スターダスト レビュー ちょうど いい 幸せ。 スターダストレビュー ちょうどいい幸せ 歌詞

スターダスト☆レビュー「ちょうどいい幸せ」MUSIC VIDEO公開!

スターダスト レビュー ちょうど いい 幸せ

「きのう何食べた?」や「勇者ヨシヒコ」、現在放送中の「孤独のグルメ Season8」など、数々の挑戦的な作品を放送しているテレビ東京金曜深夜の「ドラマ 24」枠。 2020 年 1 月クールは、古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務める「コタキ兄弟と四苦八苦」の放送が決定しています。 野木亜紀子のオリジナル脚本で、映画監督・山下敦弘が全話の演出を担当、ヒロインとして芳根京子の出演も決定しております。 本作の為の書下ろし楽曲となります。 ボーカル・根本要の優しい歌声がドラマのエンディングを彩ります。 ぜひご期待ください! さらに!12 月 23 日深夜 24:00 から放送の、根本がパーソナリティーを務めるラジオ「NACK de ROCK」にて「ちょうどいい幸せ」の音源が初公開されます。 でもそんな四苦八苦の中にも幸せは存在しているんです。 人はいつもその幸せを一所懸命探しています。 すぐそばにあるのに見えない人もいます。 気づかない人もいます。 もしかしたらそんな大きなものではなく、スパイスみたいなものかもしれません。 あくまでも人生の味付け。 でもそれはあなたの人生を、確実に美味しくしてくれます。 「コタキ兄弟と四苦八苦」のエンディング曲「ちょうどいい幸せ」はそんなことを思いながら作った曲です。 このドラマを観たあなたがこの曲を聴いたあなたが、飽きのこない「ちょうどいい幸せ」を感じてもらえることを願ってます。 毎週中年のオヤジ二人がわちゃわちゃガヤガヤするドラマなので、散らかったお尻をそっと拭いてくれるんじゃないか…そんな期待をしていました。 出来上がった曲『ちょうどいい幸せ』は正に期待通り、いや期待以上のお尻に優しい曲でした。 兄弟二人の四苦八苦の日常の先には、ちょうどいい幸せが待っていて欲しいなぁ、という希望を持たせてくれる正にこのドラマに必要な言葉だと感じました。 毎週、この素敵なエンディング曲が聴けるので、観てくれた人は安眠間違いないです。 楽しみと言えば喫茶シャバダバに通うこと。 可愛いアルバイト店員のさっちゃん(芳根京子)に、話しかけようと試みるが、いつもうまく行かず空振りに終わっている。 そんなある日、兄の家に、突然転がり込んできた弟・二路(じろう)(滝藤賢一)。 兄弟の再会は 8 年ぶりで、兄が弟に勘当を言い渡して以来のことだ。 突然の来訪をいぶかる兄だが、弟が来る直前に事故を起こしていたことを知り、慌てて現場へ向かう。 そこで出会った被害者の男・ムラタから、自分の代わりに待ち合わせ場所へ行ってほしいと頼まれる。 待ち合わせ場所に現れた女を見て、兄弟は絶句する。 )、 伊藤太一(AOI Pro. ) 制 作:テレビ東京 AOI Pro.

次の

スターダスト☆レビュー/ちょうどいい幸せ (アコギ弾き語りカバー) ☆フル/ コード/歌詞 ☆ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」エンディングテーマ Cover by masa

スターダスト レビュー ちょうど いい 幸せ

が、とがW主演を務めるドラマ24『』(テレビ東京系、2020年1月10日スタート、毎週金曜24:12~)のエンディングテーマを担当。 「ちょうどいい幸せ」は、本作のために書き下ろさられた楽曲で、ボーカル・の優しい歌声がドラマのエンディングを彩る。 同ドラマは、古舘と滝藤が「自分たちがW主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクト。 脚本は、『アンナチュラル』(TBS系)、『獣になれない私たち』(日本テレビ系)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)などの話題作を手掛けたのオリジナルで、『ハード・コア』(2018年映画)、『苦役列車』(2012年映画)、『リンダリンダリンダ』(2005年映画)などで知られる監督と初タッグを組む。 物語は、無職の残念な兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるところからスタート。 依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3か月後に世界が終わる……などひとクセある案件ばかり。 今回エンディング曲を歌う根本は、「人生、だれだって四苦八苦で生きてます。 でもそんな四苦八苦の中にも幸せは存在しているんです。 人はいつもその幸せを一所懸命探しています。 すぐそばにあるのに見えない人もいます。 気づかない人もいます。 もしかしたらそんな大きなものではなく、スパイスみたいなものかもしれません。 あくまでも人生の味付け。 でもそれはあなたの人生を、確実に美味しくしてくれます。 『コタキ兄弟と四苦八苦』のエンディング曲『ちょうどいい幸せ』はそんなことを思いながら作った曲です。 このドラマを見たあなたがこの曲を聴いたあなたが、飽きのこない『ちょうどいい幸せ』を 感じてもらえることを願ってます」とメッセージを寄せた。 毎週中年のオヤジ2人がわちゃわちゃガヤガヤするドラマなので、散らかったお尻をそっと拭いてくれるんじゃないか……そんな期待をしていました。 出来上がった曲『ちょうどいい幸せ』は正に期待通り、いや期待以上のお尻に優しい曲でした。 兄弟2人の四苦八苦の日常の先には、ちょうどいい幸せが待っていて欲しいなぁ、という希望を持たせてくれる正にこのドラマに必要な言葉だと感じました。 毎週、この素敵なエンディング曲が聴けるので、見てくれた人は安眠間違いないです。 素敵な曲をありがとうございました!」と、喜びのコメント。 なお、12月23日(月)24:00から放送の、根本がパーソナリティーを務めるラジオ『NACK de ROCK』(FM NACK5)にて「ちょうどいい幸せ」の音源が初公開されることがわかった。 ドラマスタートの前にチェックしてみては?.

