沈ま ぬ 太陽 実話。 「沈まぬ太陽」が終わらない2つの理由 日本航空123便墜落事故│ニュース・スクランブル

ドラマ「沈まぬ太陽」のあらすじと最後の結末は?ネタバレ注意!

沈ま ぬ 太陽 実話

その多くが映像化されていますが、長年テレビドラマ化が不可能とされてきた傑作小説「沈まぬ太陽」 新潮文庫刊 が、いよいよWOWOWでドラマ化に。 「沈まぬ太陽」は、単行本・文庫本の売り上げが累計700万部を超え、数ある山崎さんの作品の中で、最もヒットした大ベストセラーです。 脚本は、2014年放送の大河ドラマ「軍師官兵衛」の前川洋一さん、 監督は「連続ドラマW マークスの山」「連続ドラマW 下町ロケット」の水谷俊之さん、鈴木浩介さんです。 そして、主人公の恩地 元を演じるのは、1995年に放送されたテレビドラマ「大地の子」で、新人ながらも主人公を演じて一躍脚光を浴びた上川隆也さんが、20年の歳月を経て、山崎豊子作品の主役に再び挑みます。 さらには、ライバル行天四郎役に「連続ドラマW 翳りゆく夏」の渡部篤郎さんが出演します。 2016年に開局25周年を迎えるWOWOWの、ドラマW史上最大規模という「沈まぬ太陽」に期待しましょう。 Sponsored Link あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地 元 上川隆也 と、その同志で副委員長の行天四郎 渡部篤郎 は、死亡事故が起きるほど劣悪な労働環境の改善を目指し、経営陣と激しく対立する。 「空の安全」を第一に考え、時に愚直に行動する恩地は、経営幹部に疎まれて海外の僻地へ左遷されてしまう。 一方、現実主義の行天は恩地と決別し、幹部に取り入りながら、自らの理想の会社像を追い求めて出世していく。 やがて、「空の安全」を軽視した国民航空は、「大型旅客機の墜落事故」という未曽有の惨劇を引き起こしてしまう。 日本に戻っていた恩地は遺族係となって、尊い命を奪われた遺族たちの深い悲しみに真摯に向き合う。 そんななか日本政府は、国民航空の建て直しのため、関西紡績の国見に、トップ就任を要請する。 会長に就いた国見は、恩地を会長室部長として呼び寄せ、組織にはびこる不正を調査させる。 恩地は、失墜した会社の再生を信じて奔走するが、その前に立ちはだかったのは、常務にまで上り詰めた行天だった…… キャスト・登場人物相関図 【国民航空 労働組合】 恩地 元……上川隆也 国民航空 組合委員長。 国民航空 予算室社員。 責任感が強く、ときに愚直に行動する。 空の安全を守るため、労働環境の改善を目指して経営陣と対立し、海外の僻地に左遷される。 行天四郎……渡部篤郎 国民航空 組合副委員長。 国民航空 営業部社員。 恩地とは大学時代からの友人。 労働組合でも共に闘う。 しかし、出世と引き替えに恩地と決別する。 現実主義で上昇志向が強い。 三井美樹……檀 れい 国民航空 客室乗務員。 恩地・行天と共に、組合活動に参加。 沢泉正夫……小泉孝太郎 国民航空 労働組合員。 恩地・行天を尊敬している。 桜井 均……長谷川朝晴 書記長。 冷静で手堅い。 委員長・恩地の良きサポート役。 中川……徳重 聡 整備士。 劣悪な環境の中で、一級建築士を目指して奮闘している。 八木……渡辺 大 組合員。 労働組合のため、ひた向きに闘う熱い男。 村田……草野イニ 組合員。 八木と共に、労組執行部を支える組合員。 志方真一郎……甲本雅裕 運航技術部。 安全性が軽視された運航の現状を危惧する。 【国民航空 経営幹部側】 桧山 衛……古谷一行 国民航空 社長。 労使交渉で、恩地・行天ら労組側と対立する。 堂本信介……國村 隼 国民航空 労務担当取締役。 桧山社長から、労使交渉を任される。 八馬忠次……板尾創路 国民航空 労務課長。 前任の国民航空労働組合委員長。 恩地に、次期委員長を押し付ける。 夫を献身的に支える二児の母。 恩地将江……田島令子 恩地の母。 女手一つで2人の子どもを育てた。 息子家族と同居。 行天麗子……若村麻由美 行天四郎の妻。 元客室乗務員。 夫の出世を望んでいる。 Sponsored Link -• 週間人気記事• 115ビュー• 86ビュー• 68ビュー• 64ビュー• 63ビュー• 59ビュー• 49ビュー• 49ビュー• 45ビュー• 38ビュー• 35ビュー• 34ビュー• 34ビュー• 33ビュー• 31ビュー• 31ビュー• 29ビュー• 29ビュー• 29ビュー• 27ビュー• 27ビュー• 25ビュー• 24ビュー• 24ビュー• 23ビュー• 23ビュー• 23ビュー• 22ビュー• 21ビュー• 20ビュー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より• ブログ広告.

