがて食べさせ過ぎになってしまうでしょうか? 宜しくお願い致します。 ----------------------------------- ちなみに我が家は元々朝と夜の食事以外は食べ物は与えていないのですが、これからトイレのしつけを開始するため、そのご褒美に使用しようかと思... A ベストアンサー 順番に書きます。 こちらの『健康体』です。 レバーを食べさせすぎてはいけないというのは、ほとんど迷信です。 犬科動物が狩る対象の獲物は色々ですが、例えば四足獣を狩ったとしましょう。 大型四足獣のレバーというと、これはかなり大きな物で、イノシシの小物でも2キロぐらいあります。 要するに、野生動物はレバーを食べると最大丸ごと食べることになりますが、これで異常は起きません。 (異常が起きるなら、レバーを食べる固体が自然淘汰されてます) この迷信がなぜ産まれたかというと、おそらくですが採るべき一日の理想量が少ない事にあるかと思います。 (なぜ少ないかは長くなるので割愛しますが、主栄養素の代表格ビタミンAは肝臓で蓄積されます) ちなみに体重10キロの犬で、一日辺りレバーだと3グラムぐらいになります。 つまり『普通は一度あげれば過剰摂取になって当然』な量です。 そして人間の場合ビタミンAの過剰摂取は、得に人間の妊婦(胎児)に悪影響がありますので、妊婦さんとその家族が記憶していて不思議のない食材です。 おそらくこれらが総括されて『食べ過ぎるとダメ』の話しになったのだろうと思います。 冒頭の野生生物ですが、犬科動物はこのビタミンAの寛容性が極めて高いです。 犬にあてはめると、10キロの犬に毎日500グラムのレバーを食べさせても全く異常が出ず、レバー7キロ相当を三ヶ月食べさせると過剰症の症状が出るというデータがあります。 『ほとんど迷信』というのは、これが根拠で一般常識を少々逸脱したぐらいじゃ問題はありません。 毒素が溜まりやすい器官ではありますが、これも入手されるのは人が食べる食材でしょうし、畜産として解体時に獣医が診察する部位です。 異常が見られると即座に跳ねられて食材として出回りませんので、過剰に気にする必用もないかと思います。 『犬にレバーを食べさせすぎるのがダメ』これをウソだとはいいませんが、10キロの犬に毎日7キロ食べさせることを『食べさせすぎるとダメ』というのも馬鹿らしい話しだと思うのです^^; 砂肝は初めて聞きました。 砂肝でレバーより多い栄養素というとビタミンKがありますが、これはAAFCOでも適正量が定められていません。 腸内細菌でビタミンを生成しますので、それで賄うことが出来ると考えて良いと思います。 過剰摂取については犬のデータを知りません。 ただ少なくとも人間の場合は過剰摂取にならない栄養素ですし、常識的な量に関しては問題を起こしたことも聞いたこともありません。 ササミに関しては、タンパク質を多く含みますので、これに関係する事になるかと思います。 前提の健康な犬をあてはめると、大量投与したならば成長期の大型犬や老犬に悪影響が考えられなくは無いですが、実際に大型犬にも老犬にも与えてきましたし、異常と言えるほどの分量を与えなければ問題にはならないはずです。 (ササミのみで毎日の食事を長期間賄ったり、ですね) 他に考えられる栄養素としてですが、大型犬の場合はリンとカルシウムに注意が必要なのは事実ですが、特別にサプリメントでバランスを崩すような場合を除外して、普通に食品としてのササミからオヤツで与えるぐらいなら早々バランスを崩しません。 レバー・砂肝・ササミどれもですが、今の時期ですと薄切りにして、釣具屋で売っている日干しネットに入れておくと数日でカラカラに乾燥します。 保存料を使いませんので長期保存には向きませんし、酸化しますので大量に造ることは出来ませんが、数日のサイクルで少量ずつ作るなら簡単にオヤツができますよ。 当家も冬の間は大活躍しますし、歴代の犬にも頻繁に与えてきましたが、自宅で行う月二回の尿検査でも、獣医さんの健康診断でも異常を起こしたことはありません。 