次の

スターダスト☆レビュー、ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」エンディングテーマ「ちょうどいい幸せ」書下ろし!

スターダスト レビュー ちょうど いい 幸せ

1981年のデビューから39年間、文字通り日本の津々浦々を訪れて音楽を届け、陽気なリズムで踊らせ、切ないバラードで泣かせ、当意即妙トークで笑わせ、いよいよ60代に突入したバンドの、これが最新進化形。 14曲入りのライヴCDと、24曲たっぷり収録のライヴ映像に詰め込んだ想いを、いつものように軽やかに伸びやかに根本 要(Vo&Gu)が語ってくれる。 長いツアーでした。 もともとライヴが好きだというのもあるんですけどね。 僕らが81年にデビューしたあと、世の中はバブルに向かって行って、いろんなミュージシャンのミリオン曲が連発するわけですけど、僕らはその枠にまったく入らず(笑)。 CMソングとか、いろいろやらせてもらったおかげで、名前だけはなんとか世の中に出たかな?というぐらいで、代表曲もなかったんだけど、ライヴをやり続けたら、思いのほか人が集まってくれるようになりました。 その結果、全国ツアーができるようになったことが一番大きかったですね。 ライヴが基準になったと。 もちろん大会場でソールドアウトしたら、それはそれで嬉しいけど、逆に言えば観られない人もいるということですからね。 だから、当時は空席覚悟でアリーナツアーとアルバムツアーを同時にやっていたんです。 80年代後半の…例えば青森とかはなかなかお客さんが入らなかったんですね。 分かります。 僕がお客さんなら燃えます。 半分しかいないんだけど、その人たちがすごく盛り上がってくれた。 その時から僕は空席が怖くなくなったし、お客さんとよりコミュニケーションを取って、これをいつか思い出にできるようにしようと思った。 それは今日が良かったことよりも、次はもっといいライヴをこの街でやりたいと考えてやってるから。 そうすると、自然にライヴ回数が増えていくんです。 その81本の全会場に、巨大な遊園地のセットを持って行ったという。 ほんとですよ! 中野サンプラザはツアーの中で4日間やったけど、まさかその最後の日に限って(笑)。 リハーサルまではいつも通りだったのに、開演5分前にステージ袖に集まったら、スタッフがみんながあたふたしてる。 うちのライヴは余程の事情がない限り、多少遅れてくる人を考慮して5分押しで始まるんですけど、それ以上に遅れる時は、必ず自分でアナウンスを入れるようにしてるんですね。 そのほうが聞いてくれるから。 その模様は「特典映像2」にばっちり収録されております。 特に僕らはバンドだから出てくる音も時代とともに変わっていくしね。 このツアーにしても81公演同じメニューでやってるわけじゃなくて、日替わり曲が7、8曲ありました。 ツアーの中で4、5公演観てくださるかたも結構いらっしゃるんですけど、本音を言えば一公演で十分納得できるライヴを作りたいんです。 何公演も来てくれるのはありがたいけど、4、5公演観ないと納得できないというライヴはちょっと悔しいかな。 だけど、観たい人がいるなら日替わりでメニューを考えたいし、一公演しか観ない人もちゃんと納得できるものをやろうという感覚があるから。 その日だけ特別ということは、できるだけ避けたいんです。 だって、どの日も特別ですから。 でも、ツアー最終日とか、これを言うと驚かれるんだけど、僕のコンディションが悪い時は曲を足すんですよ。 普通は引くらしいですけど。 普通はそうですね(笑)。 やっぱりね、佐橋佳幸プロデュースということが大きいと思うんですよ。 僕が佐橋と組んだのは、佐橋はマニアックな音楽からヒット曲まで何でもできるけど、僕はヒット曲のほうの、華々しさやキラキラした部分を持ち込んでもらおうと思ったんですよ。 そしたら、佐橋が僕らの中のマニアックな部分を見つけて、それを佐橋流にアレンジしたらそこが僕らのお客さんに響いちゃった。 実は、僕はそこに行くことを一番嫌がってたんですよ。 そうなんですか。

次の