次の

映画沈まぬ太陽は実話かフィクションか?

沈ま ぬ 太陽 実話

故・山崎豊子さん が1999年に発表した作品なのです。 『白い巨塔』は、時代を超えて何度もドラマ化され、医療現場の裏側にはびこる闇の部分にメスを入れている作品として描かれています。 きっとみなさんも一度は見たことがあると思います。 そんな作品を手がけた山崎豊子さんの作品ですから、『沈まぬ太陽』も長編で重たい作品であることには、容易に想像がつきます。 また、この『沈まぬ太陽』は、今でも多くの人たちの脳裏に鮮明に記憶されている御巣鷹山での事故、社会問題にもなった 日航機墜落事故がモデル とされていると言われています。 ただ、作者である山崎豊子さんは、その事を認めていないみたいです。 しかし、明らかに当時社員だった小倉寛太郎氏の経歴は、まさに『沈まぬ太陽』の主人公『恩地元』の経歴そのものとして描かれています。 その他のキャラクターも、複数の元社員がモデルになっている部分が見受けらます。 そのため、日本航空も 名誉毀損 であると『沈まぬ太陽』に対して憤慨していたという話も…。 正直な話、今でもその当時、日本航空内部で何が起こっていたのか、その具体的な話は見えていません。 『沈まぬ太陽』で、どこまで事実に近づいて描かれているのか、その真相はきっと当時、日本航空に所属していた人だけが知り得る話なのでしょう。 それでは、さっそく社会問題ともなった、長編映画『沈まぬ太陽』のストーリーネタバレを紹介していきます。 沈まぬ太陽・アフリカ篇 航空会社・国民航空の社員で、労働組合の委員長である恩地元は、 『人の命に関わる事故が起こってしまうほどの劣悪な労働環境』 をなんとか改善したい想いで、経営陣と対立していたのです。 その事を快く思わない経営者は、彼を左遷同様の人事異動として、海外に赴任させます。 その赴任先は、カラチ・テヘラン・ナイロビ、といずれも遠い西アジアやアフリカの地。 彼は、足掛け10年の海外生活となります。 社員のことを考え、しっかり労働できる環境を作っていこうと奔走していた恩地に対して、経営陣側は厳しい対応を取っていったのです。 その結果、 母親と別離し、家族とも別れ、心身ともに厳しく辛い10年間を過ごす ことに… 一方、労働組合委員会の副委員長を務めていた 行天四郎 は、堂本常務の言葉によって、手のひらを返したかのように恩地と袂を別ち、出世街道を歩み始めるのです。 沈まぬ太陽・御巣鷹山篇 10年後、ようやく日本に帰国してきた恩地。 相変わらず経営陣たちからの仕打ちは終わっておらず、東京本社では 閑職(要は窓際族) に追いやられ、まともに仕事ができない状態となってしまうのです。 そんな中、御巣鷹山で、 『国航ジャンボ機墜落事故』 が発生。 恩地は、救援隊・遺族係へ回されてしまうことに… 沈まぬ太陽・会長室篇 御巣鷹山での大事故から4ヶ月後。 国民航空は、国見正之を会長に据え、抜本的な見直しを行い、新体制をスタートさせます。 当時、遺族係として大阪に赴任していた恩地は東京に呼び戻され、国見が新設した『会長室』の部長に抜擢。 企業改革を推進する国見の右腕として、企業改革に奮闘するようになります。 一方、 次期社長の座 をねらう行天。 ここまで出世のためには手段を選ばず、国民航空の役員まで上り詰めていました。 ここで国民航空の腐敗体質の温床として、自身の立場が危うくなるのですが、その背後には 黒幕 の存在もいて… 以上が、『沈まぬ太陽』のざっくりしたストーリーネタバレとなっています。 最終的には、会社の改革に大きく携わっていく恩地です。 その間に10年以上の月日が流れ、また母との別離や家族との別れなど、とても正義が勝つ話には思えません。 