いずれにせよ常識的というより、異常といえるような分量で無ければ気にすることは無いと思います。 以下、補足と共に書き込みします。 実際に私も書籍でこの説を読んだことはあります。 ありますが率直に言ってお粗末な本でした。 (あくまで私が読んだ本の話です) オヤツで躾をすることで考えられる悪影響は一点だけです。 『毎回オヤツだけを報酬とし、人間が支配することを目的として、指示を与えた場合』 長年猟犬の訓練に関わってきましたが断言します。 こうならないように気をつければ悪影響はありません。 犬の最大の報酬は飼い主に誉めてもらうことで、つまり信頼関係と犬に慕われる飼い主になることです。 ですが、これには時間も必用とされますよね。 (人間も一緒ですが、本当の信頼関係はそれなりの時間がかかります) その信頼関係の構築途上だったり、初めて覚える指示だったりという場合は、オヤツという報酬が極めて効果的です。 オヤツは取引材料じゃ無くて、『よくやったね、ありがとう』という犬にとって正統な報酬を解りやすくしただけのモノです。 報酬ですから『誉める・喜ぶ』これと適時使い分けてあげてください。 躾の問題じゃ無く、実際は犬と付き合うスタンスの問題です。 ご褒美のオヤツ=報酬 飼い主が喜ぶ=報酬 飼い主が誉める=報酬 犬にとってはどれも一緒の報酬なんです。 たまにメチャクチャ美味しいオヤツ=それだけ飼い主の感情を込めた特別ボーナス これだけです。 難しく考える必用は無く、人間の子供と一緒です。 人間の精神構造はそう特殊なものではなく、動物との違いは質では無く、単なる量的なことです。 車の洗車を手伝ってくれたら、親が誉めて『助かったよ、ありがとう』と喜べば、子供だって喜びます。 (信頼され慕われるという関係が出来ていない場合、これは金を出して"取引"が必要になりますよね) 毎回誉めるだけじゃなく、たまにはお小遣いをあげれば子供だって『またしよう!』と思いますよね。 子供に毎回お小遣いをあげると、それはお小遣いのための洗車になります。 構造は全部一緒なんです。 車の洗車を手伝わせるのに『いうことを聞け! 』と支配性丸出しに命令したって言うことを聞くでしょうが、そこに信頼関係はありません。 信頼関係の無い命令は、目の前で物理的に相手をコントロールしているとき以外は、全く効果を発揮しません。 (だから少なくとも猟犬において支配性は役に立ちません) 人間の子供で言うと自我が発達成熟し大人になる。 犬で言うとリードが外れたら、それで終了する関係です。 wtypeさんも犬を支配しようとは考えていらっしゃらないでしょうし、『毎回オヤツを報酬とする』だけにならないように気をつければ、問題は起こりません。 オヤツは適時使って、最大であり常時の報酬は飼い主が喜び褒め称えることにしてあげれば大丈夫です。 堅苦しく考えずとも、相手は人間の感情をくみ取る動物です。 絶対の禁忌に注意して、あとは人間も犬も楽しくを第一にトレーニングすれば良いと思いますよ。 順番に書きます。 こちらの『健康体』です。 レバーを食べさせすぎてはいけないというのは、ほとんど迷信です。 犬科動物が狩る対象の獲物は色々ですが、例えば四足獣を狩ったとしましょう。 大型四足獣のレバーというと、これはかなり大きな物で、イノシシの小物でも2キロぐらいあります。 要するに、野生動物はレバーを食べると最大丸ごと食べることになりますが、これで異常は起きません。 (異常が起きるなら、レバーを食べる固体が自然淘汰されてます... Q はじめましてチワワです。 一年数5ヶ月飼っていますが、トイレを覚えません。 そしてウンチを食べます。 結果いろんな所に散らばります。 家中ウンチだらけで歩かれてホトホトまいっています。 あげく、家中のゴミ箱をひっくり返します。 洗濯物を家中にばら撒きます。 帰宅するのが恐ろしいです。 ひどいときは、バスクリンや洗剤の袋を破いています。 