ムコソルバン。 ムコソルバンL錠45mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

去痰薬「ムコダイン」と「ムコソルバン」の違いを解説【成分・効果・副作用】

ムコソルバン

ムコソルバン アンブロキソール サーファクタント(肺表面活性物質)分泌促進作用 サーファクタントが気道を覆うことで痰の滑りを良くし、出しやすくする。 気道液の分泌促進作用 気道液により気道粘液の粘度が低下する。 線毛運動亢進作用 ムコソルバンインタビューフォーム ビソルボン ブロムヘキシン サーファクタント(肺表面活性物質)分泌促進作用 線毛運動亢進作用 漿液性分泌増加作用 漿液性 サラサラした液体 が分泌されることで粘度が低下する。 酸性糖蛋白溶解・低分子化作用 リゾチーム分泌が亢進し、痰の粘度の原因となっている糖蛋白を分解する。 ビソルボンインタビューフォーム 特徴 ムコダイン 去痰作用以外に 粘膜修復、抗炎症作用がある。 それに加え 留液排泄促進作用が認められており、副鼻腔炎、中耳炎などに長期投与されているのをよく見る。 ムコソルバン、ビソルボン 去痰作用メインといったところ。 気道粘液を増加させ、痰を薄めて粘度を低下させることで排出しやすくするのだが、そのせいで 一時的に痰が増えたように感じることがあるらしい。 ビソルボンその他の注意事項 副鼻腔領域においては、組織学的あるいは粘液・線毛輸送系が重要な役割を演じている点で気管・気管支領域と共通していることから、慢性副鼻腔炎の排膿にも有効であることが確認されているとの記載もある ムコソルバンインタビューフォーム 気道も鼻も同じだから効きますよと。 そうなんですか。 8% 痰の切れの改善度はムコダイン58. 5%、プラセボ40. 7% プラセボと比べ優位に改善した。 ムコダインVSムコソルバン 嚢胞性線維症26例を対象とする一重盲検ランダム化パラレル試験で,カルボシステイン相当500mg(小児では150 mg)1日3回とアンブロキソール33mg(小児では 10 mg)1日3回,80日間の投与により痰の粘稠度や弾性は両群で有意に改善したが, 咳スコアはカルボシステイン群でのみ有意に改善し,改善度に群間差を認めた。 喘息患者14 例におけるカルボシステイン 500 mg,ア ンブロキソール 15 mg および偽薬の1日3回4週間投与のクロスオーバー試験で, カルボシステインは他群と比較して有意にカプサイシン咳受容体感受性を改善させた。 2%、単剤群が45. 6%で,併用群が単独群に比べ有意に改善。 症状別では併用群が単独群と比べ、鼻汁性状、後鼻漏において有意に改善。 SNOT-20、CTスコアは有意差なし。 急性あるいは閉塞性の気道疾患群(喘息や気管支拡張 症は除外)の急性悪化60例の二重盲検ランダム化パラレル試験で,アンブロキソール1日120mg10 日間投与群では,偽薬群と比較して, 痰量,痰の粘稠度,喀出困難と並んで咳症状の改善度が有意に高かった。 咳嗽に関するガイドライン 第2版 RCTにおいてカルボシステイン、アンブロキソールどちらも喀痰、咳症状の改善はプラセボと比較して有効性が証明されている。 個人的はあまり効果を感じませんでしたが、客観的なデータでは有効性は証明されているようですね。 カルボシステインとアンブロキソールではカルボシステインのほうが咳の改善作用はあるかもしれない。 111• 237•