直接の原因かどうかは別としても、大事故を引き起こした御巣鷹山での大事故も、経営陣が大きく関係しているわけです。 最終的に改革されたとしても、何の関係もない、ただの乗客をも巻き込み、多くの犠牲を生んでしまっています。 その事を考えると、とても勧善懲悪の作品なんて言えることはできません。 これが、『半沢直樹』や『下町ロケット』のようなストーリーとは、大きく異なるリアルな姿と言えるでしょう。 なお、さきほどもお話した通り、『沈まぬ太陽』のモデルとなった日本航空は、この作品に対して激怒しました。 それ以降、当時連載していた週刊新潮の日本航空機内での取り扱いをやめたそうです。 このように『沈まぬ太陽』は、大きな社会問題をも巻き起こした大作ですから、一見の価値ありと言えるでしょうね。 [adsense] WOWOWの25周年記念のドラマ『沈まぬ太陽』 上川隆也と渡部篤郎 社会問題にメスを入れている問題作として、何度も映像化に失敗。 ようやく2009年に角川映画として公開した作品が、この『沈まぬ太陽』。 それだけに『白い巨塔』のように、名作だからといってリメイクされることはありませんでした。 しかし、WOWOWの25周年記念作品として、 2016年春 に連続ドラマ化。 しかも放送される連続ドラマW枠としては、異例の 長編20話 の作品として放送されたのです。 従来、連続ドラマW枠は、だいたい5話前後の放送、長くても8話程度です。 10話以上というのは、この『沈まぬ太陽』のみ。 きっとWOWOWも、それだけ25周年記念作品として力を入れていることなのでしょう。 連続ドラマW版『沈まぬ太陽』としては、 恩地元を上川隆也さん 行天四郎を渡部篤郎さん が演じています。 追記:2017年6月14日 2016年9月25日の放送で終了したWOWOW版ドラマ『沈まぬ太陽』。 基本的には原作に沿ったストーリー展開だったと思います。 では、少し掘り下げながら、ざっくりではありますが、ドラマ版『沈まぬ太陽』全20話のストーリーを紹介していきます。 先輩職員・八馬(役:板尾創路さん)の画策にはめられ、労働組合の委員長となってしまった国民航空職員の恩地元(役:上川隆也さん)。 同期で副委員長の行天四郎(渡部篤郎)と共に、労働環境改善に邁進してきます。 しかし、社長・桧山社長(役:古谷一行さん)は、恩地の行動を快く思わず、両者が激しく対立!! このままでは埒が明かないと、会社側も堂本取締役(役:國村隼さん)や、八馬を労使交渉のテーブルにつかせ、話を収束させようと働きかけます。 しかも、厄介なのは、この堂本という男で、労使交渉の席でも理路整然とまくし立て、労働組合側の要求を一方的にはねのけてしまいます。 そのため、労使交渉は平行線で、解決への糸口が全く見つからない状況…。 そんな中、人員不足による過重労働が職員に課せられ、整備士・中川(役:徳重聡さん)の命を落とすアクシデントが発生してしまいます。 この光景を目の当たりにした恩地は、このままでは、確実に空の安全が脅かされてしまうと危惧します。 そして、労働環境改善のために、国民航空はじまって以来のストライキを断行することに…。 このことで、なんとか人員増員・残業手当アップという労働組合側の要求が飲まれ、労働環境は劇的に改善されました。 ただし、労働組合委員長が沢泉(役:小泉孝太郎さん)に代わり、恩地は常務に昇格した堂本によって、パキスタン・カラチへ左遷されてしまうのです。 これまで行動を共にしてきた恩地が左遷を受け、沢泉も憤慨!! ビラをまくなどの抗議活動も高まる中、恩地は遂に檜山社長に直談判します。 そんな中、副委員長だった行天が堂本常務の画策にハマり、裏切り行為を起こします。 結局、恩地は檜山社長の 「2年で帰す」 という言葉を信じ、パキスタン・カラチに赴任することになるのです。