朝はウンチをさせて外出しますが、してくれないときなどはこのパターンにはまることになります。 ゴミ箱や、洗剤は、高いところに置くということで回避できます。 しかし、ウンチをいじって遊ぶとなると手におえません・・。 トイレをきちんとできても、捻り出したウンチで遊ぶなんて反則です。 2006年正月早々家族が殺しあうぐらいに陰気な空気が室内を覆っています。 せめてウンチをいじって持ち出さないようにしたいのですが・・。 トイレのしつけができてもウンチをかじったり、ウンチと友にわーいって遊んだりするのはどうしたらいいですか?家はウンコ広場じゃありません!! 関東平野の雪のちらつく厳しい寒さの下、 外で飼う事は可能でしょうか? 隣の家の柴犬みたいにお外で飼いたいです・・・orz はじめましてチワワです。 一年数5ヶ月飼っていますが、トイレを覚えません。 そしてウンチを食べます。 結果いろんな所に散らばります。 家中ウンチだらけで歩かれてホトホトまいっています。 あげく、家中のゴミ箱をひっくり返します。 洗濯物を家中にばら撒きます。 帰宅するのが恐ろしいです。 ひどいときは、バスクリンや洗剤の袋を破いています。 朝はウンチをさせて外出しますが、してくれないときなどはこのパターンにはまることになります。 ゴミ箱や、洗剤は、高いところに置くということで回避できます... A ベストアンサー 「家中ウンチだらけで歩かれてホトホトまいっています」ということなので一言。 <大丈夫です!2歳までには全て解決します。 > まず、2歳までには全て完全に解決するという確信を持って下さい。 これは、私の経験から100%約束できます。 1歳5ヶ月と言えば、人間なら2、3歳の子供の知能・判断力です。 オムツが取れていない状態と考えて下さい。 中学校でオムツしている子はいません。 犬は、2歳頃に中学生になります。 一気に、犬が変身する時期です。 今、お宅のチワワは、正に、イタズラ盛りの真っ最中にいるに過ぎません。 <寝床と隔離は、必要に応じて> 寝床については、ゲージ、犬用ベッド、コンテナであろうと何でも構いません。 好きにして下さい。 ゲージ、コンテナは、夜以外は4時間程度が限度です。 2畳ほどのサークルに入れて外出すれば被害範囲が限定されるのは間違いありません。 ここら辺りは、必要に応じて判断して下さい。 さて、お困りのようですから、無い知恵をしぼって私なりの【ウンコ広場追放作戦】を考えてみました。 <ウンコ広場追放作戦-1: 完全無視> 「ウンコ広場追放戦争」で勝利するために第一に発動するのは、完全無視作戦です。 これは、家族全員が参加する一大作戦です。 作戦全体の成否を決める重要なものと認識して下さい。 1 帰宅して「ウンコ広場」を発見したら、チワワを無視して無言で片付けて下さい。 2 叱ることも、騒ぐこともしてはいけません。 3 失敗ウンコを見つけた時も、無言で片付けて下さい。 4 例外的に、ウンコ犯を現行逮捕した場合は、ウンコの前で伏せさせて「ハンセイ!」と言って叱って下さい。 」または「ダーメ!」は、家族全員で口裏を合わせて下さい。 <ウンコ広場追放作戦-2: 広場移動> 一度付いた習慣を止めさせるのは至難のことです。 こうなれば、「ウンコ広場」を室外に移動するのが手っ取り早い解決方法です。 作戦第二の「ウンコ広場移動作戦」は、1週間を目処にした短期作戦です。 1 室外に「ウンコ場」を用意します。 庭でも家の近くの広場でも構いません。 ただし、雨の日のことも考えて下さい。 2 朝のウンコ当番は、作戦遂行の要です。 15分以内に作戦を放棄して前線逃亡しないように申し合わせて下さい。 3 チワワが起床したら、ウンコ当番は、まず、「ウンコ場」で朝一のオシッコです。 4 軽い朝食を与えたら、ウンコ本番です。 5 ウンコが始まった「ウンコ!ウンコ!」と連呼して下さい。 6 ウンコ終了後は、エサを与えて「グッド!グッド!」と褒めて下さい。 7 広場移動の要は、夕方の散歩です。 