次の

【味見】小児用ムコソルバンD.S1.5%を味わってみました

ムコソルバン

1.ムコソルバン錠の特徴 まずはムコソルバンの特徴をざっくりと紹介します。 ムコソルバンは、痰を出しやすくする痰切りのお薬で、副作用の少なさと剤型の多さが特徴です。 そのため、風邪や気管支炎・肺炎などを中心に現在でも広く処方されています。 痰切りのお薬にもいくつかの種類があります。 その作用を大きく分けると、 ・痰を出しやすくするお薬 ・痰を溶かすお薬 があります。 ムコソルバンは前者になり、気道の粘液を増やしたり、気道の線毛運動を亢進させる事で、痰を体外に排出しやすくするお薬です。 他にもムコダイン(一般名カルボシステイン)も痰を出しやすくするお薬になります。 もう1つが痰を溶かすお薬で、こちらにはビソルボン(一般名ブロムヘキシン)などがあります。 基本的には、気道の痰を排出するのに使われますが、それ以外にも副鼻腔炎などにおける副鼻腔の排膿効果も認められており、副鼻腔疾患に使えるのも利点です。 ムコソルバンは副作用が少なく、臨床で処方している感覚としては「副作用がほぼない」と言っても良いようなお薬です。 たまに胃不快感などの胃腸系の症状が出ますが、出たとしても軽度であり、安全性はとても高いお薬になります。 多くの剤型が揃っているのもムコソルバンのメリットです。 錠剤の他に液剤、ドライシロップ(粉)があります。 また小児用にはなりますがシロップもあり、小さい子でも飲みやすくなっています。 L製剤(徐放製剤)と呼ばれるものもあります。 ムコソルバンは1日3回飲まないといけないのですが、L製剤はゆっくり長く効くように改良されたお薬なので、1日1回の服用で済みます。 何回も服用するのが面倒という方にもおすすめです。 L製剤には錠剤とカプセル剤があります。 このように豊富な剤型が揃っているのです。 以上からムコソルバンの特徴として次のような点が挙げられます。 【ムコソルバンの特徴】 ・痰を排出しやすくするはたらきを持つ ・副鼻腔炎の排膿にも効果がある ・副作用が少なく安全性が高い ・剤型が豊富で使い勝手が良い スポンサーリンク 2.ムコソルバン錠はどんな疾患に用いるのか ムコソルバンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 ムコソルバンの添付文書には、次のように記載されています(2015年7月現在)。 下記疾患の去痰 急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、塵肺症、手術後の喀痰喀出困難 2. 慢性副鼻腔炎の排膿 《小児用シロップ・小児用DS1. 臨床でよく用いられるのが、風邪(急性上気道炎)や気管支炎、喘息などですね。 3.ムコソルバン錠にはどのような作用があるのか 痰切り(去痰剤)として用いられるムコソルバンですが、どのような機序で痰を出しやすくしているのでしょうか。 ムコソルバンの作用には、主に3つのものが挙げられます。 そのため、ムコソルバンは痰を柔らかくする事で、痰が体外に排出されやすいようにします。 具体的には、肺サーファクタント(界面活性剤のようなもの)や気道液と呼ばれるものを気管内・肺胞内に分泌します。 これにより気管壁が潤滑になり、また痰も水気を含んで柔らかくなるため、体外に排出されやすくなるのです。 この毛は、異物が気管に入ると、動きが活性化し、体外に異物を運ぶはたらきがあります。 ムコソルバンは、気管壁に存在する線毛の動きを活性化するはたらきがあります。 これにより余計な痰も体外に運ばれ、排出されやすくなるのです。 元々副鼻腔と気管は、分泌液や線毛運動など構造的に似ている部分が多く、そのためムコソルバンは気管だけではなく副鼻腔でも同じように、余計な物質を排出してくれる作用が期待できるのです。 副鼻腔に膿がたまると副鼻腔炎を発症しますが、ムコソルバンは副鼻腔炎などで過剰になった分泌液を正常化したり、副鼻腔の繊毛運動を活性化する事で、排膿を促す効果があることが確認されています。 スポンサーリンク 4.ムコソルバン錠の副作用 ムコソルバンにはどんな副作用があるのでしょうか。 ムコソルバンは副作用が非常に少なく、安全性が高いお薬になります。 副作用の発生率は報告により異なりますが、0. また、生じる副作用の程度も軽いものがほとんどで重篤な副作用はほぼ起こらないといってもよいお薬です。 頻度は少ないものの、生じうる副作用としては消化器系のものが多く、 ・胃不快感 ・吐き気 ・胃痛・腹痛 などが報告されています。 これはムコソルバンが消化器系の運動を一過性に高めるためであると考えられています。 しかしほとんどが軽度の症状に留まります。 