次の

ドラマ「沈まぬ太陽」は実話なのか?モデルとなった人物や事件は?

沈ま ぬ 太陽 実話

24 ID:M3yeavd0 当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で、放課後や昼休みは学校の図書館でもっぱら読書に勤しんでいた。 小さい図書館だった為に一年くらい通うと、興味のあった分野の本はおおかた読みつくしてしまい、次はどの分野の本を読もうかと思案していると、一冊の本が目に入った。 タイトルは『沈まない太陽』という本で、今でも忘れない。 図書館の一番奥の本棚の、一番下の段に置いてあった。 本というよりは小冊子といった方が近いかもしれない。 表紙は太陽に月が溶かされ、下にある人間界と人間も溶かされているような絵だった。 表紙を見た瞬間に絵が原子力爆弾を表しているのか? と考えたがそうではなかったのだと思う。 内容もまた奇妙だった。 あるページには押し花がされていたり、あるページには文章で『太陽は沈まない。 太陽が沈まないと隠れる事ができない』と書いてあったり、またあるページからは変な絵が延々と書かれていた。 どのページの絵にも太陽は書かれていたが、一ページだけレモンがテーブルに乗っかっているだけの絵があった。 テーブルには『ようこそ』と書いてあった。 さらに気付いてしまった。 その本はページ数が途中からバラバラだった。 レモンの絵は真ん中にあったのにも関わらず一ページだった。 気味が悪かったのと、何か嫌な感じがしたので本を戻そうか迷ったが、好奇心には勝てずに本を読み進めた。 さすがに破いて並べる訳にはいかないので対応したページを順に読んでいくと、レモンの絵はただの表紙であり、次のページから出てくる太陽が徐々に姿を変えて人間を溶かして、最後は太陽が人間の形になるという構図が完成した。 完成したところで、だと思う。 遠くから何か叫ぶような声が聞こえて同時に周りにいた人達が私をジロジロ見ていた。 目つきはなんだかギラギラしていた。 居心地が悪くなって私は図書館を後にした。 外に出るとなんだか空気が濁っている感じがした。 普段は全くそんな事は感じないのだが。 気にしすぎだと思い、家までの帰路につくと、いつもと同じ道を通っているのに、見たこともないような景色が広がっていた。 無意識に進む。 なぜか不安感はなかった事を覚えている。 しばらく進むと、見たこともないような防波堤で数人の釣り人が釣りをしていた。 海は墨汁のように真っ黒、空は赤に近いピンク色だった事は覚えている。 変な形の魚が釣り人のバケツの中を暴れまわっている。 釣り人は近付いた私に一瞬驚いたようだが、すぐに釣りに戻った。 離れようとした時ボソッと声が聞こえた。 「喰われるぞ」 「え? 」 と言ったのもつかの間、私はカラスのような鳥に手を突つかれた。 同時に釣り人がバケツに入れていた魚を鳥に向かって投げた。 群がる鳥。 釣り人は、方角を指差すと「急げ」と。 その方向に全力で駆け抜けた。 途中一度だけ振り返ると、太陽が近づいて来ていた。 釣り人や鳥、景色も蒸発していった。 そこで私は目を覚ました。 気付いたら病院のベッドの上だった。 近くにいた看護師さんに話しかけると、すぐに医者を呼んでくれた。 話によると私は本を読みながら突然倒れ、一ヶ月まるまる病院で寝ていたそうだ。 枕元にはクラスメイトが製作してくれた寄せ書きがあった。 間もなく両親が到着して、二人とも号泣してしまい、なだめるのが大変だった。 Sponsored Link 後日談が三つある。 一つ目 裏の世界で助けてくれた釣り人は私が小さい頃に亡くなった叔父だった。 叔父と言っても遠くに住んでおり、二度三度しか会ったことがないそうだ。 昔のアルバムに一緒に写っている写真があった。 それからは毎年必ず墓参りに向かい、墓前で近況報告を欠かさず行っている。 二つ目 裏の世界で鳥に噛まれた傷は現実にもあった。 私は裏の世界を臨死世界だと最初は考えていたのだが、だったら体に出た噛み傷はなんだったんだと今でも思う。 精神的に受けたと勘違いすると体には傷が浮かぶ事があると聞いた事があるが、それだろうか。 ちなみに倒れた時には全く外傷はなかったそうだ。 全身を鳥に噛まれていたらどうなったんだろうと今でもゾッとする。 三つ目 実は私が気を失っている間に一人クラスメイトが自殺していた。 康弘という男子で私とはほとんど関わりのないいわゆる不良だった。 周りの評判もあまり良くなかった。 どう評判が悪かったかは割愛するが、彼の寄せ書きには『沈まない太陽』という記述があった。 彼が図書館で本を読んでいるところを見たことがなかったので驚いた。 後日、読む気はなかったが学校の図書館でもう一度本を探してみた。 本はなくなっていた。 その後で、康弘と仲の良かった満男に話を聞くと、康弘は私が気絶する前に読んでいた本を読んで見たかったようだ。 満男は止めたが康弘は聞かず、図書委員から聞き出して本を借りて行ったそうだ。 だが読んだ時点では何も起きず、『呪いの書』と名付け、燃やしてしまったそうだ。 徐々に康弘はおかしくなっていき、最終的には首を吊って自殺したそうだ。 寄せ書きはおかしくなる寸前に書いたものだった。 その後は何も起きることなく、普通に大学を卒業して今は普通に仕事をしている。 読書は今でも大好きだ。 ただ一つ、作者不明の作品は読まなくなった。 (了) Sponsored Link -• 人気のコンテンツ• 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に うーん より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に 笠島 より• に 匿名 より• に より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 鴨川燕 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に より• に より• メタ情報• ブログランキング.

次の