チワワですから、30分も外で遊ばせれば十分かと。 8 夕方の散歩でも、必ず、ウンコをさせます。 担当者は、任務終了まで帰還してはなりません。 <ウンコ広場追放作戦-3: 引綱作戦> 作戦[完全無視]と[広場移動]で、ほぼ1週間程度で問題は収束に向かうでしょう。 まあ、2作戦だけでも構いませんが、これに、[引綱作戦]が加われば完璧です。 1 夕方の散歩で途中から綱を付けます。 2 散歩しながら名前を呼びながらクイッ、クイッとやります。 3 目を見たら、「グッド!グッド!」と言いながら体を愛撫します。 4 これを5分~10分程度、行います。 5 終わったら「フリー!フリー!」と言って自由にします。 6 室内でも、紐をつけて「コイ!」と言って紐をクイッ、クイッとやります。 7 呼んできたら「グッド!グッド!」と言いながら体を愛撫します。 8 一ヶ月程度、10分を目安に行えば完璧です。 「呼んだら来る」-お宅のチワワが、越すべきハードルです。 *私に言わせれば、この程度のことをやっていれば、殊更に訓練とか躾けは無用と考えます。 *余り、深く考えないで、やることだけを手を抜かずに行えば、それで十分です。 *頑張って下さい。 「家中ウンチだらけで歩かれてホトホトまいっています」ということなので一言。 <大丈夫です!2歳までには全て解決します。 > まず、2歳までには全て完全に解決するという確信を持って下さい。 これは、私の経験から100%約束できます。 1歳5ヶ月と言えば、人間なら2、3歳の子供の知能・判断力です。 オムツが取れていない状態と考えて下さい。 中学校でオムツしている子はいません。 犬は、2歳頃に中学生になります。 一気に、犬が変身する時期です。 今、お宅のチワワは、正に、イタズラ盛りの真っ最...

次の

犬と煮干

犬 煮干し

僕のおやつ。 煮干しは人間にも体に良いですが、 犬にとっても重要な栄養素を摂取できるそうです。 カルシウムとミネラルが豊富な煮干しで、 長生きしてもらいたいです。 親戚のかかりつけの獣医さんは、 犬にも無添加のものを食べさせることを推奨していて、 おやつには煮干しを勧められたそうです。 ムギがまだ子犬の頃にその話を聞いて以来、 ムギのおやつのメインは煮干しになりました。 子犬時代にムギはもしかしたら、おバカさんなのかもしれない?! と、思わせられることが多々あったので、 (子犬のムギには仕方のないことばかりなのにね。 ) お利口さんになって欲しい、という願いもこもっています。 DHAは脳にいいはず。 僕いい子、わるい子、元気な子!! 食べさせる時に気をつけたいこと。 アレルギーの場合は獣医さんに相談するか、 あげない方が良いかもですね。 ムギは煮干しを食べてもアレルギーはないです。 なのになぜか昔、ドッグフードに魚成分が入ったものをムギに与えると拒否しました。 食後に体をかいかいして、そのうちそのドッグフードを食べなくなったんです。 (食欲大魔神のムギが!!) 何かの成分がムギに合わなかったんでしょうね。 体をかいたり、皮膚が赤くなったり、発疹が出たら、アレルギーらしいです。 細かく砕いて、ムギ皿に入れてあげることもあります。 誰も取らないのに、急いで食べて丸呑みに近い状態で煮干しを食べた後、一度吐いたことがありました。 よく噛まないと、体に良くないのは人間も犬も同じですが、犬はこちらが気をつけてあげないといけませんね。 ですが、煮干しには塩分が含まれているので、 裏面の容量を守ってあげるようにしています。 食べすぎると、何でも病気の元になりますから。 「今」が大丈夫でも、蓄積されてムギが苦しむことになったら嫌ですからね。 気をつけたいです。 すぐに太りやすい上に、食欲大魔神のムギ。 食の管理はキチンとしてあげるように、これからも気をつけます。 スーパーやドラッグストア、ホームセンターの ペット用品売り場でも購入できますし、 ネットでしたら下記のところでも販売していました。

次の