また、 ・浮腫 ・発疹 なども報告はあります。 こちらも頻度は少なく、また重症化することはほとんどありません。 5.ムコソルバン錠の用法・用量と剤形 ムコソルバンは多くの剤型が発売されています。 ムコソルバン錠(アンブロキソール) 15mg ムコソルバン内用液(アンブロキソール) 0. 風邪や気管支炎・肺炎などは子どもからお年寄りまで幅広い年代の方がかかる疾患ですので、ムコソルバンもそれに合わせて錠剤だけではなく、小児やお年寄りでも飲みやすい液剤やDS(ドライシロップ)、シロップとたくさんの剤型が用意されています。 L剤というのは「徐放製剤」の事です。 ムコソルバンは効果を一定させるためには、1日3回服用することが指示されていますが、徐放製剤は「ゆっくり長く効く製剤」であり、1日1回服用するだけで効果が1日持続します。 1日3回も服用できないという方にとっては役立つお薬になります。 ムコソルバンの使い方は、 【錠剤】 通常、成人には1回1錠 アンブロキソール塩酸塩として15. 0mg を1日3回経口投与する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 【内用液】 通常、成人には1回2mL アンブロキソール塩酸塩として15. 0mg を1日3回経口投与する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 【ドライシロップ】 通常、成人には1回0. 5g アンブロキソール塩酸塩として15. 0mg を1日3回用時溶解して経口投与する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 【小児用シロップ】 通常、幼・小児に1日0. なお、年齢・症状により適宜増減する。 【小児用ドライシロップ】 通常、幼・小児に1日0. なお、年齢・症状により適宜増減する。 【L製剤】 通常、成人には1回1カプセル アンブロキソール塩酸塩として45mg を1日1回経口投与する。 通常、成人には1回1錠 アンブロキソール塩酸塩として45mg を1日1回経口投与する。 と書かれています。 ムコソルバンはだいたい、服用してから1~4時間で血中濃度は最大になり、半減期は5~9時間ほどと報告されています。 半減期とは、お薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、そのお薬の作用時間の一つの目安になる数値です。 ムコソルバンはその半減期から1日1回の服薬では1日を通して効果は持続しないと考えられており、1日3回の服用が指示されています。 1回の服用で1日を通して痰を抑えたいのであれば、L製剤(徐放製剤)があります。 L製剤は半減期が10~13時間ほどと長くなっているため、1日1回の服用で良いことになっています。 L製剤は、夕食後に服用すると、夜間から早朝にかけてもっとも良い効果が得られるため、夕食後の服用が勧められています。 これは特に慢性呼吸器疾患における痰は、夜間・早朝に一番悪化しやすいことが多いためです。 6.ムコソルバンが向いている人は? 以上から考えて、ムコソルバンが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 ムコソルバンの特徴をおさらいすると、 ・痰を排出しやすくするはたらきを持つ ・副鼻腔炎の排膿にも効果がある ・副作用が少なく安全性が高い ・剤型が豊富で使い勝手が良い などがありました。 ムコソルバンは効果もしっかりとあり、安全性も高いお薬です。 また剤型がたくさんあり、使い勝手も良いという点も挙げられます。 ここから、呼吸器疾患に伴う痰が生じた時に、まず最初に用いるお薬として適していると言えます。 また、副鼻腔炎の排膿にも使いやすいお薬でしょう。 7.ムコソルバン錠の薬価 ムコソルバンの薬価はどれくらいなのでしょうか。 薬価は2年に1回改訂されますが、2015年5月の薬価基準収載では次のように薬価が設定されています。 ムコソルバン錠(アンブロキソール) 15mg 19. 3円 ムコソルバン内用液(アンブロキソール) 0. 9円 小児用ムコソルバンシロップ(アンブロキソール) 0. 2円 小児用ムコソルバンDS(アンブロキソール) 1. 3円 ムコソルバンLカプセル(アンブロキソール) 45mg 67. 7円 ムコソルバンL錠(アンブロキソール) 45mg 67. 7円 2015年7月現在 なお薬価の改訂は定期的に行われているため、ムコソルバンの薬価も今後、変更される可能性がありますことをご了承下さい。 最新の薬価は、厚生労働省のサイトや製薬会社のサイトにてご確認下さい。 カテゴリー• 247•

