スマホ 3dスキャン。 リアルアバター制作, 全身3Dスキャンスタジオ

スキャナーがなくても大丈夫!スマホでスキャン出来るアプリ3選

スマホ 3dスキャン

当ブログでもなんどか手軽に3Dデータが入手できる方法をご紹介しておりました。 しかしこのような無料の3Dデータ共有サイトなどは目当てのモデルを探すのが大変だったりしますよね。 今回ご紹介するのは3Dデータ共有サイトではなくスマホで出来る3Dスキャンです。 作りたいモデルなどが手元にある場合はこのようなスキャンを使うことで手軽に3Dモデルが制作できる時代になりつつあります。 ご紹介するアプリや機器は既に期間限定のものやこれからリリースされるものも含まれますが 手軽に3Dスキャンが出来る時代が来つつあるということを本記事でご紹介できればと思っております。 3Dスキャンとは 3Dスキャンとは対象物の凹凸を感知し立体のモデルとしてデータを取り込む技術です。 スキャン方法は「接触型」「非接触型」の2種類に分けられます。 ・接触型はセンサや探針などを実際に対象物に触れその時点での接触点を計測しモデリングする方法です。 ・非接触型はいくつか種類がありますがレーザー光線を発射し対象物に当てて反射する時間差や照射角度を解析してモデリングする方法となります。 それでは早速、スマホを使った3Dスキャンアプリをご紹介していきます。 123D catch こちらはAUTODESK社が出しているスキャンアプリとなります。 写真を取るように3Dモデリングを行うことが出来ます。 しかしこちらのアプリは2017年3月31日で配信を終了しており同社が配信しているソフト「 」に吸収されるとのこと。 またこちらのAutodesk ReMakeでは写真やスキャンデータから高解像度の3Dモデルを作製する機能などもあるため親和性は高いと言えます。 isense こちらは3Dプリンターも開発している3Dsystems社が販売している3Dスキャナーです。 iPhoneやiPadに装着しスキャンすることができます。 こちらも現在は在庫限りとのことですので検討されている方はお早めにお申込み下さいね。 動画で見る限りかなり大きいものも撮影していますね。 出力できるデータ形式は付属のソフトを使うことでSTL、OBJ、PLY形式のデータに出力できます。 3Dプリンターメーカーが開発しているだけあってデータ形式はプリントするには申し分ないですね! Scandy Pro 最後に紹介するのは「scandy pro」です。 開発しているscndy社は3Dプリントと3Dスキャンに関連する製品・サービスを提供しています。 「scandy pro」の他に「scandy」「Scandy Core」というサービスをリリースしています。 今回ご紹介する「scandy pro」はAndroid端末に装着し撮影したモデルを付属のソフトで制作する製品となります。 如何でしたでしょうか。 123D catchなど無料のアプリが提供終了になるなど気軽に試してみる機会は少ないですが 国内外でスキャンアプリのニュースが更新されてますので一時的な状況ではないでしょうか。 より手軽に3Dデータが作製できる世界により近づいているように思えました。 それではまた次回。

次の

いま・すぐ・あなたはスマホで街をスキャンできる:WS「3D都市データとスキャン」レポート

スマホ 3dスキャン

主な特長• スキャンは超高速、iOS上でリアルタイムに済み、待ち時間無しです!• Qloneでのスキャンはとても簡単。 マットの中央にオブジェクトを置くだけで、ARドームがスキャン手順をガイドしてくれます。 1つのオブジェクトを違う姿勢でスキャンしたものをマージして全体的な結果を改善することもできます。 Texture, Art, Sculpt, Clean, Resizeなどのモディファイアを使用して3Dモデルをクリーンアップ・修正できます。 他の3Dツールやプロジェクトで使用できるOBJ, STL, PLY, X3Dといった様々な形式でモデルをエクスポートできます。 モデルをFacebook, WhatsApp, Instagram, Email, SMSで友達と共有できます。 スマホで3Dスキャンと言うと、機能的にはちょっと前までAutodeskが無料で提供していたスマホアプリ「123D Catch」みたいな感じでしょうか。 This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are as essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience.

次の

スマホを3Dスキャナーにする「Phiz」が4時間で目標調達額を達成!

スマホ 3dスキャン

に搭載されている新機能「3D Creator」。 背面カメラ「Motion Eyeカメラ」のみで物体の3Dスキャンが行なえるというほかにはない技術で、Xperia XZ1、XZ1 Compactの目玉機能のひとつとなっている。 この3D Creatorはどのように利用し、どういった活用ができるのか、実際に体験してきた。 加えて、Motion Eyeカメラの機能で、従来からの進化ポイントもチェックしてきたので、合わせて紹介する。 カメラの情報と加速度センサーの情報を利用 単眼カメラのみで3Dスキャンを行なう 通常、3Dスキャンを行なう場合には、映像をとらえるカメラだけでなく、赤外線を利用した測距センサーなどが搭載される「3Dカメラ」と呼ばれる機器を利用するのが一般的。 たとえば、インテルが開発した「Intel RealSense Technology」などがおなじみだろう。 それに対し、XZ1およびXZ1 Compactに搭載されている3D Creatorでは、裏面カメラ「Motion Eyeカメラ」のみを使って3Dスキャンを行なうようになっている。 これが、大きな特徴だ。 3D Creatorは、測距センサー不要で、単眼のカメラと加速度センサーのみで3Dスキャンを行なう 正確に言うと、カメラだけで実現しているわけではなく、加速度センサーを同時に利用して実現している。 3Dスキャン時には、カメラで物体をとらえてその周囲を移動するという、一般的な3Dスキャンと同じ操作となるが、その時に加速度センサーの情報を読み取って移動方向や距離を判断するとともに、とらえている映像から表面の凹凸などの特徴点を割り出し、3Dモデルが作成される。 3Dスキャンの手順やできあがる3Dモデルは、3Dカメラを利用する場合とほぼ同じだが、スマートフォンに標準搭載されている単眼のカメラと加速度センサーを利用し、ソフトウェア技術のみで実現できているという点が、3D Creatorの大きな特徴だ。 特別なハードウェアが不要なので、ハードウェアのコストが低減できるのはもちろん、汎用性が高いという点も、ほかにはない利点となる。 ピックアップ• 「純情のアフィリア」スペシャルライブ• 「第二言語習得研究」の知見に基づくメソッドでオンライントレーニング• ステップ・バイ・ステップでSDLプログラミングの初歩を解説• 「HMS」って何? Androidスマホと何が違うの?• どんなデバイスが、どのくらいネットワークを使っているのかをグラフィカルに可視化• 単年度でなく数年後も対応できる「GIGAスクール構想」実現を、低価格の10ギガ製品や無線LAN製品、長期保証で支援• Core i7-10875HにGeForce RTX 2080 Super with Max-Qは現時点で最新・最強• 今年度もSDLアプリコンテストを開催中! まずはSDLについて知ってみよう• クラウドネイティブな「Veeam Backup for Microsoft Azure」発売、マルチクラウド時代に備える選択• ユーザビリティーと冷却性能に注目、ゲームしやすいPCとは何かを追求したうえでの答え• ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!• 電波の弱い部屋を撲滅したい!• 7月2日全国発売です!!! 毎日45%ポイント還元アリの電子コミック「まんが王国」がお得感No. 1なワケ• 使い込むほどに実感する使い勝手と利便性の心地よさ• ゲームもテレワークも1台でこなしたい!• テレワーク推奨で俄然気になる家庭のパソコン選び• 第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の