次の

ムコソルバンの授乳の影響と妊娠中の使用|授乳中と妊娠中の注意点|薬インフォ

ムコソルバン

ムコソルバンの授乳中の使用|授乳への影響は ムコソルバンは授乳中の使用は推奨されていません。 ムコソルバンにはムコソルバン錠15mgの他、1日1回の使用で効果があるムコソルバンL錠45mgとムコソルバンLカプセル45mg、液剤であるムコソルバン内用液0.75%、粉薬のムコソルバンDS3%、小児用の粉薬である小児用ムコソルバンDS1.5%、小児用の液剤である小児用ムコソルバンシロップ0.3%がありますが、いずれも授乳中の使用に関しては以下のような注意喚起がされています。 授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。 [動物実験 ラット で母乳中へ移行することが報告されている。 ] ムコソルバン 添付文書 動物実験で、ムコソルバンの成分が母乳中に移行することがわかっており、そのまま乳児に母乳を飲ませると薬の成分も乳児が摂取してしまう可能性が指摘されています。 このため、製薬会社では授乳中に使用することは推奨していません。 ただし、母乳に移行する量は少量 製薬会社は推奨していないものの、 ムコソルバンの成分が実際に母乳に移行する量は少量であることが確認されています。 母乳中への移行はラットの動物実験で確認されており、この結果は確かに母乳に移行するものの、非常に少量であることが確認されています 1。 1 久保順嗣ほか:医薬品研究 1981; 12(1): 237-245. 仮に授乳を経由して摂取しても影響は少ない? ムコソルバンは小児でも使われる薬であり、授乳をもって乳児が摂取しても大きな影響はないとも考えられます。 ムコソルバンは去痰薬として、0歳の乳児にも非常によく使われる薬です。 また、その効果は穏やかであり、副作用も少ないことで知られている薬です。 したがって、仮に授乳を経由して少量を摂取しても、乳児への影響は限定的(あまり大きくない)と考えられます。 公的機関の見解も授乳中の使用は大きな問題なし ムコソルバンの授乳中の使用は、 いくつかの公的機関の見解も問題ないという判断です。 授乳婦服用による有害事象の報告が見当たらない。 小児に適応を持ち、移行したとしても問題にならないと思われる。 母乳とくすりハンドブック また、愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き 改訂 2 版 (2012)でも人における母乳の移行データがないため、使用可能という判断をしています。 ヒト母乳への移行データがないので、授乳婦に使用可能と考えられる。 小児に使用する製剤である。 「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き 改訂 2 版 このように専門家による公的機関でも、ムコソルバンの授乳中の使用はあまり問題がない、影響が少ないという判断が一般的です。 授乳中の使用に関して最後は医師の判断で ムコソルバンの授乳中の使用は前述の通り、製薬会社は推奨していないものの、 実際には乳児への影響は大きくないと考えられます。 ただし、 最終的に授乳中にムコソルバンを使用するかを決めるのは処方医の先生となります。 お母さんや子供の体調や体質、その時の症状や併用している薬など、様々な状況から総合的に判断し、医師が処方するか決めることになります。 したがって、処方医の先生には授乳中であることはもちろん、その他にお母さんと子供の体調や体質、他に使用している薬、生活環境などすべて伝えた上で先生に判断してもらうようにしましょう。 先生とよく相談した上でムコソルバンを処方された場合は、授乳中でも安全に使用できるという判断をされたと考えられますので、その際は安心して使用するようにしましょう。 ムコソルバンの妊娠中の使用|妊娠初期や妊娠後期の影響は ムコソルバンは妊娠中の使用も推奨されていません。 いずれの剤型においても、ベネフィットが妊娠中に使用するリスクを上回る場合のみ使用してくださいといった意味合いの注意喚起がされています。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 ] ムコソルバン 添付文書 ただし、上記のような注意喚起はほとんどの薬剤で書かれている内容であり、実際にはほとんどリスクがないような薬でも記載されている場合がほとんどです。 妊娠中に注意喚起されているのはデータがないから 前述のようなムコソルバンの妊娠中の使用に関する注意喚起がされている理由は、 妊婦に使用したデータがない、もしくは少ないからです。 妊婦に対する臨床試験を実施しておらず、妊娠中の投与に関する安全性が確立していないため設定した。 ムコソルバン インタビューフォーム したがって、実際に妊婦に使用して危険な影響が現れることが確認されているわけではありません。 危険とも安全とも確認できるほどデータがないというのが実際のところと考えられます。 妊娠中の使用は動物実験ではほとんど影響なし|妊娠初期、妊娠末期においても 妊娠中のムコソルバンの使用に関して動物実験のデータがいくつか公開されていますが、 それらの結果は基本的に大きな問題はないというものでした。 また、胎盤への分布は母ラットの血中放射能レベルと同程度であった。 母ラットの血中放射能レベルが上昇しているときでも胎仔への分布が極めて少ないことから胎盤を通過し難いと考えられた 1)。 1 久保順嗣ほか:医薬品研究 1981; 12(1): 237-245. 2 松沢景子ほか:医薬品研究 1981; 12(1): 358-370. 3 Iida Hほか:応用薬理 1981; 21(2): 271-279. 4 松沢景子ほか:医薬品研究 1981; 12(1): 371-387. 公的機関の見解も妊娠中の使用は大きな問題なし 愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き 改訂 2 版 (2012)では 妊娠中の使用に関して問題ないという見解です。 妊婦に使用可能と考えられる。 「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き 改訂 2 版 妊娠中の使用に関しても最後は医師の判断で 授乳中の使用と同様、 妊娠中の使用に関しても最後は処方医の先生の判断となります。 前述の通り、妊娠中にムコソルバンを使用してもさほど大きな危険性、胎児への影響は少ないと考えられますが、自己判断でムコソルバンを使用するのは避け、必ず処方医の先生に相談の上、判断を仰ぐようにしましょう。 先生が妊娠中であることを知った上で処方された場合は、安全と判断しての処方と考えられますので、安心して使用するようにしましょう。 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の